AmazonEcho plus の 「違い」|音質・ハブなどの【レビュー】

スピーカー 【Amazon・kindle】
スポンサーリンク
スポンサーリンク

AmazonエコーPlus(プラス)評判|スマートスピーカー「Amazon Alexa(アレクサ)」とは

 
 

【2018年8月24日】更新

AmazonEchoとEchoplusの違いを書きました

AmazonEchopackage

 
 

2017年にAmazonから、「11/15から順次配送」という通知がありました

もしかしたらすでに、「Amazon エコー」がもう手元に届いている人もいるでしょうか

今のところ、自分はまだ買う予定はないです(※この後に、Echoを買いました)

買わない理由は、「資金調達の問題」

単純にお金がないので、自分の「こづかい」を考えると、ギリギリ「Amazon Echo Dot(ドット)」が買えるかどうか・・

出来ればスタンダードな「Amazon Echo(エコー)」がほしいんですが、今のところ我が家に余裕はないようです

それでもまだあきらめないで、いろいろガチで模索中です
 
 

そんな貧乏な自分からすると、現在の最上位機種の

「Amazon Echo Plus(プラス)」

は夢のまた夢

今回は、そんな夢の「Amazon Echo Plus(プラス)」と標準の「Echo」の違いを書いてみました

 
 

スポンサーリンク

「Amazon Echo(エコー)」と「Amazon Echo Plus(プラス)の違い」

 
 

 
 

違いは4つ

  1. 高音スピーカーが少し大きい(低音は「Echo」と同じ)
  2. ハブ機能がある
  3. 高さが「Echo」より少し高い
  4. 価格が高い(「Echo]より6,000円高い)

 

特に大きな違いは「ハブ機能がある」こと

そこで、簡単に「ハブ」を説明します

通常のインターネットにスマートデバイスの「ライト」などをつなげる場合は、

【1)ライト】【2)ハブ】
             →【3)ルーター】【4)インターネット】
【1)ビデオ】【2)ハブ】

 

と言うように、その機器ごとに「ハブ」という機器が必要になります

これが、「Echo Plus(プラス)」を使うと

【1)ライト】
       →【2)Echo Plus】【3)ルーター】【4)インターネット】
【1)ビデオ】

 
 

このように、「Echo Plus(プラス)」が「ハブ」の代わりをしてくれます

そのため、とても整理された流れになり、煩雑(はんざつ)さも少なく、イライラも軽減(けいげん)、とても快適になります
※無料のオープン規格「zigbee」対応が条件です

 
 

Amazon Echo Plus(プラス)のデメリット

(スポンサーリンク)
 
 

デメリットは間違いなく 「価格」 です

少なくても自分はこれで苦しんでます

「メルカリ」で中古がでるまで待てないし、価格がすぐ安くなるとは到底(とうてい)思えません

このまま、Amazonに従って高価格で買うしかないのでしょうか

他のサイトによると、この設定価格は、「儲け(もうけ)を考えていない価格」、と言っているサイトもありました

確かに、「Echo(エコー)」そのもので儲ける(もうける)より、それを使って、製品やサービスを売ったほうが遥かに(はるかに)儲かりそうです

でも、ほかの方は問題なく買えるかもしれませんが、個人的には、もう一声ほしいところです
 
 

amazonプライム会員に入っていると、ややお得

ここで、「amazonプライム」の出番

「amazonプライム」とは、年会費3,900円(もしくは月400円)で迅速な配送特典やビデオ、音楽、写真保存、本やマンガなどが追加料金なしで使える会員性のプログラム

これに入っていれば、

  1. 11月17日までに予約で、大きく値引き
  2. ※値引き予約は終了しました

  3. 「Amazon Music Unlimited」(アマゾンミュージックアンリミテッド)という4000万件の音楽が効き放題のクーポンがもらえる(月払いのみ)

という特典があるようです

無料体験もあるし、やめるときもボタン一つでやめられるので、結構おすすめなんですね

 
 

character「アイリス」132×99 PNG
▼「Amazonプライム」が気になる人はコチラをどうぞ

(スポンサーリンク)

 
 

Amazon Echo(エコー)とAmazon Echo Plus(プラス)の比較表

わかりやすく、スタンダードなAmazon Echo(エコー)との比較表をつくりました

 
 

(価格とスピーカー)

Amazon Echo Plus(プラス)17,980円(うーん高い)スマートホーム・ハブ内蔵スピーカーサイズ

  • 【2.5インチウーファー】
  • 【0.8インチツイーター】
Dolbyデュアルスピーカー
【あり】
Amazon Echo(エコー)11,980円(もう少し安くならないか・・)高機能スピーカー付きスピーカーサイズ

  • 【2.5インチウーファー】
  • 【0.6インチツイーター】
Dolbyデュアルスピーカー
【あり】

 

(音楽・デバイス)

Amazon Echo Plus(プラス)音楽のストリーミング再生
【対応あり】
Bluetooth/3.5mmステレオジャック接続
【対応あり】
スマートホーム・デバイスとの連携
【対応あり】
内蔵スマートホーム・ハブによる簡単セットアップ
【あり】
Amazon Echo(エコー)音楽のストリーミング再生
【対応あり】
Bluetooth/3.5mmステレオジャック接続
【対応あり】
スマートホーム・デバイスとの連携
【対応あり】
内蔵スマートホーム・ハブによる簡単セットアップ
【なし】

 

(サイズ 重さ)

Amazon Echo Plus(プラス)サイズ
235×84×84㎜
重さ
954g
Amazon Echo(エコー)サイズ
148×88×88㎜
重さ
821g

 
 

こう比較して見ると、やっぱり「Amazon Echo Plus(プラス)」が欲しくなります

スピーカーの大きさもいいですが、やっぱり「ハブ機能」が最初からあるのは、かなりのアドバンテージ

買うか、買わないかはともかく、とりあえず予約だけはしておこうかなと思いました

 
 

予約と販売はこちら

「amazonプライム」会員で、11/17までに予約すれば値引きになりますが、「招待」と言われている「予約」は、今後も続きそうです(※現在は通常販売に移行しています)

ぜひ予約をどうぞ

Amazon Echo Plus(プラス)

 
 

 
 

 
 

おすすめ記事

【通販】Amazonエコー(Amazon Echo)のメリット・デメリット

買う前に知りたい!Amazon Echo【レビュー】アレクサのデメリットとメリット|山登りでもとても便利
Amazonエコー「Alexa(アレクサ)」|スマートスピーカーで時短ができる アマゾンエコーの良いところと悪いところをかきました

トップへ戻る