【Amazon Go】レジ無しのamazonコンビニ|人間の仕事が無くなる予測

外国のコンビニ 【Amazon・kindle】
スポンサーリンク

米【Amazon.com】がシアトル市内に「無人化コンビニ」につながる「アマゾンゴー」オープン

 
 

ユーチューブ

下の地図の場所に2018年1月22日に「レジ無し」コンビニがオープンしました

 
 

(アメリカ・シアトルの1号店はこちら)

 
 

ここで「Amazon Go」(アマゾンゴー)について少し説明します

「営業時間は午前7時から午後9時  曜日は、月曜から金曜」

ということは、土日はやらないんですね

店内の広さは1,800平方フィートで、約167平方メートル

この大きさは、コンビニより大きくて、スーパーよりやや小さいくらいの大きさ

取扱商品はチーズ、調味料、菓子類といった基本的な食料品、店内の調理場で作られる総菜、レシピの材料をまとめた調理キット

調理キットとは、1つの料理の具材がセットになっているもので、家に帰ってすぐ料理できる便利キットです

参考:マイナビニュース

 
 

ここで買い物するには、Amazonの「アカウント登録」が必要です

事前に登録して、スマホにAmazon Goの「アプリ」をダウンロードしておきます

これで買い物の準備は完了

そして、お店に行って、スマホを機器にかざして店内に入り、品物を取って、外にでるだけ

これで買い物は終了です

 
 

請求はAmazonのアカウントに後日請求される仕組み

簡単でいつもよりたくさん買いそうですね

また、急いでいる人にはとても便利です

 
 

「Amazon Go」のキャッチフレーズは「No lines. No checkout. (行列なし、レジでのやり取り不要)」ということ

テクノロジーの進歩は、目覚ましいものがありますね

 
 

スポンサーリンク

無人コンビニは便利だけど人が働くところが少なくなる?

今はコンビニレベルの大きさですが、このシステムは、いろいろな業種に取り入れていくようになると予想されます

なぜかというと、「レジ打ち」の人件費が必要ではなくなるからです

有名な論文で、オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授とカール・ベネディクト・フライ研究員がまとめた論文があります

それによると、10年から20年のうちに、自動化される可能性が高い仕事が約半分(47%)程度あるとかかれています

運送や物流、サービス関係の業務が主ですが、確実になくなると書いてありますね

原文はこちら
THE FUTURE OF EMPLOYMENT: HOW SUSCEPTIBLE ARE JOBS TO COMPUTERISATION?

日本語訳はこちらがおすすめオックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」

 
 

ちなみに、主な「消える職業」「なくなる仕事」はこちらです

  • 銀行の融資担当者
  • スポーツの審判
  • 不動産ブローカー
  • レストランの案内係
  • 保険の審査担当者
  • 動物のブリーダー
  • 電話オペレーター
  • 給与・福利厚生担当者
  • レジ係
  • 娯楽施設の案内係、チケットもぎり係
  • カジノのディーラー
  • ネイリスト
  • クレジットカードの申込者の承認・調査を行う作業員
  • 集金人
  • パラリーガル、弁護士助手
  • ホテルの受付係
  • 電話販売員
  • 仕立屋(手縫い)
  • 時計修理工
  • 税務申告代行者
  • 図書館員の補助員
  • データ入力作業員
  • 彫刻師
  • 苦情の処理・調査担当者
  • 簿記、会計、監査の事務員
  • 検査、分類、見本採取
  • 測定を行う作業員
  • 映写技師
  • カメラ、撮影機器の修理工
  • 金融機関のクレジットアナリスト
  • メガネ、コンタクトレンズの技術者
  • 殺虫剤の混合、散布の技術者
  • 義歯制作技術者
  • 測量技術者、地図作成技術者
  • 造園・用地管理の作業員
  • 建設機器のオペレーター
  • 訪問販売員、路上新聞売り、露天商人
  • 塗装工、壁紙張り職人

(注)オズボーン氏の論文「雇用の未来」の中でコンピューターに変わられる確率の高い仕事として挙げられたものを記載
(出典:現代ビジネス)

 
 

かなりの数の仕事が自動化になると言われています

その中に「レジ係」というものがあります
 
 

今回の「Amazon Go」で、オズボーン教授の予言が、ここで一つ、それが現実になりました

 
 
実際、自動化になっているものは、これが初めてではありません

その他にも自動化になってきているものが、個人的に分かる範囲でいうと、

 
 

  • レストランの案内係
     →タッチパネルになっている
  • 給与・福利厚生担当者
     →コンピューターに打ち込んで答えをだすだけ(誰にでもできる)
  • 建設機器のオペレーター
     →精度の高いGPSが使えるので、図面さえあれば、工事現場は完全自動になりつつある
  • 彫刻師
     →3Dプリンターがある

 
 

このほかにも自分の知らない自動化が、まだまだあると思います

すでにコンピューターの自動化はすごいスピードですすんでいるのです

確かに自動化は、とても便利

でも弊害(へいがい)もあるということを知ってほしいですね

今回紹介している「仕事がなくなる」状態もそうですが、自動化が進めば進むほど、嫌でも今後は「情報化社会」になってきます

それで心配なのは、「ハッカー」や「悪意のある業者」などによる「情報のもれ」です

これも深刻な心配ですね

 
 

これらの凡人(ぼんじん)の心配をよそに、オズボーン教授は

ロボットが職場に溢れ、仕事を奪われた人間が失業者になっていく様は想像するだけで恐ろしいが、オズボーン氏は「人類にとってこれは歓迎すべきことだ」と主張する。

「かつて洗濯は手作業で行っていましたが、洗濯機の登場でその仕事は奪われました。
しかし、それによって余った時間を使って新しい技術や知恵が創造された。
こうして人類は発展してきたわけです。
現在起きているのも同じことです。」

出典:現代ビジネス

と言っています

 
 

「洗濯機ができたときも、人類的にはなんの問題もなかったでしょう」というのです
 
 

・・・なるほど、たしかにそうかも


でも、自分の周りで考えると問題がないように見えますが、よーく考えてみると、洗濯機ができて、少なくとも「洗濯板」を売る会社は苦境に立たされたでしょうね

 
 
そして、今回の論文は、10%や20%くらいならまだしも「50%近い仕事がなくなる」といっています

現在のテクノロジーを考えると、将来的にほぼそうなるとおもうのは、「凡人」の自分でもわかること

そして、自動化で仕事がなくなると言われると、自分のような「凡人」は「あせり」ます

 
 

まとめ

もうすでに、無人コンビニ「Amazon Go」は走り出しました

今後はこのような無人のサービスは多くなっていくでしょう

 
 

最後に、「現代ビジネス」にはこう書かれていました

「ロボットやコンピューターは芸術などのクリエイティブな作業には向いていません。
となれば、人間は機械にできる仕事は機械に任せて、より高次元でクリエイティブなことに集中できるようになるわけです。

人間がそうして新しいスキルや知性を磨くようになれば、これまで以上に輝かしい『クリエイティブ・エコノミー』の時代を切り開いていけるのです」

もちろん、そうした高次元でクリエイティブなスキルを身につけられなければ、失業者に転落するリスクが大きいということでもある。

来たるべきロボット社会で生き残るのは、なかなか容易ではなさそうだ。

 出典:現代ビジネス

 
 

そうなんです

結局は、クリエイティブ(創造的)なスキル(技術)を身につけないと、仕事がなくなり、無職になる可能性は十分あるということなんです

自分が、今から「くりえいてぃぶ」な仕事を得るには相当な困難があることが予想できます 

もっと若いときであればまだしも、どう考えても難しいですよね・・・さあ困った困った(´Д`)

参考:Amazonの「レジなしコンビニ」風リアル販売店舗「Amazon Go」がついにオープン

 
 

おすすめ記事

【Amazon Echo】アマゾンエコーのメリット・デメリット

買う前に知りたい!Amazon Echo【レビュー】アレクサのデメリットとメリット|山登りでもとても便利
Amazonエコー「Alexa(アレクサ)」|スマートスピーカーで時短ができる アマゾンエコーの良いところと悪いところをかきました

Amazon Echo 【レビュー版】初期設定(セットアップ)をしてみました

アマゾンエコーの設定(初期設定)に「つまづいた人へ」
【2018年8月31日】更新 Amazon Echoの「wifi接続」できない人向けに簡単にセットアップする方法を書きました 慣れていないと、アレクサ 設定をできないことがあります 今回は、Amazon EchoのセットアップをPCでやってみましたので、参考にどうぞ
スポンサーリンク
【Amazon・kindle】
シェア、おねがいいたします
スポンサーリンク
スポンサーリンク
登山初心者ブログ 岳や本店

スポンサーリンク
トップへ戻る