【Apple Watch】シリーズ3|登山に使える防水性と腕時計のアクセサリ紹介

AppleWatch series3 腕時計 登山用
スポンサーリンク

「Apple Watch」ウェアラブルの威力(いりょく)が増大中

 

(スポンサーリンク)

 
 

「アップルウォッチApple Watch」の2017年10月から12月までの第4四半期で売上げが最高になりました

そして、2017年の四半期ごとの決算(2017年1月から12月までを4つに分けて、そのたびに決算をだしている)で、そのたびに50%の伸び率を記録しているということも、あわせて発表がありました

これは、どういうことかというと、

1.5(1~3月)×1.5(4~6月)×1.5(7~9月)×1.5(10~12月)=5.0625

よって、1年で約5倍になったということになります

 
 


売上げが5倍 すごい伸び率です

 
 

「アップル Apple」の売上1位は「アイフォン iPhone」ですが、記事でも言っているとおり、この売上げにより、「アイフォン iPhone」に次ぐ稼ぎ頭(かせぎがしら)に成長しました

 
 

また、「アップルウォッチApple Watch」に関連する「ウェアラブル一式」の売上も売れています

「ウェアラブル一式」とは下記の売上をあわせた全体の売上のこと

 
 

  • 完全ワイヤレスイヤホンAirPods
  • Beatsブランドのヘッドフォン
  • アップルウォッチ Apple Watch

 
 

この全体の売上は前年(2016年)の同じ時期からくらべると、70%の伸びになっています
 
 


1.7倍ですね これもすごい

 
 

「アップル Apple」の「飛ぶ鳥を落とす勢い」は、まったくおさまる気配はないようです

ジョブズ氏がいなくなり、「アップル Apple」の勢いは、下がることはないと思いますが、少なくとも「アップル Apple」のいきおいは弱まるのでは・・と思っていましたが、それは杞憂(きゆう)でした

今回の件と、「アイフォン iPhone」のいきおいをみていると、

  1. ジョブズ氏の遺した(のこした)遺産が莫大(ばくだい)なことと(会社として)
  2. それを管理する方がたが、とくに優秀だということ

この2つのことが、よくわかりました

2018年も秋頃にあたらしい「新作アイフォン iPhone」が出てくると思われますので、今後も少なくても数年はこのいきおいは続きそうです

参考:MacRumors

 
 

スポンサーリンク

AppleWatchの防水性について

「アップルウォッチ Applewatch」は、シリーズ2,3からある程度の防水性もあるようです(プールで泳ぐ程度)

一日中つけっぱなしでもOKなので、とても便利になりました

また、ぬれてしまうと、タップがうまくいかなくなり、間違ってタップされてしまうことがあります

この場合は、「ロック」をすることでそれを回避できます

詳細は下記アップルのサイトをご覧ください

参考:Apple Watch の耐水性能について

 
 

アップルウォッチ製品紹介

シリーズ3

(スポンサーリンク)
 

シリーズ2

(スポンサーリンク)
 

(スポンサーリンク)
 

(スポンサーリンク)
 

(スポンサーリンク)
 

スポンサーリンク
腕時計 登山用
シェア、おねがいいたします
スポンサーリンク
スポンサーリンク
登山初心者ブログ 岳や本店

スポンサーリンク
トップへ戻る