「ベビーキャリア」リュックで子供と登山|モンベルや中古・レンタルもおすすめ

ドイターベビーキャリアリュック・登山ザック
スポンサーリンク
スポンサーリンク

登山でベビーキャリアを使う方法

 
 

【2018年8月31日】更新 

登山・トレッキングをするときの「ベビーキャリア」のおすすめについて紹介します

よく子供が生まれると、山には行けなくなるといいますが、最近は「ベビーキャリア」という便利な道具が増えて、早ければ新生児のころからアウトドアに一緒に行けるようになりました

今回はおすすめベビーキャリアの紹介と、買わなくても安くすます方法を書きました参考にしてください

==▼目次==

  1. ベビーキャリアで登山|中古で済ませる方法はコレ
  2. ベビーキャリアのレンタル
  3. モンベル ベビーキャリアの「口コミ」がスゴイ
  4. ベビーキャリア モンベルのおすすめ2選
  5. ドイターベビーキャリアのおすすめ2選
  6. ベビーキャリアをオスプレーから3選
  7. 「マック パック」のベビー キャリア2選
  8. ベビーキャリアで登山|コンビの製品を使った場合
  9. エルゴのベビーキャリアは登山に使えるのか
  10. まとめ

 
 

ベビーキャリアで登山|中古で済ませる方法はコレ

ベビーキャリアを使う時期はだいたい生後9ヶ月くらいから3才くらいまでがほとんど

子供が大きくなれば、もう使う事はなくなります

そう考えると、ベビーキャリアのコスパはそれほど高いとは言えない・・と考える人もいると思います
そんなときはやっぱり中古品がおすすめ

型落ちが多いですが、何より「安い」

レンタルをしてもいいですが、ざっと見ると、レンタル1回~2回分で「中古品」が買えます

そう考えると年に何回も子供と登山に行く人は中古品が便利かもしれません

 
 

調べてみると、品揃えがよかったのは、やっぱり天下の「ヤフオク」ですね

オークションなので、書いてある価格から値は高くなっていきますので、注意です
 
 

(▼ヤフオクはコチラ)

ヤフオク! -ベビーキャリア 登山の中古品・新品・未使用品一覧
「ベビーキャリア 登山」関連の新品・未使用品・中古品が約14件出品中。ヤフオク!は、常時約5,000万点以上の商品数を誇る、誰でもかんたんに売り買いが楽しめるサービスです。圧倒的人気のオークションに加え、フリマ出品ですぐ売れる、買える商品もたくさん!

 
 

「ジモティー」といういろいろなマッチングサイトもあります

こちらは「譲ります」なので、サイトに書いてある価格そのままで譲ってもらう事が可能

早い者勝ちなので、人気の品はたいてい品薄です

こちらでは、「ベビーキャリア」で検索すると、「抱っこヒモ」関係が多く出てしまうので、「背負子(しょいこ)」で検索するとヒットしやすい傾向の感じがしました

(▼「ジモティー」背負子(しょいこ)で検索)

背負子 登山|中古あげます・譲ります|ジモティーで不用品の処分
【ジモティー】全国の背負子 登山のフリーワード検索結果一覧です。背負子 登山の情報を全国の全てのカテゴリから探せます。中古あげます・譲りますのネットのフリマ、ジモティー。ジモティーでは、背負子 登山をはじめ様々な商品で無料や激安格安販売の情報を多数掲載しており、最安値のお得な商品を見つけることができます。単品だけ...

 
 

そして最後は、やっぱり頼れる「メルカリ」

ここも品揃えが豊富です

また、システムの完成度が高く、信頼度も高いですが、価格がやや高いような気がします

こちらもオークション方式「ではない」ので、書いてある価格で譲ってもらうことが可能

(▼メルカリのベビーキャリーはこちら)

ベビーキャリア 登山の中古/新品通販【メルカリ】No.1フリマアプリ
ベビーキャリア 登山の人気アイテム「メルカリ」でお得に通販、誰でも安心して簡単に売り買いが楽しめるフリマサービスです。

 
 

ベビーキャリアで登山を「レンタル」で

ベビーキャリアのレンタルも便利

価格は1回限りと考えると高いような気がしますが、メンテナンスも行き届いているので、安全面は安心です
やっぱり子供がとても心配・・・と思う方にはおすすめ

中古品でも日本の有名メーカーの製品や、ガチ登山メーカーの製品であれば、安全率を多めにとっていると思うので、問題ないと思いますが、メンテナンスの信頼は、レンタル屋さんの方が高いです

ベビーキャリアだけのレンタルを考えると、「やまどうぐレンタル屋」さんがおすすめ

(▼やまどうぐレンタル屋さんはコチラ)
やまどうぐレンタル屋「ベビーキャリア」

スポンサーリンク

参考にしてください

 
 

モンベル ベビーキャリアの「口コミ」がスゴイ

 
 

登山系メーカーでは「モンベル」の製品がかなりの人気

後で、モンベルのベビーキャリア2製品を紹介しますが、特に「ポケッタブルキャリア」がおすすめ

下記のブログでは、エルゴのベビーキャリアとモンベルのポケッタブルを比較していますが、モンベルの方を大絶賛(だいぜっさん)

私も1人目の子の時からずっとエルゴを愛用していました。
ですが!ですが!
もっとスゴイ抱っこ紐を見つけてしまいました。
それがモンベルの抱っこ紐「ポケッタブルベビーキャリア」です。
出典:効率よく暮らす

モンベルの抱っこ紐「ポケッタブルベビーキャリア」がセカンド抱っこ紐(携帯用)に最高!【口コミ・レビュー】 - 効率よく暮らす|子育て・節約・時短家事を日々研究するミニマリストな40代主婦のブログです
セカンド抱っこ紐&携帯用抱っこ紐に、モンベル(mont-bell)の「ポケッタブルベビーキャリア」がおすすめです。抱っこ紐の王道「エルゴベビー」との比較や、長時間おんぶした感想、たたみ方(しまい方)など、実際に購入してわかった口コミレビューを紹介しています。

エルゴはとても有名なベビーキャリアのメーカー

家や、買い物で使う場合には、高い評価を受けていて、かなりの人気です

そのベビーキャリアトップの製品と比べると、普通はモンベルでは歯が立たないと思いますが、アウトドアのように、キャリアの持ち運びが必要な場合は、モンベルのポケッタブルキャリアが最適になります

 
 

ベビー キャリアで登山 モンベルのおすすめ2選

ということで人気のモンベルからベビーキャリアを紹介します

登山の定番メーカー「モンベル」から、おすすめの2製品

モンベルの何がすごいかというと、まずはその価格

とにかく安いです

ベビーキャリアは通常のバックパックと比べると割高(わりだか)なものが多いですが、モンベルはほぼ一緒の価格です

だからと言って安全をけずっているわけではないので、安心してください

価格が高いキャリアとの違いは、「快適性」

クッション部や、フィット感をできる限りシンプル作ってあるので、軽さはありますが、快適性はやや落ちます

アウトドアでの「軽さ」と「快適性の関係」は、そのアクティビティごとに重要度が違うので、自分にあった機能を確認することが重要です

<目次>

 
 

モンベル ベビーキャリア

 
 

(仕様説明)
生後9ヶ月くらいから3歳くらい(身長約90cm)までの子どもを背負うことが可能な自立式・軽量キャリアです。
6点固定式安全パッド(サイドハーネスを含む)を設けることで子どもの安全性を確保。
座部の表面にはソフトな肌触りの3Dメッシュ、中には通気性に優れたスポンジを採用するなど快適性にも配慮しています。
背面長を素早く調節できる独自のシステムを備え、お父さんとお母さんが共用で使用可能です。
収納スペースには26Lの大容量を確保。
オプションのサンシェイド(別売)とレインカバー(別売)が取り付けられます。

仕様
【素材】
■本体:210デニール・ナイロン・ダブルリップストップ[ウレタン・コーティング] 210デニール・ナイロン・オックス[ウレタン・コーティング]
■ハーネス、背中、座面、背もたれ:3Dメッシュ
■フレーム:アルミ二ウム合金
【重量】2.24kg
【カラー】シトロンイエロー(CYL)、グレー(GY)、ピュアインディゴ(PUID)
【サイズ】高さ67×幅31×奥行き32cm
【適応体重】9~16kg
【容量】26L(収納部)
【背面寸法】44~54cm
出典:モンベル

 
 

モンベルポケッタブルベビーキャリア

 
 

 
 

(仕様説明)
携行に便利なポケッタブル仕様のベビーキャリアです。
軽量・コンパクトながら、子どもをウエストで支える疲れにくい仕様で、「抱っこ」と「おんぶ」の2通りの使い方ができます。
ハイキングやお出かけなどで、歩き疲れた子どもの抱っこに最適です。
汚れたら洗濯機で丸洗いできます。
※安全のために必ず付属の取扱説明書をよく読んでからご使用ください。

仕様
【素材】
■本体:70デニール・ナイロン・リップストップ[ウレタン・コーティング]
■ショルダー・ウエストハーネス:330デニール・ナイロン・リップストップ[ウレタン・コーティング]
■肌面:ポリエステル・メッシュ
■フード:ポリエステル・メッシュ
【重量】375g
【カラー】ブリック(BRIC)、ガンメタル(GM)、リーフグリーン(LEGN)
【適応範囲】対面抱き:首がすわって(4ヶ月位)~13kg(24ヶ月位)
おんぶ:腰がすわって(6ヶ月位)~15kg(36ヶ月位)
【収納サイズ】高さ15×幅22×奥行き7cm

出典:モンベル

 
 

ドイターベビーキャリアのおすすめ2選

ドイターというメーカーのイメージは、とにかく「軽量」

ですが、ベビーキャリアについては、それを「封印」しているようです

ドイターのベビーキャリアはちょっと重いですが、それなりの快適性や丈夫さを追加している証拠(しょうこ)

子供のキャリー部分も、親が担ぐ(かつぐ)ベルトの部分もやや肉厚

そのため、長時間の使用でも疲れにくくなっています

価格もやや高いですが、長距離のトレッキングを考えている人には最適です

<目次>

 
 

ドイター キッドコンフォート3

 
 

(仕様説明)
カラー: black-granite (grey-black)
重量: 3500 g
容量: 18 L
サイズ: 80 / 43 / 34 (高さ×幅×奥行) cm
希望小売価格(税別): 40,000 円

小さなお子様を背中で運ぶということは、単に重い荷物を運ぶのとは異なります。
ドイターのキッドキャリーは背負う時の快適性や安定性だけではなく安全性も重視しています。

フロント&サイドメッシュポケット
チェストストラップ
ヒップベルトパッド
プルフォワードウエストベルトシステム
バリフィットシステム
バリフレックスシステム
ハイトアジャスタブルシート
5点式固定ベルト
サンルーフ内蔵
背面長の調整が可能
くまのぬいぐるみ

出典:ドイター

 
 

ドイター キッドコンフォート2

 
 


 
 

(仕様説明)
カラー: cranberry-fire (red)
重量: 3250 g
容量: 16 L
サイズ: 72 / 43 / 34 (高さ×幅×奥行) cm
希望小売価格(税別): 34,000 円

小さなお子様を背中で運ぶということは、単に重い荷物を運ぶのとは異なります。
ドイターのキッドキャリーは背負う時の快適性や安定性だけではなく安全性も重視しています。

フロント&サイドメッシュポケット
チェストストラップ
ヒップベルトパッド
プルフォワードウエストベルトシステム
バリフィットシステム
バリフレックスシステム
ハイトアジャスタブルシート
5点式固定ベルト
くまのぬいぐるみ

出典:ドイター

 
 

ベビーキャリアをオスプレーから3選

オスプレーも登山リュックのメーカーでは人気のメーカー

どちらかというと、軽さや丈夫さも十分ありますが、個人的なイメージでは、デザインがスタイリッシュなメーカー

ですが、ベビーキャリアはスタイリッシュというか、とてもシンプルなデザインになっています

重量もやや軽く、余計な機能をはぶいたキャリア

価格も抑えられていて、コスパの高いベビーキャリアです

<目次>

 
 

オスプレーベビーキャリア ポコAG

 
 

(仕様説明)
ポコAG
¥27,000 (税込)
ゆりかごのような優しいシェイプのチャイルドキャリア。
上位モデルの基本性能はそのままに、収納スペースを小型化した軽量モデル。

商品説明
・AGバックパネル(背面調整可能)
・フィットオンザフライヒップベルト
・パッド入りの子供用シートは高さ調整が可能
・サンシェードを標準装備
・ストレッチメッシュヒップベルトポケット
・正面上部に大型ジッパーポケット
・サイドとフロントにストレッチメッシュポケット
・下部のジッパーポケット

容量 20リットル
最大パッキングウェイト 22kg(子供を含む)
外寸 縦73×横38×奥43cm
重量 3.13kg
サイズ 1サイズ(対応背面長=39.5~54.5cm)
カラー ブラック(BK)
アイビーグリーン(GN)
シーサイドブルー(BL)

出典:オスプレー

 
 

オスプレーベビーキャリア ポコAGプラス

 
 

 
 

(仕様説明)
ポコAG プラス
¥31,320 (税込)
ポコAGプレミアムのデイパックをポケットにしたモデル。
豊富な収納スペースに子供との行動に必要なギアをしっかりと収納。

商品説明
・AGバックパネル(背面調整可能)
・フィットオンザフライヒップベルト
・パッド入りの子供用シートは高さ調整が可能
・サンシェードを標準装備
・子供の様子を見るためのプラスチックミラーが付属
・右ヒップベルトジッパーポケットはパッド入り
・正面上部に大型ジッパーポケット
・サイドとフロントにストレッチメッシュポケット
・下部の大型ジッパーポケット
容量 26リットル
最大パッキングウェイト 22kg(子供を含む)
外寸 縦73×横38×奥43cm
重量 3.48kg
サイズ 1サイズ(対応背面長=39.5~54.5cm)
カラー ブラック(BK)
アイビーグリーン(GN)
シーサイドブルー(BL)

出典:オスプレー

 
 

オスプレーベビーキャリア ポコAGプレミアム

 
 

 
 

(仕様説明)
ポコAG プレミアム
¥35,640 (税込)
荷物を分けて持つことのできる、着脱式デイパックを標準装備した機能満載のチャイルドキャリア。
デイパックは大人も子供も使えます。

商品説明
・AGバックパネル(背面調整可能)
・着脱式デイパック(容量=11リットル、重量=280g)
・フィットオンザフライヒップベルト
・パッド入りの子供用シートは高さ調整が可能
・サンシェードを標準装備
・子供の様子を見るためのプラスチックミラーが付属
・右ヒップベルトジッパーポケットはパッド入り
・サイドストレッチメッシュポケット
・下部の大型ジッパーポケット
容量 39リットル(ポコデイパックを含む)
最大パッキングウェイト 22kg(子供を含む)
外寸 縦73×横38×奥43cm(ポコデイパックを含まない)
重量 3.77kg(ポコデイパックを含む)
サイズ 1サイズ(対応背面長=39.5~54.5cm)
カラー ブラック(BK)
アイビーグリーン(GN)
シーサイドブルー(BL)

出典:オスプレー

 
 

マックパックのベビーキャリア「2選」

マックパックの特徴は、質実剛健(しつじつごうけん)

シンプルで丈夫が売りのメーカーです

生地を上部な420Dナイロンを使っていますが、全体的な「重さ」はシンプルな作りによってそれほど重くつくられていません

リップストップという破れ防止の加工もされていて、

<目次>

 
 

マックパック ポッサム(Possum)

 
 

 
 

(仕様説明)
ポッサム(Possum)
39,960 税込

首がすわる生後約6ヶ月~約4歳(体重約20kg)までの子どもに対応した、チャイルドキャリアシステムのバックパックです。
自立することを前提にデザインしたフレームは、コンパクトに折りたたむことができ、子どもを座らせたままで上げ下げが可能です。また、着座部分の高さ調整が3段階から4段階になりました。
小物の収納に便利な大型のフロントジッパーポケットを装備。
チャイルドハーネスとヘッドパッドは取り外しての洗濯が可能。
別売りのスリーピーヘッド、日差しを避けるソンブレロと、雨天対応のレインボーに対応しています。

【Fabric】 420D Nylon、420D Ripstop Nylon、1260D Ballistic Nylon
【Function】
安定性を高めた自立式フレームデザイン/
調整可能なチャイルドコクピット(4段)/
取り外して洗濯可能なチャイルドハーネスとヘッドパッド/
コンパクトに折りたためるフレーム/
フロントジッパーポケット/
ストレッチストレージポケット/
柔らかなグラブハンドル/
ネックピロー対応(別売り)/
ソンブレロ・レインボー対応(別売り)/
※チャイルドコックピットは20kgまで対応
【原産国】 フィリピン
【Size】 2(S2)
【Color】 (BF)ブラック×フォージドアイアン、(BV)ブラックアイリス×ヴィクトリアブル-
【Capacity】 13L
【Weight】 3.2kg
【Harness】 EXPLORER
【寸法】 W 33×D 46×H 70(cm)

出典:ゴールドウィン

 
 

マックパック バムース(Vamoose)

 
 


 
 

(仕様説明)
バムース(Vamoose)
48,600 税込

首がすわる生後約6ヶ月~約4歳(体重約20kg)までの子どもに対応した、チャイルドキャリアシステムのバックパックです。
自立することを前提にデザインしたフレームは、コンパクトに折りたたむことができ、子どもを座らせたままでバックパックの上げ下げが可能です。
また、着座部分の高さ調整が3段階から4段階になりました。
デイパックとして単体使用ができるフロントジッパーポケット付き。
日差しを避けるソンブレロと、雨天対応のレインボーが付属。
チャイルドハーネスとヘッドパッドは取り外しての洗濯が可能。
別売りのスリーピーヘッドに対応します。

【Fabric】 420D Nylon、420D Ripstop Nylon、1260D Ballistic Nylon
【Function】
背面長の調整が可能なチャイルドキャリア/
安定性を高めた自立式フレームデザイン/
調整可能なチャイルドコクピット(4段)/
ソンブレロ・レインボー対応(付属)/
取り外して洗濯可能なチャイルドハーネスとヘッドパッド/
コンパクトに折りたためるフレーム/
デイパックにもなるフロントジッパーポケット/
ストレッチストレージポケット/
柔らかなグラブハンドル/
ネックピロー対応(別売り)/
※チャイルドコックピットは20kgまで対応

【原産国】 フィリピン
【Size】 2(S2)、3(S3)
【Color】 (BF)ブラック×フォージドアイアン
【Capacity】 S2/19L、S3/19L
【Weight】 S2/3.91kg、S3/4.07kg
【Harness】 EXPLORER
【寸法】
S2/(W)32.0×(D)46.0×(H)68.0cm、
S3/(W)32.0×(D)46.0×(H)71.0cm

出典:ゴールドウィン

 
 

ベビーキャリアで登山|コンビの製品を使った場合

ベビー製品で有名な「コンビ」もベビーキャリアを作っています

登山というよりは、アウトドアやキャンプで活躍しそうです

 
 

コンビ ベビーキャリア join(ジョイン)

 
 

(仕様説明)
ジョイン EL-E
15,000 円(+税)
ママの肩ラクと赤ちゃんの落下防止を実現したコンビの抱っこひも最新モデル。
対象月齢:首すわり(4カ月頃)~36カ月(体重15kgまで)
重量:620g
出典:コンビ

 
 

エルゴのベビーキャリアは登山に使えるのか

エルゴはベビーキャリアでトップクラスの人気を誇るメーカー

その中でも今回紹介する「アダプト」は定番のベストセラー商品です

赤ちゃんと親の両方のことをよく考えた仕組みになっていて、安定度抜群です

ですが、アウトドアや登山に使えるかというと、ちょっと微妙なところ

子供を抱っこしているときの安定感は抜群ですが、コンパクトにならないので、荷物になることがあります

また、重さもやや重いので、ちょっと気になります

キャリアの収納スペースもほとんどないので、アウトドアに行く時には、このキャリア以外にもバックパックなどが必要になるので、使い勝手はやや良くありません

ですが、その安定感から、キャンプやバーベキューなどでは活躍してくれそうです

 
 

エルゴ ベビーキャリア アダプト

 
 

(仕様説明)
【特徴 】
3Dエアーメッシュをキャリア全体に採用。
高い通気性で、赤ちゃんもパパもママもずっと快適です。
1エルゴノミックポジション・シートが新生児か幼児(3.2kg〜20kg)までの成長に合わせて調節ができます。
2クロス装着も可能な肩ストラップと、腰サポート付きウエストベルトが赤ちゃんの荷重を分散。長時間の使用でも快適です。
3クッション入りのネック&ヘッドサポートが、頭と首を支えます。
4スリーピングフード:首カックンのサポートや、日除けにスリーピングフード

出典:エルゴ

 
 

まとめ

 
 

ベビーキャリアは大事な子供をのせることを考えると、安全面をかなり重視したいと思います

それに加えて、長くかついでも疲れない構造や、価格も考える必要があります

価格は安いほうがいいですが、子供も親も両方楽しめるようなベビーキャリーでないと、山に言った意味がありません

それほど長い期間使う道具ではないので、もったいないと思うかもしれませんが、自分にあったきっちりとしたキャリアを選びたいですね

以上です

トップへ戻る