【ブログ タイトル】のオススメはおしゃれな「筆文字」がいいと思う

ブログタイトル 書道家 筆 登山のブログ運営
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログタイトル「ロゴ」を「書道家」に依頼する方法

 
 

【2018年6月3日】更新

この度(たび)、ブログのタイトルを「ある書道師範」にお願いして、作成いただきました

今までは、無料のツールを使って自分で作ったものを使用していて、それなりにイメージして作っていたので、その出来は、実はちょっと満足していたところでした

しかし何気に見ていた「ブロガーマサオカさん」のブログ「マサオカブログ」で素晴らしい筆文字タイトルを発見

それを拝見させていただいていると、一気に自分のタイトルが残念に見えてしまいました

 
 
character「アイリス」132×99 PNG
がんばってつくったんですけどね・・・

 
 

しかし、落ち込んでばかりしていてはダメ

 
 


甘んじてはイケン これは改善せねば!

 
 

ということで、早速マサオカさんのタイトルを作成した書道家「あこちゃわ」さんに「Twitter」で依頼しました

 
 

あこちゃわさんとは

マサオカさんがブログでも言っているとおり「書道家 あこちゃわ」さんは、かなりフレンドリーな感じ

▼Twitterの固定ページはこんな感じ

 
 

最近でこそ「書道家」という職業の人が、TVやマンガになっていて、以前よりは身近な存在になっていますが、自分にとっては、未知数の職業の人

個人的なイメージは、「書道家」=「厳格」で眉間に深いシワが1本入っている・・・という感じ

 
 

そんな凝り固まった自分のイメージとは真逆な感じの「サブカル書道家」が「あこちゃわ」さんです

 
 

character「アイリス」132×99 PNG
▼Twitterを見ていると、こんな感じのツイートが多くて、初対面でも友達言葉で話しかけそうになります

 
 

こっちの「あこちゃわ」さんのブログも、とても楽しいすよ⇒「一億総しゃれおつ社会」

 
 

筆文字タイトル依頼の続き

マサオカさんのブログを見ると、「Twitter」依頼OKということだったので、勢いでお願いしてしまいました

通常、自分がやっている「Twitter」の使い方は、ほぼ、皆さんと匿名(とくめい)で発信メインの情報交換をしています

そのため、自分は直接このような依頼をするのは初めてで、ちょっと緊張

いかにTwitterといえども、まだ一度もからんだことがない人に、突然の作成依頼をするのは、なんとなく恐縮な感じ

そこで、「マサオカ」さんの承諾なしでしたが、名前を使わせていただきました

 
 

「「マサオカ」さんのブログを見て筆文字拝見しました!作ってください!!」

 
 

まずは通常のタイムランで依頼して、ダイレクト待ち

しばらくすると

 
 

「こんばんは!ご連絡遅れ申し訳ありません。改めて、お声がけいただきありがとうございます!
書道家、阿子(あこちゃわ)と申します。どうぞよろしくお願いいたします。」

 
 

という始まりのリード文から始まる、長文のDMを頂いて、その後とんとん拍子に作成の協議が始まりました

 
 

「あこちゃわ」さんと話して感じたこと

いろいろお話をさせていただいている中で、自分が「あこちゃわ」さんに対して感じたこと
 
 
それは、「情熱」
 
 

それほど多く接点を持ったわけではないですが、まだまだお若い師範ということもあってなのか、
 
 

「熱い」です

 
 

自分もそれに合わせるように、いろいろイメージできて、面倒な注文をしてしまったように思えます

 
 

また、特に感じたこと、それは、良い意味で「プロフェッショナル」な雰囲気を持っているということ

 
 

自分の知っている「芸術家」は、基本「我」が強い人がほとんど

でも「我」が強いのは当たり前

「芸術家」と言う職業の人は、「我」を売って生活しているので、それが通常

それをクライアントの意見で簡単に「考えを折る」のは、自分のアイデンティティを認めないことになってしまうので、芸術家としては致命的な場合があります

そのため、一般の人からすれば、ときどき相容れない(あいいれない)ところもあって、なかなか難しいところですが、「あこちゃわ」さんは、

 
 

「案を書きましたが、気に入らないところがあったら言ってください」

 
 

というスパッとしたお話

それでいて、

 
 

「この部分、こんな風にしたらいいかと思って、加えてみました」

 
 

という、さりげない「芸術家」としての

「アッピール」

これが適度にあって、とても気持ちよく提案をもらことができました

この「適度」というところが大事なところ

これは、経験がなくてはできないと思うのですが、自然とそれができている「あこちゃわ」さんの意見は、とても心に響く内容で、ありがたかったです

その中には、「あこちゃわ」さんとして、自分の「芸術性」は崩さず、かつクライアントにいかに満足してもらえるかという考えが根底にあるようです

ほんとうに頭が下がります

 
 

▼そしてできた「やばいタイトル」がコレ
タイトル 登山初心者ブログ 岳や本店

 
 

デジタルな筆文字の依頼方法

 
 

ここで「あこちゃわ」さんへのデジタル筆文字の依頼方法を、時系列で説明します
(自分がさせていただいた感じで書きました)

 
 

  1. まずはTwitterかメールにて依頼
  2. 「あこちゃわ」さんから返信が来たら、さっそくオンライン上でイメージ協議
  3. このイメージ協議が大事 心配しなくても「あこちゃわ」さんから、質問バシバシ来ます
  4. イメージが固まったら、「あこちゃわ」さんよりイメージの最終確認が来ます
  5. 最終確認が済んだら「あこちゃわ」さん執筆開始!!
  6. ちょっと待つと、「案」の連絡が来ます(自分の場合は1週間強)
  7. それでOKならそのまま 修正が必要なら、ここから何回か協議になります
  8. 最終的にOKならお金を振り込みます 自分の場合はクレカでしたが、銀行振込もOKということでした
  9. 振込はメールアドレスが必須なので、ご用意ください
  10. 振り込むと、製品がダウンロード可能 ダウンロードして、ブログに張り付けます 「おわり」

 
 

こんな感じです とてもスムーズで、楽しく協議させていただきました

▼くわしくはコチラの「あこちゃわ」さんのブログに書いてありますので、参考にどうぞ
「書道家の知り合いがいない方へ。筆文字でロゴやフライヤー等作成依頼受け付けます」
 
 

最後に、

ちょっと文章を書く手にチカラが入って、「あこちゃわ」さんを持ち上げ過ぎた感はあるような気がしますが、言っていることに、間違いはありません

character「アイリス」132×99 PNG
「あこちゃわ」さん! 今回は、最高に「しゃれおつ」なタイトルありがとうございました

スポンサーリンク
登山のブログ運営
ボタンを押すとSNSに投稿できます
スポンサーリンク
登山初心者ブログ 岳や本店

  1. いつも参考にしています。
    これからも更新頑張ってください。

    • ありがとうございますm(__)m

トップへ戻る