食物・料理・焚き火

食物・料理・焚き火

【登山に羊羹(ようかん)】おすすめ【4選】|行動食に最適カロリーと栄養素

【2018年5月20日】更新 自分の試したおすすめ【ようかん】をランキングにしました その【感想】と【おすすめポイント】を紹介します 羊羹(ようかん)はただ甘いだけではなく、登山には適した食べ物です カロリーも十分あり、女性にはうれしいアンチエイジング効果があります 登山をしてアンチエイジングはあまり意味がないのでは・・と思うかもしれませんが、登山で体を酷使(こくし)すると、食べ物の吸収は高まります そのとき、添加物などがあまり入っていないもののほうが、その後の体への効果がいいのは理解していただけると思います どうぞ参考にしてみてください
食物・料理・焚き火

【イワタニバーナー】コスパ最強「ジュニアコンパクトバーナー」

【2018年5月17日】更新 イワタニ産業の「ジュニアコンパクトバーナー」のおすすめ理由を書きました イワタニといえば、「プリムス」バーナーですが、隠れた名品がこのバーナーです 機能が満足できる仕上りなのに、価格はやさし目 かなりコスパのすぐれたバーナー 登山初心者にピッタリなバーナーなので、ぜひ使ってみてください オススメ!
2018.05.19
食物・料理・焚き火

コンビニで安全な食べ物を【登山食】にする方法15選

【2018年3月22日】 更新 登山につかえる【無添加】【国内産】の食べ物探しました カンペキとはいかないまでも、登山でここまで考えると「安全・安心」といえるのでは・・と思います 「体は食べ物でできている」と言われている昨今、特に登山での食事の場合は栄養がよく吸収されるので、健康を保ちたいなら、毒になりそうなものはさけたいですね 参考にしてください
2018.05.26
食物・料理・焚き火

超初心者でもOK【ペミカン】登山の食事でラーメン・カレーに入れるだけ

【2018年6月5日】更新 ペミカンの作り方・レシピを紹介 登山に適した、栄養たっぷりの【ペミカン】 先輩からは、ペミカンまずいという話しも聞きますが、上手につくればかなり美味しいんです 以前、雑誌「岳人」にペミカンの作り方がかいてあり、山で食べると美味しさ倍増!ラッセルも倍増!と書いてありました ペミカンとは・・「ペミカン(英語: pemmican)は、カナダ及びアメリカに先住するインディアンたちの伝統的な食品。 携帯保存食の一種。」(出典:ウェキペディア)という保存食の一種 カロリーが高いので下界で食べるとちょっと危険ですが、山ではちょうどいい栄養価のとても高い食べ物のお話です
2018.06.05
食物・料理・焚き火

【行動食9選】|登山初心者におすすめ「行動おやつ」

【登山のお菓子おすすめ】おやつにピッタリ!コスパが優れた食べ物はコレ 登山のお菓子はたくさんありますが、どれがいいか、その人それぞれにいろいろ好みがあると思います。 自分が通常の登山を計画する際は、 ・軽量【続きをよむ】
2018.03.13
食物・料理・焚き火

登山の酒は【スキットル】日本酒・ワインも入れてみる

【2018年3月21日】更新 登山にお酒を持っていくなら、【スキットル】がいいですね この記事では【おすすめのスキットル】【おすすめのお酒】を紹介します 特に、沢登りなどでは、日本酒を持っていくと、イワナの「骨酒」がつくれます スキットルと言えばウイスキーですが、ちょっと日本酒を忍ばせて山で楽しむのもいいですね
2018.03.21
食物・料理・焚き火

【山専ボトル】サーモスVSその他比較|登山でカップラーメンを食べるには

サーモス(THERMOS)山専用ステンレスボトルおすすめ 名前のとおり、山専用の冷めないボトルで、山泊2日目にも湯気がでます 今回はこのこれからの季節にとてもオススメの山でカップラーメンが作れるこのボトルを紹介します。 【続きをよむ】
2018.04.28
食物・料理・焚き火

【ナイフ】ランキング14選+7|キャンプ・アウトドア料理は切れ味勝負

【2018年5月17日】更新 ナイフのおすすめをランキングにして比較しました 登山やキャンプに「使えるナイフ」その「おすすめの理由と感想」をかきましたので、ご覧ください 山登りに行く時には、まず「ナイフ」を装備として持って行きたくなります それは、かっこいいし、なにより役に立つからです ナイフは古今東西(ここんとうざい)、どんな時代、場所が変わっても、使い続けられてきたのは理由があります それは求められている機能が「シンプルに切ることのみ」追及されてきたからです 加えて、使うアクティビティによっていろいろな機能をつけることでより便利で楽しい道具になっていくのも魅力 今回紹介したまとめを参考にしてみてください
2018.05.17
食物・料理・焚き火

【比較】携帯浄水器おすすめ【4選+3】|沢の水を飲む方法

【2018年4月3日】更新  携帯浄水器を中心に、「沢の水を飲む方法」を書きました 登山に行くと、水の確保は一番重要なことがらのひとつです 水を補給できる沢や水場が有る無しで、その登山のレベルが格段に違ってきます でも沢や水場がいつもきれいとは限りません その上流で汚染されていれば、飲むとゲリや腹痛、もしかしたら命に関わるようなことになる場合もあります その命の水を安全に飲む方法が浄水器や煮沸(しゃふつ)などです 今回、手軽に持ち運び可能な、安全度が高い道具を紹介いたします また、山で水を飲むときに気を付けなければいけないことも書きましたので、参考にしてくださいm(__)m
2018.04.03
食物・料理・焚き火

【アーバンサバイバル入門】で「サバイバルな食品」を解釈

服部文祥の「アーバンサバイバル」をすすめる理由:日本で残飯損失11.1兆円を解決するには 「アーバンサバイバル」とは何か アーバンサバイバルとは、登山家服部文祥氏が唱えている、街でサバイバルをする考え方 考え方【続きをよむ】
2018.04.29
食物・料理・焚き火

【SOTO バーナー10選】※ストームブレイカー(SOD-372)と新富士バーナー「登山のチカラ」

【2018年4月25日】更新  新富士バーナーの最上級モデル【SOTOストームブレイカー(SOD-372)】がようやく発売開始! 「感想」と「おすすめポイント」をかきました ガソリンとガスの両方が使える画期的なバーナーで、SOTOの技術の粋(すい)がつまっています また、SOTOに代表される、便利で、高性能な「バーナーグッズ10選」をまとめて、これも「おすすめのポイント」書いたので、参考にしてもらうとうれしいです
2018.06.20
食物・料理・焚き火

「セイシェル」は【浄水器】最強|その理由をブログで紹介

【おすすめ】セイシェルでセシウムも除去 浄水器の紹介で以前「スーパーデリオス」を紹介しました。 今回、価格は高くなりますが、重金属も95%除去するセイシェルを見てみます。 セイシェル 衛生キャップ付き「携帯浄水ボト【続きをよむ】
2018.03.26
食物・料理・焚き火

【ジビエとサバイバル】福島の田舎ではジビエは「日常」です

2017/12/18更新 「ジビエ」という名前はフランス語で、狩猟により捕獲された野生動物のことです。 あくまで、「野生」ということなので、飼育されている動物はこの名は冠されません。 そのため、あまり人気がでてしまうと、乱獲が起こってしまうので、注意が必要な気がします。
2018.04.01
食物・料理・焚き火

【レビュー】バイオライトを意識高い系エコキャンプに|焚火でスマホ充電

【2018年6月9日】更新 エコなストーブ【BioLite(バイオライト)】の仕組みとレビューをかきました 子供と一緒に使えば、楽しく環境について話すことできるし、一人で使ってもその斬新なデザインと、そのエコのコンセプトから、宝物のようなアイテムになりそうです とにかくスタイリッシュなので、手に取って感じてみてください
2018.06.09
沢登り

【焚き火のやり方】山で「テント泊」をする場合

【2018年3月24日】 更新 登山のテント泊で【焚き火】をする【やり方】や【グッズ】を紹介します 縦走などではあまり焚き火はできませんが、沢登りや冬の登山では、【焚き火】をする場合があります 登山をするエリアは国立公園が多く、その場所での焚き火は緊急避難的な理由でないと、怒られてしまう場合があります そういったことから、楽しく焚き火をするためには、一番はマナーが重要です この記事を見て参考にしていただくと助かります
2018.04.11
トップへ戻る