登山知識

登山コラム・ニュース

終了【ナチュラムセール】アウトドア・キャンプ商品★春祭★開催|4/27まで

春夏アパレルや早くも売切続出★ナチュラム春祭★やってます (スポンサーリンク) キャンプ・アウトドアで幅広い製品を扱っているナチュラムで、セール【★ナチュラム春祭★】が開催中です アウトドア【続きをよむ】
2020.11.27
登山コラム・ニュース

[登山 GoToの探し方]登山で使える山小屋やお店の見つけ方

登山のGoToキャンペーンも人気 お店や宿泊も簡単に検索できたりします
登山コラム・ニュース

【ブログ タイトル】のオススメはおしゃれな「筆文字」がいいと思う

【2018年6月2日】更新 この度(たび)、ブログのタイトルを「ある書道師範」にお願いして、作成いただきました その名も「書道家 あこちゃわさん」 デジタルな書道を納品してもらえて、とても貴重な存在 作品も自分の感覚に近いものがあったので、お願いして、現在使わせていただいています 
2020.11.27
登山コラム・ニュース

パタゴニア「登山と環境」動画ミッション【5選】これをみれば鳥肌が立つ!

【2018年8月24日】更新 「パタゴニア」動画のオススメをまとめました 毎年パタゴニアは新しいムービーを以前から出してきました どれも、ただのアクティビティや装備を紹介するだけでなく、それなりの物語として作りこんでいます パタゴニアが大好きな自分がセレクトした動画をそろえて、オススメのポイントも紹介しましたので、参考に見てください
2020.11.27
登山コラム・ニュース

エベレスト【デスゾーン】突破する方法|死亡率・登山費用など登るための知識

【2019年6月23日】更新 ヒマラヤ エベレスト(チョモランマ)のデスゾーンについて書きました 「デスゾーン」とは何かというと、そこにいるだけで「人間が死んでしまうエリア」のことです 登山が難しいこのエリアをどうやって登るのか 参考にしてください
2020.11.27
登山 野生動物

害獣駆除の資格|登山も関係ある動物管理【狩猟免許・鉄砲所持許可・鳥獣管理士】

【2018年6月30日】更新 増えているイノシシ・シカ・クマなどの有害鳥獣の被害と、害駆除の資格(狩猟免許・鉄砲所持許可・鳥獣管理士について書きました ここ数年、毎年のようにイノシシやシカなどのいわゆる有害鳥獣による被害が大きいというニュースが多く、被害は大きくなってきていて、その被害は登山にも影響してくるかもしれません 確かに、山岳での獣害というのは、あまり考えられないと思いますが、森林限界までの森林部では、獣害は十分考えられます 森林の中には、クマもイノシシもシカもサルもいます そいう状況中、有害鳥獣駆除の資格が見直されてきているようです
2020.11.26
登山 野生動物

【動物の狩猟免許取り方・鉄砲免許】|サバイバル登山・マタギのための試験対策

一昔前は、なんとなく狩猟は野蛮なイメージがありましたが、最近では、イメージチェンジがうまく進み、女性も免許をとっているサイトを目にします。 散弾銃にて狩猟をする場合は、2つの免許が必要です。
2020.11.26
登山 野生動物

オオカミロボット【スーパーモンスターウルフ】で獣害駆除|登山のシカ・イノシシ動物対策

イノシシ・シカ被害にオオカミ型ロボ「スーパーモンスターウルフ」 【2018年5月30日】更新 獣害対策の「スーパーモンスターウルフ」というロボットについて書きました 2018年3月についに量産化が始まったモンスターウル【続きをよむ】
2020.11.26
登山 危険

【雪崩の助かる方法】「那須岳雪崩事故を検証」 雪山登山の遭難を考える

【2018年3月31日】更新 雪崩から助かる方法を書きました また「那須岳の雪崩事故」を自分なりに検証させていただきました 雪崩はまだ研究が始まったばかりで、かなり大きく安全率を考えていないと、いつ足元をすくわれるかわかりません どうしても山に行くと気持ちが大きくなって、もう少し・・もう少し・・と思ってしまいます 危険だと思っても、それがマヒしてしまい雪崩になることが多いと思います 雪崩は人災です 参考にしてください
2020.11.26
登山 危険

登山で【耳が痛い】対策【6選】|航空性中耳炎でも登山をする方法

登山で耳が痛くなったときの対策3選 どれもすぐできるものから、ちょっと手間がかかるものまであります 参考にどうぞ
2020.11.26
登山 危険

【登山の早起きグッズ4選】寝坊防止グッズで遭難対策(定刻起床装置個人簡易型[SAC-5A型]など)

登山で使える早起きグッズを紹介します 自分は毎日朝起きるのは早いほうです。 平均で朝3:30にはおきていることが多いですね。 早いときには、朝3:00にはおきるときもあります。 土日の楽しいイベントがあるときであ【続きをよむ】
2020.11.26
登山 危険

【登山の心筋梗塞】で遭難事故|山では誰もが【心臓が止まる可能性アリ】

いま年齢を重ねてから登山をしたいという方が多いようで、それによる事故も多くなっています その中でも、登山での事故の理由は色々ありますが、心臓の疾患による死亡事故が、遭難と低体温(雪崩なども含む)の次に多く、注意が必要です
2020.11.26
登山 野生動物

【マタギ・猟師で副業】需要が高い動物狩猟でサバイバル登山

【2018年6月16日】更新 いま、「マタギの仕事」の需要が多くなってきているようです 田舎では、都会からの移住者が狩猟免許を取得、捕獲したイノシシや鹿をジビエ(野生の鳥獣肉)に加工して収益につなげる「狩猟ビジネス」が出てきていて、田舎の人手不足の解消にも役立っています 国も後押しをしているため、人気が高くなってきています
2020.11.26
登山 危険

遭難事故を山で起こさないために|遭難対策の方法を考えてみた

【2018年6月26日】更新 山岳の遭難事故が多くなっています 遭難事故はちょっとした注意をすれば起きる可能性が大きく減ります 登山届け・携帯電話・寒さ対策など ですが、なかなか理解されないためいまだ遭難は増加しています どうやったら減るのでしょうか 自分なりにいろいろ考えてみましたので、参考にしてください
2020.11.26
登山 危険

【登山遭難ケガの自己責任】登山道は使う人が管理をするようになってます

【2018年6月22日】更新 登山の自己責任の考え方について書きました 2017年3月に長野県の「山岳環境連絡会」で登山道の管理問題などが取り上げられたという記事がありました その記事によると、登山道がある土地は国立公園などになっていますが、その管理は、法的なきまりがありません 一部行政が管理を行っているところもありますが、現実的には、山小屋の管理人や、地元の有志などで整備を行っているのが一般的のようです 
2020.11.26
トップへ戻る