登山知識

登山 野生動物

【ジビエとサバイバル登山】福島の田舎では動物のジビエは「日常」です

2017/12/18更新 「ジビエ」という名前はフランス語で、狩猟により捕獲された野生動物のことです。 あくまで、「野生」ということなので、飼育されている動物はこの名は冠されません。 そのため、あまり人気がでてしまうと、乱獲が起こってしまうので、注意が必要な気がします。
2020.11.26
登山 危険

【登山って健康に悪いのか?】登山のストレス・健康効果

登山メリット・デメリット|山登りしてるのに太るかも 【2018年9月21日】更新 本当は登山って健康に悪いのか!デメリットを中心に気をつけるべきことを書きました
2020.11.26
登山 危険

【登山の山岳事故】「最新」の富士山・鳥海山・御嶽山・岩手山の遭難対策

登山の災害・事故で探してもらうためには||位置情報システムの活用
2020.11.26
登山 危険

【登山と睡眠不足】寝る時間を確保する方法|睡眠負債の解消で富士山遭難対策

寝ないで登ると「睡眠負債」でリスク増大 最近よく「睡眠負債」という言葉を聞きます。 これを聞いたとき、自分はふと、登山で睡眠無しの山登りのことを真っ先の考えてしまいました。 睡眠負債は借金と同じで、蓄積されていくとやが【続きをよむ】
2020.11.26
登山 幽霊

シークエンスはやともさん「徹底調査」ポップな心霊論から登山で幽霊に合わない方法・知識

【2019年8月12日】更新 【シークエンスはやとも】さんをブログでまとめました コラム【ポップな心霊論 一覧】を参考に、登山で【幽霊に会わない方法】を紹介 最新の「写真鑑定」や「怖い話」「怪談」「事件」が書いてある雑誌「女性自身」のコラムをヒントに、いろいろ考えてみましたので参考にしてみてください
2020.11.26
登山 危険

【雷しゃがみ】登山で雷(カミナリ)から逃げる方法・アイテム

【富士山も危険!】落雷を避ける方法・グッズ紹介 ※本記事は落雷の確率を減らす方法であって、必ずしも落雷を回避できる方法ではありません。 自分はまだ稜線上などでカミナリにあったことはありません。 しかし、登山をやって【続きをよむ】
2020.11.26
登山 危険

山で大地震はこうなる!登山で地震遭難対策「土砂崩れ・雪崩」に注意

【2018年6月19日】更新 地震・災害のときの対処方法を書きました(主に山にいるときの対策法です) 突然災害に遭う(あう)と冷静でいられません 陳腐(ちんぷ)な言い方かもしれませんが、やはり事前にイメージしておくだけで、その後の行動の仕方が違います 東日本大震災でそれを学びました 参考にしていただけるとうれしいです
2020.11.26
登山 危険

【山岳事故】ブログ炎上事件からみる「道具・アプリ」の使い方

山岳遭難対策 回避の基本は「準備とスペア」
2020.11.26
登山 危険

【登山届】山登りで迷惑をかけない方法|登山計画書と山岳保険

40代が登山をするための山登りの「先読み」の考え方 山登りの「読み」に入る前に、新聞に下記のような将棋の記事がありましたので、紹介します 毎日新聞 藤井四段敗れる 30連勝ならず (  ) 藤井さん【続きをよむ】
2020.11.26
登山 危険

【登山は何時から?】朝の時間が早い理由は「山岳事故を減らす」ため

【登山が朝早い理由】→難易度の削減が理由です 登山初心者の方と一緒に登山をするとき、計画した出発の時間を伝えると、よく相手は、その時間の早さにびっくりされることが多いです。どうして登山は、朝が早いのでしょうか。
2020.11.26
登山 危険

【ヒアリ】特徴と見分け方|登山でも虫対策!兵庫・東京・茨城でも発見

【2019年3月12日】更新  2017年から「ヒアリ」のニュースが世間を騒がせているようです しかし、ヒアリの繁殖力はかなり高く、子供がいる身としてはとても心配ですね 自分で忘れないためにも、わかりやすくまとめてみました
2020.11.26
登山 危険

【富士山噴火はいつ?】登山で注意したい【前兆から噴火予知する方法】

富士山噴火にハザードマップは必須|登山初心者の噴火対策 オンラインで、「富士山の山体崩壊」という記事がありました。登山をしている自分としては、噴火もそうですが、「山体崩壊」という言葉は、見るだけでなんとなくおどろおどろしいですね 山体崩壊とはどんなことなのでしょうか。
2020.11.26
登山 危険

御嶽山噴火手記から学ぶ【防災用品5選】登山の遭難対策を考える

噴火事故は他人事ではない|スキー場・温泉近くの火山の知識 地球の歴史をみると、このような地球規模の環境変化は珍しくなく、いつでも小規模のものであれば起こりうることだと認識したほうがいいです まず、個人的にできることから、ちょっとずつ対策を練るしかないですね。
2020.11.26
登山 危険

モンブランで遭難すると【罰金4,900円】日本の北アルプスも登山の「罰金制度が始まる」

登山初心者の読み物|遭難対策に罰金制度  ついにヨーロッパ最高峰の山「モンブラン」でも罰金制度が口火をきりました。 モンブランとは、ヨーロッパ最高峰で、標高4810m。
2020.11.26
登山 危険

【5分で5,000円】山岳救助ヘリの有料化で登山の遭難事故を減らす

防災ヘリを埼玉県が「有料化」 ついに自治体のヘリ救助が有料になりました 埼玉県では山岳での遭難事故が去年は63件で、この10年で1.5倍に増加していて、十分な準備をせずに遭難する事故を抑止するため、山で遭難した人たちを県【続きをよむ】
2020.11.26
トップへ戻る