スポンサーリンク

【比較】コールマンランタンの種類14選【2018】LED・ガス・ガソリン解説

lantern ヘッドライト・ランタン
スポンサーリンク

コールマンランタン2018|キャンプや登山で使えるランタンの選び方

 

(スポンサーリンク)
 

 

コールマンと言えばランタン

今回は、そのコールマンのおすすめランタンと、その選び方を紹介します

 
 

ランタンにはいくつかの種類があって、それぞれに特徴があります

その特長をよく見てランタンを選ぶようにしましょう

 
 

  • LEDランタン
    • 熱を持たないので、テントの中や、子供がいるところで使用ができる
    • 点灯する時間がほかの種類のランタンよりかなり長い
    • 人気が高いため、種類が豊富です
    • 簡単に使えるため、災害時に特に活躍します
  • ガスランタン
    • 光が強い
    • 燃料のガスカートリッジは料理のガスストーブなどと兼用(けんよう)できる
    • 燃焼の時間はやや短い
    • 価格は比較的安め
    • 酸素を大量に消費するので、密閉した空間で使用できない
      (テントでは空気のとおりをよくして使用すること)
  • ガソリンランタン
    • ガソリンのため光量がとても強い
    • 光も強いけど、熱もある程度あって暖かい
    • 燃焼時間はガスと比べるとやや長め
    • テント内の使用は酸素を消費することから、注意が必要
    • 価格は高いです
    • メンテが面倒

     
     

    このような特徴があって、通常登山などでは軽くて長持ちするLEDが主流で、キャンプや山小屋などではガソリンやガスが主流になっています

     
     

     
     

    スポンサーリンク

    1 クアッドマルチパネルランタン

     
     

     

     
     

    個人的感想
    • 〇 4つのLEDを取り外して使えるので、大きなキャンプのときにとっても便利 夜のちょっとした仕事もサッと持っていけて重宝しそうです
    • 〇 IPX4対応で、通常の雨でもある程度OK 豪雨で水没に近い状況になるとちょっと心配
    • 〇 価格もこの内容で1万円はコスパが良いですが、個人的にはお高い気がします
    • 〇 ケイタイ・スマホのちょっとした充電OK 災害にも便利です
    • × 単一電池なので、ほかの機器との互換性がちょっと大変

     

    レビュー結果
    総合評価:★★★★☆

     
     

    4つの発光パネルが取り外しできてマルチに使える
    携帯の充電もできるUSBポート付き800ルーメンランタン

    ●明るさ:
    [8本]約800lm(ルーメン/High)、約200lm(ルーメン/Medium)、約100lm(ルーメン/Low)、
    [4本]約500lm(ルーメン/High)、約140lm(ルーメン/Medium)、約60lm(ルーメン/Low)、[パネル]約100lm(ルーメン/High)、約25lm(ルーメン/Low)、約100lm(ルーメン/Spot) 
    ●使用バルブ:LED 
    ●サイズ:約14.5×23.5(h)cm 
    ●重量:約1.2kg 
    ●材質:ABS樹脂、他 
    ●連続点灯時間:
    [8本]約20時間(High)、約120時間(Medium)、約400時間(Low)、
    [4本]約13時間(High)、約69時間(Medium)、約196時間(Low)、[パネル]約3時間(High)、約14時間(Low)、約3時間(Spot) 
    ●使用電源:アルカリ単一形乾電池×4本または8本(別売) 防水性能:IPX4対応(全方向からの水しぶきに10分間耐える)

    出典:コールマン公式サイト

     
     

    2 2マルチパネルランタン

     
     

     

     
     

    個人的感想
    • クアッドランタンから見ると、機能も価格もちょうど半分のLEDランタン
    • 〇 取り外し自在の発光パネルは、大人数(本ランタンの場合は4人程度ですが)のキャンプに便利
    • × 単1電池は個人的に使い勝手が悪いので、ちょっと苦手です
    • 〇 ケイタイ・スマホのちょっとした充電OK 災害にも便利です

     
     

    レビュー結果
    総合評価:★★★★☆

     
     

    2つの発光パネルが取り外しできてマルチに使える
    携帯の充電もできるUSBポート付き400ルーメンランタン

    ■2つの発光パネルが取り外し可能なライト
    ■発光パネルは、本体に戻せば自動で充電
    ■発光パネルを外しても本体も点灯
    ■携帯電話が充電できるUSBポート付き

    ●明るさ:
    約400lm(ルーメン/High)、
    約40lm(ルーメン/Low)、
    [パネル]約100lm(ルーメン/High)、
    約10m(ルーメン/Low)、
    約100lm(ルーメン/Spot)
    ●使用バルブ:LED
    ●サイズ:約12×9×19(h)cm
    ●重量:約650g
    ●材質:ABS樹脂、他
    ●使用電源:アルカリ単一形乾電池×4本(別売)
    ●防水性能:IPX4対応(全方向からの水しぶきに10分間耐える)

    出典:コールマン公式サイト

     
     

    3 ミレニアLEDキャンプサイトランタン

     
     

     

     
     

    個人的感想
    • 〇 カガミを使って、キャンプサイト全部を照らす、約1000ルーメンの大容量ランタン
    • 〇 水没のような状態にならなければ、水の浸入はほぼ抑えられるとおもいます ちなみに規格はIPX4対応
    • ×1000ルーメンはとても明るく、良い面もありますが、置き場所を考えないと、近辺は明るすぎので注意が必要です

     

    レビュー結果
    総合評価:★★★★☆

     
     

    サイト全体を1000ルーメンの広大な灯りで照らす リフレクター付きLEDサイトランタン
    ●明るさ:約1000lm(ルーメン)
    ●使用バルブ:LED
    ●サイズ:約15×15×29(h)cm(ランタン)、約17×2×19(h)cm(リフレクター)
    ●重量:約980g(ランタン)、約400g(リフレクター)
    ●材質:ABS樹脂、PC、ステンレス、他
    ●連続点灯時間:
    約14時間(High)、
    約68時間(Medium)、
    約148時間(Low)
    ●使用電源:アルカリ単一形乾電池×6本(別売)
    ●防水性能:IPX4対応
    (水没以外の雨や水しぶき等あらゆる天候で使用可能)
    ●付属品:リフレクター
    ●対応収納ケース:ランタンケース/L(レッド)

    出典:コールマン公式サイト

     
     

    4 MYキャンプランタン(サバンナ)

     
     

    (スポンサーリンク)

     
     

    個人的感想
    • 〇 ウォームカラーの暖色系で、夜にとても似合います
    • 〇 小さくてコンパクト 軽くて材質も丈夫なので、ザックに放り込んでも(ほうりこんでも)簡単に壊れることはありません
    • 〇 電池は単3電池で、汎用性十分 ヘッドライトなどと電池を合わせれば、予備電池を多く持って行かなくてもOKです
    • 〇 価格も抑えられていて、2つくらい買ってしまいそうな値段設定です
    • × 20ルーメンなので、大きなテントサイトでは、あまり使えません

     

    レビュー結果
    総合評価:★★★★★

     
     

    ウォームカラーLEDで雰囲気アップ テントサイトを楽しく飾りつけ
    ●明るさ:約20lm(ルーメン) 
    ●使用バルブ:LED
    ●サイズ:約Φ8 ×15(h)cm 
    ●重量:約124g 
    ●材質:ABS樹脂、他 
    ●連続点灯時 間:約40時間 
    ●使用電源:アルカリ単三形乾電池×4本(別売) 
    ●防 水性能:IPX4対応
    (水没以外の雨や水しぶき等あらゆる天候で使用可能)
    ●付属品:カラビナ

    出典:コールマン公式サイト

     

    5 ノーススターミニチュアLEDランタン

     
     

     
     

    個人的感想
    • 〇 本物の炎のようなゆらぎが可能なLEDランタン
    • 〇 電池も単4電池なので、登山系の道具の電池と互換性は高いです
    • × ちょっと価格が高いような気がします 2千円台後半 だとしっくりくるのですが

     
     

    レビュー結果
    総合評価:★★★☆☆

     
     

    High/Low/ゆらぎが楽しめるミニチュアサイズのノーススター 型LEDランタン

    ■暖かみのあるウォームカラーLED採用
    ■またたく明かりを楽しめるゆらぎモード
    ■ハンドルを利用して吊るして使用も可能

    ●明るさ:約40lm(ルーメン)
    ●使用バルブ:LED
    ●使用電源:アルカリ単四形乾電池×3本 (別売)
    ●連続点灯時間:約13時間(High)/約54時間(Low)
    ●本体サイズ:約8×8×15(h)cm
    ●重量:約220g
    ●材質:ABS樹脂、スチール、ガラス、他

    出典:コールマン公式サイト

     

     
     

    6 ノーススター(R)チューブマントルランタン

     
     

     

     
     

    (使用法)

    使用方法「ノーススターⓇチューブマントルランタン」| コールマン

     
     

    個人的感想
    • 〇 本格的ホワイトガソリンを使った、とても明るいガソリンランタン
    • 〇 こだわりがあるキャンプをするかたにはピッタリ 
    • × ちょっと重い
    • × ちょっと価格が高い

     

    レビュー結果
    総合評価:★★★☆☆

     
     

    チューブ型マントルならではの大光量360キャンドルパワー
    ホワイトガソリン仕様初の点火装置付
    ■マントルはワイヤークリップでワンタッチ取付可能

    ●明るさ:約360CP/230W相当 
    ●燃料タンク容量:約940cc 
    ●燃焼時間:約7~14時間
    ●本体サイズ:約φ17.3×34.3(h)cm 
    ●重量:約1.8kg 
    ●機能:点火装置
    ●使用ジェネレーター:Model 2000-589R 
    ●使用グローブ:Model R000B043J

    出典:コールマン公式サイト

     
     

    7 ワンマントルランタン

     
     

     
     

    (使用法)

    使用方法「ワンマントルランタン」| コールマン| コールマン

     
     

    個人的感想
    • 〇 古くからあるコールマンの代表ランタン 渋いです
    • 〇 キャンプだけで使うのはもったいないので、日常で使いたくなってしまうようなランタン デザイン賞もとっていて、山小屋に似合う宝物のようなランタンです 
    • × 古いランタンなので、先鋭的な使い方はできかねません

     

    レビュー結果
    総合評価:★★★★☆

     
     

    2010年度 ロングライフデザイン賞 受賞

    定番のワンマントル中型ランタン、
    200キャンドルパワーの明るさ
    ●明るさ:約200CP/130W相当 
    ●燃料タンク容量:約590cc
    ●燃焼時間:約7.5~15時間 
    ●本体サイズ:約φ16×31(h)cm
    ●重量:約1.4kg 
    ●付属品:プラスチックケース 
    ●使用ジェネレーター:Model 288-5891 
    ●使用グローブ:Model R214C046J

    出典:コールマン公式サイト

     
     

    8 パワーハウス(R)ツーマントルランタン

     
     

     

     
     

    個人的感想
    • 〇 コールマンロゴにそっくりの代表的なガソリンランタン
    • 〇 ガソリンなので、灯りもとれるし、暖もとれます 災害にぴったり
    • × キャンプには使えますが、登山にはちょっと不向き

     

    レビュー結果
    総合評価:★★★☆☆

     
     

    300キャンドルパワーの明るさを誇る定番の大型ホワイトガソリンランタン
    定番人気のツーマントルタイプ
    ●明るさ:約300CP/190W相当
    ●燃料タンク容量:約940cc
    ●燃焼時間:約7~14時間
    ●本体サイズ:約φ18×35(h)cm
    ●重量:約1.8kg
    ●付属品:プラスチックケース
    ●使用ジェネレーター:Model 290-5891
    ●使用グローブ:Model R690B048J

    出典:コールマン公式サイト

     
     

    9 IL ルミエールランタン(インディゴ)

     
     

     

     
     

    個人的感想
    • 〇 インディゴレーベル(キャンプ用品を日常でもつかおうというレーベル)のトーチタイプランタン
    • 〇 カートリッジ式ガスタイプなので、ガスストーブと燃料を使い回しできるのはとても助かります
    • × さすがに、この形を登山に持って行くのはレベルが高すぎると思います
    • 〇 デザインがステキで、雰囲気づくりにはぴったり

     

    レビュー結果
    総合評価:★★★☆☆

     
     

    ■インディゴレーベルバージョンの収納ケース付き

    ●燃焼時間:約28~38時間(230g缶使用時) 
    ●本体サイズ:約7.3×6×18.3(h)cm 
    ●重量:約210g 
    ●付属品:プラスチックケース 
    ●使用グローブ:Model 5010005197 ※LPガスは別売りです

    出典:コールマン公式サイト

     
     

    10 ルミエールランタン

     
     

     

     
     

    (使用法)

    ランタンの使い方「ルミエールランタン」 | コールマン

     
     

    個人的感想
    • 〇 カートリッジ式ガスタイプなので、料理のガスストーブと燃料を使い回し可能
    • × この形を登山に持って行くのは、ほんとに「ルミエール」が好きな人だと言えます
    • 〇 デザインがステキで、雰囲気づくりにはぴったり
    • 〇 マントル(ガスランタンの核のようなもの 昔の電球で言うと、フェラメント部分)が不要なので、交換などの手間も不要

     

    レビュー結果
    総合評価:★★★☆☆

     
     

    揺れる炎でやさしく照らす、キャンドル風ガスランタン

    ■マントル不要のキャンドル風ガスランタン
    ●燃焼時間:約28~38時間(230g缶使用時) 
    ●本体サイズ:約φ7.3×6×18.3(h)cm
    ●重量:約210g
    ●付属品:プラスチックケース
    ●使用グローブ:Model 205602 
    ※LPガスは別売りです。

    出典:コールマン公式サイト

     
     

    11 IL 2500ノーススターLPガスランタン

     
     

     

     
     

    個人的感想
    • 〇 インディゴレーベル(キャンプ用品を日常でもつかおうというレーベル)のトーチタイプランタン
    • 〇 LPガスカートリッジを使うので、キャンプのときは、他のガスカートリッジとの併用が可能なので、とても楽チン
    • × 重くてかさばるので、キャンプにはいいですが、登山にはちょっと不向き

     

    レビュー結果
    総合評価:★★★☆☆

     
     

    ■インディゴレーベルバージョンの収納ケース付き

    ●明るさ:約320CP/200W相当(レギュラーガス使用時)約1,543lm(ルーメン) 
    ●燃焼時間:約4-8時間(470g缶 使用時) 
    ●本体サイズ:約14.5×26(h)cm 
    ●重量:約1.3kg 
    ●機能:点火装置 
    ●付属品:ソフトケース 
    ●使用グローブ:Model 5010005198 ※LPガスは別売りです

    出典:コールマン公式サイト

     
     

    12 2500 ノーススター(R)LPガスランタン (グリーン)

     
     

    (スポンサーリンク)
     
     

    (使用法)

    ランタンの使い方「2500 ノーススター®LPガスランタン」 | コールマン

     
     

     
     

    個人的感想
    • 〇 ガスランタンの王道の製品 大容量で、大きなテントサイトでも広く照らすことができます
    • 〇 LEDにはない暖かさがあって、寒い時期には重宝します
    • × 登山道具やキャンプ道具を日常的に使いたい自分は、このランタンも日常で使いたいです ですが、田舎では日常的に使えそうですが、都会では難しいですかねー

     

    レビュー結果
    総合評価:★★★☆☆

    キャンプサイトを照らす320キャンドルパワーの大光量

    ■マントルはワイヤークリップでワンタッチ取付可能
    ●明るさ:約320CP/200W相当(レギュラーガス使用時)約1,543lm(ルーメン)
    ●燃焼時間:約4~8時間(470g缶使用時)
    ●本体サイズ:約φ14.5×26(h)cm
    ●重量:約 1.3kg
    ●機能:点火装置
    ●付属品:ソフトケース
    ●使用グローブ:Model R000B043J
    ※LPガスは別売りです。

    出典:コールマン公式サイト

     
     

    13 2500 ノーススター(R)LPガスランタン (レッド)

     
     

     

     
     

    個人的感想
    • 〇 ガスランタンの王道の製品 大容量で、大きなテントサイトでも広く照らすことができます
    • 〇 LEDにはない暖かさがあって、寒い時期には重宝します
    •  自分が見たかぎりでは、「レッド」タイプと「グリーン」タイプに差がなように思うのですが・・・もし間違っていたら教えていただくと助かります

     

    レビュー結果
    総合評価:★★★☆☆

     
     

    キャンプサイトを照らす320キャンドルパワーの大光量

    ■マントルはワイヤークリップでワンタッチ取付可能

    ●明るさ:約320CP/200W相当(レギュラーガス使用時)約1,543lm(ルーメン)
    ●燃焼時間:約4~8時間(470g缶使用時)
    ●本体サイズ:約φ14.5×26(h)cm
    ●重量:約1.3kg
    ●機能:点火装置
    ●付属品:ソフトケース
    ●使用グローブ:Model R000B043J
    ※LPガスは別売りです。

    出典:コールマン公式サイト

     
     

    14 フロンティアPZランタン

     
     

     

     
     

    個人的感想
    • 〇 登山にも使えるコンパクト設計で、軽いランタン
    • 〇 ガスカートリッジなので、料理用のストーブと併用ができて便利この上ないです
    • 〇 ちょうどいいくらいの光量なので、家でも日常的に使えそう

     

    レビュー結果
    総合評価:★★★★☆

     
     

    テーブルランタンとして最適なやさしい灯り
    明るさ:約108CP/80W相当(レギュラーガス使用時)約273lm(ルーメン)
    燃焼時間::約6~12時間(230g缶使用時)
    本体サイズ:約10×7.5×13(h)㎝
    重量:約200g
    機能:点火装置
    付属品:プラスチックケース
    使用グローブ:Model 203654
    ※LPガスは別売りです

    出典:コールマン公式サイト

     
     

    コールマン 純正LPガス燃料470G

     
     

     

     
     

    バイオライト・ヘッドライトおすすめはコチラ

    【レビュー】バイオライトを意識高い系エコキャンプに|焚火でスマホ充電

    【BioLite キャンプ ストーブ2】【レビュー】焚火でスマホ充電
    【バイオライト】キャンプストーブ2 の仕組み 【2018年8月29日】更新 エコなストーブ【BioLite(バイオライト)】のメリット・デメリットをかきました 子供と一緒に使えば、楽しく環境について話すこと【続きをよむ】

    登山ヘッドライトおすすめ 2018|こだわり20選

    【登山ヘッドライト】2018おすすめ |「ペツルなど こだわり20選」
    【比較】登山ヘッドライト「ペツル・ブラックダイヤモンド・マムートなど」 【2018年9月15日】更新 夜間登山(ナイトハイク)が得意の自分が、安く防水で明るいという最強の機能を持った「登山ヘッドライト」をセレクト、ランキング【続きをよむ】

    スポンサーリンク
    関連コンテンツ
    トップへ戻る