運転中のスマホ事故「見ながら運転」が「厳罰」になるというニュース

スマホをする女性 【Apple・iPhone】
スポンサーリンク

iPhoneで「見ながら運転対策」をする場合

 
 

(スポンサーリンク)
 
 

自分もついやってしまいそうになる、「スマホ見ながら運転」

こんど、道路交通法の改正で、運転しながらスマホをみると、直接事故をおこしていない場合でも、いまの「5万円以下の罰金」から「6月以下の懲役または10万円以下の罰金」に厳罰化されるようです
 

こまかく内容を整理すると、

まず、交通の危険を生じさせたときの罰則(事故などをおこした場合など)では

  • 今まで:「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」
  • 改正後:「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」

 

そして、直接交通の危険を生じないとき(スマホしながら運転しただけなど)

  • 今まで:「5万円以下の罰金」
  • 改正後:「6月以下の懲役または10万円以下の罰金」

とかなりきびしい罰則になるようです
 

はやければ22日召集の通常国会に改正法案をだすということが書かれていました
 
 

スポンサーリンク

道路交通法の改正にいたるまで

改正にいたるまでを産経新聞から引用すると
 

政府が「ながら運転」の厳罰化に乗り出したのは、スマートフォンの普及に伴い、メールやゲームなどの画面に目をやりつつ運転することで起きる事故が、大きく増加しているためだ。

携帯電話使用などが原因の交通事故件数は23年は1557件だったが、28年には2628件を数えた。

 運転中の携帯電話使用の取り締まり件数は毎年約100万件規模で推移し、28年は全体の交通取り締まり件数の約14%に上った。
 
 内閣府が昨年8~9月に実施した調査でも、「ながら運転」の経験がある人は13%に上る。

出典:産経新聞「スマホ「ながら運転」厳罰化へ 事故なくても懲役6月以下 道交法改正案」

などのことから、厳罰化にふみきったようです
 

たしかに「年100万件」の取締りは、かなり多いですね
 

じぶんで運転していても、携帯電話をしようしながら運転する人をまだまだ、多くみかけます

実際じぶんも使用しそうになることはおおくありますし、「見ながら運転」が「とても危険で悪い事」という意識が、社会全体にまだ浸透(しんとう)していないように思います

今回の厳罰化(げんばつか)がどれだけ効果をみせるかは、はじめの周知活動にあると産経新聞ではいっています

参考:産経新聞
ながら運転「罰則強化のみで運転手の行動変えるのは難しい」 子供に教育、大人も声かけを
( http://www.sankei.com/politics/news/180114/plt1801140006-n1.html )
 
 

むかしはシートベルト着用もそれほど普及していませんでしたが、いまでは、着用しないとおちつかないくらいの、身近な安全器具になりました

チャイルドシートもそうですね 

現在では、それをしないとどれだけ危険かがよく分かるので、少なくともじぶんの周りでは、かなりの普及になっていると思います
 

一度あぶないと感じれば、自然と安全に努めるようになるのはごく自然なことですが、産経新聞では、なかなかそれを理解してもらうのがむずかしいといっています

それについては、個人的に事故の映像などがいいのではとおもっています

テレビ番組で、バイク事故でヘルメットがアスファルトにこすれて、半分になっている映像がありました

このときは、ひとめ見てバイク事故の危険性がすぐわかりました
 

想像ではなかなかわからない危険性も、映像的にすることで、よく伝わることがわかります

みなさんも、「見ながら運転」で、「あぶない!!」とおもったことはあるとおもいます

なるべくはやめに「見ながら運転」の危険性を把握(はあく)して、努力していきたいですね

参考にJAFの「見ながら運転」の動画です


 
 

iPhoneの自動通知停止機能が優秀


(こちらの動画は、「AppleInsider」さんが検証した動画です)
 
 

例えばiPhone

Appleは、iOS11で運転中に「自動で通知をとめる機能」がついているようです

これは、速度センサーなどによりユーザーが運転中と判断されたときに、そとからの通知を停止

メッセージには運転中であることをしらせるという機能ということ

緊急速報、タイマー、アラームなど、一部の通知はひきつづき配信されるようなので安心です

このような機能を上手につかって、事故の回避につとめたいとおもいます

参考:apple公式HP
「運転中の通知を停止」機能の使い方

「iPhone mania」さんのサイトで、運転中モードのくわしいながれを紹介しています

参考にしてください

iOS11の新機能「運転中モード」の詳細動画

 
 

また、残念ながら、「Android」には、このような機能がないので、「ドライブモード」に手動でしなければなりません(じぶんが確認する限りでは・・・)

このようなアプリがあったので紹介します

Safety Sight

Safety Sight
無料
posted with アプリーチ

(スポンサーリンク)
 

カメラで車間距離をはかって、ドライブレコーダーにもなるようです

参考にどうぞ
 
 

おすすめ記事

【iPhone(アイフォン)】「子供のスマホ中毒対策」が本格化

【iPhone(アイフォン)】「子供のスマホ中毒対策」が本格化
スマホ依存から子供を守るには 登山でも今やスマホはなくなてはならない道具です GPSやカメラ、メモ、トランシーバーの代わりに電話・・と一台あれば、これだけのことができてしまいます 自分の高齢の知り合いも、最初はいろいろ使い【続きをよむ】

【登山の時計】まとめ7選(ガーミンなど)|GPSスマートウォッチ

登山スマートウォッチおすすめ【10選】ガーミンGPS時計など紹介
【2018年9月15日】更新 スマートウォッチおすすめ2018年版を紹介 登山に使えるGPS時計を解説します これから登山はGPSで安全になる時代 GPS機能を持っているだけで、遭難する確率はグンと減ります 特に見た目がオシャレなので、レディースにもおすすめ 参考にしてください
スポンサーリンク
【Apple・iPhone】
シェア、おねがいいたします
スポンサーリンク
スポンサーリンク
登山初心者ブログ 岳や本店

スポンサーリンク
トップへ戻る