秋登山の服装の選び方(10月・11月編)女性・男性おすすめ

秋登山の服装選び山登りの服装

 
 

[PR]
▼アウトレットがおすすめ▼
iconicon
[PR]
▼アウトレットがおすすめ▼
iconicon

秋登山の服装の選び方(10月・11月編)

登山初心者がウェアの選び方で悩んでしまうのが秋です

登山ウェアの選び方がしっかりしている女性

着こみが足りなければ寒くなり、寒いと思って厚着をしすぎると装備が重くなってしまう迷う時期

特に迷ってしまうウェアは[アンダーウェア][ミドルウェア(中間着)]

選び方を解説していますので、参考にしてください

==▼目次==

(▼登山の服装の基本はこちら)
[登山の服装]レイヤリング・選び方の基本9選|初心者おすすめ春夏秋冬編

登山の服装 解説|初心者のコスパ・おしゃれな「山ガール・メンズ」ウェア
「登山の服装・トレッキングウェアの選び方とコーデを紹介 アウターは防風、ベースレイヤーは速乾、ミドルレイヤー(中間着、フリースなど)は保温透湿機能がレイヤリングでは重要 夏のハイキングはおしゃれなユニクロ・ワークマンなどの製品もいいですが、春秋冬は機能重視 でコスパなモンベルもおすすめ

 
 

[アウター]秋はレインウェアでOK

アウターは冬用のアイテムでもいいですが、レインウェアでもOK

ボクなら軽さをとってレインウェアがいいと思います

(▼ノースフェイス ゴアテックスレインウェア)
[ザノースフェイス] レインスーツ レインテックスプラズマ メンズ ハイリスクレッド×ブラック 日本 L (日本サイズL相当)

雪がなければパンツも防水でなくて構わないので、ちょっと生地の厚めのパンツを選べばOKです

 
 

[アンダーウェア]秋はやや薄手がおすすめ

登山初心者におすすめする秋のアンダーウェアはちょっと薄手のウェアがいいと思います

▼patagonia アンダーウェア メンズ用

▼patagonia アンダーウェアレディース用

時期にもよりますが、10月くらいの登山の場合、厚手のアンダーでは熱がこもってしまうこともあります

ボクの場合、秋・春は薄手のアンダーにして、中間着(ミドルウェア)で調整しています

登っているときにアンダー1枚で快適になればそれでOK

人によっては厚手のアンダーがいい場合がありますが、最近は残暑が多いので薄手が良い場合が多いと思います

また秋・春は太陽が見えなくなると、いっきに肌寒くなるので、それもセレクトのときの判断材料にしてみてください

 
 

[ミドルウェア(中間着)秋やや厚めの生地

登山初心者では秋・春のミドルウェアは正直何を選んでいいか、なかなかピンとこないかもしれません

ボクの場合は、アンダーウェアを基本に考えています

▼ファイントラック ドラウトセンサー
ファイントラック ウィメンズ ドラウトセンサー ジャケット ネイビー Lサイズ FMW0121
(スポンサーリンク)

アンダーを厚くすればミドルは薄めのウェア、アンダーを薄手にするときはミドルの生地は厚めのウェアを用意します

 
 

[手袋]秋は防水タイプが大事

登山では秋・春の服装だけでなく、手袋も重要です

できれば防水タイプの風をさえぎる手袋がいいです

▼コスパ重視なら防寒テムレスでもOK
ショーワグローブ 【防寒手袋】No282防寒テムレス Lサイズ 1双
(スポンサーリンク)

11月くらいになると、雪も降ってきます

ボクのよくいく飯豊連峰は10月でも雪が降ります

そんなとき手袋がないと凍傷になってしまうこともあります

平地がまだ暖かいときには忘れがちな小物なので、注意してみてください

 
 

[サポートタイツ]秋はケガ防止に

秋は気持ちが夏の延長のイメージが強いので、どうしても暖かめの服装ができないことが多いです

平地が秋なら山は冬です

寒さでカラダが柔軟になっていないので、膝や腰などが痛くなることが多くなり、ケガも増えます

そんなときはサポートタイツが助けてくれます

▼シースリーフィット
[C3fit(シースリーフィット)]スポーツタイツ インパクトエアーロングタイツ レディース インディゴネイビー 日本 M (日本サイズM相当)
(スポンサーリンク)

ボクは膝が弱く、冷えてくると痛むことが多いです

夏でも沢登りなどでヒザが冷えると痛くなることもあって、かなり苦労しています

秋・春も登って帰るとき、下りなのでヒザへの負担が物理的に最大になりますが、太陽がかげり気温も下がると、余計ヒザの負担が増します

そんなときのサポートタイツはとても優秀で、快適にフォローしてくれますのでおすすめです

トップへ戻る