スポンサーリンク

「ライカMP」フィルムじゃなく「100万円デジタル」の評価は・・

スポンサーリンク
ライカ (引用 photoAC カメラ

Instagramにだけ使うのはもったいない!こだわりの「ライカ」100万円

 

(スポンサーリンク)
 

 

自分はカメラ初心者で、残念ながらこのカメラの良さが理解できていません

今回紹介するカメラは、「登山チャンネル」(「2ちゃんねる」の登山まとめサイト)をみていて発見しました

参考:「【1,585,440円】このカメラ高すぎるだろwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
 
 


1,585,440円!?

 
 

現在のデジタルカメラでも高くても10万円くらいだと思っていたので、この100万円超えのこの価格はちょっと異常な気が・・・・

少なくても、高すぎてあまり売れてないのでは?と思っていろいろ見ていると、こちらのサイトでは、その価格に関わらず、売上は上々と言っているようです

 
 

定価は105万8400円とますます値上げ。

世界定価をまた9月に上げるとか言ってるので今後ますます浮世離れしたカメラになることは否めない。

それでも売れまくるんだから凄い。

私も買ってますしなw

出典:晴れ時々ジャズ、雨のちカメラ

 
 

このサイトを見たときに、好きな人には、とことん愛される何かが「ライカ」にはあるんだと思いました
 
 


簡単にいうと、「世界が違う」ということ

 
 

こだわりの深さが全く違うということですね

 
 

スポンサーリンク

こだわりの深さならなんとなくわかるかも

「ライカ」に価値は見いだせないですが、こだわりの深さはなんとなく共感できそうです

自分がこだわっているのは、なんといっても「登山」

自分が登山を始めたのは、だいぶ遅くなってからで、それほどえらそうなことは言えないです

そして、それほど高い山に行っているわけではなく、低山がほとんど

だからこそ、低山をより深くこだわろうという意識は特に大きくなっています

「ライカ」マニアの方々のこだわりほど、自分はマニアックなところまでたどりついていないと思いますが、方向性は共感できると思います

 
 

ライカを少し調べてみましたが・・

「ライカ(Leica)」は当初は1925年ドイツメーカーのブランド「ライカ」からはじまりました

その後、日本のメーカー「ミノルタカメラ(現コニカミノルタ)」と提携

現在は会社名を「ライカカメラ」として、日本のパナソニックと提携をしています

一部とは言え日本のメーカーなどの協力もあることから、日本に縁のあるカメラといえます

Wikipediaでも

 
 

2006年4月22日にはライカ初の直営店を東京・銀座に開店している。

日本での開店に踏み切った理由として、世界でもっともライカの愛好者が多い国だというのが挙げられている。

出典:ウィキペディア

 
 

と言っています

日本人の好きなこだわりにドンピシャのカメラなのでしょう

 
 

ライカ M-P(Typ240)

下記が仕様です

ここで気づいたのですが、この「ライカ」デジタルなんですね・・

あとレンズは別売りです

次元が違いますね(´Д`)

 
 

【製品特徴】
■フルサイズセンサー搭載のレンジファインダー式デジタルカメラ
■2GBのバッファメモリーを搭載し、より速い連写性能を実現
■液晶モニターのカバーガラスには、耐傷性がきわめて高いサファイアガラスを採用
■コンパクトなサイズ、ミニマルなデザイン、静音性に優れたシャッターにより、静かに目立たず撮影が可能
■新開発の35mmフルサイズ CMOSセンサー「LEICA MAX 24MP センサー」を搭載
■高画素2400万画素 LEICA MAX 24MPセンサーと画像処理エンジン「LEICA MAESTRO」との連携で、最高水準の画質を実現
■素早く的確にピントを合わせることができる、距離計を用いたマニュアルフォーカス
■ライブビューでのピント合わせをサポートする機能として、ライブビュー画面の一部を最大10倍に拡大する「フォーカスエイド」搭載
■ピントが合っている被写体の輪郭を 自動的に色づける「フォーカスピーキング」搭載
■1080pのフルハイビジョン動画撮影機能を搭載
【製品仕様】
●画素数:2400万画素
●記録メディア:SD/SDHC/SDXCメモリーカード
●液晶モニター:3.0型ワイド 約92万ドット
●連続撮影速度:最高約3コマ/秒
●動画記録サイズ:フルハイビジョン(1920×1080)他
●シャッタースピード:1/4000~60秒、バルブ、フラッシュ同調速度:1/180秒
●ISO感度:ISO 200~6400相当、Pull機能によりISO 100にも設定可能(設定方法:マニュアル、オート)
●質量:約680g(バッテリー、メモリー含む)
●電池:充電式リチウムイオンバッテリー(付属)

【付属品】
充電式リチウムイオンバッテリー、バッテリーチャージャー(EU仕様とアメリカ仕様の電源コード付き、一部地域により異なる)、充電ケーブル(12V)、キャリングストラップ、ホットシューカバー、ボディキャップ

 
 

(スポンサーリンク)
 

 
 

おすすめ記事

登山の時計おすすめ2018【9選+1】|40代50代「安さ」より「こだわり」

登山 時計おすすめ2018【9選+1】|40代50代「安さ」より「こだわり」
登山 腕時計メーカー厳選|登山初心者にもおすすめ 【2018年9月8日】更新  登山 時計のおすすめを紹介します  レディース・メンズ両方に似合う「腕時計9選+1」を厳選 機能も盛りだくさんで、丈夫、そし【続きをよむ】

【登山の時計】まとめ7選(ガーミンなど)|GPSスマートウォッチ

登山スマートウォッチおすすめ【10選】ガーミンGPS時計など紹介
スマートウォッチおすすめ「登山のGPS時計」はこれ 【2018年10月3日】更新  スマートウォッチおすすめ2018年版を紹介 登山に使えるGPS時計を解説します これから登山はGPSで安全になる時代 GPS機能を【続きをよむ】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連コンテンツ
カメラ
スポンサーリンク
関連コンテンツ
登山初心者ブログ 岳や本店

トップへ戻る