箕輪山 登山【最速コース】野地温泉・鬼面山コース

福島県 箕輪山からの眺め 安達太良山 登山
スポンサーリンク

夜の「鬼面山」は連続で行かないと、とても怖いことが判明

 
 

秋の安達太良山 ゴンドラ付近

 
 
ここ最近はほぼ夜間登山の場合が多くなりました。

日中は仕事か、家族のお世話。

まあしょうがないといいますか、慣れてきたので全てがルーティンワークになりつつあります。

 
 
この日も夜からゴソゴソして出発準備を進めます。

天気をチェックすると、風も気温も問題ないようです。

それでも準備がなかなか進まず、少し遅れて出発しました。

2~3週間山に行かないと、準備がうまくいかず、慌ててしまいます。

毎回余裕のないスケジュールで、寝る時間もある程度確保したいことから、問題が発生すると、すぐ全体計画に影響してきます。

準備するものは書いてリストにしているのですが、なぜか遅れてしまいます

ちょっと反省。

今回の夜登山は久しぶりということで、なんとなく気が進みませんでした。

何回行っても、やはり夜は怖いのです。

怖いと思うのは、
 
 

  • 「クマ」
  • 「幽霊(ゆうれい)」

 
 
この2つです。

今回もギリギリまで、行くか行かないかを考えていて、前日くらいになってから、ようやく決定したのです。

そんなに怖ければ行かなくてもいいのでは?・・と思うかもしれませんが、体力と気力を鍛えるには、理性で考えると、やっぱり行きたいのです。

 
 

スポンサーリンク

野地温泉を出発

今回のコースはいつものコース

野地温泉から「鬼面山」をとおりすぎて「箕輪山」に向かいます

地図 野地温泉から箕輪山まで

 
 

まずはいつものようにコンビニ経由で野地温泉へ。

途中、霧が濃くなってきて嫌な予感がしていましたが、野地温泉に着いたころにはある程度霧が少なくなっていたので、胸をなでおろしました。

野地温泉の照明はついていますが、誰一人として起きている人がいる様子がありません。

(夜の野地温泉)
夜の野地温泉

灯りの中あまり迷惑にならないように、そそくさと準備をします。

できれば早めに熊鈴やラジオの音を出したいのですが、寝ている人がいることから、最初はポケットにしまっておきます。

準備を済ませたら出発。

暗い登山道をヘッドライトを照らしながら進みます。

野地温泉の建物が見えなくなってから、熊鈴とラジオをセットします。

これらをセットすると、少し落ち着きますが、つけないで歩いているときは、キョロキョロして気が気でありません。

旧土湯峠まで来てから90度左に曲がります。

まずは目指せ「鬼面山」。

毎度のコースで飽きてしまうかもしれませんが、トレーニングを兼ねているので、黙々とこなすのみ。

登山道には濡れたササが覆いかぶさっていいて、体がびしょびしょになってしまいます。

少し暑くても、レインウェアは欠かせません

ガサガサと音をたてて登山道を進みますが、怖さをやっつけるためにわざと音を立てて進みます。

時には歌を歌います。

そうこうしているうちに、鬼面山に到着。

(鬼面山山頂 本当に山頂です)
夜の鬼面山山頂

 
 

毎回そうですが、この鬼面山までがやっぱり怖い。

ここを過ぎてしまうと、慣れてくるせいか怖さは半減します。(なくなるわけではないです)

ほっと一息の小休憩をしてから、先に進みます。

まずは、ガスがあると迷いやすい鬼面山からコルまでの岩場の下り。

以前ここでガスに巻かれて、まさかの登山道ロストをしてしまいました。

30分くらいさまよって登山道に戻りましたが、知っている道でもそのようなことがあるので、本当に注意が必要です。

暗くてロストなので、怖くて鳥肌を立てながらの30分は、本当に心が鍛えられました。

慎重にコルまで下ると、今度はササヤブが酷い箇所を通過します。

(コルの標識 ササヤブが怖い)
コルの標識とササヤブ

ここは幽霊というよりは、クマが怖いですね。

音を立てながら、クマスプレーを構えての前進。

(▼夜の登山はクマスプレー必須です)

 
 

このあたりを何事もなく通過できれば、あとはコルから登り返すのみ。

東の空がやや明るくなってきたので、急いで山頂に登ります。
 
 

山頂はまだ暗かった

最後の急登は前を見ないで、足元だけを見て、黙々と進むのみ。

そうすればいつかは山頂に着きます。

ガマンの登りの先には、なだらかな山頂が待っていました。

山頂はやや日の出が見えてきて、もう少しすれば絶好のビューポイントになりそうな気配ですが、時間がないため泣く泣く戻ります。

(箕輪山 山頂の写真です)
箕輪山 山頂

山頂から下るときに、雲海が見えてきました。

下界は雨か曇りなので、絶好の雲海日和。

下界では、灯りが雲海の際(きわ)で光っていてとてもきれいに見えました。

(雲海と車道の照明)
雲海と車道の照明

(日の出と星)
日の出と星

だんだんと明るくなってきて、もう怖くなくなるころに鬼面山手前のコルに到着。

(ササヤブと鬼面山 このササヤブが夜は怖い)
ササヤブと鬼面山

苦しい鬼面山の登り返しを一気に登ると、鬼面山の平坦な山頂に到着します。

(鬼面山山頂)
朝の鬼面山山頂

 
 

野地温泉に戻る

鬼面山を下り始めると、下界に鷲倉温泉と新野地温泉が見えました。

あそこまで一気に戻ります。

(鷲倉温泉と新野地温泉が下に見える)
鷲倉温泉と新野地温泉

(登山道の名物 潜り(くぐり)松)
潜り松

(名前は知らないが、かわいいキノコ)
きのこ

帰りは明るい中の下山なので、消化試合です。

それでも、クマなどは朝に動くこともあって、緊張の糸は緩めないようにします。

ようやく野地温泉に到着。

すでにお客さんが景色を楽しんでいました。

(野地温泉)
朝の野地温泉

今回もお疲れ様でした。
 
 

おまけ

今回は、別な用事で福島方面に下っていましたが、途中

「ウシ出没注意」

という看板がありました。

(ウシ出没)

ウシ注意

この周辺は牧場などのウシを飼っているところがないため、もしかしたら、ウシがどこからか逃げているのかもしれません。

この方面に行かれる方は注意ください。(もう今は無くなっているかもしれませんが・・)

おわり。

それではまた。
 
 

おすすめ記事

【安達太良山】ヤマレコではわからない8月夜の登山※初心者注意

【安達太良山】ヤマレコではわからない8月夜の登山※初心者注意
最近は次の条件がほとんどです 1 出かけられるかどうかは、前日でないとわからない。 2 出かけられる時間は深夜から未明にかけて。 3 幽霊やクマが嫌いなので、とにかく毎回ビビリがヒドイ症状。 4 帰ってきてから寝ないまま仕事へ行く場合がほとんど。 5 睡眠負債がそろそろ溜まってきている。

スポンサーリンク
トップへ戻る