スポンサーリンク

「モンベルストック」40代に【オススメする理由】|登山では「杖」必須

登山ギア
スポンサーリンク

【2018年12月20日】更新 

 

モンベルの優秀なトレッキングポールについて書きました

 
 

▼アルパインポール モンベル

アルパインカーボンポール  モンベル 


画像出典:モンベル

 

トレッキングの時には、特に感じるのですが、足などの関節の痛みで歩くのが嫌になるときがあります。

自分の周りでも、若いときに頑張ったかたほど 年齢を重ねてから ひざや腰の痛みなどに苦しんでいるかたが多いですね。(本人たちは笑いながら話してはいますが・・)

特にひざの痛みは山で活動しているかたには、慢性的な症状

これからトレッキングを始めようかと考えているかたは、特に積極的にポールを使った方が、長くトレッキングを楽しむことができると思います。

 
 
▼公式オンライン アルパインカーボンポール

【モンベル】アルパイン カーボンポール S
驚異的な軽さと強度を両立したI型グリップタイプのポールです。 使用時のシャフト全体にかかる負荷を検証し、各段ごとに強度を最適化。その結果、軽量化を図りつつ、強度の向上に成功しました。グリップを一回り小さくすることで、女性など手の小さな方に合わせたモデルです。1本での販売です。

 
 

自分もヒザが悪いのですが、ヒザ故障防止の装備は、トレッキングポールはもちろん、サポートタイツやクッション性のあるトレッキングシューズでがっちり装備を固めています。

最近ではモンベルの「アルパインカーボンポール」なかなか優秀

なので、自分の備忘も含めて紹介したいと思います。
 
 

まず私がこれを選んだ理由は

 
 

  1. 「価格」
  2. 「カーボン」
  3. 「モンベル」

 
 

の3つがキーワード。

一つ一つ解説してみます。
 
 

スポンサーリンク

その1 価格

「価格」はかなりいいすぎでは?と思うかもしれませんが、この重さでこの値段

7,300円+税(2018年12月現在)

おどろくほど安い!!・・というわけではありませんが、機能面を考えてのこの価格設定は、かなり優秀だと思います

 
 

重さは1本185g(170g)で文庫本より軽い!

少し前までは280gを切ると一番軽い製品と思ってみましたが、最近は200gを切る製品が多数出ております。

その中でもかなり優秀。

いまでは最軽量のポールは150gを切るものもありますが、トレッキングでいろいろ使えるように、丈夫さも考えなくてはなりません。
 
 

個人的意見ですが、安いもの(1,500円~3,000円くらいのもの)は雑な使い方をするとすぐ曲がります。

やはり安いものはそれなりで、がっかりしたこともあり、おすすめはできません。

場合により、安いものでもよいこともありますが、高尾山を卒業するくらいであれば、このくらいのものは必要だと思います。
 
 

その2 カーボン

アルパインカーボンポール  カーボン紹介 モンベル


出典:モンベル

 

カーボンが良いのはまず 軽さ です。

いまはスキーの板にもカーボンが使われていて、その軽さは必見です。

丈夫さもアルミとひけをとりません。ただ、アルミは折れたら応急的に戻せますが、カーボンは折れたら戻すのはなかなか難しいですね。
 
 

また、どちらかというとアルミはカーボンより曲りやすいですが、逆にカーボンは一度完全に曲がってしまうと、ダメになってしまいます。

通常の使い方をすれば折れるということはまずないと思います。
 
 

カーボンの軽さをとるか、アルミの丈夫さをとるかは考えてもいいと思いますね。

私のポールもカーボンですが、山スキーでも折れたことはなく、友人も含めていまのところ見たことはないです。

裏技として、カーボンが折れた場合は 応急処置として ガムテープで補強しておくといいと思います。

あくまで応急処置ですが。
 
 

ヒザに不安があるかたは2つそろえることをすすめます。

アップダウンが大きいところ(両手を使わないと登ることができないようなところ)は、むしろないほうが良いことがありますが、通常はダブルで持っていると、負担が大幅に軽減されます。

またグリップがT字のストックもありますが、自分はI(アイ)字のグリップを 強くおすすめします。

 
 

理由は2つを両手で扱うダブルポールで扱うのがT字では難しいためです。

T字はあくまで片手のみで扱うのに適しているだけです。

I(あい)字は汎用性があり、1本で使用しても、T字との差はありません。

ザックに収納するときもI(あり)字はかさばらないので、とても便利です。
 
 

その3 モンベル

日本の登山用品メーカー モンベル の信用は言うに及ばないと思います。

私ごとですが、好きな登山家である服部文祥氏が愛用しているメーカー。

衣類からギア、そして山岳保険など、トータルで山にかかわる製品を取り扱っています。

信用という意味では最もよいメーカーの一つではないでしょうか
 
 

下記はメーカー説明です。
 
 

7001超々ジュラルミンの芯を剛性に優れるカーボン繊維強化樹脂で包み込むことで、高い強度と驚異的な軽さを両立させたポールです。内蔵スプリングによる衝撃吸収システムを採用しています。

※1本での販売となります。
仕様
【重量】184g(201g) ※( )内はポイントプロテクターとバスケットを含む総重量です。
【カラー】ネイビー(NV)/ シルバー(SV)
【使用サイズ】105~130cm
【収納サイズ】62cm
※使用サイズ・収納サイズはポイントプロテクターを含まない長さです。
出典:モンベル

 
 

↓アルパインカーボンポールのアンチショックがついているものは品薄のようです。

もし見てみたいというかたは、こちらを確認くださいm(__)m

▼アルパインカーボンポールアンチショック

【モンベル】アルパイン カーボンポール アンチショック S
驚異的な軽さと強度を両立したI型グリップタイプのポールです。 使用時のシャフト全体にかかる負荷を検証し、各段ごとに強度を最適化。その結果、軽量化を図りつつ、強度の向上に成功しました。内蔵スプリングによる衝撃吸収システムを搭載したモデルです。グリップを一回り小さくすることで、女性など手の小さな方に合わせたモデルです。1本【続きをよむ】

 
 

~おすすめ記事~

【コルサナノテク】CAMP(カンプ) ピッケル最軽量+α

軽量ピッケル「コルサ ナノテク」レビュー!雪山CAMP(カンプ)おすすめ
【2018年8月2日】更新 125年の歴史があるイタリアのメーカー「CAMP(カンプ)」は、現在軽量な登山道具を多く作り続けています そのなかでもベストセラーの「軽量ピッケル(アックス)」「コルサナノテク」を今回紹介 コル【続きをよむ】

【解説版】「登山初心者用」トレッキングポール【21選】

トレッキングポール初心者におすすめ【登山用20選】2018年度版
トレッキング ポールの選び方と適した使い方を解説 【2018年10月2日】更新  登山初心者におすすめのトレッキングポールの選び方と使い方を書きました 登山でのトレッキングポールの必要性は、特に初心者の場合高いです 【続きをよむ】

スポンサーリンク
関連コンテンツ
トップへ戻る