パタゴニアダウンセーター【レビュー】登山の服装インナーのサイズ感

パタゴニアダウンセーターフーディ パタゴニアと登山
スポンサーリンク
スポンサーリンク

パタゴニアダウンセーターの評判は?|おすすめ中間着

【2018年9月23日】更新 

パタゴニアのベストセラー「ダウンセーター」のおすすめポイントを書きました

登山初心者で始めたばかりのころ、インナーダウンジャケットがやたら恰好よかったので、なぜかそればかり見たり買ったりしていました。

特にパタゴニアの製品に惹かれて、穴があくほどカタログを見ていたと思います

パタゴニアのダウンセーターはとても評判が良くて、着こなしもスタイリッシュにこなせるのでとても人気

真冬は1日着ていてもストレスにならないほど着やすく、夏でも防寒服としてメンズ・レディースとも売れています
 


(スポンサーリンク)


 
 

いまはそこまでダウンを買ったりしていませんが、それでもカタログを見る時にはダウンの項目を先に見てしまいます。

今はダウンもいろいろなバージョンのものが出ています。最近の山でのダウンの着かたは、インナーとして中間着インサレーションとしてアンダー(下着)とアウター(上着)の中間に着る場合が多いでしょうか。

中間着にはダウンや、化繊中綿入りのジャケット、フリースがありますが、最近は特にダウンをもっていかれるかたが多いようです。

 
 
▼モンベルダウンもおすすめ

[モンベルインナーダウン]レディースにもおすすめ!使った感想・選び方
【2019年2月11日】更新 「モンベル インナーダウン」のメリットとデメリットを書きました 登山ウェアでもコスパが高く、機能も優秀です 参考にしてください
スポンサーリンク

=▼ 目次=

  1. ダウンセーター 着こなし
  2. ダウンは濡れると大変!でもとても暖かい
  3. ダウンセーターのサイズ選び
  4. パタゴニア ダウンセーター紹介
  5. ダウンセーター ジャケット
  6. 【ハイロフト】ダウンセーターフーディ
  7. ダウンセーターフーディ
  8. ダウンセーター ベスト
  9. 中間着・防寒着「おすすめ記事」

 
 

 
 

※アイキャッチ出典:Amazon
 
 

パタゴニア ダウンセーター 着こなし

ダウンセーターというか、パタゴニア製品はちょっと着こなしが大変です

タウンユースで使うならば問題ありませんが、山で使う場合は注意が必要

特に女性はウエストがやや細くつくられているので、重ね着を気をつけないといけません

ダウンセーターは「レギュラーフィット」という仕様になっていますが、それでも「キュッ」となっています

着てしまえば、シルエットを強調するように仕上がっているので、スタイリッシュに見えます

購入するときには、なるべく試着をおすすめします(特に女性)

 
 

ダウンは濡れると大変!でもとても暖かい


(スポンサーリンク)

ダウンは濡れると全く保温性が無くなってしまいますが、ぬれないようにさえ気を付ければ、軽さもほかの製品と比べると段違いですし、特に保温性はかなり上を行くと思います。
 
 

またコンパクトさも群を抜いていると思います。

僭越ですが、私の使用方法を紹介してみます。冬に登っているときにはザックの中に入れて登ります。

私は特に汗かきなので、着ているとすぐにぬれて使い物にならなくなってしまうので、ぬれないようにビニル袋に入れてから、入念にザックに入れます。

そして山頂で休憩のときに、ザックから出して着るのです。

すでに大量の汗をかいているので、休憩のときは特に体が冷えやすく、注意が必要です。それでもある程度濡れているものを乾かしたり、ぬれているところをタオルなどでふいたりしてから、ダウンを着るようにしています。

下りは汗をかくような登り返しがなければダウンを着ますが、少しでも登り返しがあるような場合は着ません。

私のイメージでは、ダウンを緊急用の保温着として位置付けているので、特にぬらさないように気を付けています。

一度ぬれてしまうと、少なくてもその山行の間は乾きません。

そうなるとと重いだけで、役にたたない物体となってしまいます。

水を吸って重くなっているので、捨ててしまいたいところですが(デポはいけません)、ダウンの値段を考えると捨てるに捨てられなく、ジレンマに襲われてしまいます。
 
 

しかし、ぬらさないようにさえ気を付ければ、ダウンは別世界のような暖かさと軽さをプレゼントしてくれます。

また夏でも泊まりのときには積極的に使います。軽いので、保険に持っていても問題ないと思います。
 
 

パタゴニア ダウンセーター サイズ選び


(スポンサーリンク)


 

ダウンは体との隙間をつくってしまうと、基本的には暖かい熱は逃げてしまいますので、ある程度のフィットは必要です。

登山靴の購入のときもそうですが、オンラインで買った場合は、1回くらいサイズチェンジをするくらいの気持ちで買うといいと思います。そのほうが最終的には業者さんとお客のお互いのためだと思います。
 
 

パタゴニア ダウンセーター紹介

すでに表題に出ていますが、ここでオススメ紹介。

冒頭にも書いたとおり、私はパタゴニアのダウンジャケット特に  ダウンセーター、 には特別な思い入れがあります。パタゴニアのカタログを最初に見た時に一番ほしいと思ったものがダウンセーターでした。
 
 

~個人的感想~

これは山ではもちろん、お出掛けのときにアウターの替わりに着たり、贅沢に家の中で着たりなど、多種多様な着方ができる一品です。また丈夫なので一生ものです。

よって1枚だけじゃなく、2枚あるとかなりうれしい。とても贅沢な気がします。

値段が高いのが玉にキズですが、生地は丈夫で、ある程度の雨ははじいてしまいます。

暖かさも問題なし。私の場合ですが、汚れがひどいときは軽く洗濯機で丸洗いして陰干しして使っています。2日くらいでダウンのふっくら感が戻ってきて、洗う前と変わりません。

噂ですが、パタゴニア製品はアメリカや欧州では値段が安いですが、日本では高いというサイトをよくみます。ちょっと残念な話しですが、ある程度事実なようです。
 
 

私がパタゴニアを好きな理由の一つは、創業者の一人であるイヴォンさんがなんとなく好きなので、それでひいきにしているところもあります。

好きと言ってもまだ会ったことがありません。一度あって見たい人の一人ですね。

よって、私のレビューの全てに当てはまることですが、個人的な感情の分は差し引いてください。
 
 

フィルパワー(FP:圧縮したあとの復元率)は800でかなり高い方です。

今は1000フィルパワーのものも出ていますので、最高というわけではありませんが、それでもパタゴニアブランドは揺るがないと思います。
 
 

パタゴニア ダウンセーター ジャケット

ダウンセーターのジャケットです

(メンズ)

 

特長
丈夫なリップストップ・リサイクル・ポリエステル100%製シェル。DWR(耐久性撥水)加工済み
800フィルパワー・アドバンスト・グローバル・トレーサブル・ダウン(強制給餌や生きたまま羽毛採取が行われたものでない鳥から供給されたことが、親農場から被服縫製工場まで追跡され保証されている、NSFインターナショナルの認証済みグースダウン)のインサレーション入り
フロントのビスロン・ジッパーは内側に吸湿性を備えたストームフラップ付き。あごへのあたりが快適なジッパーガレージ付き
2つのハンドウォーマーポケットはビスロン・ジッパーとジッパーガレージ付き。内側のジッパー式チェストポケットには本体を収納可能(カラビナ用ループ付き)
ナイロンで縁取った伸縮性の袖口は快適で温かさを逃さない
裾のドローコードはハンドウォーマーポケットの内側から調節でき、フロントのコードロックでリリース可能
371 g (13.1 oz)

出典:パタゴニア

 

(ウィメンズ)

 

特長
丈夫なリップストップ・リサイクル・ポリエステル100%製シェル。DWR(耐久性撥水)加工済み
800フィルパワー・アドバンスト・グローバル・トレーサブル・ダウン(強制給餌や生きたまま羽毛採取が行われたものでない鳥から供給されたことが、親農場から被服縫製工場まで追跡され保証されている、NSFインターナショナルの認証済みグースダウン)のインサレーション入り
体のラインに沿ったフィットと長めの丈。両脇のパネルには細い横型のキルトラインを使用
フロントのビスロン・ジッパーは内側に吸湿性を備えたストームフラップ付き。あごへのあたりが快適なジッパーガレージ付き
2つのハンドウォーマーポケットはビスロン・ジッパーとジッパーガレージ付き。内側のジッパー式チェストポケットには本体を収納可能(カラビナ用ループ付き)
ナイロンで縁取った伸縮性の袖口は快適で温かさを逃さない
裾のドローコードはハンドウォーマーポケットの内側から調節でき、フロントのコードロックでリリース可能
346 g (12.2 oz)

出典:パタゴニア

 

パタゴニア 【ハイロフト】ダウンセーターフーディ

山登りスタート時の熱い思いがこもったダウンセーターです。
フーディタイプがおすすめです。
そして今はこのハイロフトもステキ。

メンズです。

 
 

特長
DWR(耐久性撥水)加工済みのリップストップ・リサイクル・ポリエステル100%製シェルは風雨をブロックし、耐裂性と耐摩耗性も発揮
600フィルパワー・リサイクル・ダウン100%(ダウン製品から再生されたダックダウンとグースダウン)のインサレーション入り
襟の上まで施したフルレングスのフロントジッパー。フード付き
ジッパー式ハンドウォーマーポケットが2つ。内側のジッパー式チェストポケットに本体を収納可能(カラビナ用ループ付き)
かさばらない袖口は腕へのあたりがソフト。ドローコードで調節可能なドロップテイルの裾が悪天候に対する最大限のプロテクションを提供
まち付きの脇の下がより幅広い動きに対応
ヒップまでの丈
530 g (18.7 oz)

出典:パタゴニア

 
 

(ウィメンズ)

 

特長
DWR(耐久性撥水)加工済みのリサイクル・ポリエステル製のシェル
600フィルパワー・リサイクル・ダウン100%(ダウン製品から再生されたダックダウンとグースダウン)のインサレーション入り
ハイロフトのインサレーションを段階的に幅を変えたキルトパターンで押さえた構造
フロント中央のビスロン・ジッパーはストームフラップ付き
ジッパー式ハンドウォーマーポケットが2つ。内側のジッパー式チェストポケットに本体を収納可能(カラビナ用ループ付き)
裾はドローコードで調節でき、フロントのコードロックでリリース可能
フロント中央のコイル・ジッパーはストームフラップ付き
465 g (16.4 oz)

出典:パタゴニア

 
 

パタゴニア ダウンセーターフーディ

レギュラーのフーディタイプ

自分のおすすめシリーズです

(メンズ)

 
 

特長

丈夫なリップストップ・リサイクル・ポリエステル100%製シェル。DWR(耐久性撥水)加工済み
800フィルパワー・アドバンスト・グローバル・トレーサブル・ダウン(強制給餌や生きたまま羽毛採取が行われたものでない鳥から供給されたことが、親農場から被服縫製工場まで追跡され保証されている、NSFインターナショナルの認証済みグースダウン)のインサレーション入り
片手で調節できるドローコード付きのフード。フロントのビスロン・ジッパーは内側に撥水性を備えたストームフラップ付き。あごへのあたりが快適なジッパーガレージ付き
2つのハンドウォーマーポケットはビスロン・ジッパーとジッパーガレージ付き。内側のジッパー式チェストポケットには本体を収納可能(カラビナ用ループ付き)
ナイロンで縁取った伸縮性の袖口は快適で温かさを逃さない
裾のドローコードはハンドウォーマーポケットの内側から調節でき、フロントのコードロックでリリース可能
428 g (15.1 oz)

出典:パタゴニア

 
 

(ウィメンズ)

 
 

特長
丈夫なリップストップ・リサイクル・ポリエステル100%製シェル。DWR(耐久性撥水)加工済み
800フィルパワー・アドバンスト・グローバル・トレーサブル・ダウン(強制給餌や生きたまま羽毛採取が行われたものでない鳥から供給されたことが、親農場から被服縫製工場まで追跡され保証されている、NSFインターナショナルの認証済みグースダウン)のインサレーション入り
体のラインに沿ったフィットと長めの丈。両脇のパネルには細い横型のキルトラインを使用
片手で調節できるドローコード付きのフード。フロントのビスロン・ジッパーは内側に吸湿性を備えたストームフラップ付き。あごへのあたりが快適なジッパーガレージ付き
2つのハンドウォーマーポケットはビスロン・ジッパーとジッパーガレージ付き。内側のジッパー式チェストポケットには本体を収納可能(カラビナ用ループ付き)
ナイロンで縁取った伸縮性の袖口は快適で温かさを逃さない
裾のドローコードはハンドウォーマーポケットの内側から調節でき、フロントのコードロックでリリース可能
371 g (13.1 oz)

出典:パタゴニア

 
 

パタゴニア ダウン セーター ベスト

ダウンセーターベストは、腕をよく使うようなクライミングをするときや、タウンユースで活躍します

軽量なので、ミニマリストにもおすすめ

速攻で登山をするときにも、軽量化と保温を助けてくれる優れもの

 
 

(メンズ)

 
 

特長
丈夫なリップストップ・リサイクル・ポリエステル100%製シェル。DWR(耐久性撥水)加工済み
800フィルパワー・アドバンスト・グローバル・トレーサブル・ダウン(強制給餌や生きたまま羽毛採取が行われたものでない鳥から供給されたことが、親農場から被服縫製工場まで追跡され保証されている、NSFインターナショナルの認証済みグースダウン)のインサレーション入り
フロントのビスロン・ジッパーは内側に吸湿性を備えたストームフラップ付き。あごへのあたりが快適なジッパーガレージ付き
2つのハンドウォーマーポケットはビスロン・ジッパーとジッパーガレージ付き。内側のジッパー式チェストポケットには本体を収納可能(カラビナ用ループ付き)
ナイロンで縁取った伸縮性のアームホールは快適で温かさを逃さない
裾のドローコードはハンドウォーマーポケットの内側から調節でき、フロントのコードロックでリリース可能
278 g (9.8 oz)

出典:パタゴニア

 
 

(ウィメンズ)

 
 

特長
丈夫なリップストップ・リサイクル・ポリエステル100%製シェル。DWR(耐久性撥水)加工済み
800フィルパワー・アドバンスト・グローバル・トレーサブル・ダウン(強制給餌や生きたまま羽毛採取が行われたものでない鳥から供給されたことが、親農場から被服縫製工場まで追跡され保証されている、NSFインターナショナルの認証済みグースダウン)のインサレーション入り
体のラインに沿ったフィットと長めの丈。両脇のパネルには細い横型のキルトラインを使用
フロントのビスロン・ジッパーは内側に吸湿性を備えたストームフラップ付き。あごへのあたりが快適なジッパーガレージ付き
2つのハンドウォーマーポケットはビスロン・ジッパーとジッパーガレージ付き。内側のジッパー式チェストポケットには本体を収納可能(カラビナ用ループ付き)
ナイロンで縁取った伸縮性のアームホールは快適で温かさを逃さない
裾のドローコードはハンドウォーマーポケットの内側から調節でき、フロントのコードロックでリリース可能
221 g (7.8 oz)

出典:パタゴニア

 
 

中間着・防寒着「おすすめ記事」

レビュー】化繊インサレーション2017|パタゴニア Nano Puff(ナノパフ)

【ナノパフ(Nano Puff)】2019【レビュー】patagonia登山の化繊ミドルウェア
【2019年5月12日】更新 パタゴニア ナノパフ(Nano Puff)を「使った感想」を書きました ナノパフは化繊のインサレーションが入っていて、濡れ(ぬれ)に強く、濡れても暖か(あたたか) よくナノパフは寒い・・と言われますがそれは使い方の問題 確かにダウンより保温は低いですが、山での過酷(かこく)な環境で行動しているときは、ダウンより化繊が優れている場合が多く、自分はヘビーに使いまわしています

パタゴニア【マイクロパフフーディ2017冬】を「レビュー」してみた

【マイクロパフフーディ】レビュー【patagonia】登山化繊ミドルウェア
【2018年7月6日】更新 パタゴニア中綿入りのフーディ「マイクロパフ」のおすすめポイントを書きました わせて、皆さんがよく疑問に思うこととして、仕様が近い「ナノパフ」との違いもかきました 「マイクロパフ」と「ナノパフ」の違い・比較とメリットデメリット 参考にどうぞ

トップへ戻る