登山のおやつ・お菓子【10選】|初心者へおすすめ【行動食スイーツ♪】

ドーナツ山ごはん・行動食・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【登山の食べ物】その中で「お菓子」のオススメ

 

】更新 

トレッキング・ハイキング・登山に持っていく食べ物にお菓子やおやつはかかせません

今回は山で食べるとおいしい【おやつ】・【お菓子】を紹介 その【おいしい理由】を書きました 

山で食べるおやつは、下界で食べるものとなぜか「一味ちがいます」 

特に甘いものは、疲れたカラダにビビッとひびくこと間違いなし 

人によっては、これを登山の「第一の目的」にする人もいるはず(自分もそう) 

「食は楽しむことが第一条件」 自分なりの特別な「おやつ」を持って山にGoです(‘ω’)ノ

チョコレートのかけら

 
 

登山というと、食事を楽しむのは二の次と言われる人もいらっしゃるかと思いますが、体の疲れをとるには、栄養素だけではなく、味を楽しむのも重要な要素です。

多少栄養が偏っていても、美味しいと思うものを食べると、一日の疲れがどこかへ飛んで行ってしまいます。

また、山でのおやつは、公然と理由をつけて、糖分やカロリーが高いものが食べられる、唯一限られた時間の一つなのです。(言い過ぎかもしれませんが・・)

よって、ここは少し心苦しいかもしれませんが、ダイエットは少し横において、美味しく食べられるものを優先的に考えてみたいと思います。

目次

 

登山では代謝が良くなるので、食べたものはすぐ栄養になります そのときに安全な食べ物を食べるということは、とても大切

>> 登山食15選 国内生産・無添加で「安全で安心」
アイリス画像 横向き

登山の食事でコンビニの安全な山ごはん【15選】国内生産・無添加の物はあるのか?
【2018年3月22日】 更新 登山につかえる【無添加】【国内産】の食べ物探しました カンペキとはいかないまでも、登山でここまで考えると「安全・安心」といえるのでは・・と思います 「体は食べ物でできている」と言われている昨今、特に登山での食事の場合は栄養がよく吸収されるので、健康を保ちたいなら、毒になりそうなものはさけたいですね 参考にしてください

 

登山のお菓子 チョコレートは外せない

 
チョコレートはカロリーも高く、山で食べると非常においしい

また、カカオに含まれている成分から、精神が落ち着くような、鎮静作用もあり、不安や緊張も和らいでいきます。

道迷ったときや、疲れて動けないときは特にいいのではないでしょうか

参考サイト:
「効果効能」の知恵袋ブログ
北海道家庭医療学センター
「チョコレートの消費と心疾患・メタボ疾患との関係」(英語)
 
 

山おやつ!!キットカット

キットカット 3つ並んでいる

 
 
 

自分が大好きなチョコは、少し邪道ですがラブリー「キットカット」です。

 
 

ハイキングおやつにショーコラはどうでしょう

 
これは山の上で、優雅に感傷に浸りたいときの一品。

虎の子スペシャルの「(バニラビーンズ)VANILLABEANS ショーコラ 8個入」

 
 

カカオがいいからといってたくさんとると、砂糖や脂質も多いためとりすぎには注意です。

もし取り過ぎたら動いて消費しましょう。

参考サイト:
国民生活センター
 
 

山登りで人気のドライフルーツ

 

ドライフルーツも疲れがひどいときに食べると、身に染みて元気になっていく食べ物。

疲れたときに甘酸っぱい香りが体全体に行きわたります。

ドライフルーツは水分を抜いて、体積をギューっと濃縮してあるため、普通に果物を食べるよりも簡単に多くの栄養素が摂取可能です。

また、生ではなかなか食べられない皮の部分もはいっているため特に栄養素を取り入れることができます。

参考サイト:「もこすく」

いろいろサイトをハシゴしてみると、マンゴーのドライフルーツを勧めているサイトをよく見かけます。

マンゴーもいいんですが、何となく自分は、山では酸っぱい系がどうしてもほしくなるため、いつもドライの甘酸っぱい「パイン」を持っていくようにしています。
 
 

パイン

ドライパイナップル

 
 
 
ドライフルーツパインは自分が愛してやまない一品です。

ラブリーパインです。

 
 

 
 

シリアル系

シリアル グラノーラ フルーツ

 
 

これは自分の周りの方々の中では、鉄板中の鉄板です。

自分の先輩では、おやつ(行動食)だけでなく、昼ごはんも全てこれにしている人を知っています。(飽きてくるような気がするのですが・・・)

内容物は、まさにドライフルーツあり、炭水化物あり、脂質ありで良いとこ取りの「スーパーおやつ」です。

牛乳を持参して一緒に食べると、下界と同じような食べ方ができますが、そんな人はいません。

とりあえず、そのままボリボリ食べます。

一時期、自分もその先輩の真似をして、主食としてやっていたことがありますが、途中でやめさせていただきました。

理由は聞かないで下さい。

今はおいしく「スーパーおやつ」として頂いています。
 
 

登山行動食おすすめフルーツグラノーラ

 
これをプラの容器に入れて、食べるときは蓋(ふた)を開けて、口に入れるだけ。
シンプルかつファストな感じで先輩は食べていました。

 
 

登山行動食の入れ物紹介(シリアル系)

シリアル系におすすめの入れ物があります

それは▼この「ナルゲンボトル」です

 
 

シリアル系をこの中に入れておいて、歩きながら口に入れる・・とてもラクチンです

人によっては、柿ピーを入れている人もいます

柿ピーもカロリーと味が登山には最適

柔らかいので、シリアルを食べてしまっても潰せてリュックの中に入れておけるので、コンパクト化にもおすすめです

 
 

人によっては、わざわざ「ナルゲンボトル」を買わないで、口径が大きいペットボトルで代用している人もいます

繰り返し使うにはあまり適していませんが、それでも問題なく自分も使えてるので、口の部分が小さいので注意が必要ですが、お金がない人にはそちらもお勧めです

 
 

羊羹(ようかん)はアンチエイジングに

ようかん 羊羹

 
 
 
羊羹も捨てがたい一品です。

別の記事、>> 「登山は羊羹でアンチエイジング おすすめ4選」でも書いたように、必須アミノ酸(体に絶対必要なアミノ酸)が豊富で、アンチエイジングにはピッタリなのです。

山に登ってまでアンチエイジング? と思うでしょうが、山では体を極限まで使うので、かなり栄養を欲しています。

そして代謝もばっちり

よって、栄養の吸収率もいいことから、アンチエイジングの栄養を流すとどんどん体に吸収していく・・・と思います。
 
 

チョコえいようかん

 
別の記事では「とらやの羊羹」一押ししたので、今回は井村屋の「チョコえいようかん55グラム5本いり」を推します。

※チョコもちょこっと入っていて邪道ですが、これがうまいんです!お試しあれ。すみません。

 
 

 

 
 

ポテトチップス

ポテト チップス

 
 
 
これは、何かのサイトに書いてあってものを試したら、意外と山登りには有りだったので紹介します。

自分は、登る最中に、気圧で袋がパンパンになってしまうので、袋を破って、中身を細かくつぶしてズボンの脇ポケットに入れて置いています。

そして、時々袋を傾けて口に入れると、とってもおいしい。

塩加減も、しょっぱいくらいでちょうどよく、油がギトギトなので、カロリーも高いと思いますが、疲れた体は油も欲しています。

下界では、こんな感じで食べると、家族にとがめられそうですが、山に来ればこっちのもの

存分に食べています。
 
 

国内生産純国産ポテチ

 
せっかくアンチエイジングなことを言った後なので、「純国産ポテトチップス 塩 60g」でどうでしょうか。化学調味料無添加で、油も劣化しにくい米油を使った体にやさしいポテチです。

 
 

登山食には良いものを「梅干し」

 
梅干しも山のおやつの中では定番でしょう。

夏の山での活動では、体からかなりの量の塩分が流れていきますので、塩分が多く、酸味がピリリと効いた梅干しは、体に活を入れる重要な食べ物になります。

また、登山に甘いものはたくさん持っていくと思いますが、その中に梅干しが一つ入っていると、ほかの食べ物との味の差が良いアクセントとなり、他の甘いものがよりおいしく感じられるのもメリットの一つです。

梅干しも、なるべく減塩で、味がまろやかなものを選んでみました。
 
 

塩分控えめ紀州南高梅

 
こちらの「超減塩 梅干し 紀州南高梅 塩分3% しそ風味 (国産)」は減塩もしていますが、スクラロースなどの化学調味料もはいっていません。

リンゴ酢に付け込んであるため、酸味もさわやか。

登山にはぴったりの味付けだと思います。

 
 

王道!ソフトクッキー、シリアルバー

 
最近ではどのサイトでも、1位を獲得いているのは、このソフトクッキー

自分も1位にしたいところですが、唾液が少ない体質のためか、ポサポサしてしまって・・・大好きなのですが1位にはなれませんでした。

それじゃ、フルーツグラノーラもパソパソ系じゃないかと言われそうですが、意外にフルグラはかんでいるとしっとりしてくるのです。

しかし、ソフトクッキーは、なかなか口になじんでくれないため、自分としては、やや他の物よりランクは下がります。

それでも、先ほど言ったように、他のサイトでは1位で、その栄養価もよく、値段も安いので人気が高いようです。
 
 

ソフトクッキーで高い人気を誇るカントリーマァム

 
これは比較的しっとりしているので、口になじみやすく、偉そうで恐縮ですが、自分の中ではレベルはかなり高いと思います。

 
 

登山に持っていく食べ物と言えば!カロリーメイト

 
シリアルバー系の定番、カロリーメイトフルーツ味

これはかなり唾液を吸い込まれてしまうため、少し苦手。

 
 

番外 カップラーメン

Cup Noodles カップラーメン

 
 
 
これはおやつではないのですが、山で食べると、下界と比べ物にならないくらい美味しいので少しお話せてください。

皆さんも知っての通り、お湯を入れて3分待てばおいしいヌードルができる優れものです。

最近では、コンビニ独自のカップラーメンもあって、値段もかなり手頃

山の上では気圧のためか、作るお湯の温度がやや低いですが、少しくらいお湯になじんでいなくても、満足な料理に仕上がります。

自分はカップラーメンだけではもったいないので、おにぎりを持って行って、最後におじやにして完食しています。

その容器も、泊まりの食事のときには重要な食事の容器にもなりますし、つぶせば小さくなって、ゴミとして持って帰るときもコンパクトで邪魔になりません

栄養価については、あまりよくありませんが、食事のアクセントとしては最高の一品です。

これで、カラメル色素やベニコウジ色素などが入っていないと自信満々に山に持っていけるのですが・・・・なんとか、化学調味料系が入っていないカップラーメンできませんか?
 
 

言わずと知れた王道 日清カップヌードル

 
王道を語るときにはこのカップラが最高です。
今後は化学調味料が入っていないもので、栄養価が高いものを望みます!!

 
 


(日清の動画 カップラとは全く関係ない動画ですが・・・カッコよすぎス(‘ω’)ノ)

 
 

最後に

 
山登りのときのおやつは、行動食という名前になってしまいます。

行動食という名前ではあまりおいしくありませんね。

行動食という考えも大事ですが、自分はやはりおやつとして、山に甘いものを持って行って、楽しい登山にしたいですね。
 

 

以上です。おわり。

トップへ戻る