ミドルウェア

登山 服装・ウェア

モンベル インナーダウン【服装レビュー】登山の着こなしとサイズ感

【2019年2月11日】更新 「モンベル インナーダウン」のメリットとデメリットを書きました 登山ウェアでもコスパが高く、機能も優秀です 参考にしてください
登山 服装・ウェア

【デナリ】ジャケット2019【レビュー】ノースフェイス登山の服装定番コーデ

【2019年2月11日】更新 ノースフェイスの定番ジャケット「デナリジャケット」のおすすめポイントを紹介 デナリジャケットはノースフェイスベストセラーの中間着 冬はもちろん、春や秋、高所の場合は夏でもつかうことができる万能ジャケットです 丈夫さが売りで、保温力もバツグンです
2019.02.11
登山 服装・ウェア

【ユニクロフリース】登山の服装コーデ最適の【9選】

【2018年10月27日】更新 登山のフリースで安価といえば、「ユニクロ フリース」 コスパがよくて暖かいので、トレッキングやハイキングのミドルレイヤーにユニクロのフリースは最適 今回はトレッキングに使えるユニクロのフリースをまとめましたので、参考にどうぞ
登山 服装・ウェア

ニュウモラップ・フロウラップフーディ【服装レビュー+3選】登山ミドルウェア

【2018年10月1日】更新  ファイントラックのミッドシェル 【ニュウモラップ・フロウラップフーディ】をレビュー 二つとも防水ではなく耐水ですが、中間着としてはとても優秀 その使い勝手を書きましたので参考にしてください
2018.10.01
パタゴニアと登山

【ナノパフ(Nano Puff)】2018【レビュー】patagonia登山の化繊ミドルウェア

【2018年7月5日】更新 パタゴニア ナノパフ(Nano Puff)を「使った感想」を書きました ナノパフは化繊のインサレーションが入っていて、濡れ(ぬれ)に強く、濡れても暖か(あたたか) よくナノパフは寒い・・と言われますがそれは使い方の問題 確かにダウンより保温は低いですが、山での過酷(かこく)な環境で行動しているときは、ダウンより化繊が優れている場合が多く、自分はヘビーに使いまわしています
2018.09.12
登山 服装・ウェア

レビュー【パタゴニア R2】デメリット・メリット|登山服装軽量「ミドルレイヤー」

【2018年8月25日】更新 patagonia「R2」ジャケットのメリット・デメリット|R1・R3との違い パタゴニア「R2」ジャケット(レギュレーターシリーズ)について書きました パタゴニアの「R」シリーズは鉄板のフラッグシップフリースで、レディースもメンズも人気の品 ちょっとタイトで着こなしやコーデが難しいですが、うまく合わせれば抜群に目立ちます フリースは冬に着るものだと感じますが、登山では、夏でも防寒は必須 自称ですが、パタゴニアフリークから見た「R2」のメリットとデメリットを書きましたので、参考にしてください
2018.08.25
登山 服装・ウェア

【レビュー】パタゴニアフーディニ「デメリットとメリット」登山の軽量ウェア

【2018年4月20日】 更新 パタゴニア「フーディニジャケット」の【感想】と【おすすめ理由】を書きました 薄くて軽いとてもコンパクト 撥水加工で少しの雨もはじき、風をシャットアウトするので、肌寒いときには重宝(ちょうほう)します トレラン・ランニングなどで、ポケットやポーチに簡単に入ってとても便利 参考にしてください 
2018.08.02
パタゴニアと登山

【マイクロパフフーディ】レビュー【patagonia】登山化繊ミドルウェア

【2018年7月6日】更新 パタゴニア中綿入りのフーディ「マイクロパフ」のおすすめポイントを書きました わせて、皆さんがよく疑問に思うこととして、仕様が近い「ナノパフ」との違いもかきました 「マイクロパフ」と「ナノパフ」の違い・比較とメリットデメリット 参考にどうぞ
2018.07.06
パタゴニアと登山

レビュー【パタゴニアR3】暖炉級のフリース登山ミドルウェア

【2018年7月1日】【レビュー】パタゴニアフリース「R3フーディ」 Rシリーズは、パタゴニアフリースの「フラッグシップ」で、より過酷(かこく)な環境で使うためのもの そして、その中で、R3のフーディが「暖かさ」と「軽さ」のバランスが一番すぐれているフリースで、「最強」です
2018.07.01
トップへ戻る