[PR]

登山靴初心者の安いコスパなトレッキングシューズおすすめ[7選+α]

[PR]
11feb3ff3e0233512bd1d127394616f2登山靴 おすすめ

トレッキングシューズで安い初心者向けのコスパな登山靴を紹介します

できればコスパで自分に合った機能の靴を選びたいですが、格安シューズはラインナップが多く迷ってしまいます

今回は大きく4つのトレッキングシューズの選び方と、ハイキングや低山で使えるコスパ優秀な代用靴を紹介します

参考にしてみてください

 
 

▼関連記事
登山靴おすすめ[初心者8選+α]メーカー・選び方・メンテナンスなど

登山靴おすすめ[初心者8選+α]メーカー・選び方・メンテナンスなど
登山 靴のまとめページです 登山やトレッキングでは、特に足下は重要 選ぶときはよく考えて、吟味(ぎんみ)して選びたいです 今は種類が豊富で、登山初心者はどれを選んでいいかわからないと思いますので、参考にしてみてください

 
 

[PR]
パタゴニア
▲アウトレットも開催中▲
[PR]
▼アウトレットも開催中▼
パタゴニア

トレッキングシューズ安いおすすめ[7選]

トレッキングシューズを安い・コスパなアイテムをまとめました 防水透湿を基本にしていますが、ワークマンアイテムは撥水のみです

 
 

コロンビア カジュアルシューズ

街でも履けるトレッキングシューズ レディース版というと「コロンビア」

信頼のColombiaの防水透湿のカジュアル靴を紹介します

本格的な登山には向いていませんが、軽いトレッキングやハイキングにピッタリ

街でも山でも通用するスタイルです


 
 


 
 

 
 

Umengx ハイキングシューズ

コスパで街でもはける防水透湿のハイキングシューズです

ハイキングにピッタリの普段使いの靴です

 
 

ziitop ハイキングシューズ

カジュアルシューズメーカー「ziitop」のハイキングシューズで、落ち着いた感じでおしゃれなアイテム紹介

安いですが、透湿ではありませんが一応防水です

 
 

ダンロップトレッキングシューズ

ダンロップは一般的にタイヤメーカーですが、防水のトレッキングシューズも販売しています

価格はやや高めの7,000円台で、時期によっては4,000円台でキャンペーンをしていることも多いです

防水といっても底から5㎝くらいまでが防水で、アッパーは通気性がいい素材を使用しています

雨のときはゲイターを使わないと完全に濡れてしまうので注意

 
 

アルバートルハイキングシューズ

コスパで安いトレッキングシューズ代表の「アルバートル」からハイキングシューズを紹介

[アルバートル] ハイキングシューズ トレッキングシューズ CHLCN 24.0 cm

一応透湿防水といっていますが、「完全な防水ではない」とも言っています

詳しくは聞けませんが、この価格帯で考えても独自の透湿防水ファブリクスを使っているとは考えにくいので、底面とサイドは防水で、アッパーは透湿素材になっていると考えられます

口コミでもまずまずで、ロングセラーになっていることから、トレッキングハイキングでは信頼はあります

 
 

ノースフェイス ヘッジホッグファストパック

まっとうなトレッキングシューズですが、Amazonならかなりのコスパ

17,000円台が10,000以下になっています(調査時)

コスパ重視ならおすすめですね

 
 

スポルディング 「OIN」シリーズ

ウォーキングシューズですが、スタイリッシュで、コスパもOK

メンズ~ウィメンズ大きめ

モンベルトレッキングシューズの安いヤツ

モンベルのトレッキングシューズを見ると、ハイグレードなブランドの中ではコスパな方ですが、「激安」・・というほどではないです

一番安いのは、「ラップランドストライダー」で「16,280円」です(最新価格はリンクを参照)

【モンベル】ラップランドストライダー MID Men's
たいへん軽量で、軽装備のトレッキングやキャンプに最適なミドルカットの全天候型ブーツです。アッパーにはしなやかで耐摩耗性に優れ、ゴアテックスファブリクスの透湿性を最大限に生かすメッシュを使用。合成皮革と樹脂のシートで部分的に補強を施しています。薄めのタンにより、抜群のフィット感を実現しています。

次がティトンブーツですかね

▼モンベルティトンブーツ
[モンベル] GORE-TEX ティトンブーツ Women's

こちらのモンベルティトンブーツは一番安い部類ですけど、「17,160円(税込)」します(最新価格はリンクを参照)

一般の人の感覚なら1万円を切らないと「激安」のイメージにならないと思うので、「モンベル=激安」という構図はなりたたないと思いました 

トレッキングシューズをワークマンでみる

ワークマンのトレッキングシューズは有名な「アクティブハイク」があります

トレッキングシューズ 安いワークマンシューズ
https://workman.jp/img/goods/16/53567_d1.jpg

▼アクティブハイクはこちら

FC140 高耐久シューズ アクティブハイク | 作業着のワークマン公式オンラインストア
全国の店舗で受け取れば送料無料!!お買上1万円以上も送料無料!ワークマン公式オンラインストアはお店もネット通販も法人対応可能!作業服・作業着の大量注文お任せください。高耐久シューズ アクティブハイク(24.5cm ブラック)

1,900円のかなり安い・コスパなシューズですが、防水ではないです

機能的には普通の運動靴と同じ ただ撥水性が高いところが特徴です

あくまで濡れていない登山道につかうトレッキングシューズですね

登山靴の値段の相場

トレッキングシューズがいくら安いといっても限度があります

ボクも3,000円くらいの登山靴を紹介したりしていますが、例外を除いては、やっぱり7,000円は超えたいところ

7,000円を超えれば、それほどひどい登山靴に合うことはあまりないと思います

価格が高いか安いかの区分けはだいたい「ゴアテックスを使っているかいないか」の区分けが多いです

ゴアテックスを使っていると、基本1万円を超えてきます

また、各メーカー独自の「透湿防水素材」を使っていると仕様に書いてあっても、それが完全に靴を覆っているタイプか底近くのみをカバーしているタイプかによって価格が変わってきます

いまは登山靴の値段で、それが安心できるトレッキングシューズかどうかはだいたい判断できると言っていいかもしれません

安くてもトレッキングシューズが重要な理由

サバイバル登山家で有名な「服部文祥氏」がオンラインで「装備論」という記事を書いており、その中で、

 
 

「グレートジャーニーで世界中を旅している関野吉晴さんによると、現地のひとの生活はたいがいのことが真似できたが(弓矢とか)、素足で駆け回る事だけはどうしてもできなかった」

出典:山旅々:(https://yamatabitabi.com/archives/5497/)

 
 

という内容のことが書かれていました

靴がどれだけ重要か、よくわかるエピソードですね

また、ハイキングなどでも、山に一歩でも入ってしまえば、帰るときにも同じだけ歩かないと帰ることはできません

登山靴でのトラブルはいろいろなものが考えられます靴ずれやマメがひどくなり、化膿することもあるでしょう

また靴が壊れてしまうこともあると思います(これは意外によくあります)そうなると満足に歩けませんイコール帰れないと同じことになってしまいます

初心者のかたであれば、あまり高い山や深い山に行く事はないと思いますので、
 

最初はスニーカーなどで代用してもよいと思います

 

しかし、登山を続けるのであれば、登山靴は買っておいたほうがいいです

登山初心者の方の場合、すぐオンラインで買いたくなるところですが、ここをぐっとこらえて、まず、ショップに行ってみてください

そして、いろいろな品物を見たり店員のかたにいろいろ聞いたりしたほうがいいです

オンラインで買う場合も、買ったらはいてみて、少しでも違和感があれば交換しましょう自分もオンラインで登山靴を買う場合は、履いてみてちょっとでも気になるところがあれば面倒でも交換しています

山で違和感(いわかん)を感じて足が痛くなっても交換してくれません

それで集中力を欠いて、遭難・・・になる場合だってあります

そのため納得のいくまで確認ができる、ショップか交換などに対応したオンラインショップを選ぶと良いと思います
 
 

「登山靴の種類」

登山靴は様々なタイプがあり、クライミング用の靴や雪山に特化したもの、トレッキングやハイキングなどのスタイルや目的の山の状況に応じていくつかの種類をはき分けることになります

スペックが高い登山靴ほど重たいが雪山など厳しい環境に向いており、逆に日帰り登山であれば機能を絞った軽量タイプがおすすめです
 
 

<マウンテンブーツ>

スカルパ SC23011 トリオレプロGTX オレンジ(OR)【ゴアテックス】 オレンジ 40【Mens】
 

スカルパ SC23011 トリオレプロGTX オレンジ(OR)【ゴアテックス】 オレンジ 41【Mens】

 
 

高所登山や雪期低山を想定してあるブーツです防水、防寒の機能に加え、アイゼン装着のための機能や靴底のソールがとても固いことも挙げられますアッパーもとても固いので平地では歩きにくいです

スノボードブーツのような履き心地で、初心者のかたが選ぶには難しいと思いますまたこの上位のモデルになると、高所用アルパインブーツなどがあります

 
 

<トレッキングシューズ>

メンズ
[ザノースフェイス] トレッキングシューズ エンデュラスハイク ミッド GORE-TEX メンズ シャディーブルー×ハイライズグレー 9(27cm)
 
 

ウィメンズ

[ザノースフェイス] トレッキングシューズ W Hedgehog Fastpack LiteIIGORE-TEX コズミックブルー×シャトーブルー 23.5 cm

 
 

トレッキングシューズはスリーシーズン(春から夏、秋にかけて)に主に中・低山に使用するシューズですマウンテンブーツと比較すると靴底やアッパーが多少柔らかく軽量です

登山初心者にはぴったりです

日帰りのトレッキングや一泊程度の登山などに使用するといいと思います
また、下位の機能のモデルとなると、トレッキングシューズよりもっと普通の靴に近いハイキングシューズというものもあります

<トレイルランニングシューズ>

▼サロモントレランシューズ
[サロモン] トレイルランニング Speedcross PRO 2 Women (スピードクロス プロ 2 レディース) Bluebird/Scarle 24

[サロモン] トレイルランニング XA PRO 3D GTX Darkest Spruce/Sulphur Spring/Black 25.5 cm

登山用の靴と違って、靴底が柔らかく、走るための靴です通常のスポーツシューズより丈夫ですが、重たい荷物を持つことを想定しておらず、激しい運動になるトレイルランニングシューズはローカットで動きやすさと通気性などの機能が重要視されています

ここが大事!!コスパなトレッキングシューズの選び方のヒント

 

初心者で、低山のハイキングから徐々にレベルアップを目指す場合は、トレッキングシューズを選ぶといいと思います汎用性も高く、値段もお手頃です足首周りはハイカット、もしくはミドルカットのものがよく、捻挫や骨折を、ある程度防げることができます
トレッキングシューズなどを選ぶ場合の選びかたを優先順位で並べてみました
 
 

はき心地

まずはいてみて、つま先に空間が残る様なものを選びましょういつもはいている靴の1センチくらい大きいものを選ぶと、靴下が厚くてもちょうどいいサイズになるでしょうまた足幅に合うかどうかも重要です日本人の足は欧米などと比べると幅広であるため、あまり内部で触るようになってしまうと靴ずれのもとになるので注意が必要です
 
 

頑丈さ

これは山では重要ですいまの登山靴と呼ばれるものはたいてい頑丈にできています

しかし、滅多にないですが、たまに「ハズレの製品」の場合があるので気を付けないといけません

買ったらよくソール部分の接着やアッパーの破れ、靴ひもを通すところの穴の破損を確認しましょう

また金額の安いものは、特に破損部の確認は必要です自分の経験上ですが、登山靴で4,000円を切るものはより注意が必要だと思いますしばらくはいていると、壊れることがたまにですがあります

 
 

靴底(ソール)の固さ

登山靴の底(ソール)は通常の靴より固く作られていますなぜ固く作られているかというと、固いソールは靴の力を分散できるので、でこぼこの道でも足裏が痛くならず、歩きやすくなります

それの理由は点でなく、面でとらえることができ、ちからが分散できるため、疲れにくくなるのですしかしソールが固すぎると、今度は平坦な道や緩いのぼりの道では、足の裏を曲げることが出来ないので歩きづらくなります

どのような登山をするかで選ぶソールのタイプは変わりますが、低山などのトレッキングがメインの方で登山初心者の方は柔らかめの靴底を、泊まりを予定しているかたは、固めの靴底がいいと思います

 
 

防水・耐水素材

最近の登山靴のアッパーの素材は2種類の素材が使われていますナイロン製と革製ですナイロン製は軽く通気性が良いのが特徴です汚れも取りやすく、金額も初心者には優しいものが多いです

革製は丈夫で質感が良く、防水性が強いです

少し重いことが気になりますが、その質実剛健さはファンが多い材質です

またアッパー内部の防水素材は特に重要です日本は温暖湿潤な気候で、山には雨や雪が多い土地柄です

レインウェア同様に雨対策が重要になりますアッパーの防水は徹底したいところで、素材はできるだけゴアテックスなど透湿防水のものを選ぶようにしましょう

また、防水透湿素材はブーティ(足をすっぽり覆うようになっている)タイプのものを選ばないと隙間から水が浸入してくる場合があります

ほとんどはブーティタイプのものですが、たまに金額などを基準に選ぶとブーティタイプではないものを選んでしまう場合があるので注意が必要です

トップへ戻る