スポンサーリンク

噴火対策【草津白根山・御嶽山に学ぶ】防災用品【5選】

遭難対策・ウェザー
スポンサーリンク

噴火事故は他人事ではない|スキー場・温泉近くの火山の知識

 

(スポンサーリンク)

 

 
 

このニュースではアメリカにある、大陸最大の火山地帯、イエローストーンの記事を書いています。

イエローストーンの下には、現在大量のマグマが溜まって(たまって)きていて、仮にこれが「超噴火」すれば、太陽を遮り、ミニ氷河期が訪れるかもしれないといっています

地球の時限爆弾ですね

 

そして、

イエローストーンは2百万年間隔で大規模な噴火を起こしてきたと考えられている。直近では120万年前と64万年前であり、そろそろ新たな噴火があってもおかしくないと言われている。

出典:exciteニュース

とも言われていて、注目されているようです

これが噴火したら大変

地球の歴史をみると、このような地球規模の環境変化は珍しくなく、いつでも小規模のものであれば起こりうることだと認識したほうがいいです

このようなときには、登山の装備(防寒やストーブなど)や備蓄食材などはとても便利で、災害などにも対応できるのはうれしいですね

まず、個人的にできることから、ちょっとずつ対策を練るしかないですね。
 
 

スポンサーリンク

登山客を襲った御嶽山

(スポンサーリンク)

イエローストーンの噴火は地球規模になりそうですが、2014年に噴火した御嶽山はその規模からすると、かなり小規模。

それでも、火口付近に人が多数いたため、大きな事故になってしまいました。

 

参考記事

 
 

これのくらいの規模の噴火は、長く登山をしていると、自分にも降りかかりそうな、ありそうな事故です。

 

日本の場合、最近の噴火の傾向は御嶽山のようなマグマがドロドロ出てくる噴火というよりは、一気に噴煙が舞うような噴火が多いですね。

参考:主な火山災害年表(気象庁)

 

一番最近の御嶽山の事故を見てみると、噴石と呼ばれる速度100㎞の速度で降ってくるようです。

御岳山の事故は、他の噴火の規模からみると、小さい方で、1991年の雲仙普賢岳の400分の1程度の規模と言われています。

なぜ小規模なのに、登山者ら58名が死亡した、日本における戦後最悪の火山災害となったかというと、

 

  • 理由1 紅葉行楽シーズンのど真ん中
  • 理由2 お昼近くに噴火
  • 理由3 晴れていて登山日和

 

この3つの要因が重なり、火口近くに人が集まる時期に噴火が起こったため、規模が小さいにも関わらず戦後最悪と言われるような事故になったのです。

 

(スポンサーリンク)
 
 

草津白根山の噴火

(スポンサーリンク)

 

2018年1月26日、草津の白根山も噴火しました

こちらは水蒸気爆発ということで、予想するのがとても難しい噴火だということです

こちらも、スキー場の近くの災害ということもあって、人的被害がありました

ご冥福をお祈り申し上げます

参考:
産経新聞【草津白根山噴火】
火山灰や噴石など約4万トン 気象庁、山ごとの警報も検討

通常の登山の装備では太刀打ちできないのか

生還した女性の記事を見ると、通常の登山装備では役に立たないことがよくわかります。

時速100kmで飛んでくる噴石に耐えるような装備は、モータースポーツの世界の装備等でなければ耐えるのは難しいです。

それでも、むき出しになっていないリュックなどを背負っている背中はある程度ガードできているので、ないよりはましのようです。

なるべく体をガードできるようなものが必要だということがわかりますね。

それでも、あまりかけ離れているようなもの(ザックを前後2つ持っていくとか・・)で、その他のリスクが高まってしまうような装備まではいらないと思います。

あくまで、噴火だけに備えるものではなく、持っていく装備をよく確認して、噴石が飛んできたときに、どう使うかを考えた方がいいと思います。
 
 

噴火に対する装備

生還した女性の手記から、どの装備が大切か見て取れます。

自分も知識も交えて、下記のように整理してみました。

 

1 ヘルメット

手記ではこれが必要だ・・とは書いていないですが、個人的に必要だなと思った装備です。

最近では、ヘルメットを貸し出しるようなところもあって、だんだんとヘルメットが浸透してきたと思いますが、まだまだヘルメット装着の理解は少ないです

(参考:富士山 登山者にヘルメット貸し出し 7月1日山開き~ 山梨・富士吉田市
     

山スキーの世界でも、自分の周りの方たちはほぼヘルメットを装備していますが、まだ昔の名残(なごり)で、ヘルメットを付けないで滑っている方もいます

普通の縦走であっても、噴火を見越して(みこして)ではなく、通常の安全装備として、ヘルメットを持参したいです

山は天気の良いときばかりではありません

風が強くなれば、枯れ木もおちてきますし、雨が降れば、なんでもないところでも、滑って滑落してしまうところが出てくるかもしれません

そして、噴火

最近のヘルメットはとても軽量のものが出ていますので、通常装備として持っておきたいです

【レビュー】軽量ヘルメットの紹介

【CAMP|カンプ】パルス・スピード【軽量】ヘルメットの評判は?
【カンプ(CAMP)】パルス・スピード CAMP(カンプ) パルス(ホワイト)Mサイズ + IDホイッスル 5158207posted with カエレバAmazon楽天市場Yahooショッピング (スポンサーリンク) 【続きをよむ】

登山ヘルメット【評価版】おすすめは「ブラックダイヤモンド ハーフドーム」+「2選」

登山ヘルメットおすすめ【比較!ブラックダイヤモンド ハーフドーム+2選】
おすすめヘルメット( 登山 スキー 兼用)「ハーフドーム」・「ベクター」・「パルス」 【2018年7月15日】更新  登山用のヘルメットを紹介します 自分はヘルメットを、夏と冬を「1つ」を兼用しています 現在兼用で使【続きをよむ】

↑こちらから購入できます スポンサーリンク

 

2 ヘッドライト

これも通常の登山でも必須の装備なのであえて細かくは言いませんが、暗いところを歩くときも、傷病者の手当をするときも、小屋の中で作業をするときも必要です。

↑こちらから購入できます スポンサーリンク

参考

登山ヘッドライトおすすめ 2018|こだわり20選

【登山ヘッドライト】2018おすすめ |「ペツルなど こだわり20選」
【比較】登山ヘッドライト「ペツル・ブラックダイヤモンド・マムートなど」 【2018年9月15日】更新 夜間登山(ナイトハイク)が得意の自分が、安く防水で明るいという最強の機能を持った「登山ヘッドライト」をセレクト、ランキング【続きをよむ】

 

3 タオル・てぬぐい

これも持っている方は多いと思います。

噴煙を吸い込まないようにする効果や、火山性のガスが発生している場合に呼吸を確保することに使用します。

火山性のガスについては、少し昔になりますが、1998年(平成10)の9月19日 法政大学市ケ谷キャンパス開かれた「火山ガスシンポジウム」(科学技術庁主催、日本山岳会後援)の資料に緊急的に、下記のような方法とることを推奨しています。

「濡れタオルで鼻や口を覆うこと、低いほどガス濃度が高くなっているので決して身を低くしないこと、大きな息を吸わないことを原則として、後は現場の状況に応じて対処せざるを得ない」

出典:「火山ガスの危険性を訴える」 

参考にしてください。

↑こちらから購入できます スポンサーリンク

参考

【手ぬぐい7選】 登山に手ぬぐいをすすめる理由

【手ぬぐい7選】 登山に手ぬぐいをすすめる理由
手ぬぐいをブログで語る|手ぬぐいを持って登山をする方法(登山初心者40代おすすめ) 【2018年7月8日】更新  登山に使える「手ぬぐいの巻き方」と、「おすすめ手ぬぐい」を紹介します ちょっと前のお話ですが、友【続きをよむ】

 

4 ダウン

噴火の時も、通常の遭難のときも、暖かい防寒着は必要です。

生還した女性も、最後の最後はダウンジャケットに助けられているようですので、少しくらいかさばったり、重さを気にしたりしないで、ザックの端っこに入れておくと、命をつなぎとめることができると思います。

↑こちらから購入できます(men’s)スポンサーリンク

↑こちらから購入できます(men’s)スポンサーリンク

参考

パタゴニアダウンセーター|夏冬兼用 登山のインナー

パタゴニア ダウン セーター【レビュー】patagonia登山インナー冬・夏
パタゴニアダウンセーターの評判は?|おすすめ中間着 【2018年9月23日】更新  パタゴニアのベストセラー「ダウンセーター」のおすすめポイントを書きました 登山初心者で始めたばかりのころ、インナーダウンジャケットがや【続きをよむ】

 

5 ツェルト・エマジェンシーシート

これはダウンと同じ、保温の効果を生みます。

ツェルトはとても軽い緊急用のタープのようなものです。

ただ上から被って(かぶって)座っているだけで、風を遮る(さえぎる)効果もありますし、袋状になっているので、下に敷物をすれば、入って寝ることもできます。

また、エマージェンシーシートも保温においては抜群の効果を発揮しますので、面倒くさがらずに持っていきたいですね。

↑こちらから購入できます(ツェルト)スポンサーリンク

↑こちらから購入できます(エマージェンシーシート)
スポンサーリンク

参考

ツェルト泊で軽量化のおすすめ|ファイントラックツェルト2ロング

【ツェルト泊】軽量おすすめ【ツェルト2ロング】by finetrack
登山でツェルトを「テントの代わりに使う方法」 【2018年7月6日】更新  ツェルト泊にはツェルト2ロングがおすすめ 今回は、雨や虫対策・装備などを書きました  ツェルトは春夏秋が適正ですが、工夫次第で厳冬期以外【続きをよむ】

 

 

まとめ

噴火に対する装備は、ヘルメットを除いて、通常使われている装備を中心にお話ししました。

ヘルメットもだんだんと、縦走のような登山形態にも浸透しつつあるので、通常装備に入ることは時間の問題だと思います。

生還された女性の手記のように、噴石で致命的なケガを負うのは、ある程度、運によって決定してしまいます。

しかし、その後の生きて帰ってくるための装備は、自分でも十分対策を練ることができます。

最近はいろいろな事故が起こっているためか、昔より登山の自由度が少なくなってきたかもしれません。

しかし、我々40代登山をしている社会人は、他人に迷惑をかけないことが求められている年代でもあります。

安全を確保するために、いろいろシミュレーションをするのは面倒だと思うかもしれませんが、それも登山の楽しみとして、楽しく安全を考えてみましょう。

 
 

おすすめ記事

【遭難事故】救助ヘリを呼ぶと「5分で5,000円」請求されます

「救助ヘリ有料」で山岳遭難事故を減らす|「5分で5,000円」
埼玉県「ヘリ有料化」2018年1月1日より、ヘリでの山岳救助が有料に ついに自治体のヘリ救助が有料になりました 埼玉県では山岳での遭難事故が去年は63件で、この10年で1.5倍に増加していて、十分な準備をせずに遭難する事【続きをよむ】

雪崩と土砂崩れ対策法|地震から生き延びる方法

山で大地震はこうなる!登山で地震のときは「土砂崩れ・雪崩」に注意
登山で遭う地震被害を生き延びる方法|雪崩と土砂崩れ 【2018年6月19日】更新  地震・災害のときの対処方法を書きました(主に山にいるときの対策法です) 突然災害に遭う(あう)と冷静でいられません 陳腐(ちんぷ【続きをよむ】

 

参考文献

火山登山者向けの情報提供ページ(全国)

主な火山災害年表(気象庁)

日本で最近噴火した火山の年表と被害の規模ランキング

ウィキペディア 御岳山 

スポンサーリンク
関連コンテンツ
トップへ戻る