モンベル 腹巻【レビュー】登山の服装ウエストウォーマー【3選】を評価

腹巻をしているクマのイラスト登山服装・ウェア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

メリノウール・ジオライン腹巻|40代の登山初心者に必須の巻

モンベル 「究極のアンダーウェア・ジオライン」 :アンダーウェア

モンベル | オンラインショップ | ウエストウォーマー

 
 
 

【2018年11月15日】更新

モンベルの腹巻(ハラマキ)を登山に使った感想を紹介します

モンベルのウエストウォーマー(腹巻)は、メリノウールや化繊のジオラインなど種類が豊富

化繊は夏にも最適ですが、寒い時期のランニングやロードバイクにも適しています

 

そして、40代くらいになると、なぜかほしくなってくるアイテムが、

この「ハラマキ」さんです

 

そのことが、最近ようやく理解できました

 

 

 
 

目次

 
 

モンベル 腹巻の口コミ

口コミなどをみてみると、意外と若い方もハラマキ使っている人は多いようです

 

モンベル腹巻をロードバイクやランニングでも使っている人多く、特に女性の使用率は多いですね
 
確かに女性に冷えは大敵

そして、男性も冷えは大敵です

寒がりの自分は、冷え対策で、以前から「ハラマキ」を使うようになってました

気温が寒いと、ただ寒いだけではなく、冷えによる「お腹の痛み」もでてくるようになって、それがハラマキをするようになった理由の一つ

冷えで、消化が活性しなくて、ガスが発生しているため、腹イタがときどき発生します

山で体が冷えてくると、お腹が痛くなり、ゴロゴロと下痢のような痛みで登山に集中できません

なにより「かっこワル」です

それからは、常時使うようになりました

 
 

一度使うと、その暖かさから逃げるのは難しく、毎回使うようになってきます

そうなると、これ無しでは山に登れなくなり、

「ハラマキスパイラル」に突入、たくさんハラマキを買ってしまいます

 
 

モンベル ウエストウォーマーはおすすめ

今のハラマキは、「バカボンのパパ」や、チンピラさんがドス(刃物)を入れておくために使っているような、ちょっとカッコ悪いハラマキではなく、

「ウエストウォーマー」

と名前を変えて、スタイリッシュになったものが売られています

ハラマキと言えど、着心地はハラマキではなく、「サポーター」的におしゃれなもの

自分の愛用は、モンベルの「ウエストウォーマー」

安くて、温かい冬の「強い味方」になってくれています
 
 

ウエストウォーマー モンベルは3種類

モンベルはスポーツのためのウエストウォーマーにチカラを入れていて、3種類の素材の違う製品をだしています
 
 

モンベル ジオライン L.W. ウエストウォーマー

【モンベル】ジオライン L.W. ウエストウォーマー
一年を通して使用できる薄手のウエストウォーマーです。体に心地よくフィットし、ストレッチ性に優れるので、体の動きに追随し、ズレにくくなっています。二つ折りにして使用することも、広げてお尻まで覆うこともできる長めの丈に設定しています。

 
 

レビュー結果
総合評価:★★★★★

 

個人的感想
  • ○冬は自分のヘビーローテーション、夏も使用してます
  • ○ジオラインと言う化繊を使っているので、濡れても体温ですぐ乾く
  • ○2枚着ると、暖かくフィット感も大きくなり、ずれにくい
  • ○乾くので、沢登りにも使える
  • ○登りで汗をかいて、下りで汗をかかない山スキーに適している

 
 

メーカーモンベル
素材ジオライン(ポリエステル+ポリウレタン)
平均重量32g
カラーブラック(BK)、ライトシルバー(LTSV)
サイズS(ウエスト57~71cm)、M(ウエスト71~85cm)、L(ウエスト85~99cm) (男女兼用)
参考価格1,500円+税(2017/11/1)
その他環境省「COOL CHOICE」提案商品

 

商品情報
一年を通して使用できる薄手のウエストウォーマーです。
体に心地よくフィットし、ストレッチ性に優れるので、体の動きに追随し、ズレにくくなっています。二つ折りにして使用することも、広げてお尻まで覆うこともできる長めの丈に設定しています。
仕様

出典:モンベル

 
 
 
 

モンベル サーマテックウエストウォーマー

【モンベル】サーマテックウエストウォーマー
高い保温効果を持ち、運動前や運動中に胴回りを効果的に温めることができるウォーマーです。抜群のストレッチ性を持ち、ストレスを感じさせない柔らかなフィット感に仕上げているため、激しい動きを伴う運動時や長時間の使用でも、血流を妨げることなく関節の動きに追従します。また、汗を素早く吸水拡散するので、汗冷えしにくく、常に快適な状【続きをよむ】

 

 

レビュー結果
総合評価:★★★☆☆

 

個人的感想
  • ○ストレッチ具合がいいと、ずれることも少ないので○
  • ○汗を多くかくアクティビティに最適
  • ○とにかくストレッチが売り トレッキングというよりは、クライミング向き
  • ×レビューではサイズが思ったより大きいという意見もあり 注意が必要

 

メーカーモンベル
素材ストレッチクリマプラス(ポリエステル+ポリウレタン)
カラーブラック
サイズSサイズ(ウエスト):S、M、L
Sサイズ:57~71cm
Mサイズ:71~88cm
Lサイズ:85~99cm (男女兼用)
参考価格2,477円+税(2017/11/1)
その他環境省「COOL CHOICE」提案商品

 

ストレッチ性のある「ストレッチクリマプラス」というモンベル独自の素材を使った、激しいアクティビティに対応した腹巻

高い保温効果を持ち、運動前や運動中に胴回りを効果的に温めることができるウォーマーです。
抜群のストレッチ性を持ち、ストレスを感じさせない柔らかなフィット感に仕上げているため、激しい動きを伴う運動時や長時間の使用でも、血流を妨げることなく関節の動きに追従します。
また、汗を素早く吸水拡散するので、汗冷えしにくく、常に快適な状態を保ちます。

出典:モンベル

 
 
 
 

スーパーメリノウールEXP. ウエストウォーマー

【モンベル】スーパーメリノウール EXP. ウエストウォーマー
卓越した暖かさと、吸水拡散性を両立したウエストウォーマーです。心地よくフィットし、身体を温めます。縫い糸には不快な静電気を軽減するカーボン繊維を使用しています。

 

レビュー結果
総合評価:★★★★☆

 

個人的感想
  • ○何と言っても肌触りが最高 モンベルのメリノウールは価格の割に「品質がいい」と思う
  • ○臭いはつきにくいので、泊まり向き
  • ×あまり汗を流すアクティビティは乾きづらいので不向き
  • ×ストレッチは他の2製品ほどではないので、2枚着ると少しきつい
  • ○デメリットはあるが、それでも肌触りが良くて濡れてもほんわり暖かいのが特徴

 

メーカーモンベル
素材スーパーメリノウール79%+ポリエステル18%+ナイロン2%+ポリウレタン1%
平均重量60g
カラーブラック(BK)
サイズS(ウエスト57~71cm)、M(ウエスト71~85cm)、L(ウエスト85~99cm) (男女兼用)
参考価格3,000円+税(2017/11/1)
その他環境省「COOL CHOICE」提案商品

 

商品情報
卓越した暖かさと、吸水拡散性を両立した厚手のウエストウォーマーです。
心地よくフィットし、身体を芯から温めます。縫い糸には不快な静電気を軽減するカーボン繊維を使用しています。

出典:モンベル
 

 
 

まとめ

まとめると、

  • あたりさわりがないのが「ジオライン」
  • 肌触り重視には「メリノウール」
  • 激しいアクティビティ(スポーツクライミング、トレイルランニングなど)にはサーマテック

と分けてみました

なかなかハラマキというと抵抗感があると思いますが、かっこいい腹巻もあるということで、参考にしてみてください

以上、モンベル ハラマキのレビューでした
 
 

(ジオライン)


 
 

(サーマテック)

 
 

(メリノウール)

 
 

暖かいおすすめ記事はこちらです

▼【ナノパフ(Nano Puff)】2018【レビュー】patagoniaベストセラー化繊インサレーション

【ナノパフ(Nano Puff)】2019【レビュー】patagonia登山の化繊ミドルウェア
【2019年5月12日】更新 パタゴニア ナノパフ(Nano Puff)を「使った感想」を書きました ナノパフは化繊のインサレーションが入っていて、濡れ(ぬれ)に強く、濡れても暖か(あたたか) よくナノパフは寒い・・と言われますがそれは使い方の問題 確かにダウンより保温は低いですが、山での過酷(かこく)な環境で行動しているときは、ダウンより化繊が優れている場合が多く、自分はヘビーに使いまわしています

▼【レビュー】モンベル「スーパーメリノウール」シャツの感想と機能「3選」

【レビュー】モンベル「メリノウールシャツ3選」登山服装の感想と機能
【2018年7月日】更新 スーパーメリノウール ラウンドネックシャツ【コスパ最強】モンベルのアンダーウェアを調べてみた 登山初心者にオススメの「ウール素材のアンダー」を紹介します

 
 

トップへ戻る