[ワークマン登山レビュー]コスパな服装レディース・メンズ紹介

ボクはワークマンで登山を10年近くやっています(オールというよりは部分的に使うのが得意です)

ワークマンの服装は基本が現場の作業ウェアなので、安さと丈夫さのバランスが絶妙

ここではボクが使ってきたアイテムのレビューと登山に使える公式アイテムの解説をしました

ワークマン登山 ワークマンウェアを着た男性

 
 

==ワークマン登山の▼目次==

▼関連記事
登山の服装[初心者山登りウェアの選び方]春夏と秋冬編

登山の服装|ダメな服装 良い格好
「登山の服装・トレッキングウェアの選び方とコーデを紹介 アウターは防風、ベースレイヤーは速乾、ミドルレイヤー(中間着、フリースなど)は保温透湿機能がレイヤリングでは重要 夏のハイキングはおしゃれなユニクロ・ワークマンなどの製品もいいですが、春秋冬は機能重視 でコスパなモンベルもおすすめ

 
 

ボクのワークマン登山の「経歴」

ボクは先輩の影響から登山を始めたころからすでにワークマンを教えてもらって使っていました

ボクが使ってきた経歴の一部を紹介

日帰りハイキング(雨の安達太良山)
沢登り(インナー系は高機能ウェア、パンツやアウターはワークマン)
冬の磐梯山(山スキー インナーパンツ、靴下はワークマン)

これだけでなく、ワークマンアイテムはいろいろな登山に使っています

一番使っていたのは「パンツ」

一番破れやすいパンツはかなりお世話になっています

昔からワークマンというと登山ではなく「土木工事現場のお店」として有名で、耐久性が高いことから昔からコアな登山をする人に使われていました(岩や沢など激しくウェアが破れる登山)

とにかく機能よりなにより「コスパ」と「耐久性」がよいという「ワークマン」

特にドロドロになる「沢登り」ではよく使われていて、沢登りで有名な「宮城公博」さんも、厳しい登山以外はほとんどワークマンだと言っています

コスパの良さは、お金のないボクでもワークマンなら攻める登山ができるという大きなメリットがあります

高いウェアでは「服が破れたら・・」などと思ってしまうので、攻める登山のパフォーマンスは低下します(高価なウェアで泥を滑ったり、ヤブに突っ込んだりはもったいなくてボクはできません)

ということで、ワークマンは初心者というよりハードな登山をする人にピッタリなので、そんなことをしたい人はとにかく「ワークマン」です

 
 

ワークマン登山|ワークマンの登山コーデ メンズ編

ワークマンの登山で使えるメンズウェアのまとめです

<▼ワークマン登山のメンズコーデ>

画像アイテム名価格その他・口コミ
ワークマン スプリングメリノ 半袖丸首シャツスプリングメリノ 半袖丸首シャツ 1,500円 ・保温調湿
・着心地良い
・チクチクなし
ワークマン アクティブハイクアクティブハイク 1,900円 ・コスパ良すぎ
・ちょっと大きめが良いかも
・撥水機能も満足
ワークマン エアロ ストレッチ 2WAY スラックスエアロ ストレッチ 2WAY スラックス 1,900円 ・軽くて履きやすい
・カラーが豊富
・ストレッチバツグン
ワークマン ムーブアクティブ ドライ 半袖ポロシャツムーブアクティブ ドライ 半袖ポロシャツ 780円 ・吸汗速乾
・リピートしたくなる
・やや小さい
ワークマン ライトメッシュコンフォタブルランキャップライトメッシュコンフォタブルランキャップ 780円 ・ポリエステル100% 速乾
・アクティブシーンに有効
・軽い
ワークマン 3レイヤー透湿レインスーツ バイカーズ3レイヤー透湿レインスーツ バイカーズ 5,800円 ・耐久性バツグン
・雨をシャットアウト
・コンパクトさに欠ける
ワークマン 安全靴用バルキーロング靴下2足組 ライン安全靴用バルキーロング靴下 1,304円 ・耐久性高い
・厚手、クッション効果あり
・価格がやや高い


メンズコーデ==▼目次==

 
 

メンズ吸汗速乾半袖ポロシャツ

メンズの速乾ポロシャツ

ワークマン ムーブアクティブ DRY ドライ 半袖ポロシャツ

780円で速乾ポリエステル100%です

デザインも悪くないし、価格もお手軽780円なのでコスパがよくておすすめ

ハイキングにぴったりですね

(▼ボクのワークマン速乾長袖のポロ 濡れてもすぐ乾きます)
ワークマン 速乾ポロシャツ

商品検索 | ワークマン公式オンラインストア
ワークマン公式オンラインストアでの通販は全国のワークマン店舗で受け取れば送料無料!!お買上1万円以上も送料無料!話題のアウトドアウェアや人気の防寒ウェア、かっこいい作業着の店舗取り置きが可能です。ワークマン公式オンラインストア

 
 

登山のインナー|ワークマン編

ワークマンのインナー・アンダーはたくさんありますが、登山に使えるインナーは乾きやすい「化繊メイン」がおすすめ

少なくても汗冷えしやすいコットン(綿)100%は避けた方がいいですね

表面上はなかなかわからないので、間違わないようにとにかく素材をみて「化繊(ポリエステル・ナイロン)」のアンダーを選ぶとトレッキングでは間違いないです

 
 

スプリングメリノシャツ

着心地がとても良いウールのインナーシャツ

ワークマン スプリングメリノ
(https://workman.jp/shop/g/g2300011295111/)

ウール100%じゃなくて、ポリエステルが50%ウール50%となっている、暖かさとドライがセットになった欲張りなシャツ

ウールなので肌触りがよく、化繊が50%入っているので確かに乾きやすい感じがします。でもなんとなく化繊にウールの良さが負けているような・・・・そんな感じが個人的にはします。もう少し生地を厚めに作るとよいかもしれないです

(▼ワークマン公式)
>>ワークマンTシャツはこちら

 
 

耐久撥水 半袖ポケット付Tシャツ

ボクがおすすめのワークマンインナー・アンダーは「胸ポケット付きの化繊シャツ」がおすすめ

登山のワークマンTシャツ 耐久撥水 半袖ポケット付Tシャツ
(ワークマン:https://d3pa9ua9jjwr3a.cloudfront.net/goodsimg/6739th01.jpg)
(https://store.workman.co.jp/item/item.html?i=6739)

昔はワークマンではこんな感じのタバコを入れるためのポケット付きシャツがほとんどでしたが今は希少

夏や春だけでなく、オールシーズン使える速乾のシャツです

(▼春や秋に使える長袖のポケットシャツ)
ワークマン ポケット付Tシャツ

価格も「980円」(調査時金額)と安くてほぼ日用衣料品レベル

厚みがややあるので軽さはそれほど期待できない点はデメリット

ボク的には胸ポケ使うことが多いので、ちょっとしたデメリットは目をつむりたいですね

ボクは手作業をするとき、カラビナをちょっと入れたり引っ掛けたりするときによくつかってあり、ほかにも「コンパス」や「お菓子」などを入れておくと、使うときにすぐ使えるメリットありです

 
 

インナータンクトップ

女子におすすめワークマンのタンクトップインナー

(▼おしゃれで速乾のタンクトップ)
ワークマン レディースバンセルマルチリブタンクトップ
(https://workman.jp/shop/g/g2300046345126/)

ワークマンはそれほどインナー的なアイテムは少ないので貴重なアイテムです

ただインナーと言ってもブラのことをあまり考えていないインナーという印象があるので、使うときにはちょっと工夫が必要だな・・と思いました。

(▼インナータンクトップはこちら)

商品検索 | ワークマン公式オンラインストア
ワークマン公式オンラインストアでの通販は全国のワークマン店舗で受け取れば送料無料!!お買上1万円以上も送料無料!話題のアウトドアウェアや人気の防寒ウェア、かっこいい作業着の店舗取り置きが可能です。ワークマン公式オンラインストア

 
 

「ゲイター」ワークマンオンラインには「今は」ないです

以前はワークマンで登山用のゲイターがありました。ですが、残念ながらいまは販売していません

オンラインショップにはありませんが、草刈用の簡易ゲイターならショップによっておいてあるところもあります

ただ草刈用で長靴の中に草が入らないようにするカバーで防水ではありません

 
 

ワークマンの登山靴下

ワークマンの靴下は、特に商品の入れ替えが多いので「コレ!」という特定のアイテムがすぐ無くなってしまうのが残念なところ

好みのアイテムが生産中止になってしまった後のボクの選び方は、オール化繊というより「綿と化繊の複合素材」で厚みがある靴下を選ぶようにしています

冬季の登山や攻める登山でなければ、実際コットン100%のワークマンの靴下を使うときもあったし、汗で濡れてもそれほど不快に感じるようなことがないので、コットン(綿)100%じゃなければ素材として入っていても問題ないレベルです

 
 

パイルソックス

ワークマンの靴下でトレッキングのおすすめは「マウンテンロングパイル安全靴用靴下」というパイル生地のちょっと厚手の靴下

暑い時期は薄手のソックスが好まれますが、登山ではクッション性のある厚みがおすすめ。思ったより熱がこもるような感じがなかったので夏でも冬でも使える感じです

(▼マウンテンロングパイル安全靴用靴下)
ワークマン パイル地厚手靴下
(https://workman.jp/shop/g/g2300013735004/)

使っている糸は化繊とウールだけなので速乾性と暖かさが両立しているという公式に書いてあります。個人的には「なんとなくそんな感じがするな・・・」というくらいですかね

化繊でもナイロン地を一部使っていて耐久性をあげるのに一役買っているようです

 
 

アーチパワーアシスト ハイソックス

 
 
こっちはサポートタイプのがっちり靴下

(▼アーチパワーアシスト ハイソックス)
アーチパワーアシスト ハイソックス 2足組

サポート系のウェアは筋肉の代わりにサポートしてくれるので、筋肉の少ない女子におすすめです

(▼ボクの使っているほかのワークマンサポート系靴下。土踏まずのところがちょっとキツめです)
ワークマン サポートソックス

(▼ワークマンオンラインストア)
>>ワークマンの靴下はこちら

 
 

メリノウールの靴下

今は「メリノウールの靴下」もあります

夏はなくなることもありますが、冬になると販売が始まります(夏もほしいです)

(▼メリノウールサポートパイル 5本指)
ワークマンのメリノウール5本指靴下 登山に便利
(https://workman.jp/img/goods/S/17123_t1.jpg)
(https://workman.jp/shop/g/g2300017123036/)

ただこれはパイル地といってもちょっと厚みないので、ボク的には2枚履きがおすすめ

 
 

登山の手袋 ワークマン編

ワークマンでは手袋の扱いがとても多いです

作業用の軍手、すべり止め付きの手袋や、人気の高い「防寒テムレス」などの防水手袋もあります

ワークマンで扱っているアイテムの中で一番種類があるんじゃないかと思うくらいたくさんあるので選ぶのもとても大変・・・

 
 

パンダグリップ手袋

ワークマン登山の 手袋 パンダグリップ手袋
(ワークマン:https://d3pa9ua9jjwr3a.cloudfront.net/goodsimg/5756ma01.jpg)

ボクが使って使いやすかったのが「パンダグリップ手袋」

これはちょっと価格が高めだったので、現在はもっと安い軍手を使っていますが、合成皮の手袋でタッチパネル対応。これは使いやすかったアイテム

なにより水にぬれても滑りにくいという機能が良かったです。雨が降ったときのクサリ場や、枝をつかんで進むような登山には、特にオススメな手袋でした(ササは残念ながらやや滑ります)

あまり濡らすと皮の部分が伸び始めて耐久性がなくなってきそうになるので注意が必要

(▼ワークマンオンラインストア)
>>ワークマンパンダグリップ手袋はこちら

 
 

ワークマン レインウェア登山向け|イージスシリーズ紹介

ここではワークマンの格安レインウェア「イージス」というワークマンの中でも最強の防水ブランドを紹介してみます

(▼イージスバイカーズのエムブレム)
ワークマン レインウェア イージスバイカーズのマーク

※「イージス」とは強い防水性と中程度の透湿性を持ったワークマン最強のレインウェアで最近特に人気が高いアイテムです

(▼ワークマンブランド 登山に使える「イージス」一覧はこちら 

イージス (AEGIS) | ワークマン公式オンラインストア
ワークマンオリジナルのPBシリーズ「イージス(AEGIS)」。イージスの特徴は、雨にも強い防水性と寒さに強い防寒性と秋冬物を中心にオールシーズンものまで取りそろえるバリエーションの3点。大人気シリーズのPBシリーズイージス(AEGIS)の購入は、ワークマンオンラインストア。

 
 

防水透湿レインスーツ BIKERS

イージスの中で最強の登山レインウェアというと「レインスーツ BIKERS」です

登山でつかえる BR002 3レイヤー透湿レインスーツ BIKERS (バイカーズ)
(ワークマン:https://d3pa9ua9jjwr3a.cloudfront.net/goodsimg/5990ma06.jpg)

 

防水重視のレインウェアでワークマン最強のアイテム

防水はバイク用に作られているので使った感じではかなり強い雨でも問題ないです

耐久性はリップストップと呼ばれる「引き裂きに強い」材質が使われていて、とても丈夫で、腰回りの浸水ガードが充実していて防水は万全です

透湿性は2000g/m2/24hと「それほど大きくなく」、ゴアテックスと比べてはダメかも

加えて、厚さがあるので少しかさばること、ポケットがないことはちょっと残念なところ

それでも5,800円のコスパは良い感じです

(▼ボクのバイカーズ 生地の強さはワークマン最強レベル そのかわりちょっと重い)
ワークマン イージスレインウェア バイカーズ

(▼ワークマンオンラインストア)
>>レインスーツBIKERSはこちら

 
 

ワークマン登山のレディースコーデ

ワークマンのレディーストレッキングウェアコーデ

ワークマンがトレッキング用アイテム(フィールドコア)を専門に販売してきたので、以前より女性が選びたくなるカラフルアイテムが多くなりました

<▼ワークマン登山のレディースコーデ>

画像アイテム名価格その他・口コミ
ワークマン アスレシューズストームランナーアスレシューズストームランナー 1,900円・透湿防水
・梅雨時期に最適
・ヒモタイプにしてほしかった・・
ワークマン ICE ARMOUR(アイスアーマー)クールスリーブ クールスリーブ 499円 ・涼しい
・サイズが合わない
・長さが足らない
ワークマン カーゴパンツカーゴパンツ 1900円 ・軽い
・ストレスなくはける
・デザインが満足
ワークマン ポロシャツポロシャツ 980円 ・速乾
・シンプル
・消臭
レディースバンセルマルチリブタンクトップインナータンクトップ 780円 ・速乾
・UVカット
・消臭
ワークマン 透湿レインスーツSTRETCH(ストレッチ)透湿レインスーツストレッチ 780円 ・ストレッチバツグン
・ワンサイズ上がいいかも
・着心地良し
ワークマン レディースインセクトシールド防虫レギンスレディース防虫
レギンス
780円 ・虫除け効果あり
・ワンサイズ上がいいかも
・伸びにくい
ワークマン アドベンチャーハットアドベンチャーハット 980円 ・おしゃれ
・サイズがちょうどいい
・肌触りもより
アーチパワーアシスト ハイソックス 2足組アーチパワーアシスト ハイソックス 1,304円 ・サポートがしっかり
・部分パイルで耐久性と通気性のバランス良し
・価格がやや高


レディースコーデ==▼目次==

 
 

コスパでストレッチ「透湿レインスーツSTRETCH」

ワークマン登山の雨具 R006 透湿レインスーツSTRETCH
(ワークマン:https://d3pa9ua9jjwr3a.cloudfront.net/goodsimg/661ma06.jpg)

ワークマンの透湿防水レインウェアで一番人気の製品です

軽くてストレッチ素材でストレスフリーが特長です

価格も5千円以下で、コスパも優秀で女性におすすめ

メリットはやっぱり「安さ」で、高価なウェアではできない思い切った使い方ができてしまいます

デメリットはポリウレタン使用なので、3年~5年くらいすると劣化が目に見えて始まること。これはポリウレタンを使ったウェアでは仕方がない運命。ストレッチ性と引き換えのデメリットです

▼ワークマンオンラインストア
ワークマン 透湿レインスーツはこちら>>

 
 

レディースクールストーム長袖クルーネック

ワークマンで夏に使えるレディースクールストーム長袖クルーネック
(ワークマン:https://d3pa9ua9jjwr3a.cloudfront.net/goodsimg/3017ma01.jpg)

 
 

夏用の涼しいシャツです

夏だけでなく重ね着をすれば冬でも使える一年を通しておすすめのシャツです

化繊でストレッチ素材なので、着心地がサラリととても楽

価格も定価で980円(調査時)と安さも魅力のサラっと使えるシャツです

(▼ワークマン オンラインストア)
>>ワークマン年間カジュアルウェアはこちら

 
 

吸汗速乾半袖ポロシャツ

ワークマンの夏登山で使える ポロシャツ 女性用吸汗速乾半袖ポロシャツ
(ワークマン:https://d3pa9ua9jjwr3a.cloudfront.net/goodsimg/1169ma01.jpg)

 
 

ポリエステル100%の速乾でおしゃれなポロシャツ

シルエットが女性向けで、事務系の仕事におすすめと書いてありますが、速乾でおしゃれなのでトレッキングでも使えます

価格はの980円(調査時)。

ワークマン公式オンラインストア
ワークマン公式オンラインストアでの通販は全国のワークマン店舗で受け取れば送料無料!!お買上1万円以上も送料無料!話題のアウトドアウェアや人気の防寒ウェア、かっこいい作業着の店舗取り置きが可能です。ネット通販でも法人対応可能!作業服・作業着の大量注文お任せください。

 
 

キャップ・ハット

 
 

アドベンチャーハット

ワークマン アドベンチャーハット

おしゃれ女子のためのアドベンチャーハット

(個人的に「ナコタハット」に似ているようなそうでないような微妙なところですが・・・)

おしゃれで普段使いにも使えるのでコスパは良いです

速乾でポリエステル100%。吸汗はそれほどですが消臭と速乾性は期待できたりします

(▼ワークマンのハットはこちら)

商品検索 | ワークマン公式オンラインストア
ワークマン公式オンラインストアでの通販は全国のワークマン店舗で受け取れば送料無料!!お買上1万円以上も送料無料!話題のアウトドアウェアや人気の防寒ウェア、かっこいい作業着の店舗取り置きが可能です。ワークマン公式オンラインストア

 
 

ライトメッシュコンフォタブルランキャップ

オンラインで載っているから・・と思いきや「店舗のみ販売」の「ライトメッシュコンフォタブルランキャップ」

ワークマン ライトメッシュコンフォタブルランキャップ

ポリエステル100%なので速乾性が高く、軽くてジョギングにぴったり

登山でも使えます。そしてとにかく安い(980円)通販でも販売してほしかった・・・

(▼ワークマンキャップはこちら)

商品検索 | ワークマン公式オンラインストア
ワークマン公式オンラインストアでの通販は全国のワークマン店舗で受け取れば送料無料!!お買上1万円以上も送料無料!話題のアウトドアウェアや人気の防寒ウェア、かっこいい作業着の店舗取り置きが可能です。ワークマン公式オンラインストア

 
 

アームカバー・サポーター

着圧はそれほど期待するほどではありません。メインの期待する機能は「紫外線防止」です

価格は780円

コスパが良いので取り替え用をもう一つ買いたくなるアイテムです

登山で使えるアームパワーアシスト サポーター
(https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/workman/cabinet/04075768/10/11610-1.jpg?_ex=320×320)
(https://store.workman.co.jp/item/item.html?i=1823)

(▼クールなサポーター「アイスアーマー」はこちら)
ワークマン アイスアーマー クールスリーブ
(https://workman.jp/shop/g/g2300016572033/)

▼ワークマンオンラインストア

>>ワークマン暑さ対策グッズはこちら

>>サポーターはこちら

 
 

トレッキングシューズ [ワークマン3選]

ワークマンのアウトドア用の靴は、「登山用」と「ジョギング用」に分かれています

その中でも登山用アイテムのブランド「フィールドコア」の代表シューズ

「アクティブハイク」です

公式にもトレッキンング用シューズと言っているシューズで、とりあえずこれを履いておけば間違いないです

防水を重視するなら「長靴」もおすすめですね


==▼目次==

 
 

アクティブハイク

ワークマンの登山靴というと、とにかく「アクティブハイク」が一番有名

▼アクティブハイク
ワークマン登山のシューズ アクティブハイク
(https://www.workman.co.jp/feature/2021ss/images/s/outdoor/corde01/img05.jpg)

▼アクティブハイクのワークマンオンラインストア
高耐久アクティブハイクはこちら>>

ワークマン的には「登山靴」として販売していますが、ボクの印象では基本的なところは一般的な運動シューズとそれほど変わりない感じがしました

普通の運動シューズに「耐久性」、「底が厚い」、「撥水」が加わったトレッキングシューズで防水性はないのでそこは注意

トレッキングシューズとしては「1,900円」の価格はかなり安いです。でもこの機能でこの価格は「すごいコスパ良い!!」とは言えないかもしれません

 
 

アーバンハイク

アクティブハイクとおなじような撥水シューズで「DIA高撥水シューズ アーバンハイク」という靴も人気があります(現在オンラインでは販売していないです)

▼アーバンハイク
ワークマンの高撥水シューズ アーバンハイク
https://workman.jp/img/goods/L/53570_t1.jpg
https://workman.jp/shop/g/g2300053570054/

アクティブハイクと比べるとおしゃれでスタイリッシュなデザインです。機能はアクティブハイクとほぼいっしょの機能で、スタイリッシュな分、こちらのほうが人気でてきそうです(ですが現在販売していません・・)

 
 

ハイパーV厨房シューズ

ここで紹介するのは、厨房用として販売されているシューズ

なぜこれがおすすめかというと それは「滑らない」から

登山でも滑らないシューズ ハイバーVソール
(https://workman.jp/img/goods/L/55104_t1.jpg)

▼ワークマンオンラインストア
滑らないシューズはこちら>>

滑らない秘密は底の「ハイパーVソール」というグリップの形状。テレビでも紹介されていて、アブラを塗った板の坂道でも滑らないくらいグリップが強い靴です

ボクの先輩が試しに沢登りのアプローチで使ってその効果を実感していました(普通の靴と比べて比較的滑りにくかったとのこと。「すごい!!!」というほどではないと言っていましたが・・)

▼ハイパーVソールの秘密はこちら

日進ゴム株式会社の技術「HyperV Series」
日進ゴム株式会社の技術・滑らない靴を追求するHyperV®・ラバーシート「HyperV Series」を紹介

 
 

透湿防水シューズ

ワークマンからついに透湿防水性があるシューズ「アスレシューズストームランナー」が出ました

ワークマン アスレシューズストームランナー

価格は1,900円・・・これで一般的なアウトドアメーカーの「透湿防水」を完備しているとは考えにくいので、ある程度のデメリットはしょうがないかなと思います

公式発表では底から4㎝までは完全防水。そしてアッパー部は透湿防水と言っています。公式の概要を見る限りでは、アッパー部はゴアテックスのような透湿防水ラミネートを使っているわけではなく、防水素材が重なっているすき間から湿気を逃がす構造のように見えます

簡易的な透湿防水でも口コミでは評価が高く、雨の日の効果を実感しているみたいです

まあ使っている人が満足ならそれでOK

耐久性は「軽さ」を実現するために生地やソールが薄く、それほど期待できないと思います

(▼ワークマン公式)
>>アスレシューズはこちら

 
 

ワークマンのクライミングパンツの選び方

ワークマンのパンツやズボンは、ほとんど登山・ハイキングで使えます

とりあえず「純綿」と書いていなければ基本どれでもいけます※ワークマンの「純綿」シリーズは綿100%のことです(ジーンズと同じ)

(▼ボクが登山で使っているワークマンパンツ)
ワークマン登山 パンツのサイドポケット

実際パンツは綿100%でも濡れなければいけます。でもジーンズといっしょでなかなか乾かないのでボクはあまりおすすめしません

そして個人的にはサイドにポケットがあるほうがボクは使いやすくおすすめ


==▼目次==

 
 

フィールドコアのトレッキング用パンツ

フィールドコアのトレッキング用オシャレパンツ

作業着と違ってフィールドコアのパンツは軽くてオシャレです

でも耐久性は作業着の方があるんじゃないかな・・・なんとなく薄くて軽いけど価格なりの耐久性のような気がしています

(▼レディースAERO STRETCH(エアロ ストレッチ)パンツ)
ワークマン登山 トレッキングパンツ
(https://workman.jp/img/goods/15/46311_c2.jpg)
(https://workman.jp/shop/g/g2300046311213/)

▼ワークマンオンラインストア
>>フィールドコアシリーズはこちら

 
 

[おすすめ]カーゴパンツ

ボクの場合パンツは「フィールドコア」でなく、普通の「作業用カーゴパンツ」がおすすめ(おしゃれではありません)

その理由は「フィールドコア」のパンツはタイトラインで耐久性も弱そうなアイテムが多くて、ボクの場合窮屈で破れそうに感じるからです(でもオシャレならやっぱりフィールドコアが良い)

メリットは「耐久性があって」と「価格が安い」こと

デメリットは「重め」と「ファッション性がない」こと

 
 

フィールドコア カーゴパンツ

フィールドコアのおしゃれカーゴパンツ

(▼フィールドコアのカーゴパンツ)
フィールドコア カーゴパンツ
(https://workman.jp/shop/g/g2300031346237/)

登山やハイキングなどやお出かけなどの普段使いでも使えるファッション性が売りです

最近ではボクの先輩方も使っていて、老若男女区別なく人気のあるアイテムです

価格は1,900円でコスパは良好。その分生地が薄く作業用のワークマンのカーゴパンツと比べると耐久性は弱いかも。ただ山では使えているので問題ないレベルです。

 
 

作業用カーゴパンツ

そのためスタイルが気にならなければシンプルな「カーゴパンツ」のようなワークマンのズボンが登山にはおすすめです

(▼ワークマン カーゴパンツ)
ワークマン のカーゴパンツ ツータック
(https://workman.jp/img/goods/L/93921800331_t1.jpg)
(https://workman.jp/shop/g/g4524851015779)

▼ワークマンオンラインストア
ストレッチカーゴパンツはこちら>>

▼ワークマンオンラインストア
作業用カーゴパンツはこちら>>

どうしてもスタイルが気になるならば、やっぱり今風の「フィールドコア」シリーズから選ぶのもいいかもしれません

 
 

ワークマンの登山に使える「ハーフパンツ」

ワークマンもハーフパンツやショートパンツなど短パンアイテムも充実

これまでのワークマンの印象ではハーフパンツなんて販売しているイメージがなかったのですが・・・かなりファッショナブルになってきて、ワークマン女子にも人気のアイテムがどんどん出てきています

 
 

ワークマン「コーデュラユーティリティショートパンツ」

(▼ワークマン登山のハーフパンツ CORDURA(R)UTILITY(コーデュラユーティリティ)ショートパンツ)
ワークマンのハーフパンツ
(https://workman.jp/img/goods/L/35692_t1.jpg)
(https://workman.jp/shop/g/g2300035692026/)

「着るカバン」で売り出し中のショートパンツ。 見た目は結構賑やかな感じでイマドキのスタイルに合いそう。 クライミング用に「クライミングカット」という余裕を持たせたつくりでとても動きやすいショートパンツです

カラビナ用のループやリップストップ(破れに強い機能)もあって結構本格的。 

限定生産なのでお早めに・・・

 
 

ワークマン「(エアロ ストレッチショートパンツ」

(▼「エアロ ストレッチショートパンツ」もおすすめ)
登山で使えるエアロショートパンツ
(https://workman.jp/img/goods/L/35675_t1.jpg)
(https://workman.jp/shop/g/g2300035675029/)

ワークマン女子に人気の高い細身タイプのショートパンツで、すっきりしたシルエットが特徴です

細身といってもストレッチタイプなので動きやすさもあって使いやすいです

▼ワークマン登山のハーフパンツは「フィールドコア」で
フィールドコアシリーズはこちら>>

 
 

ワークマン登山の冬にはコレ!

ワークマンの登山・アウトドアの製品中、「冬に役立つ製品」を紹介


==▼目次==

 
 

SKILL インナーソックス 指付きタイプ

ワークマンの定番靴下(というよりはインナー)

ワークマン SKILL(スキル) インナーソックス指付きタイプ
(ワークマン:https://d3pa9ua9jjwr3a.cloudfront.net/goodsimg/2314ma01.jpg)
(https://workman.jp/shop/g/g2300057448052/)

保温性が高く透湿なので蒸れません(動きすぎるとさすがに蒸れます)

通常は靴下の上に履くタイプなので、少し大きめを買うといいです

当然これは指が二股なので靴下も二股以上の靴下必須です

現在メンズ用しかないので、レディースタイプも出してほしいですね

(▼ボクのワークマンインナーソックス 冬や沢登りで大活躍)
ワークマン あったかインナーソックス

 
 

HOTカプサイシン防寒靴下 5本指3足組

辛さでおなじみ、唐辛子成分の「カプサイシン」が入った靴下

ワークマン登山冬の 17212 HOTカプサイシン防寒靴下
(ワークマン:https://d3pa9ua9jjwr3a.cloudfront.net/goodsimg/3204ma02.jpg)
(https://workman.jp/shop/g/g2300017210019/)

価格が580円と安いので、暖かさはそれなりの効果くらいだと思ってください(ボクの感想は「うん??暖かいかな??」という感じでした)

名前だけで暖かくなってきそうな、この激辛ソックスは、5本指のソックスなので気になるべたつきも抑えられます

 
 

あったかフェルトインナーソックス

これはボクがよく使うインナーです

フェルトインナーは欠品が多いので、大量にスペアがあります

登山 長靴に合うフェルトインナー

 
 

これは個人的にオススメの製品

特に長靴を履く人には、夏冬通しておすすめしています

冬はそのまま、防寒用としてすばらしい効果がでます

「夏は暑くてダメでしょ」と思うかもしれませんが、長靴は汗処理が難しいので、これを履いておくと、不思議と蒸れ(むれ)はかなり軽減

少し暑いかもしれませんが、脱いだり履いたりも早いので、それほど自分は気になりません

特に長靴といっしょに使うのがオススメなので併せて使ってみてください

 
 

防風・保温ミッドインナー丸首シャツスリーレイヤー

ワークマン 登山インナーに使える防風・保温ミッドインナー丸首シャツスリーレイヤー
(https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/workman/cabinet/04075768/20/imgrc0127315457.jpg?_ex=320×320)

 
 

3層になっていて、中間層にフィルムを入れることで、防風性を増した防寒シャツ

中に着るインナーに防風入れても意味ない・・という意見もありますが、どんなに厚着をして風をシャットアウトしても、やっぱり中まで風の影響は受けます

どこかで、レインウェアのようなもので風をシャットアウトしないと、風に冷やされて、どんどん冷たくなってきます

このウェアは、直接肌の上に着るというよりは、インナーやアンダーの上に着るとより効果が出るように設計されていて、かつ透湿なので、蒸れの軽減も期待できます

価格はワークマンのアンダーとしては、やや割高ですね

(参考:https://workman.jp/shop/g/g2300027999027/)

 
 

防風・保温ミッドインナースパッツスリーレイヤー

ワークマン 登山の登山タイツ 防風・保温ミッドインナースパッツスリーレイヤー
(ワークマン:https://d3pa9ua9jjwr3a.cloudfront.net/goodsimg/860ma02.jpg)

 
 

こちらは防風フィルムアンダーのスパッツバージョン

個人的にトップスよりは、ボトムのスパッツバージョンのほうが使えそうな気がしています

いつも風で寒いのは足なので・・・
(参考:https://workman.jp/shop/g/g2300011396153/)

 
 

秋冬用 腹巻き一体型タイツ

ワークマン登山の 登山タイツ 腹巻き一体型タイツ
楽天

 
 

お腹(おなか)が冷える人必見

腹巻単独の場合って、登山中にすぐズレるので一体型がおすすめです

これはタイツと腹巻が一体になっていて、裏がフリース、速乾、静電気防止なので、秋冬には強い味方になってくれる製品

トレッキングだけでなく、普段使いも使うようにすると、コスパがどんどん良くなります

 
 

ホットコンプレッション マッスルサポート ESロングスリーブ

TOWAの「TS DESIGN」ブランドおすすめの良品

「TOWA」とは、世界で活躍している老舗(しにせ)の精密機器会社

そこが開発した冬や秋、春などに最適な「ESマイクロフリース」を使ったロングスリーブ

ボクもこの「TOWA」さんのアイテムをいくつか使うことありますが、信頼性は抜群です

安さが売りの登山メーカー「モンベル」でも、近い製品は5,000円くらいですが、そこから比べると、およそ半額なのでうれしいところ

やっぱり環境が厳しい登山にはおすすめはできませんが、トレッキングなどに使うのはOK

ワークマンでは時期によって販売したりしなかったりします

 
 

ネオプレーンリストガード

登山で使えるネオプレーン リストガード
(ワークマン:https://d3pa9ua9jjwr3a.cloudfront.net/goodsimg/2566ma01.jpg)

コスパがよくてかなり使えるアームウォーマー

個人的に冬で使っています

ウィンターグローブの下につけていると、継ぎ目の寒さが少なくなってうれしいです

ボクは毛糸のウォーマーか、このネオプレーンアイテムを使用

(参考:https://store.workman.co.jp/item/item.html?i=2566)

 
 

冬にはワークマンのこんな登山手袋

冬用の手袋は透湿防水のテムレスが有利 ちょっと大きなものがおすすめです

 
 

防寒テムレス

 
 

こちらがバックカントリーや雪の作業でよく使われている「防寒テムレス」

普通のテムレスよりこっちが有名です

その名のとおり、防寒の「ボア」が中に施されていて、とても暖かです

そしてゴムが透湿素材で、バックカントリーのハイクアップでも手の中が蒸れ(むれ)ません

価格も1,800円しないので、耐久性がないのでは・・・・と思うかもしれませんが、ボクはもう5年使ってバックカントリー程度ではまだ破れていません(雪かきなどスコップを多用する使い方では、1年~2年程度耐用の所感です)

超優秀なので、お試しください

(▼防寒テムレスはコスパの冬用に最適)
ワークマン 防寒テムレス

登山のヘルメットをワークマンから

ワークマンの登山で使えるヘルメットは「落下物対応」と「墜落対応」の2つの機能があるヘルメットです(ただしクライミング専用ではないので、自己責任です)

登山に使えそうなヘルメット ワークマンより
(https://workman.jp/shop/g/g2300064228012/)
(https://workman.jp/img/goods/L/64228_t1.jpg)

以前は沢登りでも現場作業用のヘルメットを使ったりしていたので、ないよりはかなりマシ

発砲スチロールで防護されているタイプの場合、ほとんどこの2つの機能を持っているのでそれを使ってみてください

(▼ワークマンのヘルメットはこちら)

商品検索 | ワークマン公式オンラインストア
ワークマン公式オンラインストアでの通販は全国のワークマン店舗で受け取れば送料無料!!お買上1万円以上も送料無料!話題のアウトドアウェアや人気の防寒ウェア、かっこいい作業着の店舗取り置きが可能です。ワークマン公式オンラインストア

 
 

ワークマンで登山用のウェア類を買うときの注意点

ワークマンで買い物するときの注意点はこちら

 
 

ワークマンの通販でしか買えないアイテムがある

ワークマンのアイテムは、

・お店にしかないアイテム
・オンラインでしかないアイテム

この2つがあります

お店にしかないアイテムのほうがたくさんあるので、いろいろ見たい場合はお店にいくのが一番

ただ、オンラインでしか販売していないアイテムも少数あります

新しいアイテムで多いので、オンラインで見てお店にいったらなかった・・・という失敗がないように、お店に行くときはよくチェックして行ってください

 
 

ワークマンは気に入ったらまとめ買いがおすすめ

それは、気に入った製品があった場合は、「まとめ買い」がおすすめということです

ワークマンの製品は、価格が安く設定されていることから、機能性はありますが、耐久性がやや弱い印象

そのため、持っているものがなくなったので、買いにいくと「売り切れ」がよくあります

店舗が大きいところはそれほど感じませんが、小さな店舗の場合、在庫を抱えない(かかえない)ように経営しているので、特に注意が必要

また、同じ製品を次の年には、「仕入れていない・・・」などということもしばしば

その場合はそれに近い製品を買うしかないですが、なんとなくイヤですよね

そうなってからでは遅いので、気に入ったら「即まとめ買い」をオススメします

 
 

ワークマンでは、最近アウトドアに特化した製品を多く扱うようになったので、とても助かっています

その反面、登山に使えることが広まり、関連する製品が品薄でちょっと複雑な気分

登山人口が増えているということで、よしとしますか・・・・

 
 

登山へ傾きすぎる「ワークマン」に言いたいこと

ワークマンブランドの登山ファッションが人気になってきていて、お店ではワーク系アイテムが減りトレッキング系ブランドが多くなりました

お店にいくとワーク系、トレッキング系が半分くらいずつになるほどトレッキングアイテムが多くなっています

でも機能性、ファッション性ではどうしてもほかのメーカーと戦うには部が悪いはずで、それに対してワークマンはコスパで戦っていくしかないですが・・・ただこれはかなり難しいと思っています

いまの登山メーカーでコスパ代表は「モンベル」「コロンビア」

同じように異色でコスパなハイキング路線には「ユニクロ」がいます

モンベル・コロンビアはワークマンより価格は安くはありませんが、ワークマンよりかなりファッショナブルで機能的です

ワークマンの機能性はコスパを維持した最小限の機能なので、それらには簡単に対抗できないと思います。(戦うためには価格を上げるしかないはず)

ハイキング的でフワっとした「中性的なオシャレウェア」が持ち味のユニクロは、オシャレに敏感な女性に人気が高く、そのコスパなファッション性でワークマンが戦うのも難しいところ。

ワークマンはあくまで「ワーク」主体のイメージが根強く、ユニクロのようなファッション性をイメージさせるには「ワークマン」という名称を変えるところから始めないとかなり難しいですね

ワークマンはそんな「コスパなアウトドアメーカー」と「ユニクロ」のはざまで「コスパ」を維持できるか・・・・

いまのところ「コスパ」だけがワークマンの最終兵器。でも登山・アウトドアというジャンルは価格もそうですが、機能も欠かせない世界です

ユニクロは機能が弱いと気づかれても、南谷真鈴さんとのコラボ以来、登山、トレッキングに本気で取り組むことが少なくなりそれほど問題ありません。でもワークマンはかなり本気でトレッキングに舵を切っているようにみえます

今のところ流行に乗って「ワークマンブランド」が上昇しています。でもどこかでユーザーに「張り子の虎」と気づかれてしまうはず。そしてそのときまでにワークマンは何かもう一つ武器を作っておきたいところ・・・・なんとか頑張ってほしいですね

  1. なぜレビューなのに~のようなという表現をなさるのですか?
    ガチ登山者、ワークマンの商品を買っている。にもかかわらず、「鉄板が入っているから重いと思われます」って登山の長時間トレッキングには向かないですよね?。

    キチンと商品を使用してレビューしてないのが分かりますわ。

    • コメントありがとうございます 
      安全靴で鉄板が入っているといっても、ここでは一般的な登山靴より軽かったりそれほど重くないものを紹介しています わかりやすいよう一部記事に追記しましたので、ご了承ください

トップへ戻る