テムレス 登山|雪山で防寒テムレスを使う方法・テムレス黒の紹介

防寒テムレスが1双登山 初心者 装備

テムレスで登山をしているボクが、雪山で防寒テムレスを使う方法やテムレス黒シリーズの紹介を書きました

登山やバイク、スキーに活躍している「防寒テムレス」は、安いのに透湿防水性があるグローブでとても優秀です
 
 

今回は、細菌の冬のアウトドアにはなくてはならない

「防寒テムレス」

という透湿防水のグローブを紹介します。


ショーワグローブ 【防寒手袋】No282防寒テムレス Lサイズ 1双

スポンサーリンク


 
 
少し前までは自分は予備グローブにゴアッテクスの1万円をこえる金額の手袋を使っていました。
 
 
アウトドアでは手先はとても重要で、
 
 

  1. 細かい作業ができること。(ロープを結ぶなど)
  2. 暖かく、汗で蒸れないというものが機能

 
 

という機能が特に重要です。

最近では手袋にまでレイヤリング(服や手袋を重ねて着たりつけることで機能を増幅させること)を取り入れて、その機能を増幅させようという企業もあるようです。

手袋の重ね着は上手にやらないと、きつくなってしまい、血行が悪くなることから、逆に冷えてしまうこともあるので注意が必要です。

お金がない方(自分は特にお金がありませんでした)はこれらの機能を考えてしまうと、どうしても金額が高いものになってしまいます。

▼関連記事

雪山登山の初心者装備16選|はじめての冬山装備[入門編]
冬山装備の15種類セレクト 装備の「感想」と「おすすめ理由」を書きました 冬のウェア・ギアは特に重要な装備で、漏れが無いように用意したいです 初心者にも手に入れることができるように、機能と価格を検討して、コスパを上げてみました 参考にしてください

 
 

[テムレス 登山]防寒テムレスを冬山のスペアグローブに

 

また、アウトドアの種類にもよりますが、スペアの手袋もほしい場合もあると思います。

スキーのときに後輩が手袋を風で飛ばしてしまったことがありました。その時は吹雪で、手袋のない状態で滑って戻ってしまうと100mも行かないうちに凍傷にかかってしまったことでしょう。

山でぬれて風にあたることはとても危険な行為なのです。

そのときは自分がスペアの手袋をもっていたのでなんとか戻ることができました。
 
 

テムレスを登山で使う|安いくて機能的、そして丈夫なグローブ

 

しかし金額が1万円をこえるような道具を二つも持つというのは金額的にとても勇気がいります。

自分もお金が全然ないころでしたので、穴が開いても自分で縫ったりして、試行錯誤をしながら大事に使っていました。

そんな時にホーボージュンさん(有名なアウトドアのライターさん)がツイッターで
 

「防寒テムレス」
 
 

というものを使っていると知りました。

その有名な方は雪上でテントを立てるときや、炊事をしたり作業をしたりするときに使用するということで、冬の遠征先ではかならず農作業用品売り場などで買っているということでした。

費用はサイズや売り場にもよりますが1対「1500円前後! うれしくて飛び上がってしまうような金額です。

自分も早速買っていろいろなアウトドアに試してみました。

この手袋は簡単に言うと、裏起毛になっているビニルの手袋です。
テムレス登山中の防寒テムレス 右手の画像

テムレス登山中の防寒テムレス 中の起毛の画像

 
 

通常のビニル手袋と違うのは透湿素材を使用しており、汗を発散させてくれるということで冬のアウトドアにはぴったり。

とがったものを扱ったり(釣り針など)、岩を登ったりすることに使用するのは難しいですが、それ以外のことにはたいてい使用できると思います。

ストックを持って冬山へハイキングに行くだけなら、自分は5年くらい使えました。 

そのあと自宅の雪かきをしているときに少し破れて交換をしましたが、コストパフォーマンスはかなり高いと思います。

また、この手袋はただのビニル手袋ですからとても軽いのです。

冬山のメインに使うにはちょっと寒いので、スペアなら荷物の軽減にもなるのでありかもしれません。

しかしデメリットもあります。

それはスキーや登山の手袋と比べるとただのビニル手袋なので丈夫さは欠けます。(それでも自分には十分でした)

またカラーも1色しかなく、それもショッキングブルーしかありません。そのためスキー場や人が多くいるところでは少し恥ずかしい思いをすることはあるかと思います。

あと厳冬期や風が強いとやっぱり寒いので注意です(ストックを持っているとより冷えます)

有名な方がツイッターで言っている割には現にこれを使っている人はいまだかつて1人(同じ仲間の1人です)にしか会ったことがないのはこのカラーに原因があるのかもしれません。

しかし、そのデメリットを帳消しにするくらいメリットは大きく、自分では手放せない逸品の一つになっています。

防寒テムレス(裏地にボア有り)
1双分↓(右と左セット)

 
 

↓こちらは防寒ボアがない 普通のテムレス 参考までに

 
 

[テムレス 登山]防寒テムレスに「黒」登場

こちらのサイトで紹介していますが、大手通販サイトでは販売されていないですが、防寒テムレスの「黒」が登場しました

まだまだ数が足りないのか、個別の自社サイトを持っているところだけ販売のようで、すでに品切れ状態のようです

見つけたら即買いですね

ちなみに色以外の機能は通常の「青」の防寒テムレスと一緒です

▼こちらのサイトでも販売しています

 
 

[テムレス 登山]防寒テムレスの改造しなくてもOK

いろいろなサイトで防寒テムレスの裾(すそ)の部分から雪や冷気が入ってくるので、閉じる改造をしているようですが、それはいらないです

テムレスを着用しているときは、防寒着を着ていることが多いので、そのボリュームでほぼこの裾の部分は塞がり(ふさがり)ます

また、雪が入ってくる場合がありますが、入り口部分くらいにしか入ってきません

裾を閉じることで、テムレスをはずしたり着用したりするスピードが少なくなってしまうことの方がデメリットだと思います

冬山では手袋を脱いではいけないと言われますが、初心者の人であれば、最初ははずすことが多いはず

自分は山スキーで転んだり、風が強いときでも雪の侵入あは(あまり)問題なかったので、面倒な改造はしなくてもいいとおもいます

それより、大きめのテムレスを選ぶことのほうがかなり重要です

寒いときは個人的に大きめのテムレスでインナーとホッカイロを入れて置かないと、散歩程度ならいいですが、登山はちょっと厳しいかもです

参考にしてください

▼関連記事

登山 グローブ 冬用[11選]スキー・スノボにも使える登山初心者おすすめ手袋
冬用グローブをランキングにしました おすすめのポイントも書きましたので、参考にしてください グローブは保温だけでなく、透湿防水も重要なポイント 価格も含めて比較しました
トップへ戻る