スポンサーリンク

【安達太良山】 登山|6月に山頂で「日の出」がおすすめ

篭山 安達太良山
スポンサーリンク

安達太良山での少し怖い体験|登山初心者に少しおすすめ

【2018年7月1日】更新 

安達太良山の6月ごろの登山記録を書きました

6月は山開きもひと段落になり、梅雨にも入るために人がやや少なくなります

この時期は意外に穴場で、東北本来の静かなトレッキングが満喫(まんきつ)できます

夏至(げし)も近いために、日が長くてかなり早立ち(朝早く出発すること)が可能です

気合をいれて日の出を登りながらみるようにすると、とても楽しい気分になると思います

 
 

スポンサーリンク

なぜ「安達太良山」に行くのか

(スポンサーリンク)

6月の安達太良山登山にいってきましたので、記録をつづってみます

この年は夜の安達太良も何回来たか、そろそろわからなくなるぐらい通いました

なぜ何回も来てしまうかというと、単純に「慣れ」ですね

「安達太良山」以外にも登山をする山は近くにあるのですが、何度も通ってしまうと、他のところに出かけるのが面倒(めんどう)になってしまうのです。

これはあまりいい傾向ではありません

その理由は緊張感がなく、油断していることにつながるからです

しかし、日々の生活や、仕事の影響からか、ほかの山に行くようなパワーが生まれてこないことは確かで、ダラダラと夜の安達太良山の計画書を作ってしまいます。

計画書も前の計画をそのままコピーすれば出来上がるのも、緊張感がなくて問題ですね

【単独ソロ登山】ソロで山に入るための知識

【単独ソロ登山】ソロで山に入るための知識を【ブログで紹介】
40代のソロ登山 最近は、登山での事故が多く、それがニュースになることも多いですね。 事故があった場合に、その対処が難しい「単独(ソロ)での登山」は、多くのサイトでもあまり推奨していません。 ソロの場合は登山の装備【続きをよむ】

 
 

「夜の安達太良山」の第一関門は「薄気味悪さ」

それはともかく、この日は安達太良山に行くと決めたので、とりあえず行くことにしました。

天気は今までの安達太良山行のなかでは一番穏やかでした。

しかし、穏やかとか、慣れてきて緊張感がないと言ってもそこは「夜の安達太良山」

怖くないはずはありません。

そうでなくても何度かここでは怖い思いをしました。

内容を細かく書いてしまうと、嫌な思い出を思い出してしまうので書きませんが、「危険」に部類するのもではなく、「薄気味悪い」に部類する内容とだけ書いておきます。

登山で幽霊に会わない方法

シークエンスはやとも さん【ポップな心霊論】より登山で幽霊に会わない方法
「シークエンスはやともさん」のポップな心霊論からブログでみる「登山の心霊体験」 【2018年9月18日】更新  【シークエンスはやとも】さんのコラム【ポップな心霊論】を参考に、登山で【幽霊に会【続きをよむ】

 
 

まずはいつも慣れない駐車場から。

安達太良山のスキー場からの出発は、なんだかいつも慣れません

ここが一番怖いんです

毎回、安達太良山の記事には書いていますが、風が強く、真っ暗でとても広いので、雨の日などは、ヘッドライトの明かりが端(はし)まで届きません

そのため、暗さに磨きがかかり、不安が大きくなります

毎度ですが、ここを突破するのがまず大事

素早く準備をすませ、出発の時間を記録したら、すぐ出発

今日は風がそれほど強くないので、静かで逆に怖いですね・・・

 
 

安達太良山で少し怖い話

本日は、かなり朝早く起きたので、日の出より早く山頂に行けそうです。

いつものように薬師岳までは一気に登ります。

どんなときでも五葉松平の下は風が強いのですが、今日は静か。

動物の足音が聞こえてきそうです。

こういう日は誰かに見られていることが多いです。

この日ではないですが、ヘッドランプに反射して、2つの目が、ズッーと後を追いかけていたこともあります。

たいていは、無視をしているとどこかにいなくなってしまいますが、気持ちのいいものではありません。

この日はそんな2つの目はいなかったですが、多分、分からなかっただけで、誰かは見ていたと思います。

薬師岳まで一気に登ると、まずは一段落

熊(クマ)に襲われない方法|秋田のスーパーK・福島のクマ被害

【クマの被害】と「熊の対策 熊スプレー」|秋田スーパーK・クマ食害
登山でクマ(熊)遭遇確率を減らす方法 【2018年10月26日】更新  登山の【クマ対策】をかきました  まずはこれに注意すれば登山でクマにあう確率はグンと減ると思いまス 人間もクマが怖【続きをよむ】

やや弱い風を受けて、小休憩をします。

さて、もうひとがんばりです。

今日の目標は日の出前に頂上に行くこと

時間的にそういう時間に出発したので、行けて当たり前ですが、やっぱり太陽に追いかけられていると言うのは焦り(あせり)ますね。

仙女平分岐

仙女平分岐

ここの辺りから、何となくケモノの匂いが気になってきたので、鈴を大きめにならしていきます。

ただの「ビビり」と言われるとそれまでですが、今回のように、いつもは気にならない場所も何となく怖いと思うことがあります。

そんなときは直感のままに、鈴を大きく鳴らしたり、ひとり言を大きめにしゃべったりして通過するようにしています。

何かいるなと思って通過すると、時々小さな小動物がいるときがあります。

ハッキリと姿をみたわけではないですが、テンかタヌキのようなものが、目の前を通りすぎることが多いですね。

ビックリするのはトリです。

なんの前触れ(まえぶれ)もなく飛び立たれると、心臓がギュッとなります。

こっちが不用意に近づいていくので、こっちが悪いのですが、あれは心臓に悪いですね。

この日はそんな遭遇もなく、あっけなく頂上に日の出前に着けたので、一安心。

安達太良山頂上のほこら

安達太良山山頂
安達太良山山頂

周りはまだ暗く、日の出方向に、薄くオレンジの横線が出てきたので、これから日の出のようです。

この日は時間もないことから、すぐ下山。

いつも時間をギリギリに設定してしまうのは、昔から悪い癖(くせ)だとわかっているのですが・・・・・。

 
 

安達太良山の目印 篭山(かごやま)

くだっていくと、左手に篭山(かごやま)が見えてきました。

中央の綺麗な三角錐の山が篭山

篭山

篭山

篭山は、地元の山岳会などのかたに言わせると、迷ったとき、その特長ある形が、「目印」になるということ。

濃霧や吹雪などで迷いそうになったときは、きれいなシンメトリーの三角錘を見ると自分の位置が確認しやすいらしいですね。

なるほど確かにどこの方位から見ても視認しやすい形です。

この日は朝モヤのなか、きれいな形を見せていました。

時間がないので、ぼやぼやしてないで戻ることにします。

ちなみに、いつもそうですが、行きは暗くて写真が撮れないので(撮っても自分の腕ではきれいに撮れない)帰りに沢山撮りました。

 
 

下山の写真

日の出

安達太良山登山道

安達太良山

薬師岳

最後に、そのうち行きたい、安達太良山のマイナー箇所の大徳望見晴台(1096.7m三角点付近)です。

真ん中の台地の部分の右端にが大徳望見晴台があります。

今年もあと何回来ることができるかわかりませんが、また、夜に来たいと思います。

以上です。

(スポンサーリンク)

 
 

おすすめ記事

【野地温泉】クチコミ第1位の実力|福島の温泉ホテル

野地温泉ホテル【ブログで感想】名物女将・ラーメン屋のランキング1位の実力
【2018年11月7日】更新  福島県「野地温泉ホテル」日帰りのおすすめを紹介します 野地温泉は珍しい硫黄温泉で、がっつり入りたい温泉好きには定評があります 近くには安達太良山や吾妻山があるので、登山の帰りにも日帰り温泉と【続きをよむ】

【レビュー版】安達太良山の温泉おすすめ|全国第3位 岳温泉「くろがね温泉」

安達太良山の岳温泉 日帰りおすすめ「くろがね温泉」ほか【3選】
安達太良山の温泉 単純酸性美肌の「岳温泉」はランキング第3位 アイキャッチ画像出典:旅と温泉の無料写真素材 おんふぉと 【2018年7月8日】更新  活火山の安達太良山の周辺には温泉「岳温泉」について書きました 【続きをよむ】

スポンサーリンク
関連コンテンツ
トップへ戻る