スポーツインナー[ユニクロ編]コスパなメンズ・レディース下着・アンダー

ユニクロの 「スポーツインナー」まとめ 

岳や本店キャラクター アイリスとPC

==▼ユニクロ「スポーツインナー」目次==

(▼ユニクロスポーツウェアおすすめ)

ユニクロスポーツおすすめ[ウェア10選]ジム服装レディースメンズコーデ

ユニクロ スポーツ[安いコーデの基本]
ユニクロ スポーツのトレーニングおすすめコーデを紹介 スポーツアイテムレビューからランニング・ジム・ヨガに適しているウェアをメンズ・レディースわけてかきました 参考にしてください

 
 

ユニクロの「スポーツ インナー」の選び方

ユニクロスポーツ用インナーは大きく「ドライEXシリーズ」「エアリズムシリーズ」があります

それ以外にもスポーツに使えるアイテムもありますが、メンズ・レディースとも軽くてドライが特長のこの2つからインナー・アンダーを選べば間違いないです

  1. エアリズム とは
  2. ドライEX とは

 
 

エアリズム とは

「エアリズム」とは、春夏向けの「軽くて」「肌触りがよく」「乾きやすい」インナーやトップス、ボトムスなどのシリーズ名です

特に決まった機能や素材を使っているわけではなく、各アイテムのイメージづくりとして使われているようです

例えば素材は「コットン」や「化繊」など種類は決まっていません。コットンを使っていても比較的乾きやすく作られていますが、大汗をかくようなアクティビティ(登山など)使いたいときは「コットンなどを避けるため、素材の確認は必須です」

すべてのエアリズムに共通していることは「空気のような肌触り」というコンセプトです

着心地の良さを選択したいときは「エアリズム」シリーズを選んで間違いないと思います

 
 

ドライEX とは

「ドライEX」とは各アイテムに付与されている「機能」のこと

「ドライEXシリーズ」として親しまれています

機能の内容は「吸汗速乾」

エアリズムにも速乾性があるアイテムはありますが、「吸汗発散」機能はドライEXの方がとても高いです

インナーというより「Tシャツ」や「スポーツ系短パン」でよく使われています

厚めに作ることもできるので、少し厚手のパーカーやパンツにも使われています

エアリズムは普段使いやヨガなど汗をあまりかかないシーンに合いますが、ドライEXは汗を大量にかくようなスポーツに向いています

 
 

ユニクロのスポーツインナー レディース編

ユニクロ スポーツ インナーをイメージする強い女性

  1. ユニクロの「スポーツブラ」まとめ
  2. 胸が揺れないブラ「アクティブレーサーバック」
  3. スポーツ用「中学生・高校生」のユニクロ ブラ
  4. カップ付き スポーツインナー ユニクロ編
  5. 「透けないインナー」ユニクロスポーツタイプ
  6. 水着用のユニクロインナー

 
 

ユニクロの「スポーツブラ」まとめ

ユニクロのスポーツブラから胸のサポート力が高い「アクティブレーサーバック」と、中高生のためのスポーツ用「ファーストブラ」を紹介

(▼ワイヤレスブラを上手に着こなすとこんな感じに・・・)

 
 

胸が揺れないブラ「アクティブレーサーバック」

ユニクロのスポーツブラ史上、一番ガッチリフィットで揺らさないブラが「アクティブレーサーバック」

(▼アクティブレーサーバック)
ワイヤレスブラ アクティブ レーサーバック
(https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E438972-000/01)

あまりのフィットのチカラに「小さすぎ」「脱げない」と言われているくらいのサポート力

サポートのチカラには定評があるので、「揺らしたくない」人のための強い味方です

 
 

スポーツ用「中学生・高校生」のユニクロ ブラ

中高生女子のためのスポーツブラ

GIRLS エアリズムファーストブラ

エアリズムでサラサラ。かつしっかりサポートの「ファースト ブラ」です

サポートしっかりですが、締め付け感がなく肌にもやさしいと評判が高いです

 
 

カップ付き スポーツインナー ユニクロ編

スポーツタイプのブラトップなら「エアリズムブラタンクトップ」がアクティブな動きにも対応できるブラトップ

(▼エアリズムブラタンクトップ)
エアリズムブラタンクトップ
(https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E445259-000/00)

公式の口コミでも

ハードに動いてもずれる事なく汗も吸収速乾で楽です。
しっかりホールドしつつも締め付け感なく・・

などブラトップの中でもフィット感の満足度が高いのが特長

 
 

「透けないインナー」ユニクロスポーツタイプ

ユニクロの透けないインナーは「ベージュ系インナー」です

(▼ベージュのエアリズムタンクトップ)
透けて見えないベージュ系のエアリズムタンクトップを着る女性の後ろ姿
(https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E445227-000/00)

ユニクロのアイテムは去年ベージュ系があっても今年なくなってるということがあるので、ほしいアイテムが見つかったら「まとめ買い」がおすすめです(同じ名前でも仕様がコロコロ変わるのはなんとかしてほしい・・・・)

ユニクロの公式「ベージュ系のインナー」はこちらから>>

 
 

水着用のユニクロインナー

女性用のスイムショーツがこれ

(▼シームレススイムショーツ)
シームレススイムショーツ
(https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E423518-000/00)

口コミでは「良い」という人と「良くない」という人が半分半分くらい

着心地はとても良いけど、透けそう・・・・ということみたいです

悩みどころです

 
 

ユニクロのスポーツインナー メンズ編

男性の短距離ランのイメージ

  1. 涼しいユニクロ「エアリズム」インナー
  2. コンプレッション インナー ユニクロ
  3. コンプレッションタイツのサイズ感

 
 

涼しいユニクロ「エアリズム」インナー

ユニクロの涼しい インナー 「エアリズムコットンクルーネックT(半袖)」

(▼コットンの化繊が混ざっているハイブリッドタイプ)
エアリズムコットンクルーネックT(半袖)
(https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E423527-000/00)

コットンを多めに使っていますが、「エアリズムシリーズ」ということで、速乾性も高いです

(▼涼しいステテコもエアリズムシリーズになりました)
エアリズムステテコ(前開き)
(https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E453721-000/00)

夏の定番ステテコです

涼しさを満喫したいときのアイテムですね

 
 

コンプレッション インナー ユニクロ

ユニクロのコンプレッションインナーと言えば、「エアリズムパフォーマンスサポートタイツ」

サポートタイツはいろいろ持っていて試していますが、ジョギングやヨガならば、、「ユニクロ」のサポートタイツが「コスパ」が良くておすすめ

(▽エアリズムパフォーマンスサポートタイツ)

ユニクロ スポーツ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ  レディース

(出典:ユニクロ公式)
 
 
有名なサポートタイツは「スキンズ」や「CW-X」といろいろありますが、最高級フラッグシップのタイツはサポートのチカラが強く、ウォーキング程度ではオーバースペックでコスパがいいとは言えません

その点「ユニクロ スポーツ サポートタイツ」は、締め付けに慣れていない人でもストレスが少なく、ちょっとしたジョギングやジムで使うにはとてもおすすめ

特にヒザや腿(もも)の筋肉を使うようなスポーツにはおすすめです

口コミでは「縫い目」がやや気になるということですが、ボクはそれほど気になりませんでした

確かにシームレス加工がされていないので、縫い目が肌にさわりますので、肌が弱い人や敏感な人は注意が必要かもしれません

 
▽オンラインストアはこちら
ユニクロ公式 タイツ・レギンス ≫

コンプレッションタイツのサイズ感

ユニクロ スポーツ タイツのサイズは、ほぼサイズ表のイメージどおりです

ユニクロスポーツ タイツのサイズ感がわかる女性の後ろ姿

口コミを見てもサイズで苦労した書き込みはほとんど無く、使い方も特殊なやり方は必要ではないですね

逆に「キツいのが好き」みたいな人には、ちょっと物足りないかもしれません

▽こちらで詳しくサポートタイツについて書いていますので参考にどうぞ
ユニクロ スポーツタイツ【使用感】コスパなエアリズムパフォーマンスサポートタイツ+6選 ≫

ユニクロ スポーツ タイツでランニング6選|レディース・メンズのトレーニングタイツ
ユニクロのサポートレギンスのレビューを書いてみました コスパがとても優れていて、トレッキング、ハイキング初心者に最適です サポート力も、有名メーカーの高価なタイツほどではないですが、十分期待できます

 
 

スキー・スノボのユニクロインナー

ゲレンデのスキースノボのときのユニクロインナーは「ヒートテック」でオケ

スノーボードをする男性

汗冷えが心配でも、ウール素材と一緒で、ヒートテックの上をしっかり暖かくしておけば(直接風が当たらないようにするなど)汗冷えはかなり少なくできるし、ゲレンデを登ったりしなければ、それほど大汗をかかないので問題ないです(ボクはゲレンデはヒートテックです)

どうしても汗冷えが気になるなら、上半身は化繊のインナーで、タイツだけをヒートテックにすると良いですね

足はそれほど汗をかかないのでヒートテックもおすすめ

  1. 「極暖」ヒートテックエクストラウォームクルーネックT
  2. 「超極暖」スポーツに使える「ヒートテックウルトラウォームレギンス」

「極暖」ヒートテックエクストラウォームクルーネックT

ユニクロの極暖はスポーツでも使える良品

このシリーズは通常のヒートテックよりも公式発表1.5倍暖かいシリーズです

ユニクロ スポーツ  ヒートテックエクストラウォームクルーネックT(長袖・極暖) レディース

(ユニクロ公式:https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/408240)

真夏に外で使うのは難しいですが、寒い時期や、夏でも室内のエアコンの「冷え対策」にも最適です(夏でも販売しているのがそのいい証拠です)

1枚で寒いときは使い方を工夫していて「2枚着てもOK」

あまりカラダを動かさないスポーツ観戦におすすめですが、これに風を止めるウェアを着れば、軽い運動も汗冷えしないのでおすすめです

 
▽オンラインストアはこちら
ユニクロ公式 極暖ヒートテック ≫
 
 

「超極暖」スポーツに使える「ヒートテックウルトラウォームレギンス」

ユニクロの超極暖はスポーツに使えるのか使えないのか?

結論から言うと、通常のヒートテックと比べると思ったより乾きが早く、寒い時期の動きの激しい動きに使えるタイツみたいです

ユニクロスポーツ ヒートテックウルトラウォームレギンス(10分丈・超極暖)レディース
(出典:ユニクロ公式)

ヒートテックの場合、製品のほとんどは「レーヨン素材(吸水発熱の秘密)」を使っているので、大汗をかいてしまうと、乾くまでやや時間がかかる場合がありました

それが「ヒートテックウルトラウォームレギンス」は洗濯してから1日かからず乾いたので、ちょっとおどろきました

理由は速乾の「ポリエステル」「アクリル」素材の割合が、他のヒートテックより大きいためだと思われます

今までの厚手ヒートテックは、完全に乾くのは1日以上かかったと思ったのでで、かなりうれしいですね

この生地の厚さは極寒の屋外では物足りないと思う人もいるかもしれませんが、ボクはスポーツで使うには、ちょうどいいと思いました

あまり厚すぎても動きの邪魔になるし、薄すぎても「超極暖」の意味がなくなってしまいます

使ってみないとわからないかもしれませんが、自分の使うイメージがある程度持つことができると、買って失敗は少し減らせると考えます

 
▽オンラインストアはこちら
ユニクロ公式 超極暖 ≫

 
 

ゴルフ インナー ユニクロ

ゴルフのインナーにおすすめは「エアリズム」

ゴルフ グリーンで芝を読む男性と女性

肌触りがよく、つっぱりなどの動きに対するストレスが少ないのでおすすめです

 
 

エアリズムVネックT(半袖)

男性のオススメゴルフインナーは見た目スッキリの「エアリズムVネックT」

スタイリッシュでサラッとした感覚が「ゴルフ」のイメージにぴったり・・・のような気がします

エアリズムVネックT(半袖)
(https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E434163-000/00)

  1. エアリズムVネックT(半袖)
  2. エアリズムタンクトップ

 
 

エアリズムタンクトップ

肌触りがよくて着心地が良い「エアリズムタンクトップ」はシンプルでとてもおしゃれ

そして、選べるカラーも多く値段も手頃、そして空気のような肌触りが特徴的です

そのため、ユニクロスポーツタンクトップはいろいろなアクティビティでストレスなく使うことができます

(▽ユニクロ エアリズムタンクトップ)
ユニクロスポーツ エアリズムタンクトップ レディース
(出典:ユニクロ公式)

肌触りが特に優秀です

化繊ですが吸い付くような着心地で軽さとしなやかさがちょうど良い感じ

洗濯を繰り返すと、最初にあったドレープ感がやや少なくなりますが、それでもほかの人が気づくほどではないと思います

 
▽オンラインストアはこちら
ユニクロ公式 タンクトップ ≫
 
 

▽関連記事
ユニクロ スポーツ タンクトップ[ジム・ヨガ・ジョギングウェア]おすすめはこちら

ユニクロ スポーツタンクトップ[ジム・ヨガ・ランニングウェア]に最適|レディース・メンズおすすめ
ユニクロ スポーツ タンクトップを紹介 アクティブウェアとして、ジムの服装・ランニングにおすすめ ヨガウェア としてホットヨガに使う人もいます

トップへ戻る