登山に【ヤマテン】感想と使い方5選を紹介!山の天気予報特化の理由

ヤマテン おすすめポイント 晴天と芝 登山の遭難対策・天気
スポンサーリンク

【無料・有料】でヤマテンを使う方法|スマホでリアルタイムに予報をキャッチ|登山に必須

【2018年7月30日】更新 

山の天気予報ヤマテンの【使い方】と【おすすめポイント】を紹介します 

ほかの天気予報と違うのは、その名のとおり「山」に特化した天気を提供すること これが全てです 

実績は十分 

エベレストでほかの部隊が当てられなかった天気をピタリと当ててピークハント成功に導いたこともあります 

【無料】で使える範囲と有料で利用できる範囲があるので、ぜひつかってみてください

 
 
山の天気「ヤマテン」

出典:ヤマテン
 
 

ヤマテンは、山岳の天気に特化した「有料」の天気予報のサイトのことです

以前は一部無料でしたが、悪用するかたがいたらしく、現在、重要な予報などは、ほぼ有料になっています

登山をする上で、天気の確認は特に重要

そんなことから、自分は天気の情報は複数の情報を見て判断しています

その中、「ヤマテン」は特に優秀な天気予報です

きめが細かいので、気になるところに手が届く、山に特化したサービス

自分が一番オススメは、「登山初心者の人」に使ってほしいです

山域の予報の正確さはもちろんすばらしいですが、週末や行楽シーズンにメールで送られてくる山情報は、信頼があって、見てるだけで楽しいです

また、情報の信頼度からみると、価格が安い

この価格で、「命」や「楽しさ」を買うと考えれば、破格の値段です

 
 

そんな「ヤマテン」から、今回は「無料で使える範囲」と、「有料コンテンツ」を解説します

 
 

 
 

スポンサーリンク

【無料】でヤマテンを利用する方法

先ほども書きましたが、以前は代表的な山は無料で見ることができていましたが現在は見ることができません

 
 

残念ですね

 
 

現在、無料で利用できる範囲は少ないですが、それでも役立つにコンテンツは盛りだくさんです

下記をごらんください

 
 

「ツイッターTwitter」「ヤマテン」のアカウント

ヤマテンTwitter 天気概況

出典:ヤマテン
 
 

こちらは「ヤマテン」からリンクできるTwitterの「気象予報士」のコメントです

天気概況(@yamatenwcn)さん | Twitter
天気概況 (@yamatenwcn)さんの最新ツイート 天気図や気象画像の概況です。 東京

「ツイッターTwitter」をやっているのであれば、フォローしておくととてもためになります

ほぼ毎日全国の天気概況をツイートしてくれます

 
 

また、「みんなの情報~山ツイッター~」として、「ツイッターTwitter」情報のまとめをしています

こちらは、実際の「ヤマテン」の情報ではないので、参考にはできますが、真贋(しんがん)はさだかではありませんので、注意が必要です

「ヤマテン」山ツイッターはこちらをクリック

ヤマテン山の天気予報
ヤマテンが提供する山の天気予報です

 
 

▼こちらは、ヤマテンの会社から、えんえんと「八ヶ岳」方面の画像を流すツイッター
ヤマテン Twitterボット
 

出典:ヤマテン
 
 

八ヶ岳の映像だけですが、いろいろな表情があって、意外にヒマなときに見ているとけっこう楽しいですよ

「ヤマテン」ヤマテンbotはこちらをクリック

ヤマテンbot(@yamatenbot)さん | Twitter
ヤマテンbot (@yamatenbot)さんの最新ツイート ヤマテン事務所から望む八ヶ岳の眺望を定期自動ツィートします。 長野 茅野市

 
 

gooブログ「山の天気予報」

ヤマテン gooブログ

出典:ヤマテン
 
 

こちらは、天気予報ではなく、山の天気を「予測するための方法」が詳しく「講座」としてのっています

また、山の写真投稿もしているため、こちらも見ていてあきません

個人的に以前気象予報士の勉強をしたことがあって、そのちょっとだけ知識のある自分から見ると、かなり専門的で、ためになる内容に見えます(勉強しただけで、資格はもってません)

また、講座の「机上講習動画」の販売もしているようです

ただ、専門的といっても、かなりかみくだいて説明しているので、初心者でも安心してみることができます(一部マニアックな内容もあります(^^)/)

gooブログの「ヤマテン」山の天気予報はこちらをクリック

2018年1月のブログ記事一覧-山の天気予報
2018年1月のブログ記事一覧です。ヤマテンからのお知らせや写真投稿などを行います。【山の天気予報】

 
 

有料でヤマテンを利用する方法

「ヤマテン」が始まったときには、無料登録をして使わせていただいていました

それから比べると、現在の有料登録での内容は、当然ですが、以前から比べるとかなりの充実ぶり

そして、ちょっとずつコンテンツも充実してきて、現在に至っています

 
 

有料のヤマテン会員登録はこちらをクリック

山の天気予報

 
 

山域の選択

ヤマテン 山域の選択

出典:ヤマテン
 
 

有料ページで一番上に位置しているのが、この「山域の選択」というコンテンツです

こちらでは代表的な全国18の山域と59の山の天気予報が選択できます

ここからは「飯豊山」周辺を例にしてみてみます

 
 

気象レーダー・大荒れ情報

ヤマテン レーダー 

出典:ヤマテン
 
 

周辺の雨雲などを気象レーダー画面から確認できます

5分ごとに更新で、きめこまかい情報が取得可能で、みるだけで直観的に雨の状況がわかります

 
 

天気予報コメント

天気予報士のくわしいコメントが書いてあります

おおよその天気概況から、具体的に、山でどのようなことに警戒したほうがいいのかかいてあります

例えば、(雪庇(せっぴ)のふみぬき、道迷い、落雷など、そのときの天気の状況で、くわしく注意書きがかいてあります

また、天気の概況については、翌日までの概況が書いてありますが、大型連休の場合は少し長めにかいてあることもあります

 
 

時系列天気(山の山頂)

ヤマテン 時系列の天気

出典:ヤマテン
 
 

時系列の代表的な山の山頂の天気がイラストでわかりやすく書いてあります

これを見ると一目瞭然(いちもくりょうぜん)ですね

 
 

ライブカメラ

現地に常駐している山小屋などから、ライブがある場合があります

「百聞は一見にしかず」で、それをみると雰囲気はバッチリです

 
 

山域の山岳気象情報

例えば飯豊山の地域であれば、「飯豊・朝日山域」がそれにあたります

また、

 
 

代表地点(飯豊山)以外の天気、風速、気温の予想値は、代表地点と異なる予報手段を取っているため、精度が低下することがあります。このため、コメントや代表地点(飯豊山)の天気予報も併せてご確認ください。

出典:ヤマテン

 
 

とかいてあるとおり、ほかの情報とあわせてみると、より精度が増しますので、参考にしてみてください

 
 

「~山」に関するつぶやき

「ツイッター Twitter」のまとめの欄(らん)です

 
 

Twitterの情報を集約しています。本サイトはつぶやきの内容に一切の責任を負いません。

出典:ヤマテン

 
 

ここにかかれているとおり、あくまで参考程度にしてください

 
 

ヤマレコ山行記録

この山に対する最新の「ヤマレコ情報」がのっています

ヤマレコとは、「山に登るすべての方を対象にしたコミュニティサイト」で、いろいろなかたの山行記録がのっていて、とてもためになります

実際最近行った方の記録がのっていますが、あくまで、一個人の主観ですので、参考までにするといいと思いまス

ヤマレコのサイトはこちらをクリック

ヤマレコ - 登山やハイキング、クライミングなどの記録を共有できる、登山の総合コミュニティサイト
ヤマレコは、登山、ハイキングなど、山に関わる全ての方を対象にしたコミュニティサイトです。 写真、GPSログと同期したルート図、標高グラフなどを投稿できる登山の計画や山行記録(登山記録)を中心に、日記や掲示板などの機能も豊富に揃っています。

 
 

天気予報を発表していない山域の利用方法|例えば安達太良山の場合

ヤマテン 気象予報を発表していない山域

出典:ヤマテン
 
 

現在、直接詳細な予報をしているところは限られています

ですが、それ以外の天気についても、限定的ではありますが、利用方法を提案しているコンテンツがあります

それが、「天気予報を発表していない山域のご利用方法」というコンテンツです

例えば個人的に大好きな山域「安達太良山」の場合、くわしくは書けませんが、

 
 

  1. 「○○山の風速・気温を参考にするとよい」
  2. 「○○向きの風のときは○○山より風が○○になることが多い」
  3. 「逆に○○向きの風のときは風が強くなる傾向がある」
  4. 「○○が通過するときは、○○の山域の予報を参考にしたほうがいい」

 
 

などと、その条件によって、事細かに書いてあります

また、特に「安達太良山」に対する注意が必要なときは、近くの山域の予報のときに、「安達太良山」のコメントを入れてくれるようです

いたれりつくせりです

 
 

この参考の天気の考え方をみるだけでも、有料会員になる価値は十分あると思いまス

 
 

高層天気図(少し専門的)

このコンテンツまでくると、少し専門的になります

ですが、高層天気図は、山の頂上付近の風や気温を知る場合に、とても参考になるので、見ておいて損はないと思います

見方は、気圧が中心の天気図なので、初心者にはとても見づらいです

気象庁の高層天気図は高度も書いてありますが、「ヤマテン」の高層天気図には高度が書いてありません

気象庁 | 高層天気図
数値予報の計算結果から自動作成した高層天気図を掲載したページです。/>

あくまで参考ですが、「ヤマテン」の高層天気図の見方は下記を参考してみてください

 
 

  • 地上 →低山や都市部の気圧や雨の状況
  • 850hPa→1000mから1500mくらいの気温や風
  • 700hPa→2500m~3000mくらいの気温や風
  • 500hPa→高度5000m~6000mくらいの気温や風

※「hPa」は気圧の単位で「ヘクトパスカル」といいます

 
 

細かい数値は追い出すときりがないので、このくらいを頭に入れておくとわかりやすいと思います

自分の行く山の高度を確認して低山であれば「地上」と「850hPa」の天気図を参考にして、2500m以上の高山を考えるのであれば「700hPa」の天気図を参考にしてみると、おもしろいとおもいます

そしてそれらは、「500hPa」の環境から影響を深くうけているので、階層的(3D的に)見てみると天気がもっと身近に感じると思います

 
 

ヤマテンのアプリについて

2018年現在、まだヤマテンのアプリケーションバージョンはまだのようです

提供しているコンテンツがシンプルなために、アプリの開発までにいってないようです

それでもほかの天気予報会社は、それぞれのアプリを作っているようなので、シンプルで使い勝手がいいアプリを「ヤマテン」にも期待したいです

現在はメールで週末の天気を確認、そして、そのほかのコンテンツをブックマークしたインターネットで確認しています

これが、一つのアプリでできればとてもラクチンなのですが・・・・

よろしくお願いいたしますm(_ _)m

 
 

今後「ヤマテン」に期待したいこと・社長の猪熊隆之さんについて

300円程度/月で全国の山に特化した予報がみることができるこのサービス

登山をやるひとにとっては、かなりお得なサービスだと思います

 
 


それはなぜか

 
 
それは命を買うことができるからです

自分たちは遊びとして登山をやっていますが、毎日その山に登ったり、そのような環境にいるわけではないので、自分達が、その山の情報を知るためにはそれなりの経験や、地元の詳細な情報が必要です

特に高所の場合はちょっとした環境の変化から、簡単に人間が死んでしまう環境になってしまいます

特に天気は重要な項目のひとつ

これを月300円程度で買えるのであれば、安い買い物だと自分は思います

実績もありますし、何より山に特化した情報がありがたい

 
 

近傍(きんぼう)の実績の一部は下記のとおりです

【2017年】
日本テレビ「世界の果てまでイッテQ」モンテローザ登山隊
片山貴信アコンカグア登山隊
アドベンチャーガイズ・アマダブラム登山隊
早稲田大学ラジョダダ登山隊
三浦豪太デナリ遠征隊
松平盛亮レーニン登山隊
ICI石井スポーツ 荒川代表取締役 エベレスト登山隊
アドベンチャーガイズ・エベレスト&ローツェ登山隊
NHKドキュメンタリーBS1スペシャル「デナリ大滑降~究極の山岳スキー~」(佐々木大輔氏)
栗城史多エベレスト登山隊

出典:ヤマテン

今後はより精度を上げるような(例えば、山頂にアメダスのような機器を設置するとか)などをしていってほしいです

 
 

また、個人的にですが、社長の猪熊さんは、実は10年近く前から一方的に知っていました

ちょうど「ヤマテン」が設立するちょっと前だったと思います

すでに猪熊さんは気象予報士として立場を確立していましたが、自分が驚いたのは、そのプロフィールで、
 
 

「山が大好きなのに、山に登ることができない予報士」

 
 
という衝撃的な内容でした

若いときのケガがもとで、登山家なのに、山に登ると病気が再発してしまうということでした

自分がもしそのような環境にあったときは、山に関することにたずさわるのは、とても苦痛だと思います

しかし、それをはねかえして、山岳の気象専門の「ヤマテン」を立ち上げます

自分はその不屈の精神に感銘を受けて、猪熊さんのニュースなどを見させていただき、いまに至ります

 
 

これからもがんばってほしいと思いますし、今後、もしかして医療が進んだら、猪熊さんも山に登れるのでは・・・と思ってしまいます

がんばってほしいと思います

参考:読売新聞

※2018年7月30日現在 猪熊社長から2017年に病気は寛解(かんかい)したというコメントをいただきました 現在は元気に山に登れる体になったそうです おめでとうございます!

 
 

有料のヤマテン会員登録はこちらをクリックください

 
 

(以下、猪熊さんの著書を紹介します)

 

 

 

 
 

登山天気に関する記事

>> 【登山の天気予報】「5選+1」おすすめ予報サイト
アイリス画像 横向き

【無料】登山の天気予報【6選】おすすめ予報サイト|山の天気をほぼ網羅できる!
【2019年2月6日】更新 おすすめ登山の天気予報を紹介します  一番使っているのが、「猪熊さん」のところの【ヤマテン】 次に【てんきとくらす】【アメダス】と続きます 山の天気を調べることは、登山にとって最重要項目のひとつで、生命に直結する情報です 参考にしてください
スポンサーリンク
登山の遭難対策・天気
シェア、おねがいいたします
スポンサーリンク
スポンサーリンク
登山初心者ブログ 岳や本店

  1. ヤマテンの猪熊です。山の天気予報の利用方法をこんなに分かりやすく書いていただき、本当に嬉しく思います。心より感謝申し上げます。また、私の体のことをお気遣いいただき、重ねてお礼申し上げます。幸い、私は2009年に世界的な名医と巡り合い、難しい手術を何度かおこなった結果、昨年、寛解(かんかい)になりました。昔のようなクライミングはしておりませんが、今は山で天気を学ぶツアーなどを実施しており、元気に山を歩いていますし、マラソンにも挑戦しています!今後も登山者のために役立つ情報を発信していきたいと思いますので、何卒よろしくお願いいたします。

    • ・・・猪熊さんからコメントいただくと思いませんでした
      うれしくて涙がとまりません(T_T)/~~~

      また、お体も寛解(かんかい)したというお話も朗報!!
      併せてうれしいです
      山に登れないのに山に関わるヤマテンの仕事をし続けるのは、「鉄の精神」が必要だったと思います
      猪熊さんほどではないですが、自分もそんな状況なのでちょっとだけわかります

      今後も「ヤマテン」がんばってください
      本当にうれしいコメントありがとうございましたm(__)m

  2. お世話になっております。ヤマテンの猪熊です。ご相談があります。弊社の社員が作らなければならないような、素晴らしいヤマテンの利用方法についてご紹介いただき、まことにありがとうございます。ぜひ、会員の皆様にもご利用いただきたいので、URLなどリンクさせていただいたり、SNSで告知させていただくことは可能でしょうか?

    8月に入ってから難しい予報が続きましたが、しっかりと検証し、今後に生かしていきたいと思います。ご検討の程、よろしくお願いいたします。

    猪熊

    • ご連絡ありがとうございます

      猪熊様の提案は大変ありがたいお話で、こちらこそよろしくお願いいたします

      今後もできる限り最新の情報を更新していきたいと思いますが、更新が滞って(とどこおって)いるような場合にはご一報いただくと助かります

      ご提案ありがとうございましたm(__)m

  3. いつもお世話になっております。
    返信遅くなりまして申し訳ございません。
    SNSで紹介させていただきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

    猪熊

    • わざわざお返事ありがとうございました
      よろしくお願いいたしますm(_ _)m

スポンサーリンク
トップへ戻る