【ヒアリ】特徴と見分け方|登山でも虫対策!兵庫・東京・茨城でも発見

ヒアリ 登山の動物・昆虫
スポンサーリンク

ヒアリ対策アイテムを考える

 
 

【2018年7月2日】更新 

2017年から「ヒアリ」のニュースが世間を騒がせているようです。

自分で忘れないためにも、わかりやすくまとめてみました。
 
 

ヒアリはまだまだ入ってきたばかりで、国が確認している限りは、定着をしているわけではありません。

(世界のヒアリ分布)
ヒアリの分布

出典:環境省

しかし、ヒアリの繁殖力はかなり高く、子供がいる身としてはとても心配ですね。
 
 

スポンサーリンク

ヒアリ(火蟻)の生態と見分け方

「ヒアリ」とは、「火蟻」と書いて、毒を持つアメリカ原産の外来種のアリ。
 
 

こちらは、環境省がヒアリ発見時に報道した資料。

ヒアリ

出典:環境省ウェブ( ヒアリ(Solenopsis invicta)の国内初確認について )
 
 

毒性が強く、まだ日本では野生化しているという報告はありませんが、世界では広がりつつある種で、今問題なのは、なんといっても今年になって6回連続で海外からの荷物などで、見つかっているということです。

小さな生物ですから、このほかにも、多分見つけてないだけで、日本には野生化したヒアリがすでにいるような気がします。
(オンラインでは、自分の庭にいるという記事もありました)

ヒアリは亜熱帯の気候を好むようなので、登山の対象となる山は標高が高く寒冷であることが多いので、そんなに心配することはないと思いますが、このアリの毒性を考えると、安心はしていられません。

福島も、最近では、亜熱帯になったのでは?・・・と思われるような気候のところもあるので心配です。

そして、今後低山や野山などでは、ツツガムシと同様に、怖い虫の代表となってしまう日も遠くないような気がします。

(ヒアリの特長・見分け方)
ヒアリの特長

出典:環境省

ヒアリの見分け方

出典:環境省
 
 

ヒアリ対策|子供が心配

大人は知識をさえ蓄えれば(たくわえれば)ある程度防げますが、
 
 

問題は子供ですね。

 
 

自分も子供のころ、スズメバチの巣にエアガンの弾(たま)を打ち込んで、蜂に刺されたことがあります。

このときは、かなり長距離から狙ったつもりですが、ハチに見つかってしまって、背中を刺されました。

また、蛇などについてもおもしろがって、尻尾をつかんで回したりすることがありました。

今考えると自業自得ですが、子供を持つ身になると心配でなりません。

子供は、刺されたり、かみつかれたりしないと、怖さがわからない場合が多いですよね。

また、子供は、危ないからと言っても遠ざかるわけではなく、むしろ近付いていくのが世の常です。

好奇心が豊富なのでしょうがないですが、そのため親の注意が必要です。
 
 

ヒアリはどこで発見されたか

まず、国から情報を整理してみます。

2017年中ごろにヒアリが発見された場所を確認です。

確認地点確認日頭数
兵庫県尼崎市2017/6/9500匹以上
兵庫県神戸市2017/6/18100匹以上
愛知県弥富市2017/6/307匹
大阪府大阪市2017/7/350匹
東京都品川区2017/7/3200匹以上
愛知県飛島村2017/7/1017匹程度
神奈川県横浜市2017/7/14700匹以上
茨城県常陸太田市2017/7/1624匹

出典:首相官邸ホームページ
( ヒアリの対応について )
 
 

ということで、北海道・東北・九州を除くところで見つかっているようです。

確認の日付が固まっているのは、この時期に集中して見つけるようにしているので、ここに発見日が固まっていると考えられます。

あくまで集中して探したところ、これらが見つかっただけで、いままでも中国などから入ってきていているような気がします。

個人的には、広がりはまだ確認されていないようですが、一部はすでに日本に定着しつつあると思っています。
 
 

こちらの日経新聞によると、大阪港での発見時には、「女王アリ」がいたそうです。

出典:日経新聞
( https://www.nikkei.com/article/DGXLZO18446580U7A700C1CR0000/ )
 
 

ヒアリに刺されると・・

ヒアリはアリ塚を作ります。

日本には、アリ塚を作るアリはいないので、アリ塚があれば、ヒアリを疑うことができます。
 
 

(アリ塚)
ヒアリ アリ塚

出典:環境省
 
 

ヒアリに刺されると、死ぬことはないようですが、まれにアナフィラキシーショックで、死亡する方がいるそうです。

そこから考えると、危険の度合いはスズメバチと同じくらいのようですね
 
 

とりあえず、アリに刺された後、息苦しくなって腹痛嘔吐があればアナフィラキシーですので、そのときは、即病院です。

出典:日経メディカル
日経メディカル 「ヒアリハット!とか言ってる場合ではない!」
 
 

ヒアリは、アレルギーになる毒素が4つ持っていて、初めてヒアリに刺されたときでも、他の色々な毒と共通するところがあるため、アナフィラキシーになる場合があります。

例えば、スズメバチにすでに刺されていて、その後ヒアリに初めて刺された場合などでも、アナフィラキシーになることがあるということです。
 
 

そして、ヒアリは、1匹が何回も刺します。

アリですから、それが1匹だけじゃなく、たくさんのアリが何回も刺すので、大変なことになるということ。
 
 

刺されると、お灸をすえられた熱さのような痛みがあります。
ハチみたいに大きく腫れることはなく、刺された部分に水ぶくれができて膿みが溜まり、その周りが少し赤く腫れます。
ただ、たいがい複数の個体が体に登っていて、一匹が何回も刺します。
すると他の個体も興奮して刺すようです。
痛みはその日のうちに収まりますが、水ぶくれの痒さは普通、1週間から場合によって長く続きます。
そして傷がなかなか治らない。

出典:ホウドウキョク
 
 

・・・こわいですね。
 
 

参考:ホウドウキョク
https://www.houdoukyoku.jp/posts/14941
 
 

ヒアリに刺されたら・・

 
 

  • まず20~30分安静にすること
  • 容体が急変したらすぐ病院

 
 

これが基本です。
 
 

症状

軽度:刺された部位の痛みやかゆみ

  • 激しい痛み
  • かゆみ
  • 10時間立つと膿(うみ)ができる
  • 中度:じんましん

  • 数分から風十分で部分的か全身に発心(じんましん)がでる
  • 重度:呼吸困難、血圧低下、意識障害

  • 息苦しさ
  • 動悸(どうき)
  • めまい
  • 意識を失う
  •  
     

    対策

    まず重度の場合は即病院。
     
     

    そして、症状が軽~中度の症状の場合は抗ヒスタミンの内服が有効。

    (スポンサーリンク)
     
     

    また、広範囲に刺されていない場合はこちらもいいと思います。

    (スポンサーリンク)
     
     

    かゆみにはこれはどうでしょうか。

    (スポンサーリンク)
     
     

    参考:環境省
    ストップ・ザ・ヒアリ
     
     

    ヒアリを見つけたら・・・

    ヒアリを見つけたら駆除しようとしないで、とにかく最寄りの環境省の地方環境事務所や都道府県にご相談ください。

    理由はヒアリが集団でいる場合、むやみな駆除は拡散させてしまうのだそうです。

    働きアリだけをやっつけても女王アリが逃げるとまた増えます。

    また、間違って、日本の在来のアリを殺してしまうと、生態系を崩すだけでなく、ヒアリもふやしてしまうことになるかもしれません。

    理由は、在来のアリが巣を作る前の弱い女王アリを駆除してくれる可能性があるからです。

    その駆除してくれる在来のアリをやっつけてしまうと、ガードしてくれなくなってしまします。

    そのため、駆除は専門家に任せるのが一番かと思います。
     
     

    それでも駆除したい場合は3通り

     
     

    その1 熱湯

  • これは巣の周りにいるアリには特に有効。
  • 巣の中にいるアリには無効に近い。
  • その1 液剤

  • 巣に直接散布するタイプ。
  • 液剤に接触したヒアリが巣の中で他のアリも駆除。
  • しかし、他の関係ない昆虫にも影響あり。
  •  
     

    (スポンサーリンク)
     
     

    その3 ベイト剤

  • ベイト(毒エサ)を設置
  • 働きアリが毒エサを巣に持っていって、他のアリも駆除
  • アリのみやっつける
  • 時間がかかる
  •  
     

    (スポンサーリンク)
     
     

    (スポンサーリンク)
     

    参考:環境省
    ( ストップ・ザ・ヒアリ )
     
     

    まとめ

    ヒアリの定着はまだ発見されていないようですが、注意は怠りたく(おこたりたく)ありませんね。

    子供が刺されて重篤(じゅうとく)になることを考えると注意して周りを見ていたいと思います。

    一度定着してしまうと、根絶するには相当大変のようです。

    例えば、ニュージーランドは1つの巣をやっつけるのに、1億円以上投じたということ。

    定着すると、広まるのもあっという間のようなので、「ヒアリ」の意識を風化(ふうか)させないで、注意深く見て行きたいです。

    参考:IRONNA
    (http://ironna.jp/article/7105)

    参考:日本経済新聞
    (https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG04H78_U7A700C1CC1000/)
     
     

    おすすめ記事

    【対策】ブヨ・ブユ・ダニ・ハチ・蚊・ヒル|登山の虫除けおすすめ

    【対策】ブヨ・ブユ・ダニ・ハチ・蚊・ヒル|登山の虫除けおすすめ
    【2018年7月17日】更新 登山のときに不快な【ダニ、ハチ、ブユ、アブ、蚊、ヒル】の「対策」と「対策アイテム」を紹介 虫除けネットや虫除けスプレー、抗ヒスタミン薬、ポイズンリムーバーなどの「対策アイテム」や、個別の「対処法」など書きました どの害虫も不快で、ときには命の危険にもなるようなこともあります 登山は事前準備がとても重要で、事前準備が終われば、登山も半分終わったといってもいいと思うくらい重要です 対策や対処法などを事前に知っておくと、危険度や不快度が半分以下になるので、ご覧になっていただきたいと思います

    【キャンプ持ち物20選】野営・バーベキューの時短アイテムをAmazonランキングからセレクトしました

    Amazonの【キャンプ道具】登山でも使えるこだわり19選ランキング
    【2018年11月20日】更新 アウトドア・キャンプの便利道具をAmazonランキングからセレクトしました さすがAmazon 安くていいもの・便利なものがたくさん キャンプ道具は、アウトドアにもいいですが、災害のような非常時にも役立ちます キャンプと非常用の両方につかえれば、コスパも良くて節約にとてもいいです
    スポンサーリンク
    登山の動物・昆虫
    シェア、おねがいいたします
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    登山初心者ブログ 岳や本店

    スポンサーリンク
    トップへ戻る