登山の服装 ユニクロメンズには[これがおすすめ3選]

山用のパーカーを着た男性 登山の服装をユニクロメンズから選ぶ方法登山服装・ウェア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

登山の服装 ユニクロのメンズおすすめ

登山の服装でユニクロメンズを選ぶときは、初心者ならばとにかく「速乾」のウェアがおすすめです

洗濯物がよく乾く 速乾のイメージ AC
(出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/563182?title=%E6%B4%97%E6%BF%AF%E7%89%A9)

その理由は、男性の場合、女性より汗をかきやすくカラダの熱量が多いためです

男性と女性で比べると、どの部位でも、男性のほうが女性よりも汗をかく量が多いようです。

汗の量の部位、性別の画像

出典:花王

問題は豊富にあるユニクロアイテムの中で、どれが速乾なのかということになりますが、目安として「ユニクロアクティブウェア」というシリーズから選ぶとほぼ間違いありません(それでも素材のチェックは必要です)

このシリーズはスポーツに特化しているシリーズで、速乾で軽いアイテムが多くてオススメ

その中でも

  • 化繊(ポリエステルやナイロン)の割合が高いアイテム
  • 仕様に「ドライ」と書いてあるアイテム

これらのアイテムが速乾の基本で「ドライEXシリーズ」や「エアリズムシリーズ」がこれにあたります

また、ユニクロユーザーはサイズがある程度合えば、メンズレディース関係なく選ぶことが多いのですが、これも注意です

なぜかというと、同じシリーズや製品名でも素材がちょっとだけ違うときがあるからです

分かりやすいのはエアリズムシリーズ

メンズアイテムには「キュプラ」という素材はほぼありませんが、レディースのインナーにはよく使っています(割合は少ないものが多いのでほぼ問題はありません)

そしてキュプラのように素材が異なることもありますが、同じ素材で「割合が異なる」こともあったり、よく素材を見ないと勘違いしてしまうことがあるので注意です

素材の違いにそれほど過敏になる必要もないと思いますが、ユニクロはほぼ同名でコットン(乾きにくい)やポリエステル(乾きやすい)がいっしょになっていることもあるので、買うときには素材をチェックするクセをつけてみてください

▼関連記事
登山の服装ユニクロのおすすめまとめです
登山の服装使えるユニクロウェア【徹底レビュー】2019初心者におすすめ

登山の服装ユニクロ使えるウェア【徹底レビュー】2019初心者におすすめ
2019年11月30日更新 登山の服装をユニクロからセレクト 今回紹介する初心者おすすめの「ユニクロ 登山ウェア」は、軽登山向けでコスパが高く、これから始める人におすすめ UNIQLOはアウターやインナー、靴下、キッズアイテムなど種類が豊富 カラフルで「全身ユニクロ」コーデの楽しい山登りを楽しんでください

※アイキャッチ出典:pixabay.com

登山服装 ユニクロメンズパンツおすすめはコレ

登山服装に使えるユニクロメンズのオススメパンツは「ドライEXウルトラストレッチアンクルパンツ」です

ユニクロ ドライEXウルトラストレッチアンクルパンツ メンズ
UNIQLO

ちょっと名前が長く覚えにくいこの製品は、機能が登山にとても適しています

その「2大特長」は下記のとおり

  1. 名前のとおり、とにかく「ドライ」
  2. そして、縦走でもクライミングでも使える「ストレッチ性」

この2つが特に優秀

暑いときには、裾(すそ)を折りたためばハーフパンツにすることが可能で、そしてストレッチの強さがちょうどいいのでずり落ちることはほぼないです

ユニクロ ドライEXウルトラストレッチアンクルパンツ メンズ ストレッチ性が高い
UNIQLO

後ろのポケットはジッパーがついているので落としそうな小物を安心していれておくことができます(ボクはサイフをいれています)

ユニクロ ドライEXウルトラストレッチアンクルパンツ メンズ 後ろポケット
UNIQLO

特に運動量が多いメンズにストレスの少ないストレッチ性がおすすめなので参考にしてみてください

「ドライEXウルトラストレッチアンクルパンツの説明をします」
EZYアンクルパンツ(ウルトラストレッチドライEX)
ストレッチ性も速乾性も抜群。はき心地は快適でデザインは上品なのでオンオフ使える。
素材[07 GRAY] 本体: 50% 複合繊維(ポリエステル),50% ポリエステル/ ゴム部分: 表側: 78% ポリエステル,22% ポリウレタン/ 裏側: 65% ナイロン,25% ポリエステル,10% ポリウレタン [その他カラー] 本体: 72% 複合繊維(ポリエステル),28% ポリエステル/ ゴム部分: 表側: 78% ポリエステル,22% ポリウレタン/ 裏側: 65% ナイロン,25% ポリエステル,10% ポリウレタン仕様ウエスト:総ゴム入り(調節不可)・ベルトループあり・内側ヒモ通しあり取扱い洗濯機・ネット使用
出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/414413)

▼オンラインストアはこちら
UNIQLO アンクルパンツ・ジョガーパンツ ≫

登山服装 ユニクロ夏のメンズおすすめはコレ

登山の服装でユニクロのメンズ夏用アイテムを紹介します

夏のメンズおすすめは何といっても「エアリズムメッシュクルーネックT」です

ユニクロ エアリズムメッシュクルーネックT(半袖 メンズ グレー
UNIQLO

とにかく薄くてメッシュで通気性が良く、汗抜けのスムーズさが他のアイテムと比べるとかなり高いレベルに仕上がっています

ユニクロ エアリズムメッシュクルーネックT(半袖 メンズ 通気性2倍 汗に強い メッシュ構造
UNIQLO

ユニクロのほかのアイテムでも、エアリズムメッシュと同様、化繊のポリエステルが主素材の製品もありますが、大量の汗のときはやっぱりメッシュが良い感じだと思います

特に下界で気温30℃越えのときの山登りのとき、化繊のインナーでもさすがに「ベタベタ感」が強くなりますが、メッシュは比較的快適です

注意はちょっと透けること

▼写真では透けるようには見えないですが・・
ユニクロ エアリズムメッシュクルーネックT(半袖 メンズ 素材近景
UNIQLO

レディースなら気になりますが、メンズなら気にならない程度だと思います

「エアリズムメッシュクルーネックTの説明をします」
抜群の通気性でスーッと涼しい。より軽く、爽やかなメッシュエアリズム。
商品番号:403525
素材94% ポリエステル,6% ポリウレタン取扱い洗濯機・ネット使用

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/403525-02)

▼オンラインストアはこちら
UNIQLO エアリズムメッシュ ≫

富士山の服装でユニクロメンズオススメはコレ

富士山の服装でユニクロおすすめは「ドライEXクルーネックT」です

ユニクロ ドライEXクルーネックT(半袖) メンズ グレー
UNIQLO

「ドライEX」とはユニクロの中で最速速乾素材のことで、その素材は化繊でほぼ最速のポリエステルに編み方に一工夫されていてユニクロ最強のドライ機能になっています

ユニクロ ドライEXクルーネックT(半袖) メンズ 超吸汗 超速乾
UNIQLO

なぜこれを富士山にすすめるかと言うと、ドライでそして目地が混んでいるためです

同じユニクロの速乾エアリズムメッシュもドライで通気性がいいですが、ちょっと薄いことがネック

富士山は夏でも「10℃をきる」こともあるので、生地が薄すぎるのはあまりよくありません

富士山山頂の気温のデータです
富士山山頂の気温10度以下

出典:アメダス

ドライEXは速乾でそしてある程度厚みがあるので、暑い下界から一気に3,000mまで登りあがる富士山の登山環境によく合います

ユニクロ ドライEXクルーネックT(半袖) メンズ 素材近景
UNIQLO

「ドライEXクルーネックT」の説明をします

ドライEXクルーネックT(半袖)
ストレッチ性をアップし、さらに動きやすく。超速乾素材ドライEXで常にサラッと快適。
素材88% ポリエステル,12% ポリウレタン
取扱い洗濯機・ネット使用

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/404147)

▼オンラインストアはこちら
UNIQLO ドライEX T ≫

トップへ戻る