登山の服装ユニクロでコスパ10年|全身ユニクロ 山ガール・メンズファッション

登山服装ユニクロ山登りの服装

ボクは登山の服装をユニクロのウェアから選び続けて10年。その経験からセレクトしたユニクロの登山ウェアを「レディース・メンズ」ごとにまとめました。ここでは使った感想や公式の仕様をボクなりに「レビュー」した内容が書かれています

※ここで紹介するユニクロ登山ウェアは、高尾山、尾瀬、富士山のハイシーズンに使える服装です

(▼ハイキングのユニクロウェアコーデ)
登山の服装をユニクロでコーデ中(レディース版)
(https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E447733-000/00)


==▼全身ユニクロコーデの目次==


==▼アイテムの目次==

(▼関連記事)
▼登山服装の選び方「初心者編」はこちら>>

登山の服装 解説|初心者のコスパ・おしゃれな「山ガール・メンズ」ウェア
「登山の服装・トレッキングウェアの選び方とコーデを紹介 アウターは防風、ベースレイヤーは速乾、ミドルレイヤー(中間着、フリースなど)は保温透湿機能がレイヤリングでは重要 夏のハイキングはおしゃれなユニクロ・ワークマンなどの製品もいいですが、春秋冬は機能重視 でコスパなモンベルもおすすめ

 
 

登山の服装をユニクロで|全身ユニクロ レディース・メンズ 登山コーデ

登山の服装をユニクロのおすすめの中から、全身ユニクロの登山ウェアでそろえてみました(山ガール・メンズ別)

ここで紹介するのは温暖なときの「ハイキングシンプルコーデ」。 春・夏・秋シーズンはこれをベーシックに、プラスいろいろ組み合わせをしながら楽しめます

(==全身ユニクロ ▼目次==)

  1. 「オトナの」山ガールファッション|ユニクロ編
  2. アクティブ登山用|全身ユニクロ「レディース」編
  3. 登山の服装[メンズのセット一覧]

 
 

「オトナの」山ガールファッション|ユニクロ編

山ガールファッションの女性

画像・ワードをタップすると、公式・詳細ページにリンクします

画像
(公式サイトリンク)
品名
(エピソードにリンク)
着心地
・口コミ
登山に使えるユニクロブロックテックパーカブロックテックパーカ(アウター) ・薄いのに暖か
・スタイルが良く見える
・スキーにも使えた
登山の速乾ドライEX TシャツドライEX T ・バツグンのサラサラ感
・軽くて涼しい
・ボルダリングで重宝
ハイキングの速乾エアリズムシームレスVネックブラキャミソールエアリズムシームレスVネックブラキャミソール ・ウォーキングにピッタリ
・縫い目がなく、かゆくなりにくい
・サイズ選びが難しいかも
ハイキングに似合う ユニクロ プレミアムリネンシャツ(長袖)ユニクロリネンシャツ ・薄いのに暖か
・スタイルが良く見える
・スキーにも使えた
ハイキングにぴったり ウルトラストレッチアクティブジョガーパンツ(丈長めウルトラストレッチ
アクティブジョガーパンツ
(丈長め
・適度なハリが良い
・柔らかくチクチクしない
・軽くて乾きやすい
ユニクロハイキングのエアリズムシームレスサポートハイライズレギンス
エアリズムシームレス
サポートハイライズ
レギンス
・履き心地良し、引き締め感あり
・キツい
・胸近くまで伸びて下がらない
ウルトラストレッチアクティブエアリーショートパンツ レディース
ウルトラストレッチ
アクティブエアリー
ショートパンツ
・薄くてストレスゼロ
・軽くて動きやすい
・レギンスに良く合う
ユニクロ登山にヒートテックソックスヒートテックソックス ・耐久性は低いかも
・暖かさはバツグン、とにかくあったか
・履き心地も良く快適
ファーリーフリースフルジップジャケットファーリーフリース
フルジップ
ジャケット
・サッと着やすい
・軽くて暖かい
・ファスナーが弱いかも
登山に使えるユニクロウルトラライトダウンパーカウルトラダウンパーカ ・軽い、暖か
・ダウン抜けがある
・シルエットがステキ
ハイキング用ユニクロブロウサングラスブロウサングラス ・服装を選ばないデザイン
・軽くてコスパ良し
・リピート買い
UVカットツイルキャップUVカットツイルキャップ ・シンプルで使い安い
・フィット感良し
・軽くて涼しい

(▼関連記事)
ユニクロコーデ[ブログ紹介9選]40代カジュアルおしゃれサイト

ユニクロコーデ[ブログ紹介9選]40代カジュアルおしゃれサイト
30代40代向けのユニクロコーデのブログとサイトを紹介します ユニクロアイテムは、「おでかけ」にも「ハイキングや登山のウェア」にも使われていて、とても使い回しが効く楽しい服装が多いです 今回はコーディネートの参考になる9つのサイトを紹介します

 
 

 
 

アクティブレディースのための全身ユニクロ 登山編

ハイキングの服装 女性 山ガール

画像・ワードをタップすると、公式・詳細ページにリンクします

ユニクロの登山に使えるブロックテックパーカ レディースブロックテックパーカ ・動きやすくスタイリッシュ
・防水防風、登場回数が多い
・アウトドア用にヘビー使用
ユニクロブラカップタンクトップブラカップタンクトップ ・サポート感がある
・サラサラ軽快
・締め付けがソフト
ドライEX T登山用ドライEX T ・着心地サラサラ、しかも速乾
・ウォーキング・ランニングにぴったり
・くっつかず涼しい
ドライストレッチスウェットパンツ 登山用100ドライストレッチスウェットパンツ ・夏にぴったりの薄さ
・動きやすく通気性もバツグン
・ストレッチでゴルフに良し
登山ユニクロのエアリズムパフォーマンスサポートタイツ レディースエアリズムパフォーマンス
サポートタイツ
・伸縮性とフィット感が絶妙
・生地が思ったより厚く耐久性がある
・ソフトなサポート感
ウルトラストレッチアクティブエアリーショートパンツ レディース
ウルトラストレッチ
アクティブエアリー
ショートパンツ
・ラインがキレイ
・フィット感がいまいち
・動きやすい
エアリズムUVメッシュパーカ ユニクロハイキングエアリズムUVカットメッシュフルジップパーカ ・ゆとりがあり合わせやすい
・涼しくさらり
・大きめがおすすめ
登山で使えるユニクロヒートテックソックスヒートテックソックス ・暖か
・薄めでやわらかい
・耐久性が低い?
ユニクロ ウルトラライトダウン登山用ウルトラライトダウン ・軽い。持ち運び便利
・フィット感が最高
・動きやすい
ユニクロ ライトウェイトハーフリムサングラス ハイキング用ライトウェイトハーフリムサングラス ・軽くて使い安い
・涼しくて軽い
・曇らない。夏にぴったり
UVカット2WAYストレッチキャップUVカット2WAYストレッチキャップ ・かぶり心地が優しい
・スタイルが良く見える
・ランニング用に使っている

▼関連記事
ユニクロ スポーツ[おすすめウェアコーデ]

ユニクロ スポーツ[裏のセレクト・基本のコーデ]ジム・ランニング・ヨガのウェア
ユニクロ スポーツのトレーニングおすすめコーデを紹介 スポーツアイテムレビューからランニング・ジム・ヨガに適しているウェアをメンズ・レディースわけてかきました 参考にしてください

 
 

登山の服装[メンズのセット一覧]

登山で山頂にいる男性

画像・ワードをタップすると、公式・詳細ページにリンクします

ユニクロのブロックテックパーカブロックテックパーカ ・雨風に強い
・バイクにも使えた
・シルエットがすてき
登山に使えるユニクロ ドライEX TドライEX T ・軽くてサラサラ
・汗かきでも満足のドライ性
・しっかりした生地で耐久性もある
エアリズムクルーネックT(長袖) エアリズムクルーネックT ・軽くてサラサラ
・汗をかいてもすぐ吸収
・肌触りが最高
ユニクロ登山のスウェットフルジップパーカスウェットフルジップパーカ ・ゆったり目が良い感じ
・リピート買いで何着も
・フードがやや重も
エアリズムUVカットパフォーマンスサポートタイツ メンズエアリズムパフォーマンス
サポートタイツ
・履き心地がバツグン
・山登りにおすすめ
・涼しく着圧が適度
ウルトラストレッチアクティブショートパンツ メンズ
ウルトラストレッチ
アクティブショート
パンツ
・ストレッチがすごい
・涼しくて動きやすい
・乾きが早い
登山にユニクロジョガーパンツ登山の服装ユニクロのズボン ジョガーパンツ ・履き心地も肌触りも良くて安価
・乾き安くストレッチも最高
・ジムやウォーキングに使用
ユニクロレギュラーソックスレギュラーソックス ・ソフトな履き心地が良い
・普段使いでリピート
・ゴムがズレない
登山に使えるユニクロウルトラライトダウンパーカウルトラライトダウンパーカ ・軽くて、意外と暖か
・丈が長くて腰まで暖か
・羽毛が出てくる(出てこないという口コミもある)
ユニクロハーフリムサングラスハーフリムサングラス ・フィット感がステキ
・サイクリングで使用
・視界もストレスなし
UVカット2WAYストレッチキャップUVカット2WAYストレッチキャップ ・シンプルでどんなときでも使える
・洗えて便利
・アウトドアにもってこい

(▼ユニクロのメンズ登山アイテムはこちら)
ドライEXは登山に最適|ユニクロメンズおすすめの速乾ウェア

ドライEXは登山に最適|ユニクロメンズおすすめの速乾ウェア
速乾でユニクロメンズおすすめのドライEXは登山におすすめ 初心者ならばとにかく「速乾」のウェアがおすすめです たくさんあるユニクロウェアから速乾はどれか紹介していますので、参考にどうぞ

(※注意:素材をご確認ください! コットン(綿)のインナー類は乾きにくいので、汗が多いアクティビティには向いていません)

 
 

登山のシャツ・上着|ユニクロ編

登山・ハイキングに使えるユニクロのシャツやダウンなどの上着、アウターなどを紹介してみます

ここでは汗を外に出す速乾タイプを中心に紹介します

キレイな登山用のユニクロシャツ


==▼目次==

 
 

登山のシャツ(ユニクロ)

ユニクロのリネンシャツ 登山に最適

リネンとは「麻」のことで、ザラザラした触感で、メリットは吸水吸湿、水分の発散性も高い特長。そしてデメリットは「ストレッチ性がない」「シワになりやすい・・」という特長もあり

(▼レディースリネンシャツ)
ユニクロ プレミアムリネンシャツハイキング用
(https://image.uniqlo.com/UQ/ST3/AsianCommon/imagesgoods/446845/item/goods_70_446845.jpg)
(https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E446845-000/00)

ユニクロのリネンシャツは、「リネン」の長所をなるべくそのまま、そしてなるべく短所を抑えるように作られていて、軽くて乾き安いのでハイキングにぴったりのシャツで、かなりサラサラの夏向きシャツ。でも冬も汗が多いときは使ってます

(▼ボクのユニクロリネンシャツ、肌触り良くて乾き安い登山向け)
ユニクロのリネンシャツ 登山タイプ

シワになりにくく作られているようですが、完全に除去するのはムリなので、シワが気になる人はアイロンがけ必須です。ボクはそれほど気にならないのでシワはそのまま

(▼オンラインストアはこちら)
UNIQLO リネンシャツ【一覧】 ≫

 
 

ミドル レイヤー ユニクロ編

ユニクロのアンダーやTシャツの上に着たくなる「ミドルウェア」をここでは紹介

ユニクロ スウェットフルジップパーカ

(▼スウェットフルジップパーカ(長袖))

UNIQLO登山 スウェットフルジップパーカ(長袖)
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/413677)

スウェットフルジップパーカ メンズ ユニクロ登山用
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/413677)

その名のとおり、「スウェット」の肌触りの良いパーカです

「コットン」の割合が多いので丈夫ですが汗が多い激しく動くスポーツ(サッカーとかバスケとか)にはあまり向いていませんが、登山ならすごいスピードで登らない限り幅広く使えます

軽くて薄いので「さらり」と着やすいのが特長。ハイキングや散策にちょうどよいパーカです

またカラーバリエーションも豊富なので、セレクトがとても楽しい。色もベーシック色が多いのでどんな服にも合わせやすくオシャレがしやすいのが良いです。あとシンプルでおしゃれなので、そのままタウンユースに使えます。かなり便利

(▼ボクの持ってる「スウェットフルジップパーカ」)
ユニクロ スウェットフルジップパーカ アイリス所蔵

綿(コットン)の部分が多いので洗濯乾燥機にかけてしまうと「縮む恐れ」があるので、ちょっと大きいサイズがおすすめ

できれば自然乾燥が良いです

縮んでサイズが変わってしまうと、お気に入りで着ていた服も好んで着ることがなくなってしまうので、乾燥機を使う場合は低温感想で

(▼オンラインストアはこちら)
UNIQLO スウェットパーカ【一覧】 ≫

 
 

エアリズムUVカットメッシュフルジップパーカ

レディースのエアリズムUVカットメッシュフルジップパーカは、ポリウレタンが少し入った、ストレッチ性が高い薄手のパーカ

エアリズムUVカットメッシュフルジップパーカ(長袖) ハイキング用ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/404086)

「エアリズム」の名前のとおり、空気のような軽さでストレッチ性があるので、いろいろなアクティビティに向いています

色も「12色」あるのでオシャレなレディースに特に人気のあるアイテムですね

比較的安いので、例えば2枚購入して、部屋着、アウトドアと気分によってカラーやサイズを変えて着こなすのもアリです

ハイキングでも使用 エアリズムUVカットメッシュパーカ  全体

ボクの場合、夏は紫外線防止に、春秋はミドルウェアとして活躍してくれるので、ほぼ1年中お世話になりっぱなしになってます

同じ「エアリズムメッシュパーカ」でもレディースやメンズ、カラーによっては「素材」が変わることもあるので注意です(ユニクロアイテムではよくありがち)

なるべく登山では「化繊」でも「レーヨンやキュプラ(ちょっと乾きにくい)」の割合が少ない方が個人的には良いと思うので、よくみて選んでください

(▼エアリズムUVメッシュフルジップパーカの袖サムホール)
エアリズムUVカットメッシュパーカ  袖のサムホール ユニクロ

(▼さっぱりした質感が売りです)
ユニクロ エアリズムUVカットメッシュパーカ  質感

静電気を防いでくれる機能もあるので冬にも重ね着で十分活躍してくれます

 
こんな感じでメリットが大きいので、デメリットは特にないようにみえますが、画像を見てわかるとおり、腕の部分が比較的長くて、丈(胴の部分)が短く、デザイン重視で作られているで、着こなしが難しい(ボクの場合)

このアイテムは、機能だけでなく、シルエットをよりスタイリッシュに見せるため、あえてそうしているのですが、あまり過剰(かじょう)になると、アウトドアではあまり使えなくなってしまうので、ほどほどにしてほしいです

(▼オンラインストアはこちら)
UNIQLO エアリズムパーカ【一覧】 ≫

 
 

ユニクロ ポケッタブル パーカ|登山・ハイキングウェア

ユニクロポケッタブルパーカはちょっとした登山に使えます(ほんとにちょっとした登山だけです)

(レディースポケッタブルパーカ)
ユニクロ ポケッタブルパーカを着たレディース
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/190719)

(メンズポケッタブルパーカ)
ポケッタブルパーカ メンズ ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/190719)

生地が極限まで薄くなっている「超軽量パーカ」なので、軽さは一級品

いろいろなジャケットやアンダーと一緒に使うと、よりチカラを発揮してくれるはず

薄いので、ほかの服とも合わせやすく「春・夏・秋・冬」いつでも使えてとても便利でコスパもいいですね

ただ生地が薄く、単体での防寒性は期待できません。 公式では「雨や水をはじく」とありますが、これもそれほど期待できるほどではないです

でも軽さと防風性が優秀なのでトレッキングで肌寒いときにチカラを発揮してくれます

デメリット的なところと言わせてもらえれば、「サイズ感がタイトフィットではない」ところが個人的に気にいっていないです

機能的には良いですけど、ややダブつく感じがおしいところで、特に腕回りのダブつきはちょっとイヤ

せっかくのコンパクト設計なので、シルエットももう少しタイトにしてもらうと、イメージどおりになるのかな・・・と思ってます

(ユニクロポケッタブルパーカ)
ユニクロポケッタブルパーカ 全景

(▼関連記事)
ユニクロ ポケッタブルパーカは防寒・防水はないけど登山で使いたい人へ

ユニクロ ポケッタブルパーカは防寒・防水はないけど登山で使いたい人へ
ユニクロのポケッタブルパーカを登山で使う方法を書きました 防水ではないので使い方は限られます また「ヤッケ」との比較も書きましたので、参考にどうぞ

▼オンラインストアはこちら
UNIQLO ポケッタブルパーカ【一覧】 ≫

 
 

ポケッタブルパーカ以外にもユニクロのパーカはバラエティが豊富なので参考までに

こちらで▼「登山で使えるユニクロパーカ」をまとめています

ユニクロ スポーツ パーカー[13選]ラン&ヨガのジャージースタイルおすすめ
お出かけやアウトドアで使える「ユニクロ パーカ」をレビューしました 日常でもアウトドアでもユニクロ製品をよく使いますが、なかなか「素材」や「向いているシチュエーション」はあまり気にしないことが多いですね 今回はそれをわかりやすく、「クチコミ」を含めて紹介したいと思います

>>登山のユニクロパーカ紹介はこちら>>

 
 

富士山ではダウンジャケット必須

ウルトラライトダウンは、夏の富士山登山の防寒ウェアで使えます

できればモンベルとかのダウンが良いですけど、コスパなユニクロダウンでも富士山のハイシーズンには活躍してくれるはず

ユニクロの登山アウター コンパクトダウンジャケット
(https://youtu.be/3T8xDDCv4NI)

人気のダウンは毎年売り切れがとても速いベストセラーなので、富士山行く前に見つけたら即買いしてください

 
 

ユニクロダウンの「フィルパワー」

最近までユニクロダウンの「フィルパワー(羽毛の反発力)」は秘密でしたが、最近「650フィルパワー」ということが公式に書いているようになりました

推測するに、現在650フィルパワーということは、いままでは500フィルパワーくらいだったかもしれませんね・・・

ユニクロダウンの品質は「ダウン90%・フェザー10%」というのが品質の目安で、ダウンの種類(グースだったりダックだったり)は不明

フィルパワーのことは置いておいて、色についても注意が必要で、ときどきオンライン画像と実物がちょっとちがうことがあります  これはちょっと注意

でもそれらを差し引いても、価格と機能のパフォーマンスはやっぱり捨てがたいです

冬だけでなく、軽量のダウンは夏にも使えるので、早めにゲットしたいです

 
 

ウルトラライトダウンパーカ

定番「ウルトラライトダウンパーカ」を紹介

(▼ウルトラライトダウンパーカ)
ウルトラライトダウンパーカ 3シーズン登山のおとも
(https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E429454-000/00)
(https://image.uniqlo.com/UQ/ST3/AsianCommon/imagesgoods/429454/item/goods_12_429454.jpg)

ボクとしてはユニクロのダウンを持って行くなら、できればパーカタイプが良いと思っているので、ユニクロダウンもパーカタイプがおすすめ

フードの有る無しで、寒さのレベルが2倍くらい違うと感じます

(▼ボクのフードタイプウルトラダウン。暖かいです)
トレッキングに使える ユニクロウルトラダウン

ちょっとだけ重くて、ちょっとだけかさばるけど、重量以上の仕事をしてくれるので、ほんとおすすめ

(▼関連記事)
[ウルトラライトダウン]登山で使える「ユニクロおすすめ7選と選び方」

[ウルトラライトダウン]登山で使える「ユニクロおすすめ7選と選び方」
ユニクロのウルトラライトダウンを登山を使ったレビューとおすすめ 軽量なウルトラライトダウンがいいです レギュラーのダウン製品は冬で使うことが多いですが、コンパクトなライトダウンの場合は、冬から夏まで使えます 寒い時期のタウンユースや、夏や冬のオフィス・トレッキングでオススメ

 
 

ユニクロのフリースも富士山に良い

富士山に朝立ちするときには、「フリース」を腰に巻いて登ると、寒いときに使えるしなんなくおしゃれ

登山ユニクロの防風フリース
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/408992)

(▼ボクのユニクロ登山フリースレビューはこちら)

登山フリース ユニクロ[おすすめ9選]登山初心者メンズ・レディース使い心地コーデ
ユニクロ登山ではフリースも使えます コスパがよくて暖かいので、トレッキングやハイキングのミドルレイヤーにユニクロのフリースは最適 今回はトレッキングに使えるユニクロのフリースをまとめましたので、参考にどうぞ

女性におすすめの理由は、肌触り(はだざわり)がやさしいことです

パタゴニアのようにクラシックなフリースの場合は、ややゴワゴワ感があるものもありますが、ユニクロアイテムはフワフワの素材なので、クラシックタイプ独特のゴワツキがないんです(その分耐久性は弱いです)

防風性もある程度あって肌触りもやさしくて・・・なので価格以上の仕事をしてくれるはずです

 
 

ユニクロ 登山「アウター」のお話

登山のアウターやレインウェアとして使える「ブロックテックシリーズ」を紹介します

==ブロックテック▼目次==

  1. ブロックテックをアウターに使う|透湿防水・防風性
  2. ユニクロ ブロックテックパーカ
  3. ユニクロのブロックテックコートはキャンプにいいかも
  4. 雨に強いブロックテックウォームイージーパンツ

 
 

ブロックテックをアウターに使う|透湿防水・防風性

ブロックテックシリーズは「ユニクロ」の中で唯一「透湿防水」機能を装備したウェア

(▼こちらは透湿防水の代名詞「ゴアテックス」)
透湿防水素材 ゴアテックスのロゴ

特に「ブロックテックパーカ」は登山でも使える強者なのでおすすめしたいです

 
 

ユニクロ ブロックテックパーカ

ユニクロの「ブロックテックパーカ」は登山で十分使えます

ユニクロ ブロックテックパーカ レディース
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/419913)

ボクの場合、ちょっとしたトレッキングでよく使います(さすがにハードな登山では使っていない)

レインウェアとしてというより、アウターで風予防と保温で使うことが特に多いです

雨で使ったときの透湿防水の印象はそれなりに機能しているという感じ

持論として透湿防水機能は「価格に比例する」と思っているので、20,000円のゴアテックスウェアと6,000円程度のブロックテックは実際比べるのはちょっと難しいです

ボクの主観的な印象では「透湿はゴアテックス:ブロックテック=2:1」「防水は3:1」

このように機能はゴアテックス劣ります。でも性能と価格のバランスを見ると結構ブロックテックも頑張っていると思います

実際透湿・防水実験をしたわけではないので、あくまでボクの主観です

耐久性についてはガサヤブを歩いていますが、いまのところ破けたりしていません

また、公式では

「この商品の生地は樹脂加工品です。新品のまま収納していても、年月の経過と共に、劣化・剥離する特性が有ります。」

と言っていますが、購入して3年くらいたっていても剥離等はありません。全然ダイジョブです(樹脂加工とはシームテープの接着剤のことです)。購入時は「2年くらいつかえればいいかな・・」と思っていましたが、意外と耐久性優秀ですね

(▼ブロックテックライトパーカ)
ハイキングで使っているUNIQLO ブロックテックライトーパーカ茶色 全体画像

(▼表地は光沢(こうたく)があってサラサラ)
UNIQLO ブロックテックライトーパーカ茶色 表の質感

▼こちらで詳しくレビューしています「[ブロックテックパーカ 登山の防水性]ゴアテックス比較・2019版の劣化について

[ブロックテックパーカ 登山の防水性]ゴアテックス比較・劣化について
ブロックテックパーカを登山で使う方法を書きました また2019年最新版の口コミや「素材劣化」対策も併せて書きましたので、参考にしてください

雨に強いブロックテックウォームイージーパンツ

「ブロックテックウォームイージーパンツ」の紹介です

ブロックテックウォームイージーパンツ ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/401232)

以前は販売していましたが、今は製造していないのがちょっと残念

ユニクロにはまだ、防水タイプのレインウェアとしても使えるパンツがなく、このブロックテックパンツが唯一の雨対応のパンツでした

耐水タイプでポリエステル100%でできているので速乾力に定評があり、丈夫で水にも強いです

ちょっとした雨なら、十分耐えることができる機能を持っていますが、完全なる防水ではないので、強い雨の場合は注意してくださいね

レインウェアとしてではなく、アウトドア用のパンツとしてはますます優秀で、「リップストップ」という破れにくい素材を使っています

「秋・冬」頃のハイキングなどには、ピッタリ

初夏などで風の強い肌寒い登山にも使えます

できれば防水透湿のブロックテックを装備して再販してほしいです

(▼ブロックテックシリーズのオンラインストアはこちら)
UNIQLO ブロックテックシリーズ ≫

 
 

トレッキングパンツ|ユニクロ編

ここでは山で使えるパンツを紹介

登山でユニクロパンツを選ぶときは「綿(コットン)」アイテムでも汗が多いスポーツでなければOK

登山ユニクロのパンツ メンズ ヒートテックウォームイージーパンツ メンズ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/418930-32)

コットンが入っていると肌触りが良くなり、かつ比較的丈夫です

登山・ハイキングではジョガーパンツやドライ EX ウルトラ ストレッチ アンクル パンツが人気で、アイテムによっては発売から1週間で売り切れ(オンラインで)になる場合もあるので、見たら即買いおすすめ


==▼目次==

 
 

ユニクロの[ジョガーパンツ]

(▼ジョガーパンツ:ウルトラストレッチ)
ジョガーパンツ ウルトラストレッチ 登山のユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/410943)

その名のとおり、ジョギング用のパンツで登山向けのおすすめパンツです

ポリウレタン使用の伸縮自在な生地で、激しい動きならどんなジャンルにも活躍してくれる優れもの

シンプルでタイトに仕上がっていて、タウン仕様のスタイリッシュなデザインがうれしいです

(▼ボクがハイキングで使い倒しているジョガーパンツ)
ユニクロ 登山で使っているジョガーパンツ

動きやすく、このまま普段着や街着にも使える幅広さがあるので、やみつきになります

(▼こちらドレープジョガーパンツ おしゃれ感あるのはこっち)
ドレープジョガーパンツ レディース ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/410943)

ポケットにファスナーがあるタイプはとにかく小物の出し入れがバツグンに便利に使えます(落とさないし)。ジョガーパンツの中にはファスナーがないタイプもあるので注意

また洗濯機でも洗えるのが、とにかくラクチン

普段使いでもおしゃれに使えて汎用性が高いので、使い回しのいい超おすすめのパンツ。でも超オススメなんですが「ジョガーパンツシリーズ」材料が「綿(コットン)仕様」の製品もありますので、そちらはハイキング程度にお使いください(汗が多い運動には適しません)

ハイキングウェアとして使うなら、ユニクロ ジョガーパンツの「ウルトラストレッチ」タイプが特にオススメ

 
 

ウルトラストレッチタイプは、化学繊維のポリエステルがほとんどで、ハイキングで使っても、乾きやすくてオススメ

人気のアイテムなので、すぐ売り切れてしまうのが困ったところです

ジョガーパンツの「ジョガー」たる所以(ゆえん)は足首の裾(すそ)がしぼられていて、バタバタしないこと(ジョギングなどでストレスなく使うため)

そのため、激しい動きがあるときは、とても使いやすいです

アウトドアというよりは、ストレッチ性もあるので、激しい動きに最適かもしれません

平地での運動であれば、コットン素材を使っても、それほど問題はありませんが、外部からのヘルプが少ないアウトドアではそうはいきません

今はコットン系の製品が多いジョガーパンツですが、化繊(かせん)のアイテムをもっと増やしていってほしいですね

「ジョガーパンツ」詳細レビューはコチラ
岳や本店キャラクターアイリスがPCを検索している画像

こちらでバラエティ豊富なユニクロのジョガーパンツをまとめました

おしゃれで山ガール、山ボーイに使ってほしいファッショナブルなシルエットのパンツなので、参考にしてほしいです

(▼「ジョガーパンツを「登山」に使う」はこちら)

ユニクロ ジョガー パンツ登山にコーデ[5選]登山初心者も使えるトレッキングパンツ紹介
ユニクロ「ジョガーパンツ」を紹介します このアイテムはその名前のとおりジョギング用のパンツシリーズ はきやすくてコーデもしやすいのでとても人気があります ジョギングやランニングだけでなく、ハイキングにとても便利 参考にしてください

 
 

速乾「ドライストレッチスウェットパンツ」

ドライで丈夫な登山用と思ってしまうようなズボンが「ドライストレッチスウェットパンツ」です

ユニクロ ドライストレッチスウェットパンツ 女性が履いている
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/413365)

ドライストレッチスウェットパンツ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/413365)

一部に綿素材を使っているアイテムもありますが、基本は化繊素材で乾きやすいスウェットのパンツです

低山ハイキングなど、登山の服装にはピッタリの商品

この製品は、ガサガサの「ヤブ」を進む際は、ちょっと肌が出てしまう(足首のあたり)のであまりおすすめしませんが・・・・・・できなくはない、といったところです

ハイキングでは、そんな「ヤブ」は進みませんが、「丈夫」なので、そのくらいのところも行けるというお話

口コミを見ると「耐久性が高い」という口コミが多いです。そんなことから気合を入れて「ヤブ」も行こうと思えば行けるんです

山でも街でも家でもコーデができるスウェットとして、丈夫さと乾きやすさがあると、とても便利に使えますね

個人的にはレッグの丈(たけ)が、もう少し長いものがあれば、なおうれしいですが、それは無い物ねだりかもです

サイズを少し大きめを買って帳尻(ちょうじり)を合わせたいです

 
 

トレッキング パンツ レディース ユニクロ

レディースにおすすめのトレッキングパンツは「ウルトラストレッチアクティブジョガーパンツ」

軽くておしゃれで速乾です

ウルトラストレッチアクティブジョガーパンツ(丈長め)

こちらのジョガーパンツはストレッチタイプで動きやすさバツグン。プラス速乾なので登山に使いやすいタイプです

(▼ウルトラストレッチアクティブジョガーパンツ)
登山のパンツ ウルトラストレッチアクティブジョガーパンツ(丈長め
(https://image.uniqlo.com/UQ/ST3/AsianCommon/imagesgoods/437997/item/goods_03_437997.jpg)
(https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E437997-000/00)

ストレッチタイプでサラッとしているので、窮屈な感じはないので、家でリラックスするときも使えたりします(写真ではそうは見えませんが)

テーパードラインですっきりしていて、スタイルが良く見えるメリットもあり

スキッと見えて、サラッとハイキングができる使いやすさがおすすめです

 
 

登山の「ハーフ パンツ」ユニクロ編

登山には乾きやすくてストレッチタイプのハーフパンツがおすすめ

登りのときに足を上げやすいと、疲れも軽減します

ストレッチショートパンツ

ウルトラストレッチアクティブショートパンツ
(https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E445330-000/00)

コスパなアクティブタイプのハーフパンツ。ストレッチが効いている方が動きやすくて、疲れたときのありがたみがよくわかるはずです(あと乾きやすさも重要)

(▼オンラインストアはこちら)
ストレッチショートパンツ【一覧】 ≫

(▼ジョギングでヘビーに使っているユニクロパンツ)
登山やジョギングで使っているユニクロパンツ

 
 

登山インナー・アンダー[ユニクロ編」

ユニクロの山登りインナーを紹介

登山のインナーは「速乾性」が特に重要です

登山ユニクロ 使えるの速乾素材をイメージする素材の写真
(pixabay)

インナーは、製品の説明に「ドライ」という機能がある製品を選ぶようにするのがおすすめ

(▼「ドライEX」機能など)
登山服装 ユニクロの使えるドライEXテクノロジーの説明
(https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E422964-000/00)

加えて汗をたくさんかくなら、ユニクロウェアのキュプラ・レーヨンという化繊素材の割合が多いと、やや乾きにくいので注意です(経験則で30%以下くらいがおすすめ)

※汗冷えはカラダに悪いので、汗が多いほうならユニクロインナーではなく、ほかのアウトドアメーカーの速乾ウェアがいいかもですね

(▼ボクが使っているドライなエアリズムTシャツ)
ランニング ハイキングで着ている速乾のエアリズム Tシャツ


==▼目次==

(▼インナーに使えるエアリズム)
登山でエアリズム|ベースレイヤーユニクロアイテムを登山初心者が使う場合

登山でエアリズム|ベースレイヤーユニクロアイテムを登山初心者が使う場合
登山でユニクロエアリズムシリーズの使い方とおすすめを紹介します 山で登山初心者が使うには使いにくりベースレイヤーですが、ストレッチと速乾が優秀なのでうまく使えば、安全でコスパに使えます 

 
 

ドライEXシャツ

ユニクロのスーパーなドライ機能「ドライEX」

ユニクロ史上、乾きやすさMAXクラス、汗を吸い取るチカラも高いので汗かきのボクにはとても助かる一品

(▼ドライEXプリントクルーネックT)
ユニクロ 登山の ドライEXプリントクルーネックT
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/414347)

洗濯からの乾燥もスゴイスピードで、一晩部屋干しで余裕で乾いてくれます(これ結構重要)

登山で使う場合は、冬は直インナーで使うと暖か、夏はインナーにエアリズム(ポリエステルのやつ)を加えると冷えすぎを抑えてくれるのでおすすめです(暑いときはドライEX Tシャツ1枚でアンダーとして使うとOK)

ドライEX Tシャツは1年中使えるので、買う時は1枚だけじゃなく2枚くらい買った方がコスパ良いです(送料と手間を考えると)

デメリットは肌触りがどちらかというと粗いところ。気になる人はインナーにエアリズムを加えると良いです(ボクはあまり気になりません)

((▼ドライEXは夏はもちろん冬でも「サラリ」)
登山の服装ユニクロ  のTシャツ ドライEXクルーネックT 全景

▼生地は100%ポリエステル 陰干し半日で乾きます
ユニクロ 登山 のTシャツ ドライEXクルーネックT 生地の質感

(▼オンラインストアはこちら)
UNIQLO ドライEX T【一覧】 ≫

 
 

ユニクロのブラカップタンクトップ

ハイキングのブラトップインナーは「エアリズムブラタンクトップ」がおすすめ

ユニクロ エアリズムブラタンクトップ(レーサーバック)
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/417324)

(▼オンラインストアはこちら)
UNIQLO ブラタンクトップ ≫

フィットもしっかりしていて、かつそれほどキツくないデザイン

ユニクロのスポーツ系ブラの中では、締め付けもややソフトでシンプル、乾きやすいブラタンクトップです

 
 

エアリズムシームレスVネックブラキャミソール

(▼エアリズムシームレスVネックブラキャミソール)
エアリズムシームレスVネックブラキャミソールハイキング最適
(https://image.uniqlo.com/UQ/ST3/AsianCommon/imagesgoods/432475001/sub/goods_432475001_sub9.jpg)
(https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E432475-001/00)

サラッと着用できて乾きやすいナイロンを多用したキャミ。 ドライでハイキングにぴったりです

ラインが見えにくいシームレスでシャツとの相性もよいです

リピートが多いウェアの1つで、人気がとても高いので見つけたら即買いですね

(▼オンラインストアはこちら)
UNIQLO エアリズムキャミソール ≫

 
 

エアリズムシームレスサポートハイライズレギンス

(▼ユニクロのエアリズムシームレスサポートハイライズレギンズ)
ユニクロのエアリズムシームレスサポートハイライズレギンス ハイキング用
(https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E433742-000/00)
(https://image.uniqlo.com/UQ/ST3/AsianCommon/imagesgoods/433742/sub/goods_433742_sub10.jpg)

ドライでフィット感に優れ、段階着圧機能付きの、ハイキングでもヨガでもつかえる、サラッとレギンス

ハイライズなので、動いてもしっかりズレなしフィットしてくれるので、気にせずアクティブな動きに集中できます

きつめではありませんが、フィット感がすぐれているので、美脚効果もきたいできる・・・と公式には書いてありますが、ソフトな締め付けなので、そこまでは期待はできないのでは・・?と個人的にほ思います

ソフトなシェイプ感は初心者にはおすすめ。口コミなどを見るとサイズ感はちょうど良いサイズかやや大きめが良いみたいです。

 
 

エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

人気のロングセラー「エアリズムパフォーマンスサポートタイツ」です

登山ユニクロのエアリズムパフォーマンスサポートタイツ レディース
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/415495)

ソフトな締め付けが初心者向けなので、初めてサポートタイツを使う人におすすめの良品

エアリズムシリーズで軽くて涼しい仕様が「夏」にぴったり。上にレギンスを追加すれば「春秋」にも使えるのでおすすめのやり方です

(▼ボクの結構ヘビーに使っているユニクロサポートタイツ)
ランニングでよく使っているユニクロサポートタイツ アイリス所蔵

(▼関連記事)
ユニクロ スポーツ タイツでランニング6選|レディース・メンズのトレーニングタイツ

ユニクロ スポーツ タイツでランニング6選|レディース・メンズのトレーニングタイツ
ユニクロのサポートレギンスのレビューを書いてみました コスパがとても優れていて、トレッキング、ハイキング初心者に最適です サポート力も、有名メーカーの高価なタイツほどではないですが、十分期待できます

 
 

登山 インナー ユニクロ メンズ

メンズのユニクロインナーおすすめは「エアリズムクルーネックT」

男性ならドライEX Tシャツだけでもオーケーですが、インナーに「エアリズム」を使うとかなり着心地よくなります

素材を確認して、キュプラ、コットンの割合がなるべく低い「エアリズム」を探すようにしてください

 
 

エアリズムクルーネックT

ポリエステルがメインの乾き安い「エアリズム」がこちら

(▼エアリズムクルーネックT(長袖))
エアリズムクルーネックT(長袖)
(https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E426195-000/00_)

おしゃれな薄手のインナータイプですが、見せTシャツでもつかえるシルエットなので、ほんと一年中使えます

通年使えると、コスパも高く、1枚だけでなく2枚、3枚とほしくなるインナーです

 
 

おしゃれプチプラ「帽子・靴下・サングラス」でユニクロ登山

帽子や靴・カバン

帽子、靴下など小物の詳細説明はこちら

帽子は防寒や紫外線予防、靴下は厚手のクッションタイプ、サングラスも紫外線が強い季節はあるとストレスが少なくなります


==▼目次==

 
 

ユニクロの登山の「帽子」

登山では紫外線防止、頭部保温、雨の時の視界確保に帽子があるととても助かるので、あったほうが良いですね

山の風は突然つよくなったりするため、森林限界(山頂付近の樹木が少なくなるエリア)では、キツさを調整し強めにフィットさせないと飛ばされます(ボクは帽子5個くらい山の神に奉納しています)

シンプルで普段使いもできるキャップなのでおすすめです

 
 

UVカットストレッチキャップ

登山で帽子おすすめの「UVカット2WAYストレッチキャップ」

(▼UVカット2WAYストレッチキャップ)
UVカット2WAYストレッチキャップ 説明
(https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E435471-000/00)

乾き安くて汗をかく人のための帽子です

(▼柔らか素材が持ち味。ボクのは使い過ぎてちょっとゆがんでます)
ハイキングに最適 ユニクロキャップ

以前はコットンのキャップ(ベストセラー「ツイルキャップ」)しかありませんでしたが、が、こちらはよりアクティブ用になりました

 
 

ツイルキャップ

こちらはおしゃれしっかりの「ツイルキャップ」

(▼ツイルキャップ)
コットンツイルキャップ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/420150/)
(https://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/420150/item/69_420150.jpg)

「ツイルキャップ」はしっかりしていて肌触りよく暖か、軽くてサラッとした感触が登山向けで良いです

▼オンラインストアはこちら
UNIQLO 帽子【一覧】 ≫

 
 

登山のサングラス ユニクロ編|ハーフリムサングラス

ハーフリムサングラス ユニクロ
(http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/406033)

こちらシンプルで丈夫なサングラス

ポリカーボネートを使っていて、衝撃にも耐熱にもとても強いです

 
 
(▼ポリカーボネートとは)
耐衝撃はガラスの250倍という強度の透明プラスチック 透明で熱にも耐性をもっているので扱いやすく、道路の遮音壁やクルマのライトなどに使われています でもやっぱりプラスチックなので紫外線などで劣化しやすいのが特徴
(参考:ウィキペディア「ポリカーボネート」)
 
 

同じく安くておすすめですし、紫外線透過率も1.0%以下です

==登山サングラス ▼目次==

  1. ユニクロのブラカップタンクトップ
  2. エアリズムシームレスVネックブラキャミソール
  3. エアリズムシームレスサポートハイライズレギンス

 
 

ライトウェイトハーフリムサングラス

ユニクロ アイプロテクトハーフリム

ユニクロで購入できる便利でおしゃれなアイウェアです。

安くていいですし、紫外線透過率も1.0%以下

これは、かなりコスパがいいですよね。ボクもお気に入りです

 
 

ブロウサングラス

(▼ブロウサングラス)
コスパなブロウサングラス
(https://image.uniqlo.com/UQ/ST3/AsianCommon/imagesgoods/447020/item/goods_37_447020.jpg)
(https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E447020-000/00)

コスパなちょっとオシャレなサングラス。 これで1,500円なのはほんとオトク

紫外線だけでなくブルーライトもカットしてくれるので、登山だけでなく仕事でも使えます

遊びでも仕事でもつかえるとなると、もっとオトクにコスパになるサングラスです

 
 

登山の靴下[ユニクロ編」

メンズ・レディースに使えるソックスを今回紹介

運動用のちょっと厚手(あつで)のソックスが登山にはよいです

なぜ厚手がよいかというと、足の負担を「厚手のクッション」がサポートしてくれるから
 
「本当にそれを履くだけで、ヒザの負担がなくなるの?」
 

いやこれが結構効くんです

ハイキングで、厚さの違う靴下を履き比べると、厚い靴下の場合家に帰った時のヒザや足首の痛みが少なくなります

メンズ製品はすでに厚いので、1つだけでもいいですが、レディース製品は2枚はくと、クッション性がより増します

おすすめしたい商品ですので、お試しください

こちらもおすすめ▼ 登山靴下「13選」

登山靴下[おすすめと選び方]安価で機能的なレディース・メンズソックス
登山用靴下のオススメと選び方を書きました 登山やトレッキングで使う部位はほとんどが「足」 その足の装備をとことんこだわると、また1歩レベルがあがると思います 参考にしてください

(▼レディース:レギュラーソックス)
レギュラーソックス(クルーテーパー・3足組) 登山用
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/406267-00)

(▼メンズ:パイルラインソックス)
男性用パイルソックス ユニクロ登山に使える靴下
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/421002-00)

(▼オンラインストアはこちら)
UNIQLO ソックス【一覧】 ≫

 
 

ユニクロ ヒートテックソックス

ヒートテックソックス ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/408835)

ヒートテックショートソックス メンズ ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/408835)

夏でも冬でも暖か「ヒートテックのソックス」がおすすめ

夏のハイキングの時や、冷房が効いた部屋での座り仕事にチカラを発揮

冬の場合は、ハイキングで、ささやかですが、温かさを確保(厳冬期や、大汗の激しい登山にはオススメしません)

ヒートテックのタイツと一緒で、レディースもメンズもシーンを選ぶことなく、欠かせない製品となるはずです

これは超おすすめで・・・・と正直言い切りたいところですが、使用するには条件があります

その条件は、2枚以上はくこと

個人的には「大きいサイズを2枚はく」か、「他の厚みのある靴下」と一緒に使っています

1枚だけではちょっと薄くて、登山に使うには「クッション性」がありません

夏ならいいかもしれませんが、春や秋でも1枚だけではちょっと寂しい(さびしい)です(パイル仕様の厚めのヒートテックもあります)

コストパフォーマンスは少し悪くなってしまいますが、オススメしたい方法です

また、丈夫さもちょっと不安です

耐久性がややないのか、すぐ穴があくこともあります

また薄くて暖かさをあまり感じないときもあります

そんなデメリット対策はヒートテックソックスをはいて、大きめで厚めの他社の靴下をはくことです

「ヒートテック」・「外側にはく靴下」両方ともやや大きめを選ぶと足が自由になります

個人的なやりかたですが、キツさがちょっとは軽減すると思いますのでお試しください

▼関連記事(こちらでユニクロの厚手ソックスを紹介していますので参考に)
ユニクロの登山につかえる靴下の選び方|おすすめのソックス選び

ユニクロの登山につかえる靴下の選び方|おすすめのソックス選び
ユニクロのトレッキングに使える靴下・ソックスを紹介 厚手のクッション性があって乾き安いアイテムがおすすめ(その分、耐久性はあまり期待できませんが・・・)

▽関連記事
▼購入するときは「ユニクロ アプリ」が便利です
【無料】ユニクロ アプリ メリット大きい でも【デメリットも大きい】|機種変更法・ライン比較も紹介

【無料】ユニクロアプリ[メリット・デメリット]レビュー|クーポン・機種変・ラインなど
ユニクロ アプリのメリットとデメリット、新規登録のやり方、機種変更やユニクロLINE(ライン)との違いを書きました 評判がいいオトクなアプリですが、動作がやや重く使いにくいのが玉にキズ それをちょっとした工夫でちょっとだけ解消できます 参考にどうぞ 

トップへ戻る