登山の服装 ユニクロおすすめ【レビュー】2019版初心者の山登りウェア

ユニクロ登山 登山の服装 登山 服装・ウェア
スポンサーリンク

】更新

初心者おすすめ「UNIQLO(ユニクロ)」のおしゃれでコーデな「登山の服装」をレディース・メンズで揃えてみました!

登山ブランドってたくさんあって、どの服装にするか悩みますよね・・・そしてかなり高価です

UNIQLO(ユニクロ)の製品は、本格的な登山には向かないアイテムもありますが、カラフルでリーズナブル、アウトドアファッションでとても活躍してくれます

ここでは「選ぶときの注意点」や「おすすめの服装」をレビューしましたので、参考にしてください

(※注意:素材をご確認ください! コットン(綿)のインナー類は乾きにくいので、汗を多くかくアクティビティには向いておりません)

キャラクター アイリスがPCで検索中

ユニクロ登山ウェア=【▼目次】==

  1. 登山ウェアをユニクロから選ぶ理由【コスパで機能的】なところがおすすめ
  2. ユニクロは【登山ウェア】にもチカラを入れているでおすすめ
  3. おしゃれな【山ガール】にはユニクロがおすすめ
  4. 登山ウェアをユニクロで【選ぶときの注意点】は「素材」
  5. ▼ユニクロの登山服装【おすすめレビューその1】
  6. ▼ユニクロの登山服装【おすすめレビューその2】
  7. UNIQLO登山ウェア【登山の服装メンズ】おすすめ
  8. UNIQLO登山ウェア【ハイキングの服装女性アイテム】おすすめ
  9. UNIQLO登山ウェア【ユニクロで子供と登山】
  10. 【比較】しまむらとユニクロはどちらがオトク?
  11. まとめ・登山初心者の行動着とは

こちらはユニクロでショッピングをするときに便利なユニクロの「アプリ」の紹介です

ちょっと動きが重めなところが気になりますが、それをあの手この手で解消する方法を書きました

重さを解消すればオシャレで楽しいアプリなので、参考に記事をご覧ください

▼ ユニクロアプリの詳細はこちら

【無料】ユニクロ アプリ メリット大きい でも【デメリットも大きい】|機種変更法・ライン比較も紹介
【2019年3月22日】更新 「ユニクロアプリ」のメリットとデメリット、新規登録のやり方、機種変更やユニクロLINE(ライン)との違いを書きました 評判が良いお得なアプリですが、動作がやや重く使いにくいのが玉にキズ それをちょっとした工夫でちょっとだけ解消できます 参考にどうぞ 

 
 

スポンサーリンク

登山ウェアをユニクロから選ぶ理由【コスパで機能的】なところがおすすめ

UNIQLO ユニクロの看板

 

 

プチプラでバリエーションも豊かな、UNIQLO(ユニクロ)

このメーカーは、総合衣料品の「生産販売大手メーカー」として、あまりにも有名なショップで、皆さんにとっても、きっとお馴染み(おなじみ)なのではないでしょうか

登山ウェアをユニクロから選ぶ理由を2つ挙げると

  1. (その1)インナーに化繊や毛のアイテムがあって、アウターも丈夫な登山に使える製品があること
  2. (その2)コスパの高いアイテムが多いことです 予算が限られている「初心者の人にこそおすすめしたいウェア」を幅広くあつかっていて、しかも、実店舗展開を広く行っているので、実物を見て買いたい人にも適していること

この2つが最大の理由です

実はこのユニクロ、ハイキングや軽登山を行う服装としても、ぴったりのメーカーなんです

 

ユニクロは【登山ウェア】にもチカラを入れているのでおすすめ

現在ユニクロは、冒険家の「南谷真鈴(みなみやまりん)」さんを「アンバサダー(大使)」に迎えるなど、アウトドアアイテムにチカラを入れているのがよくわかります

ユニクロの特色を、一言(ひとこと)で表現するなら……

 


品質に対する、その「安さ」が最大のメリット

>> オトクなユニクロセール情報はコチラ

 

このコスパの良さが、長きにわたりユーザーから絶大な支持を得ている理由のひとつです

 

「有名登山メーカー」の登山の服装や装備は、「命を預ける道具」としてのこだわりが強く、妥協(だきょう)が少ない分、とても高価なものが多いです

そのため、一般的に上級な装備を見ていると、「登山」は敷居(しきい)が高く、趣味として始めにくいと思われがちです

しかし、今回ご紹介する「ユニクロ」のように、軽登山・トレッキングには十分使えるレベルの、安くて手を伸ばしやすい服装・装備は、実はたくさんあるんです

おしゃれな【山ガール】にはユニクロがおすすめ

おしゃれ山ガール

女性は、男性と比べると特におしゃれに敏感で、登山は「登頂」という目的はあるものの、その過程も大事と考える人が多いように感じます

ユニクロのアイテムはすでにタウンユースに使っている人が多いので、登山の服装をコーディネートする場合でも、ストレスがありません

ハイキングの服装などで、ちょっとした可愛いコーデやファッション性があるカラフルなスタイルで、ほかの人と違いを出して過程を楽しむのも「山ガール」ならではですね

そして、安くて機能性を保っているウェアが多い「ユニクロ」はタウンユースのカジュアル用品が多くて、ほかのアイテムと合わせやすく、トレッキングやハイキングに便利です

例えばカジュアルにもスポーツにも使えるジョガーパンツや、レインウェアとしても使えるブロックテックパーカに、ドライEXプリントクルーネックTなどは、コスパで機能性が高く、かつデザインもカラフルな良品の一部です

ユニクロアイテムは、レディース、メンズいずれにも人気は高く、そして種類も豊富で、軽い登山であれば「全身ユニクロ」でのコーディネートができてしまうくらいバラエティに富んでいます

トレッキングだけでなく、幅広いアクティティに関連した製品もあって、こちらのジム・ラン系のアイテムも充実

▼ユニクロスポーツ ラン&ジムにおすすめです

ユニクロスポーツ 服・スタイル2019レビュー|ジム・ラン・トレッキングにもおすすめ
【2019年6月15日】更新 ユニクロのスポーツ部門に「アクティブ商品ラインナップ」がまとめられています ハイキング・トレッキングに適しているというよりは、ランニングやフィットネスに最適なウェアが多いですね その中からおすすめの商品を、レディース・メンズ・キッズに分けてピックアップして紹介します

今回はそんなユニクロの商品ラインナップから、軽い登山やトレッキングで使える、おすすめのアイテムをご紹介していきます

安くて機能面も充実したとっておきのセレクトアイテムをご覧ください!

 

 

登山ウェアをユニクロで【選ぶときの注意点】は「素材」

注意のエクスクラメーションが書いてある黒板を女性が持っている

「登山ウェアをユニクロで 選ぶときの注意点」、それは同じシリーズの製品でも、コットンだけの製品や化繊が入っている製品もあるので注意が必要ということです(特にインナーは化繊か毛を使っているか確認して購入が必要)

ユニクロの製品はコスパが高くてトレッキングに使えるものが多いですが、「環境が厳しい登山」で使えるような製品は少ないことも事実です(※まったく無いわけではありません)

そのため、本格的な登山ではなく、比較的距離が短い1,000m以下の山など、トレッキングやハイキングなどで使うことが望ましいです

 

機能に「速乾」と書いてあったとしても、一度「ユニクロオンラインサイト」を使って、その素材がコットンなのか、化繊(ポリエステルなど)なのかを確認してください

個人的な印象ですが、コットン(綿)が70%より多く使われている場合は、かなり乾きにくい印象があります

シリーズ名だけで安易に判断をしてしまうと、失敗する場合があります(例えばジョガーパンツなどは綿100%や化繊のパンツが混在しているので注意です)

また、登山特化で作られている製品ではないので、自分で素材を見て機能性などを判断しないといけないのもデメリットと言えるかもしれません

それらを注意していれば、ユニクロ製品は優秀でコスパもいいので、とても助かるアイテムが目白押し(めじろおし)です!

 

製品の性能を確認するのに、私自身がやっているおすすめの方法は、登山やトレッキングの際に「一部だけ」ユニクロ製品を使ってみること

たとえば私の場合、ヤブがひどい山を登るような時などは、インナーを他メーカーの高価で機能性も高い製品にして、外側をユニクロで揃えます

もし仮に破れても汚れても、それほど懐(ふところ)が傷まないので、よく使っている手法ですね

それ以外にも、使い方はいろいろあるので、参考にしてみてください

 
 

ユニクロの登山服装【レビューその1】=▼目次==

ユニクロの登山に使える服を【レビュー】まとめました

【レビューその1】=目次==

  1. ▽レビュー【パーカ編】
  2. ▽レビュー【アウタージャケット編】
  3. ▽レビュー【インナー編】
  4. ▽レビュー【ヒートテック編】
  5. ▽レビュー【サポートタイツ編】
  6. ▽レビュー【化繊保温着】はまだ……?
  7. ▽レビュー【ダウンジャケット編】
  8. ▽レビュー【トレッキングパンツ編】
  9. ▼【レビューその2】に進む


▲目次トップに戻る


参考:ユニクロ

基本は「化学繊維」が中心ですが、アンダー以外であれば、「綿(コットン)」が一部入っていても、トレッキング程度であればOK

コスパも優れているので、たのしく選ぶことができます

サポートタイツ、ブロックテックパーカ、トレッキングパンツなどが人気で、売り切れになる場合もあるようです

上下すべて揃える(そろえる)と「全身ユニクロ」の完成です

好みによって、一部のみユニクロアイテムを使うやり方もあるので、参考にしてください

ユニクロ登山服装おすすめレビュー【パーカ編】

 
 

お出かけにもトレッキングにも使えるパーカで、コットンが少なく、乾きやすいパーカを中心に紹介します

肌寒いときメンズ・レディースにおすすめなのは「ドライストレッチフルジップパーカ」


(▼ドライストレッチフルジップパーカ)

UNIQLOドライストレッチフルジップパーカ(青)を若い男性が着ている
出典:ユニクロ

 

 
 

やや厚手でストレッチのある、「春・夏・秋・冬」の4シーズン使い回すには、ピッタリのパーカです

立体裁断(りったいさいだん)なので、関節の部分がとても動かしやすく、スポーツや激しいアクティビティにも最適です

トレッキングやウォーキングにも、立ったりしゃがんだりの動作が「ストレスフリー」でとても快適!

100%のポリエステルではなく、コットンが含まれているので汗抜けが心配でしたが、ドライ機能のおかげで問題はありませんでした

綿の肌触りとポリエステルの暖かさ、そして汗抜けの良さが際立つおすすめ商品です

 

デメリットを強いて(しいて)言うなら、かぶっていなくてもフードが立ってしまうので、暑いときは少し邪魔に感じられるかもしれませんが、逆に風があるときは、しっかりとフードが防いでくれるので、とてもありがたい存在になります

また、動きに対するストレスはそれほど感じませんが、ややゴワゴワ感があります

部分的に素材を直線的に作ってあるので、それが突っ張って感じるようです

しなやかなイメージで購入すると失敗するかもしれません

 

サイズ感はそれほど大きな差はなく、身長にマッチしたプロダクトに仕上がっています

タイトな感じはなく、レギュラーフィットで中庸(ちゅうよう)的なサイズ感です

 

ポケットのファスナーもあるととても便利

あまりかさばる物を入れて運動することはありませんが、サッと入れてファスナーをあげておけば、スポーツのときに、大事な物を落としたりしません

手袋やカギなどを入れておくには便利な機能ですね

個人的にこのポケットファスナーはとてもありがたく感じています!

物を落としてしまうことが多いので、こういうちょっとした機能がとても重要

逆に入れっぱなしで洗濯してしまうこともあるので、ここは注意が必要ですね・・・

 

カラーによっては化繊とコットン(綿)の割合が異なる製品もあります

買う場合は、素材をよく確認して購入したほうがいいですね

2018/11現在では「Dark Gray(ダークグレイ)」がややコットンの割合が多いようです

ダークグレイも「速乾」ですが、汗を大量にかくようなアクティビティをする場合は、それ以外のカラーを選んだ方が、やや汗抜けはいいのでオススメです

(▼ドライストレッチフルジップパーカは白もステキ)

ユニクロ ドライストレッチフルジップパーカ 全体画像 

(▼生地の質感はきめ細かくて、サラサラ)

ユニクロ ドライストレッチフルジップパーカ 生地質感画像

 

¥3,990 +消費税(2017/12/23)

 

【商品説明】

立体裁断でボディラインに自然にフィット!スポーツにもタウンにも映える高機能パーカ。

・ハリ感のある中肉素材のスウェットで、スタイリッシュな質感に。
・シンプルなボディにブラックで統一したジップやパイピングがクールなアクセント。
・マットな質感とステッチが目立たない設計なのでタウンにもなじむ。
・フードはかぶっていない時でも立体的で存在感たっぷり。
・ストレッチ素材かつボディラインに自然にフィットする立体裁断なので、動きやすさは抜群。
・汗が乾きやすいドライ機能付き。

 


▼オンラインストアはこちら
UNIQLO ドライストレッチパーカ【一覧】 ≫

 
 
 
 

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400977)

メンズ・レディースおすすめの肌触りもいいスウェットフルジップパーカ(長袖)

(▼スウェットフルジップパーカ(長袖))

UNIQLOスウェットフルジップパーカ(長袖)

スウェットフルジップパーカ メンズ ユニクロ

出典:ユニクロ

 

その名のとおり、「スウェット」の肌触りの良いパーカです

「綿」の部分が多いので、汗を大量にかくようなアクティビティには向いていませんが、ハイキング程度の運動にはおすすめしたいパーカです

生地の「綿(コットン)」がやさしく全体を包んでいるので、肌触りはピカイチ!

優しさ満点のリラックスシェイプで、立体裁断にはない余裕と動きやすさが持ち味です

スウェットフルジップパーカは、カラーバリエーションも豊富で、着るのがとても楽しく、またベーシックなのでどんな服にも合わせやすいパーカで、オシャレが引き立ちます

個人的には、薄手でサラリとしているので、重ね着用に使いたいラインナップですね

ハイキングや、平坦な場所のトレッキングに向いているので、登山初心者にはとても使いやすいパーカだと思います(コスパがいいのもポイントです)

汗をたくさんかくような運動では、汗抜けがなかなか難しいので、その点には注意が必要ですね

 

ハイキングでおすすめをしていますが、余裕のある雰囲気が「部屋着」にもいいかもしれません

シンプルがデザインがほかの服と合わせやすいので、そのままタウンユースに使えるのもありがたいです

 

注意することは、綿(コットン)の部分が多いため、洗濯で乾燥機にかけてしまうと「縮む恐れ」があるということ

できれば自然乾燥がいいと思います

低温乾燥を使っても、1回では目立つほど縮まなくても、やっぱり何回も乾燥機を使うとそれなりに縮みます

縮んでサイズが変わってしまうと、お気に入りで着ていた服も疎遠(そえん)になってしまいます

乾燥は注意したほうがいいですね

 

¥1,990 +消費税(2018/4/1)

【商品説明】

ボディラインを拾わないシルエットになり、トレンド感のあるパーカに進化。

・2018年春夏シーズンと比較して、少し厚めで滑らかな生地に変更することで、よりきれいな仕上がりに。

・フードのパターンをより綺麗で立体的なフォルムに修正。

・カジュアルなステッチワークを部分的に使用。

 


▼オンラインストアはこちら
UNIQLO スウェットパーカ【一覧】 ≫

 
 
 
 

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/413677)

 
 
 

よく乾く!メンズ・レディースにドライEXフルジップパーカ

ユニクロ ドライEXフルジップパーカ

出典:ユニクロ

 

薄手で、化繊「ポリエステル100%」のパーカです

ユニクロのほかの薄手のパーカには、「ポリエステル100%」という素材が意外に少ないので、個人的にはかなり実用的な商品だと言えます

ユニクロのほかのパーカは、綿などが「混毛」しているものが結構多いんです

私も散々悩み迷った末に、この「ドライEXフルジップパーカ」に行きつきました

 

綿(コットン)が入っている製品が悪いわけではありません

コットンが入っていると肌触り(はだざわり)がよく、着心地(きごこち)がアップします

そのために、子供のグッズを中心に「コットン」製品の人気は高いです

 

私が化繊にこだわった理由は、やはり「乾きが速い」ことが主な理由!

そのほかにも「洗濯がラク」という理由も化繊を選ぶポイントです

どうしてもコットン製品は乾燥機などを使うと「縮み」が気になります

化繊の場合は「伸びる」ことはありますが、「縮む」ということはあまりないので、ありがたいです

そのような理由から、なるべく「化繊」の製品を主に探すようになっていました

 

今回選んだドライEXフルジップパーカは、速乾性も高いですが、なによりポリエステルとは思えないほど、肌なじみの良い着心地で、コットンに近い仕上がりがうれしいところでした

肌触りもとてもしなやかで、化繊の冷たいイメージとはかけ離れた着心地がGOOD

「ポリエステル100%」と聞いて、サテンのような感じを思い描いていたので、これはとてもうれしい誤算でした

スポーツで一番蒸れる(むれる)「わきの下」はメッシュ素材になっていて、汗抜けも抜群(ばつぐん)です!

激しいスポーツをしていても簡単に汗が蒸発してくれるので、いつでもサラリとした着心地(きごこち)が、かなりクセになります

 

デメリットは、「重さ」でしょうか

全体的に、やや重たく感じました

しかしこれも大したデメリットではなく、軽登山やトレッキング・キャンプなどのアウトドアやタウンユースでは、気にならず着用できると思います

もう一つはポケットに「ファスナーがない」ことは個人的にちょっと残念です

あまり気にならない人にはデメリットにならないのですが、落とし物防止にファスナーは私にはとても必要な機能でした

それ以外は申し分ないのですが・・・・

 

それでもデメリットはいくつかありましたが、一番のメリットは、やはり速乾性

乾くスピードはとても速く、洗濯して、陰干しでも半日で乾くので感動します!

 

トータルすると個人的には、普段着にも山にも使えるヘビーユーズドのパーカとして、満足度の高い製品でした

(▼EXパーカ)

ユニクロEXパーカ 全景

 

(▼左がメッシュ・右が厚みのある生地です)

ユニクロEXパーカ のポケットのアップ

 

 

¥2,990 +消費税(2017/11/3)

【商品説明】

すばやく汗を乾かすドライEXを使用!ポケット裏地もメッシュにしてさらに涼しく。

  • 素材:100% ポリエステル
  • どんなに汗をかいても驚きの速さで吸って乾かし、すぐサラサラの肌触りに。
  • サラリと軽く、爽やかなのでちょっと羽織りが欲しい時に便利。
  • 機能性だけでなくデザイン性も高いので、スポーツはもちろんレジャーにも大活躍。

 


▼オンラインストアはこちら
UNIQLO ドライEXパーカ【一覧】 ≫

 
 
 
 

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/415261)

 
 
 

メンズ・レディース ポケッタブル パーカー

ユニクロ ポケッタブルパーカを着たレディース

ポケッタブルパーカ メンズ ユニクロ

出典:ユニクロ

 

 

生地が最小限にまで薄くなっている「超軽量パーカ」

その「UNIQLOのポケッタブルパーカ」の大きな特徴は、下記のとおり2つあります

 

  1. 化繊仕様(ポリエステル)
  2. 薄さ(30デニールの軽量素材)

 

この2つの特長がとても優秀で、いろいろなジャケットやアンダーと一緒に使うと、よりチカラを発揮してくれます

薄いので、ほかの服とも合わせやすく、「春・夏・秋・冬」いつでも使えてとても便利でコスパもいいですね

生地が薄く、防寒性は期待できませんが、、雨や水をはじく機能、「撥水性(はっすいせい)」があるので、急な雨や強風などの場合もとても助かります

軽さと耐水機能を考えると、登山を少し意識している製品のような気がします

この機能面を考えると、トレッキングでも十分使える仕様です

ほかのメーカーも、ウィンドブレーカーに撥水加工をしたような、軽くて薄いパーカを出してきていますが、ここまで安い製品はないですね

そして、これもポリエステルなのに、肌触りが抜群なんです!(女性にやさしい肌触りです)

これは、山だけでなく「家で寝るとき」に使ってもみたのですが、まったく違和感(いわかん)がありませんでした

乾き具合も、とても速い!!

洗濯してから、3時間の陰干しで乾いてしまいましたから、かなり速いと思います

 

デメリット的なところと言わせてもらえれば、「サイズ感がタイトフィットではない」ところが個人的にもう一押しと感じました

機能的には十分なのですが、ややダブつく感じがおしいところで、特に腕回りのダブつきはちょっと気になるところ

せっかくのコンパクト設計なので、シルエットももう少しタイトにしてもらうと、イメージどおりになるのかな・・・と思うのは贅沢(ぜいたく)な悩みかもしれません

 

そんなダブつきも、機能的なメリットをしのぐほどのデメリットではありません

「乾き」と「撥水」は優秀です

とにかくトレッキング初心者には、リュックの中に「1着ある」と、大変便利な最適装備なので、参考にしてみてくださいね

ユニクロポケッタブルパーカ 全景

 

 

¥2,990 +消費税(2017/10/30)

【商品説明】

いつでもどこでもすぐに羽織れる!バッグに入れておくと役立つ軽量撥水パーカ。

・多少の雨水ならはじく耐久撥水加工をプラス。
・薄くて軽いのに、強度があって丈夫なリップストップ生地を使用。
・ウエストは少しシェイプさせているので、すっきりとして女性らしく見える。
・腕が動かしやすいように、袖の内側と脇の部分を1枚の生地に。
・折り畳み傘代わりや天候の変わりやすいアウトドアに便利。
・コンパクトなサイズで持ち歩けるポケッタブル仕様。

 


▼オンラインストアはこちら
UNIQLO ポケッタブルパーカ【一覧】 ≫

 
 
 
 

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/190719)
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/404361)

 
 
 

レディース エアリズムUVカットメッシュフルジップパーカ(長袖)

エアリズムUVカットメッシュフルジップパーカ(長袖) ユニクロ

出典:ユニクロ

 

 

ポリウレタンが少し入った、保温性とストレッチがあるパーカです

「エアリズム」の名前のとおり、空気のような軽さ、そしてストレッチがあるので、いろいろなアクティビティに向いています

カラーも「12色」あって、オシャレなレディースにも人気のある製品です

価格もリーズナブルなので、例えば2枚購入して、部屋着、アウトドアと気分によって着こなしを変えてみることも「アリ」ですね

見た目は、目の細かいメッシュ素材でドライな感じですが、実は寒い時期に着ても暖か

袖(そで)の部分に親指を通す穴があって、これが「春・秋では保温性」、「夏では紫外線防止」にとても有効です

 

また、「キュプラ」と言われる、レーヨンに似た素材を使っているのも特徴です

この素材は、「吸湿性」と「放湿性」があり、女性にうれしい「静電気が起きにくい」という機能もついています

夏用の日焼け対策としてメインに使われる方が多いと思いますが、静電気を防いでくれる機能を考えると、重ね着などをすれば、寒い時期でも十分活躍してくれます

となると、寒い時期のハイキングでもサラリと着ることでき、コスパもよく、登山初心者にはおすすめですね

 

メリットが大きいので、デメリットは特にないようにみえます

ですが、公式サイトの口コミをみると、サイズ感にやや難があるようで、腕の部分が比較的長くて、丈(胴の部分)が短く、着こなしに苦労している人がいるようです

このアイテムは、機能だけでなく、シルエットをよりスタイリッシュに見せるため、あえてそうしているのですが、あまり過剰(かじょう)になると、アウトドアではあまり使えなくなってしまうので、ほどほどにしてほしいですね

またメンズ製品もありますが、内容がやや異なります

素材も、「コットン」が中心のアイテムで肌触りはいいですが、乾きは遅くなります

メンズアイテムは「UVカット」もあって似ているように見えるのですが、素材から考えると、「エアリズムUVカットメッシュフルジップパーカ」と比べると、汗を大量にかくようなスポーツには向いていないようです

 

¥1,990 +消費税

【商品説明】

快適機能を満載した、軽くて爽やかなパーカ。細部までこだわり満載で1枚あると便利。

・ドライや接触冷感などの快適機能が満載のエアリズム素材を使用。

・日焼けから肌を守るUVカット機能をプラス。

・ストレッチ性やドレープのある生地特性に合わせた特殊な縫製でシワや縫い縮みを減らし、完成度アップ。

・前脇部分で切り替えを入れることで、縫い目を利用したスラッシュポケットをプラス。

・後脇の分量を調整することで、シンプルながら、女性の体にきれいにフィットする立体的なシルエットを実現。

・切り替えの位置や角度にもこだわり、視覚効果による細見えも演出。

・袖口には親指を通す穴をプラス。

・裾、袖口、フード端に、バインダーテープを採用し、運動時にも生地が遊ばないように、身体や袖口に沿う設計。

・袖くりにはナイロンテープを施し、シルエットをキープさせ、耐久性をアップ。

・特殊なステッチと糸を使うことで、肌当たりを軽減させ、着心地の良さをアップ。

 


▼オンラインストアはこちら
UNIQLO エアリズムパーカ【一覧】 ≫

 
 
 
 

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/404086)
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/411682)

こちらで紹介した以外にもユニクロのパーカは数多くそろえられています

どれもコスパが高くて、オススメです

直接肌にさわることがないので、素材にコットンが使われていても、トレッキング程度なら全く問題ありません

コットンは肌触りがいいので、濡れには弱いですが、着心地(きごこち)が良くなります

こちらで▼登山で使えるユニクロパーカをまとめていますので、参考にしてください

【レビュー】UNIQLOパーカー登山におすすめ【13選】2019版
【2019年3月25日】更新 お出かけやアウトドアで使える「ユニクロ パーカ」をレビューしました 日常でもアウトドアでもユニクロ製品をよく使いますが、なかなか「素材」や「向いているシチュエーション」はあまり気にしないことが多いですね 今回はそれをわかりやすく、「クチコミ」を含めて紹介したいと思います

≫登山のユニクロパーカ


▲目次トップに戻る

 
 

ユニクロ登山服装おすすめレビュー【アウタージャケット編】

現在、アウター関連のユニクロラインナップは、ファッション性を重視したものが多いようです

そのためトレッキングにも使えるような、「汗の処理」や「丈夫さ」を兼ね備えている商品は、これまでなかなかありませんでした

冬でも使えるような、しっかりとしたアウター出てくることを密か(ひそか)に期待していましたが、ようやく雪山でも使えるような「ハードなアウタージャケット」が出てきました

これからますます、アウトドアやトレッキング向けの製品が、ユニクロで登場することを期待したいです

 
 

トレッキングにメンズ・レディースおすすめ マウンテンパーカ

 

ユニクロ マウンテンパーカ

出典:ユニクロ

 
 

その名のとおり、アウトドア用の撥水(はっすい)パーカです

素材は混毛で、「コットン(綿)」と「ナイロン」がほどよく混ざっているので、肌触りと機能がちょうど良いバランスでベストマッチした製品

動きやすく、それでいてファッショナブルで、美意識(びいしき)の高い人でも満足できるのではないでしょうか

シルエットもダブつきがなく色合いもオシャレなので、こちらの口コミのように、レディースとしても使うことができてうれしい、おすすめの商品です!

 

【UNIQLO 口コミより】

メンズのデザインが好きなのでこれを買いました。メンズのSでちょうど良かったです。
かっちりし過ぎずカジュアルになりすぎず気に入っています。
春は寒い日も多いので重宝します。縫製もきちんとしてあって、品質がいいと思いました。
ユニクロさんはサイズがたくさんあって、レディースもメンズを着ることができて嬉しいです!

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/404368)

 

中綿(なかわた)を使った保温機能はそれほどありませんので、完全なる冬山用というわけにはいきませんが・・・・・

それでもコスパにも優れていて、丈夫で撥水機能があるので、雪山ハイキングに適したアウターとしては期待できると思います

無雪期(雪がないシーズン 春・夏・秋)で使う場合は、比較的軽量のブロックテックジャケットがおすすめです

コチラのジャケットは、「マウンテンパーカ」と比べると防水機能と軽量性がメリットなので、レインウェアとして使うこともできます

 

マウンテンパーカのデメリットは、素材や機能ではなく、「オンラインでしか売っていない」ことなんです

残念ながら、実店舗では販売してないんです

個人的に直接着て買いたい派なので、ここはちょっと残念ですね

とりあえず購入して、サイズが合わなければ返品交換をすることになります

ユニクロは3か月までは交換できるので、ありがたいですね

返品に必要なものは「製品」と「レシート」「クレジットカードなら利用明細書」です

買ったらすぐサイズチェックしてみてください

 

デメリットもありますが、素材が丈夫で、アウトドアを意識したアウターはとても貴重です

ユニクロは、全体的にタウンユースなアイテムが多いので、この「マウンテンパーカ」の存在はありがたいですよね

購入の参考にしていただきたいです

 

 

¥5,990 +消費税

【商品説明】

アウトドアに映える色味や素材、ディテールなど全てをアップデート!本格を追求した1着。

・風合いの良さも機能性も兼ね備えた、コットン60%、ナイロン40%の混紡生地を使用。

・多少の雨や水ならはじく耐久撥水仕様。

・袖は昔ながらのラグランスリーブに変更し、動きやすさをアップ。

・袖の中心に切り替えを入れ、もたつきのないシルエットに改良。

・フロントは段差のないデザインに変え、軽やかな印象へとアップデート。

・表地と裏地で別カラーにして、さりげないアクセントに。

・伝統的なデザイン、素材を使用しているのでアウトドアスタイルにも使える。

・当商品は、オンラインストアのみでの取り扱いとなります。

 


▼オンラインストアはこちら
UNIQLO アウターパーカ【一覧】 ≫

 
 
 
 

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/404368)

トレッキングやハイキングにはユニクロのアウターがオシャレで似合いますが、2000m級の山や寒冷な時期の登山には、気合の入ったアウターがオススメです

初心者には中綿(なかわた)がないアウターがレイヤリング(重ね着)しやすいのでオススメです

▼登山のおすすめアウターを9選まとめました

登山のアウタージャケット【9選】冬にも夏にもメンズ&レディース版の服装紹介
【2018年12月12日】更新 登山服装のアウター(レディース・メンズ)で冬も夏も4シーズン使える製品をまとめました レインウェアにも使える透湿防水機能装備のジャケットをブランドごとにわけてみましたので 参考にしてください

≫登山のアウターはこちらがおすすめ

中綿(なかわた)がないと不安な人や、脱いだり着たりが面倒なひとは、化繊で濡れにも強いこちらもオススメの一つです

▼「ダスパーカ・ハイパーパフフーディ」

【ダスパーカ・ハイパーパフフーディ】パタゴニア2019|登山アウターの服装おすすめ
【2019年2月7日】更新 寒がりの自分には、これ無しではいられない「ダスパーカ」という、化繊の中綿が入っているパーカーです。 2018年の冬バージョンは名称が「ダスパーカ」から「ハイパーパフフーディ」にモデルチェンジしたようですが、内容は完全にダスパーカと同等 冬に着ると山小屋のようなパーカなのでご参考にどうぞ

こちらは、大汗(おおあせ)をかいても暖かいのでとても便利

中綿付きのアウターはコンパクトになるととても便利なので、それを意識して選ぶと登山がとても楽しくなります

 


▲目次トップに戻る

 

 

ユニクロ登山服装おすすめレビュー【インナー編】

 
 

メンズ・レディースに速乾インナーがおすすめ ドライEX T

 

ドライEXプリントクルーネックT

出典:ユニクロ

 

ユニクロのアイテム中でも、「最も早く乾く製品」のひとつ

トレッキングやハイキングをするには、ポリエステル100%のシャツを選ぶことがとても重要で、化繊は洗濯で多少雑(ざつ)に扱っても傷みにくく、冬でも一晩あれば完全に乾くのでとても楽チンです!

山では、衣服が濡れることで低体温症にならないためにも、「速乾はとても重要」なんです

 

またポリウレタン無しで「ストレッチ性」があるので、とてもありがたいです

ポリウレタンを使った服は、伸縮性が高くて、クライミングや激しいスポーツにとても合いますが、「反面劣化しやすい」んですね

デメリットとして、下記のような特徴があります

・ポリウレタンは時間経過とともに劣化する性質がある。
・ポリウレタンの劣化は着用環境、条件、洗濯(クリーニング)条件などによって促進される。

出典:日本繊維製品クリーニング協議会
(https://nichisenku.jp/accident/jiko05/)

どうしても3年くらい経つと切れて白く浮き出てきたりすることがあります

通常の糸の中では、かなり劣化しやすい糸です

そのポリウレタンを使っていないので、比較すると耐久性がありながく使うことができます

それだけより高コスパなアイテムでたすかりますね

 

デメリットをあげるなら、「透けてしまうこと」

口コミでこれを書いている人がいました

自分が買ったものを見てみると、確かにやや透けるかもしれませんが、個人的には気になるほどではない程度だと思います

気になる人はちょっと注意がほしいかもしれませんね

 

ドライEX Tは値段もとても安いので、一度に2枚くらい買ってしまいそうです

ぜひ、参考にしてください

(▼夏はもちろん冬でも「サラリ」)

UNIQLO Tシャツ ドライEXクルーネックT 全景

 

(▼生地は100%ポリエステル 陰干し半日で乾きます)

UNIQLO Tシャツ ドライEXクルーネックT 生地の質感

 

化繊でドライな「ドライEXクルーネックT」もいいですが、こちらの「ウール」素材のシャツもオススメです

ウール(毛)は乾きはそれほど早いわけではありませんが、調湿効果(湿気を調整する機能)があるので、肌に優しいのが特長の一つです

また濡れても暖かで臭いも防止してくれる特長もあって、寒冷な時期や小屋泊・テント泊をするときには活躍してくれます

▼モンベルオススメのスーパーメリノウールシャツはコチラ

【レビュー】モンベル「メリノウールシャツ3選」登山服装の感想と機能
【2018年7月日】更新 スーパーメリノウール ラウンドネックシャツ【コスパ最強】モンベルのアンダーウェアを調べてみた 登山初心者にオススメの「ウール素材のアンダー」を紹介します

ボクも有名なアウトドアライター「ホーボージュン」さんのオススメ記事を見て買いました

1年中着てもヘタらないし、暖かいアンダーです

参考にしてください

 
 

¥1,500 +消費税(2017/10/30)

【商品説明】

超速乾ドライEXをメッシュ編みにしてさらに涼しい。

・今季のアップデートポイントはココ!ストレッチ性をアップさせ、さらに動きやすく。

・編み方を調整したことで襟の固さが自然な風合いに。

・肩のラインとアームホールの縫い目がなめらかで肌当たりが良い。

・超速乾素材であるドライEXで、サラッとした肌触りをキープ。

・汗をかいた後のにおいを抑える抗菌防臭機能をプラス。

・前面はカジュアル見えする天竺編み、後ろ面と両脇は総メッシュにすることで通気性アップ。

・強すぎない杢カラーなど、カジュアルスタイルに使いやすいカラーをラインアップ。

・襟裏のネックテープにカラーラインを入れて、さりげないデザインアクセントをプラス。

・アクティブにもスポーツにも日常にも、あらゆるシーンで使えるLifeWear。

 


▼オンラインストアはこちら
UNIQLO ドライEX T【一覧】 ≫

 
 
 
 

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/40414700001)
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/414347)

 
 

メンズ・レディース シームレスTは着ていることを忘れます

ユニクロ エアリズムシームレスT

出典:ユニクロ

 

エアリズムシームレスTは「化繊のTシャツ」で、たとえ汗をかいても、その乾燥の早さが大きなメリットです

そして、コスパの良さは登山初心者にはとてもありがたいのですが、うっかり何枚も買ってしまい過ぎないよう、ちょっと注意が必要ですね

薄くてシームレス(布のつなぎ目が目立たない)なので、女性には特におすすめですよ

メッシュ加工をしていると透けてしまうこともありますが、こちらは目地がしっかり詰まっているので、透けることはありません

そして軽さもメリットで、着ている感じが忘れてしまうほど

消臭効果もあって、汗をかくアクティビティにも適していて、透けてしまうようなトップを着る場合に、このシャツを重ねると効果大です

また、肌寒いときにもう一枚着たいけど、やっぱり動きにくくなることがイヤな人、この「エア」な着心地と風合いのあるシャツは、そんな人には特にオススメしたいです

 

デメリットは「ナイロン」を多く含むアイテムなので、ほかの製品より「静電気」が発生しやすいことです

冬には静電気がおこりやすいので、やや適していないかもしれません

そういう意味では、暖かい時期にレディースにおすすめということになりますか・・・

(▼首回りがシームレス)

ユニクロ シームレスVネックT   首回り近景

 

ユニクロ以外でこれに近いアイテムと言うと、ファイントラックのスキンメッシュがそれにあたります

特別な編み方と化繊系の素材で「保水しない」=「冷たくならない」のが強みで、上級用のインナーです

しかし機能は素晴らしいのですが、価格は2倍くらいします

初心者には高価かもしれませんが、それでもインナーは大事なので、本気の登山をするときには一度は手に取ってほしいです

▼スキンメッシュの詳細はコチラです

ガチ登山インナー【スキンメッシュ】パワーメッシュ・ドライナミックメッシュ服装比較
【201811月20日】更新 登山のインナー「ファイントラック スキンメッシュ」評判・レビューをかきました レディースおすすめの優しいサイズ感でマラソン・ランニングにも最適 同スペックでパワーメッシュ・ドライナミックという製品もあります 参考にしてください

 

¥1,990 +消費税(2017/11/29)

【商品説明】

シャツやTシャツの下に着ても縫い目なしで透けにくい!軽くて涼しく着心地の良さも抜群。

・今季のアップデートポイントはココ!インナーとして使いやすいフィット感にアップデート。

・キメの細かなマイクロ糸を使用しているので、抜群になめらかな風合いで着心地が良い。

・特殊な編み構造にして、より高い通気性を実現。

・ドライや消臭など、快適をつくる機能をプラス。

・ネックライン、袖口の縫い目がないので、アウターにひびきにくい。

・ストレッチ性が抜群なので、動きやすく快適な着心地。

・透けにくいカラーをを中心にラインナップ。

・軽くてストレッチ性が高いので、シャツはもちろん、ネックラインが広いTシャツのインナーとしても使える。

 


▼オンラインストアはこちら
UNIQLO シームレスT【一覧】 ≫

 
 
 
 

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/403527)
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/406337)

 
 

 

メンズにもレディースにもおすすめ エアリズムメッシュ T

ユニクロ エアリズムメッシュクルーネックT

出典:ユニクロ

 
 

ユニクロのエアリズムは空気のようなイメージのブランドです

風合いが優れていて、ドライでストレッチが効いている抗菌消臭のシリーズ

軽くてシンプルな作りからは想像できないほどの多機能性があります

こちらも化繊のTシャツで、速乾性はバツグンです!

この商品も安いので、やっぱり何枚も買ってしまいそうになりますね

男性向けの商品なので、レディースの製品のように「UVカット」の効果がついていないのは残念ですが、コスパと機能を考えるとなかなかの良品です

 

次に口コミを見てみると、レディースの購入者がチラホラいますね

そうなんです メンズ製品なのに、レディースが購入しているんですね

これはユニクロの製品ではよくあることなんです

逆にレディースものを男性が買っている場合もあります

ユニクロは、微妙なところでメンズとレディースの製品が異なることが多いため、こういうことがよく起こります

そしてユニクロは、メンズ・レディースもののサイズがたくさんあるので、サイズさえ合えば性別は関係なく服を購入することができます

今回のエアリズムメッシュクルーネックTも女性の購入が多いです

デメリットは、メリットとして通気性に貢献(こうけん)している「メッシュ加工」です

インナーとして人前で出さなければ問題ないですが、結構透けます

これが涼しさの要(かなめ)なので、難しいところ

購入の際には気をつけたいところですね

ユニクロ メッシュクールネックT  首周り近景

 

 

¥990 +消費税(2017/10/30)

【商品説明】

より軽く、色味も深く、通気性は2倍、速乾性もアップ!涼感メッシュクルーネックT。

・「着心地ゼロ」を目指し、軽量化と2倍の通気性、速乾性能アップに成功。

・メッシュ生地ならではの抜群の通気性なのでムレにくく、サラリと涼しく快適に過ごせるのが魅力。

・汗をすぐに乾かすドライやにおいを防ぐ消臭や抗菌防臭などの快適機能も満載。

・いろいろなコーディネートに使いやすいクルーネック。

・半袖なのでよりすっきり涼しい着心地。

・セミダル糸に変更し、白はより白く、黒はより黒い色味に。

 


▼オンラインストアはこちら
UNIQLO エアリズムT【一覧】 ≫

 
 
 
 

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/182498)

 

 
 

登山の服装 ユニクロのレディース エアリズムレギンス

エアリズムレギンス ユニクロ

出典:ユニクロ

 

トレッキングというよりは、「ランニング」に適しているレギンスです

機能面を考えると、低山の軽登山に向いている製品だと言えるでしょう

暑さと紫外線を防止してくれるので、夏でも日焼け防止に使えて、レディースには大変うれしいですね

公式サイトの口コミを見てみると、試着無しで購入している人が多いようです

「価格が安いので失敗してもいいや・・・」

と思って買うのかもしれませんが、試着は大事です

家に帰ったときのガッカリ感が違います

現に「エアリズムレギンス」はサイズ感がややイメージと違うようで、購入者は苦労しているようです

具体的にいうと「やや大きめ」のようですね

ちょっと「ゆるかったり」、「もう少しサイズダウンしてもよかったかも・・」という人がチラホラいます

 

やや大きめと感じる理由は「伸縮性」です

このレギンスは伸縮性が高く、そして、圧力が空気のように軽いのでそう感じるようです

その圧力の弱さは「メリット」でもあり「デメリット」でもありますね

デメリットは今回のようにサイズ違いを感じてしまうようなこと

メリットとしては腰まわりの食いこみに悩む人にとってはグッドニュースだということです

女性で腰まわり(おなかの付近)の「締めつけが苦手なひと」が多いと思いますが、そんな人にとって、この圧着の弱さは大きなメリットです

気になる人は試してみるといいですね

どうぞご検討ください

 

¥1,990 +消費税(2017/10/30)

【商品説明】

サラッとした肌触りをキープ!できるだけ縫い目をなくし、はき心地の良さをアップ。

・ドライや接触冷感など、暑い時季にうれしい機能を持つエアリズムを使用。

・日焼けから肌を守るUVカット機能をプラス。

・ウエストベルトがお腹をシェイプするパターンになっていて、スタイルアップが期待できる。

・脇の接ぎ目がないので肌当たりが良く、脚のラインもすっきり見える。

・機能性だけでなく、シンプルで美しいシルエットにこだわったレギンス。

・ウエストと裾口は縫い目をなくしたので、肌当たりが良く、よりスムーズにはける。

 


▼オンラインストアはこちら
UNIQLO エアリズム レギンス【一覧】 ≫

 
 
 
 

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/195794)
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/409486)

 


▲目次トップに戻る

 

 

ユニクロ登山服装おすすめレビュー【ヒートテック編】

続いては、ユニクロで大人気の「ヒートテックアンダー製品」をまとめました

ユニクロ定番の商品と言えば、「ヒートテック」

これがなければ、「冬のユニクロ」は語れません

ヒートテックとは、「湿気を吸収し、熱に変えてくれる生地」の機能を言います

程よく汗をかくと、汗の蒸気が水分に変わるときに発する熱をきっかけに、ほのかにアンダーが発熱します

個人的に、あまりタイトなものを選ぶと、発熱の効果が薄れてしまうように感じますので、少しルーズなものを選ぶのがいいかと思います

 

▼ヒートテックムービーはこちら

HEATTECH UNIQLO 2018 Fall/Winter

詳細は下記のとおり

 

ヒートテックは、ユニクロと世界的繊維メーカー東レが共同開発した革新的な新素材

体から発する水蒸気を繊維が吸着して、素材自体が発熱。着ているだけで自動的に暖かくなる、驚きのジャパンテクノロジーウエアです。
しかも、繊維と繊維の間にある空気の層が、発生した熱を外に逃がさないため、着ている間ずっと心地よい暖かさが続きます。

出典:ヒートテックラボ
(http://www.uniqlo.com/lab/heattech/jp/)

 

このように、人間の汗の蒸気で発熱するインナーで、日本では特に有名ですね

山に行くときもこの機能を使ったインナーはおすすめです

特にあまり激しく汗をかかないトレッキングやハイキングなどにオススメ

ですが、デメリットとして、あまり汗をかくアクティビティになると、やや冷たく感じるのでそれほどオススメしてません

 

どんな素材でも、乾きが追い付かないほどの汗をかくと、同じく冷たくなります

乾きが速いと暖かい印象になり、乾きが遅いと冷たい印象になります

 

ヒートテックに使われている「レーヨン」は、パルプやコットンリンターと言われる、綿の一部を溶かしてつくった「再生繊維」です

レーヨンは、コットン(木綿)と比べると乾きが速く、吸湿・放湿の機能があるため、ある程度の濡れには強くできています

ですが、個人的な感想として、「ポリエステル」のような化学繊維と比べると、通気性の関係なのか、ややしっとり冷たい印象があります

 
寒い時期に冷たい感じはイヤですよね・・・
 

放湿性が高いため乾きは早いですが、化繊と比べると少し遅いと思います(個人的な感覚です)

気にならないという意見もあるので、一度試してみて、自分に合うかどうか確認してみることも手のひとつです

それさえ気にしなければ、レーヨンは「静電気をおさえる機能」もあり、「肌触り(はだざわり)がなめらか」なこともあって、レディースにとてもおすすめ

これから、このスーパーテクノロジー機能があるインナーをご紹介していきますので、ぜひ「秋・冬」の登山に取り入れてみてくださいね

 
 

登山の服装 ユニクロのレディース ヒートテックUネックT(8分袖)

ヒートテックレディース用Uネック

出典:ユニクロ

 
 

女性に人気の8分袖(8ぶそで)の見た目も柔らかい「Uネック」のヒートテックです

普通はヒートテック製品と言えば、インナーとして、表にはあまり出さないことが多いですが、このUネックはおしゃれで、カラーも3色あるので、重ね着もしやすい良品です

ヒートテックは総じて(そうじて)肌触りもいいのですが、口コミを見てみると、「ブラック」アイテムに少し「ザラザラ」感があるようです

理由は「製造国の差」(ブラックはベトナム製でそのほかはインドネシア製)と書いてありましたが、真贋(しんがん)は定かではありません

 

ユニクロの服だけでなく、ほかのメーカーの工場生産製品についても、確かに製造国で微妙な「ちがい」が出る場合があります

それは温度や湿気、流通経路の長さやその国の気質によって変わることがあります

ですが大抵(たいてい)は「品質管理」を徹底していればそれほどの差がでることはありません

差がでるということは、製造国の差というよりは、そのメーカーの「品質管理」が徹底されていなかったので、肌触りのような「差」が出てしまったといえますね

他の口コミではこのような「ちがい」を書いているようなものはなかったので、今回の口コミを書いた人は、肌の感覚がとても鋭い(するどい)人だったのかもしれません

ユニクロも世界展開をしているような大きなメーカーです

このような口コミから、品質管理の確認をして、より良いものを提案していってほしいと思います

 

990円+消費税(2018/1/24)

【商品説明】

暖かくてしっとり肌に心地いい!寒い季節を快適にする究極のあったかインナー。

・発熱、保温、ストレッチなど、寒い季節にうれしい機能が満載。

・フィット感のあるシルエットでインナーにぴったり。

・襟元や袖先がアウターからのぞきにくい、Uネックや8分袖に設定。

・あらゆるコーディネートのインナーにおすすめ。

素材
38% ポリエステル,32% アクリル,21% レーヨン,9% ポリウレタン

 

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400243-09)

 
 
 
 

登山の服装 ユニクロのヒートテッククルーネックT(長袖)レディース

ヒートテッククルーネックT

出典:ユニクロ

 

ヒートテックスタンダードの「クルーネックT」です

クルーネックとは昔からある下着の「丸形ネック」のことで、「Uネック」よりコンパクトな襟元(えりもと)になっています

これの製品もとても人気のあるアイテムで、サイズ感も申し分ない良品です

口コミでも「満点」の多いインナーですが、ちらほら「デメリット」の意見もあるようです

 

ひとつは「丸形ネック」の部分のこと

このネックの部分がまだ「開き過ぎている」という意見があるようです

これでも「Uネック」よりは開いている部分は少ないのですが、「それでも気になる」という口コミがありました

ユニクロとしても、デザインの段階で、首まわりの大きさを市場調査などからピンポイントで決めてきていると思います

そういうバックグラウンドを考えると、なかなかこの意見は手厳しい意見のように思えます

ユニクロのヒートテックのキモは「レーヨン」素材で発熱させていますが、同様に「ポリウレタン」素材でストレッチ性を強くしています

この気になる口コミは、このストレッチ性が強さが影響して「クルーネック」部分開いてしまうことが気になっているのだと思います

今後の改良に期待したいです

 

もうひとつの意見は「カラー」の種類です

これはユニクロの努力を期待したいですが、「柄物(がらもの ボーダーなど)」やカラーの種類が少ないようです

マーケットの動きを見て製品量や種類を調整しているのだと思いますが、なんとかしてほしいところですね

 

990円+消費税(2017/10/30)

【商品説明】

暖かくしっとり心地いい!Tシャツ感覚でも使えるようになった究極のあったかインナー。

・発熱、保温、ストレッチなど、寒い季節にうれしい機能が満載

・ネックラインが狭く、より防寒性の高い1枚

・襟と袖はしっかりとした仕様になってカジュアル感がアップしたので、Tシャツ感覚でも使える

・シンプルでどなたにも使いやすいクルーネックタイプ。

素材
38% ポリエステル,32% アクリル,21% レーヨン,9% ポリウレタン

 

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400244-08)

 

 
 

 

登山の服装 ユニクロのヒートテックウルトラウォームレギンス(10分丈)レディース

ヒートテックレディース用レギンス

出典:ユニクロ

 

寒さは下からやってきます

女性は特にそうですが、下半身の冷えは大敵中の大敵

その冷えの対策のうれしいアイテムがこの「ヒートテックウルトラウォームレギンス」です

ヒートテックは発熱だけではなく、「肌触り(はだざわり」と「ストレッチ性」も特長のひとつです

そして、コスパも優れていて、冬はコレ無しでは考えられないという人は多いと思います

現に口コミを見ても「高評価の連発」

特に寒い時期の「立ち仕事」をしている人の評価は高いようですね

 

トレッキングでも山の上は寒い場合が多いです

ストレッチ性も考えると、寒い時期だけでなくアクティブな春や秋でも使える超強力アイテム

でも「極暖」や「超極暖」って冬しか売ってないんですよね・・・

お気に入りの人は、なるべく「買いだめ」をしておくことをオススメします

 

口コミでのデメリットな意見は「カラー」の種類を多くしてほしいという意見がありました

どうしてもカラーやデザインの種類を増やすとなると、製造のラインをひとつ多くしなければなりません

生地素材の「入荷」から「チェック体制」、「裁断(さいだん 切ること)」「縫製(ほうせい ぬうこと)」「検査」などがもうひとつ増えてしまって、機械や人も増えます

ほかのラインとの最適化(さいてきか)もできますが、それも限界があります

カラーの種類を増やすための工程を整理してみると、これはこれでなかなか難しいですね・・・

要望に応え(こたえ)られるようにがんばってほしいところです

 

1,990円+消費税(2017/10/30)

【商品説明】

極暖より1.5倍暖かい!内側の縫製を改良して、やさしい肌触りへと進化。

・素肌に触れるレギンスとして使いやすいように、内側の縫製を見直して、肌当たりを軽減。

・しっかりとした生地とふわふわとした毛足のある裏起毛で抜群の保温性を実現。

・ストレッチ性があるので、厚手でも良く伸びて着心地快適。

・厳しい寒さでも、冷える足腰をしっかり包んで快適に過ごせる暖かさ。

 

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400262-69)
(http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400262)

 
 

登山の服装 ユニクロのメンズ ヒートテックVネックT(9分袖)レディースにも

ヒートテックVネックT

出典:ユニクロ

 

メンズ用のVネックのヒートテック

男性のワイシャツに使えるようにVネックが深く作られていて人気のアイテム

すでにカラー(色)によっては売り切れ続出の良品で、できれば早めに買いたいところですね

売り切れていくカラーを観察してみると、「ブラック」や「ホワイト」より「グレイ」や「ネイビー」などのカラーから売り切れていくようです

口コミを見てみると、★5の「満点」で、アイテムを何枚もかっている口コミが目立ちますが、カラーやデザインの要望の口コミもいくつかあるようです

「すべて良いところばかりですが、色だけが残念」

このように「~だけが」という意見があるということは、満足度が高い証拠です

今後はそういう意見もひろって、より「満足度」をあげていってほしいです

 

990円+消費税(2017/10/30)

【商品説明】

暖かいだけでなく快適機能が満載!Vネックが深めでシャツのボタンを開けても見えにくい。

・ストレッチ性があって柔らかいベア天竺素材を使用。
・薄くて軽くて暖かいので、着ぶくれせずすっきり着こなせる。
・吸水発熱、保温、吸放湿、吸汗速乾、消臭、抗菌、保湿、静電気防止など快適機能が満載。
・裏糸には肌当たりの良い柔らかな糸を使用。
・シャツのボタンを開けても見えないように、深めのVネックに設定。
・肌触りなめらかでストレッチ性が高いので、インナーとしてとても快適な着心地。

34% レーヨン,33% ポリエステル,28% アクリル,5% ポリウレタン

 

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/408108/)

 

 
 

メンズ・レディースにもおすすめ ヒートテッククルーネックT(半袖)

ヒートテッククルーネックT(半袖) ユニクロ 

出典:ユニクロ

 

メンズのヒートテック王道「クルーネック(丸形ネック)」です

首まわりはスタンダードな下着の首回りといっしょで、ほかのVネックなどと比べると、首回りが閉じている分、やや保温力が高いです

ドライで消臭で発熱で死角(しかく)無しがすごいところ

「説明」をよく見てみると、「アルガンオイル」が配合されていると書いてあります

 
アルガンオイル?
 

全く知らないオイルなのでで調べてみたら、かなりめずらしく「シミ」に効くオイルということがわかりました

世界でも、モロッコの南西部にしか育たないアルガンの木。
乾いた土地に深く根を張り、養分を蓄えるアルガンツリーに成る実はいわば木に蓄えられた養分の結晶であり、事実高い栄養分を含んだオイルが採れます。

オイルの抽出は、現地の女性たちが一粒一粒、石で叩き潰すようにして行っていますが、一粒からわずか3%しか採ることができないとても希少で価値のあるオイルです。

メラニンの過剰な生成を先回りしてケアすることが可能に! アルガンオイルで、透明感あふれる明るい肌を保ちましょう。

出典:ローズドマラケシュ
(https://www.rose-de-marrakech.com/moroccanbeauty/argan.php)

衣類の中に入っているだけでシミに効果があるかどうかはわかりませんが、ユニクロ公式サイトの説明では「乾燥には効いてくれる」ようです

どちらかというと、男性よりは女性に喜ばれそうな機能ですね

 

990円+消費税(2017/10/30)

【商品説明】

より肌当たりの軽いステッチに変更!寒い季節を快適にする究極のあったかインナー。

・発熱、保温、ストレッチなど、寒い季節にうれしい機能が満載。

・ドライ機能で汗冷えを防ぎ、消臭機能でにおいも気にならない。

・アルガンオイル配合で乾燥する季節でも、しっとりとした肌触り。

・肌当たりの良いステッチに変更し、さらに肌にやさしい感触に。

・季節の変わり目から使える半袖タイプ。

・ベーシックでどなたにも使いやすいクルーネック。

素材
34% レーヨン,33% ポリエステル,28% アクリル,5% ポリウレタン

 


▼オンラインストアはこちら
UNIQLO ヒートテック【一覧】 ≫

 
 
 
 

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400219-02)

 

 
 

登山の服装 ユニクロのメンズ ヒートテックタイツ

ヒートテックタイツメンズ用 ユニクロ

出典:ユニクロ

 

メンズのヒートテックタイツも人気のアイテム

口コミを見てみると、リピーターが多いことがわかります

毎年ちょっとずつ改良されていて、特に肌触り(はだざわり)は毎年レベルがアップしているように感じます

初代ヒートテックとは異種の物と感じるほど完成度の高いタイツで感動します。

出典:ユニクロ口コミ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/408113)

価格は安くて、コスパ良すぎてとても助かりますが、開発費は「半端ない」と思いますね・・・

レーヨンがやや多めなので、発熱効果もほかの製品よりちょっと高く、男性向けになっていると思われます

レーヨンが多いと発熱効果は上がりますが、汗が多いと「濡れ感(ぬれかん)」が増えるのがデメリット

乾きは悪くないのですが、しっとり感がちょっと強いのが自分の所感です

 

990円+消費税(2017/12/2)

【商品説明】

暖かいだけでなく快適機能が満載!足腰全体を心地よく包んで寒さからの冷えを防ぐ。

・吸水発熱、保温、吸放湿、吸汗速乾、消臭、抗菌、保湿、静電気防止など快適機能が満載。

・ストレッチ性があり、風合いが柔らかで、形状保持にもすぐれた素材。

・裏糸には肌当たりの良い柔らかな糸を使用。

・ウエストはアウトゴムでしっかりフィット。

・便利な前開き仕様。

・薄くて軽くて暖かいので、着ぶくれせずすっきりはける。

本体: 34% レーヨン,33% ポリエステル,28% アクリル,5% ポリウレタン/ ウエスト部分: 90% ナイロン,10% ポリウレタン

 


▼オンラインストアはこちら
UNIQLO ヒートテック【一覧】 ≫

 
 
 
 

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/408113)

 


▲目次トップに戻る

 

 

ユニクロ登山服装おすすめレビュー【サポートタイツ編】

 
 

メンズ・レディース エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

エアリズムパフォーマンスサポートタイツ メンズ ユニクロ

出典:ユニクロ
 

 

ユニクロの「サポートタイツ」は、とにかく軽さが魅力的です

他メーカーのサポートタイツは、以前から比べるととても安価になってきましたが、その中でもユニクロのサポートタイツのコストパフォーマンスは特に優秀で、初心者に優しく便利!

ちなみに私もサポートタイツを、スペアも含めて4つ持っていますが、40代には必須だとつくづく感じます

そして、実際に1度使ってみると、その快適さから、サポートタイツは登山に必須(ひっす)になります

このユニクロのサポートタイツは、有名メーカーのタイツと比べると、着圧(ちゃくあつ)がやや弱めに作られていますが、逆にサポートタイツ初心者にとっては「はきやすい」のでオススメ

それほどしっかりとしたサポートが必要がいらない、ハイキングや軽登山には使いやすいですね


それほどハードではない軽登山でも、アップダウンがあれば、足への負担はあります

疲れは変なところで出てくるので、試してみてほしいです

また、泊まりのときなどは、普通のサポートタイツでは着圧が強すぎて、すくなくても自分ははいて寝るのは難しいですが、ユニクロタイツであれば、ちょっと我慢できるかもしれません

着圧がソフトなので、肌触りもよく、特に女性にオススメしたいですね

好みもあると思いますが、ユニクロのサポートタイツもトレッキングに「アリ」だと思います

▼コチラのサイトでコスパの良さと、機能のクオリティの高さがわかります


安いし、サポート性もあるし、動きやすいし、耐久性も問題なさそうだし、速乾性もあるし、デザインもシンプルだし今のところ欠点が見当たりません。

(スポーツ・アウトドア系のブランドにとって、ユニクロは脅威(きょうい)になる存在になったんじゃないかと思う)


トレランで使えるのでランニング、登山、ハイキングでも問題なく使えるはずです。

出典:「トレイルハシルアラウンド」

 
アイリス画像

こちらでユニクロのサポートタイツをまとめました

サポートタイツ以外にもレギンスやアウトドアに使えるアンダーも紹介しています

乾きやすいインナーやアンダーはトレッキングでは必須の装備、コスパなアイテムが豊富ですので、参考にどうぞ

▼ ユニクロ「サポートタイツ」詳しくはコチラ

ユニクロのサポートタイツ【レビュー】ラン&登山の服装6選
【2018年10月27日】更新 ユニクロのサポートタイツの評価を書いてみました コスパがとても優れていて、トレッキング、ハイキング初心者に最適です サポート力も、有名メーカーの高価なタイツほどではないですが、十分期待できます

¥1,990 +消費税(2019/1/19)

【商品説明】

どんな動きにもフィットして、ほど良い着圧により疲れにくさをサポートする、特殊素材を採用。

・今季のアップデートポイントはココ!サイドラインは身体の曲線に沿うデザインに変更し、フィット感をアップ。

・快適機能が満載なエアリズムに、汗が乾きやすいドライ機能をプラス。

・ウエストベルト部分は安定したサポートをキープしつつ、平ゴムを直接付けることで、肌当たりを和らげる。

・縫い目が平らになるフラットシーマを多用し、肌当たりを軽減させ、着心地の良さをアップ。

・股下にガゼットの切り替えを入れて可動域を広げてたので、あらゆる動きに対応可能。

・光に反射するリフレクター付きなので、夜間でも安心。

 


▼オンラインストアはこちら
UNIQLO サポートタイツ【一覧】 ≫

 
 
 
 

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/404756)
(http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/404156)

 


▲目次トップに戻る

 

 

ユニクロ登山服装おすすめレビュー【化繊保温着】はまだ・・・?

 

トレッキングでも登山でも、使える優秀な「化繊の保温着」はありがたいですが、まだユニクロからよさそうな製品は発売されていないようです

スポーツや軽登山向けに、ぜひとも今後期待したいですね

 

参考までに、トレッキングに使える「化繊保温着」の機能についてご紹介します

化繊保温着のメリットは、「温かくて濡れ(ぬれ)に強い」ことです

沢登りのような、水に関連するアクティビティや、冬の保温に適しています

保温力は羽毛の「ダウン」には負けますが、テクノロジーの進化で「ダウン」に近い保温力を持った化繊保温着も出てきました

ボクが使っているパタゴニアの「Nano Puff(ナノパフ)」も優秀なジャケットです


▼ナノパフも優秀です

パタゴニア ナノパフ

ユニクロの製品と比べるとちょっと高価ですが、参考にしてください

 


▲目次トップに戻る

 

ユニクロ登山服装おすすめレビュー【ダウンジャケット編】

 
 

ユニクロのコスパが優れたダウン素材を紹介します

人気のダウンは毎年売り切れがとても速く、それを知っているためか焦って買って失敗することもあるようです

特に色は、オンライン画像と実物がちょっと違う(ちがう)ようなのか、口コミに注意点として書いてあることが多いですね

それを差し引いても価格と機能のパフォーマンスは、捨てがたいです

冬だけでなく、軽量のダウンは夏にも使えるので、早めにゲットできるといいですね!

メンズ・レディースにおすすめ ウルトラライトダウンジャケット

ユニクロ ウルトラライトダウンジャケット

ウルトラライトダウンジャケット メンズ ユニクロ

出典:ユニクロ

 

ダウンジャケットなのに、この値段というのは、かなり優秀!

ユニクロでコストパフォーマンスの良さがよくわかるのアイテムが「ダウン素材の製品」です

ユニクロのダウンは、軽くて暖かく、低山の軽登山で活躍(かつやく)してくれるアイテム

ファッショナブルなので「山でも街でも使えるジャケット」で、そういう意味でもコストパフォーマンスが優れています

すでに定価自体も安いので、山登りで使うときにも、「高価なダウン」を使うときは、やっぱり気をつかってしまいますが、これならそれほど気をつかわなくてもいいです(ユニクロさんすみません)

気づかいのストレスが軽減される分、ちょっとだけ安全になり、ダウン特有のコンパクトさもあって、トレッキングでは4シーズン使うことができます

夏は、肌寒いときのアウターとして使えます

撥水(はっすい)加工もしてあるので、ちょっとした雨ならはじきます

また、冬はインナーとして使えます

コンパクトでカラダのラインにあったデザインで、アウターを着たときのモコモコを防いでくれます

このオールシーズン使える、オールマイティなユニクロのダウンジャケットはオススメですね

 

いいところばかりに見えますが、デメリットもあります

それはやっぱり暖かさの具合

高価なダウンジャケットと比べると、少し「スースー」する感じが気になります

ジャケットの中に作られている「デッドスペース」の暖かい空気が外に逃げてしまっているようです

使っているダウン自体はそれほどの差はないのですが、構造的に空気が逃げやすいようですね

インナーとしてジャケットの中に着ればこのデメリットも解消するので、参考にしてください

¥5,990 +消費税(2017/10/30)

【商品説明】

薄くて軽くて暖かく、すっきり決まるウルトラライトダウン!表地マットでスタイリッシュ。

・驚くほど薄くて軽い着心地を実現

・上質ダウンで抜群に保温性が高く暖かい

・後ろウエストに切り替えを入れて、フィット感のある美シルエットに

・表地はマットな質感で落ち着いた印象

・着丈は少しだけ長くし、襟は顔に触れにくい高さに設定

・コンパクトなサイズで持ち歩きやすい付属のポーチ付き

 

出典:ユニクロ
(http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400711)
(http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400504)

コスパな「ユニクロダウン」とは相反するパタゴニアのダウンセーターも紹介します

こちらの価格はユニクロダウンの5倍以上の価格、これを聞いただけで買う気力がなくなってしまうかもしれません

でも機能は価格以上です

ミドルウェアとして作られたダウンセーターは、軽くて使い勝手がいいダウン量で撥水性(はっすいせい 水をはじく)なので、登山では1年を通して使うことができます(夏でもです)

そしてパタゴニア独自のリサイクルナイロンで、環境へのやさしさは、時代の先端のフロンティアを進んでいます

自然相手のアウトドアメーカーならではの発想で、パタゴニアは特に突出していると言っていいですね

そのパタゴニアのアイテムの中でも、ダウンセーターはロングセラーでマイナーチェンジを繰り返して進化してきました

それには、価格以上の満足が入っていて個人的にオススメですね

▼こちら「パタゴニアダウンセーター」を書きましたので参考にどうぞ

パタゴニアダウンセーター【レビュー】登山の服装インナーのサイズ感
【2018年9月23日】更新 ベストセラーパタゴニア「ダウンセーター」を紹介 ベスト・ジャケット・フーディなど種類が豊富 とても評判が良く着こなしもスタイリッシュにこなせるのでとても人気 真冬は1日着ていてもストレスにならないほど着やすく、夏でも防寒服としてメンズ・レディースとも売れています 参考にしてください

 

 
 
 

メンズ・レディースにおすすめ!軽量ダウンベストはかなり快適

ユニクロ ダウンベスト

ウルトラライトダウンベスト メンズ ユニクロ

出典:ユニクロ

 

サラッと簡単に着ることができる、ダウンの「ベスト」タイプです

休憩や下山中にも体を冷やさないため、軽量ダウンを着るのは山登りの常識

「少し寒いな」と感じる前に、ダウンを着ると効果的です

そうすることで、ケガや疲れが少なくなります

そのため、お守り的なダウンベストを、ザックの片隅に入れておいて、登りでは、ザックの中にコンパクトにしまっておくことができるので、とてもありがたい優秀な製品です

袖(そで)がないダウンでも、十分暖かさを得ることができます(もちろん、袖があればなお良いですが)

ジャケットと違い、ベストはより軽量でコンパクト、着るストレスがより軽減されます

めんどくさがりの人は、なかなか休憩などに保温をしません

こまめな体温調整をすることがいいのですが、性格上難しいですね(自分もそうですが・・・)

そのときは、なるべく着るストレスが少ないベストを持っていくといいです

袖(そで)が「ある」「ない」だけですが、着るストレスは、ベストのほうが少ないです

めんどくさがりの人にはオススメ

加えて、登りでは、ザックの中によりコンパクトにしまっておくことができるので、とてもありがたい優秀な製品です

 

レディース用 4,990円+税
メンズ用   3,990円+税

【商品説明】

薄くて軽くて暖かく、すっきり決まるウルトラライトダウン!インナーダウンにも使える。

・驚くほど薄くて軽い着心地を実現。

・上質ダウンで抜群に保温性が高く暖かい。

・後ろウエストに切り替えを入れて、フィット感のある美シルエットに。

・着丈は少しだけ長くし、襟は顔に触れにくい高さに設定。

・首もとにフィットする襟ぐりになり、さらにインナーダウンとして使いやすくアップデート。

・コンパクトなサイズで持ち歩きやすい付属のポーチ付き。

 


▼オンラインストアはこちら
UNIQLO ダウンジャケット【一覧】 ≫

 
 
 
 

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400710)
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400502)

 


▲目次トップに戻る

 
 

ユニクロ登山服装おすすめレビュー【トレッキングパンツ編】

 
 

メンズ・レディースにユニクロのジョガーパンツ

(▼ジョガーパンツ(ウルトラストレッチ))

ジョガーパンツ ウルトラストレッチ ユニクロ

ドレープジョガーパンツ レディース ユニクロ

出典:ユニクロ

 

その名のとおり、ジョギング用のアクティブパンツです

ポリウレタン使用の伸縮自在な生地で、アクティブなスポーツならどんなジャンルにも活躍してくれる優れもの

シンプルでタイトに仕上がっていて、タウン仕様のスタイリッシュなデザインがうれしいです

ポケットにファスナーも付いていますが、このファスナーがあると、とにかく小物の出し入れが抜群(ばつぐん)に便利で、とてもありがたいです

また、手洗いだけでなく洗濯機でも洗えるので、とにかくラクチン!

使い回しのいいパンツなので、超オススメなんですが・・・、材料が「綿(コットン)仕様」の製品もありますので、そちらはハイキング程度にお使いください(汗が多いスポーツには適しません)

 

トレッキングや登山の服装として使うなら、ユニクロ ジョガーパンツの「ウルトラストレッチ」タイプが特にオススメです

こちらのウルトラストレッチタイプは、化学繊維のポリエステルがほとんどで、トレッキングで使っても、乾きやすくてオススメできます

人気のアイテムなので、すぐ売り切れてしまうのが困ったところですね

ジョガーパンツの「ジョガー」たる所以(ゆえん)は足首の裾(すそ)がしぼられていて、バタバタしないこと(ジョギングなどでストレスなく使うため)

そのため、アクティブな動きがあるときは、とても使いやすいです

アウトドアというよりは、ストレッチ性もあるので、アクティブなスポーツに最適かもしれません

平地でのスポーツであれば、コットン素材を使っても、それほど問題はありませんが、外部からのヘルプが少ないアウトドアではそうはいきません

今はコットン系の製品が多いジョガーパンツですが、化繊(かせん)のアイテムをもっと増やしていってほしいですね

 

デメリットはポリウレタンを使っていることくらいでしょうか

ストレッチ性を出すためにポリウレタンは、3年くらいで劣化(れっか)してきます

それほど多い割合をつかっているわけではないので、劣化したとしても完全にはけなくなるわけではありません

表面などに劣化したポリウレタンが白く出てくることがあるくらいです

ユニクロ製品を3年以上使うことはあまりないと思われるので、これはそれほど大きいデメリットではないと思います

「ジョガーパンツ」詳細レビューはコチラ
アイリス画像

こちらでバラエティ豊富なユニクロのジョガーパンツをまとめました

おしゃれで山ガール、山ボーイに使ってほしいファッショナブルなシルエットなので、参考にしてほしいです

▼ジョガーパンツを「登山」に使う方法はこちら

UNIQLO【ジョガーパンツ】レビュー|登山の服装で使える丈夫なパンツ
【2019年1月20日】更新 コーデ一押し ユニクロの「ジョガーパンツ」を紹介します ジョガーパンツは、その名前のとおりジョギング用のパンツシリーズです はきやすくてとても人気があります ジョギングやランニングだけでなく、ハイキングにとても便利 参考にしてください

 

 

¥790 +消費税(2018/8/14)

【商品説明】

360度伸びる究極のストレッチ性!タウンもスポーツもおまかせの万能ジョガーパンツ。

・横方向だけでなく、縦方向へ40%伸張し80%回復するウルトラストレッチ素材を使用。

・縦への動きに強いので、ひざの屈伸運動もスムーズ。

・表面に凹凸のある素材にドライ機能をプラスし、サラサラの肌触りをキープ。

・スキニーフィット&アンクル丈&裾後ろのみギャザーで、よりすっきりカッコいいデザインに。

・フロントもバックも使いやすい形や角度のポケットに改良。

 

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/410943)
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/413534)

 
 

 

ユニクロ登山ではメンズ・レディースに着てほしい!ドライストレッチスウェットパンツ

ドライストレッチスウェットパンツ

ドライストレッチスウェットパンツ メンズ ユニクロ

出典:ユニクロ

 

一部に綿素材を使っていますが、化繊で乾きやすいスウェットのパンツです

低山ハイキングなど、登山の服装にはピッタリの商品

この製品は、ガサガサの「ヤブ」を歩く際は、ちょっと肌が出てしまう(足首のあたり)のであまりおすすめしませんが・・・・・・できなくはない、といったところです

ハイキングでは、そんな「ヤブ」を歩くことなんてないのに、なぜそんな話をしたかというと、「丈夫さ」がなによりのメリットだから

「Akurateさん」のブログでも

すでに30回程度は履いていると思うが、膝裏あたりに少し毛玉が出てきているだけで、使用感はほとんどない。また膝もほとんど出ておらず、耐久性もかなり高い。

出典:仏(ほとけ)と言われる私のエッセイ

と言ってベタ褒め(べたぼめ)だし、

日刊SPA!でも

このスウェットパンツは生地が丈夫ということもありますが、何より膝部分が立体になっていて負荷がかかりにくいつくりになっています。
そのためヘビーユースしても膝抜けしにくく型崩れせず長く使えます。

出典:日刊SPA!(https://nikkan-spa.jp/1073563)

両方とも、際(きわ)だってその「丈夫さ」を書いています

そんなことから「ヤブ」も行こうと思えば行けるんです

山でも街でも家でもコーデができるスウェットとして、丈夫さと乾きやすさがあると、とても便利に使えますね

 

気になるところは、ポケットにファスナーがないことです

こんなに使いやすいズボンなのに、ファスナーがないのはちょっと残念

ユニクロのほかの商品は、ポケットファスナーがある商品もあります

それがあると、アウトドアではとても便利です

落としやすいカギやちょっとした小物(こもの)を入れて、ファスナーを閉めておけば、激しく動いても落としません

落としやすい人にはかなり便利な機能なんですけどね・・・・

もう一つは、個人的にはレッグの丈(たけ)が、もう少し長いものがあれば、なおうれしいですが、それは無い物ねだりかもです

サイズを少し大きめを買って帳尻(ちょうじり)を合わせたいです

 

¥1,990 +消費税(2017/11/6)

【商品説明】

汗が乾きやすくて動きやすい!女性らしいシルエットでカジュアルにもスポーツにも使える。

・ドライ機能を持つコットン混素材を使い、カジュアルな風合いを実現。

・適度なハリコシがあり、シルエットがきれいで動きやすさも抜群。

・テーパードシルエットとフロントのタックが美しいラインを描きながらも運動性もキープ。

・ウエストはリブなので、スポーティかつリラックス感のあるはき心地に。

・ストレッチ性のある縫製でさらに動きやすさをアップ。

・しっかりめの素材感でもドライ機能で洗濯後も乾きやすい。

 

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/413365)
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/413437)

 
 

 

メンズ・レディース ドライ EX ウルトラ ストレッチ アンクル パンツ

ドライEXウルトラストレッチアンクルパンツ メンズ ユニクロ

ドライEXウルトラストレッチアンクルパンツ ユニクロ

出典:ユニクロ

 

100%ポリエステルで、速乾性は完璧(かんぺき)です

汗を多くかくような「夏」にピッタリですが、「春・秋」にも使えて便利です

それに加えてストレッチ性も高いので、トレッキングはもちろん、ボルダリングやクライミングなどでも使えますよ

それでいて、ユニクロらしく安さもバツグン!

以前はメンズ用しかありませんでしたが、レディース用も登場したので、とてもうれしいです

カジュアルなシルエットで、普段のコーデにも取り入れることができるので、総合的に考えてもコスパ最高です

そしてうれしいことに、メンズに関しては抗菌防臭の効果もプラスされ、より機能面もレベルアップしています!

 

¥2,990 +消費税(2017/10/30)

【商品説明】

すっきりシルエットになり、後ろポケットが増え、縫製もきれいになった高機能パンツ。

・今季のアップデートポイントはココ!驚異の速乾性を誇るドライEX素材に、抗菌防臭機能をプラス。

・余分なゆとりを削って、フィットを見直したことでよりきれいなシルエットに。

・後ろポケットは2つにアップデートし、ファスナーつき。

・トラウザーパンツで用いられる縫製の仕方に変更したので、サイドラインの縫い目の仕上がりがよりきれいに。

・次世代のハイスペック素材であるドライEXを採用。

・アクティブにもスポーツにも日常にも、あらゆるシーンで使えるまさにLifeWearと言える1着。

 


▼オンラインストアはこちら
UNIQLO ドライパンツ【一覧】 ≫

 
 
 
 

出典:ユニクロ
(http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/404154)
(http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/405174)

 
 
 

登山の服装 ユニクロのメンズ 感動パンツ!レディースもあり!?

ユニクロ 感動パンツ(ウルトラライト・グレンチェック) メンズ

出典:ユニクロ

 

100%化繊素材の、シンプルなパンツです

乾きやすくて、質感も「ウール」に近いように作られているので、街でも山でも使うことができてコスパも優れています

ユニクロは特に、街でも山でも自然に着こなすことができる製品が多いので、とても助かりますよね

こちらはシルエットがシンプルで、カジュアルというよりはフォーマルな印象がありますが、ストレッチ性もあって、実はトレッキングでもOKなんです

マンガ「マスターキートン」で主人公の「太一」が砂漠で「スーツ」を着ている場面があります

説明では、「生地が薄く、通気性もいいので、砂漠には合う・・・」と言っていますが、ちょっと驚き(おどろき)ですよね

これについては、自分も正解だと思います

冬には合わないかもしれませんが、夏には合いますね

特に日本の夏は湿気(しっけ)が多く、サラッとした服装が合います

感動パンツは、化繊で乾きやすく、ストレッチもあって山では使いやすいパンツで、軽さもあるのでいうこと無しですね

スーツ・・・・とまでは言いませんが、この「感動パンツ」ならスタイリッシュなトレッキングが可能です

口コミを見てみると、「ランニング」にも使っている人もいて、とても高評価です

価格も安く、そして種類も多いので、気に入って何本も買っている人の書き込みをみかけます

そして、落ち着いた色の製品が多いので、40代のトレッキングにはピッタリのアイテムです

 

こんな「感動できるパンツ」ですが、デメリットもあります

口コミにもありますが、「あまり丈夫ではないようです」

洗濯を繰り返すと、残念ながら表面の毛羽立ち(けばだち)が目立つという意見がチラホラ

アウトドアメインに考えればそれほどのデメリットではないですが、フォーマルを考えると、ちょっといただけないかもしれません

公式には「洗濯機使用OK」ですが、洗うときは丁寧(ていねい)に洗ったほうがいいですね

 

ユニクロのパンツはどれもコスパが良くて機能的ですが、動きやすくて、速乾で肌触りがいいパンツはほかにもあります

価格はユニクロに負けてしまいますが、機能性は十分

最近の登山のズボンはオシャレ度も高くなってきているので、女性にもオススメですね

 

 

¥3,990 +消費税

【商品説明】

グレンチェックで上品に決まる!風合いは柔らかな高機能ウールライクトラウザー。

・今季のアップデートポイントはココ!生地が軽量で動いてしまっていたのを、やや硬く仕上げることで美しいシルエットに。

・お客様の声にお応えして、クラシックなグレンチェックをラインナップ。

・ポケット裏の当て布は抗菌防臭機能をプラス。

・軽量合繊素材ながらも縫製にこだわり、バックポケットまわりやウエストまわり、脇の縫い目などが仕立て映えする仕様にアップデート。

・ウエストストレッチによって、ゴルフなどで屈んだ時の腰まわりのストレスを軽減。

・汗をかいても乾きやすく、洗濯後の乾きも速いドライ機能をプラス。

・洗濯後でもシワになりくく、アイロンがけが簡単に済むイージーケア加工。

 


▼オンラインストアはこちら
UNIQLO ドライパンツ【一覧】 ≫

 
 
 
 

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/406708-03)

ドライストレッチパンツを登山で使ってみました|ユニクロ高機能パンツ
【2019年5月30日】更新 ドライストレッチなトレッキングパンツは登山におすすめ 今回紹介する「ドライでストレッチ性が高いパンツ」は登山にピッタリです 機能もいいですが、コスパもよければ言うことなしですよね! カジュア【続きをよむ】

▲ドライストレッチパンツで登山に行こう


▲目次トップに戻る

スポンサーリンク
登山 服装・ウェア
シェア、おねがいいたします
スポンサーリンク
スポンサーリンク
登山初心者ブログ 岳や本店

トップへ戻る