ユニクロの登山につかえる靴下の選び方|おすすめのソックス選び

ユニクロ登山の靴下登山靴・靴下
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ユニクロの登山につかえる靴下の選び方

ユニクロの登山につかえる靴下の選び方を紹介します

ボクがやっているユニクロアイテムからの選び方はシンプルに50%以下コットンの「パイル」のソックスを選ぶようにしています

▼パイル地
パイル地テクスチャ
PhotoAC

パイルというのは厚く編むための方法で、地糸と言われる基本の糸にその他の糸を追加してフワフワ感を出した編み方のことです

これの何がいいかというと、薄手が多いユニクロ靴下がパイル地の場合「中厚手」になることが大きなメリットです

パイル地にすると、保温性も高くなりますが、なにより「クッション性」が増します

フワフワのベッドでジャンプするキレイな女性
PhotoAC

ボクのようなヒザが弱い人の場合、このクッション性はほんとにとても大事

ソックスを厚手にするというちょっとの工夫が、長く歩く登山やトレッキングの場合は、後半かなり響いてきます

▼ボクはヒートテックパイルソックスがおすすめですね
ユニクロヒートテックパイルソックスのアップの画像

パイル地のソックスには、場合によってはコットン(綿)が入っているアイテムもあって、苦手意識の人は気になるようです

でも個人的にはコットン配合率50%以下であれば、冷えは感じなかったので、上半身ほど敏感になる必要はないと思います

パイル地の靴下はメンズの場合が多いので、レディースは苦労するかもしれませんが、参考にしてみてください

▼登山の服装ユニクロおすすめはこちら
登山ウェアで使えるユニクロ【レビュー】2019版初心者おすすめ

登山の服装ユニクロ使えるウェア【徹底レビュー】2019初心者におすすめ
2019年11月30日更新 登山の服装をユニクロからセレクト 今回紹介する初心者おすすめの「ユニクロ 登山ウェア」は、軽登山向けでコスパが高く、これから始める人におすすめ UNIQLOはアウターやインナー、靴下、キッズアイテムなど種類が豊富 カラフルで「全身ユニクロ」コーデの楽しい山登りを楽しんでください

登山用靴下|ユニクロにトレッキング専用のソックスはない

登山用の靴下というのはユニクロにはありません

トレッキング中休憩のときの足のアップ ピクサベイ
pixabay

ユニクロでは、「これは登山にも使える靴下です」といっている専用の靴下はありません

でも実際コスパがよく、機能的に登山用ウェアに近いものを経験者が使っていることが多いです

でも登山初心者の場合、安いからと言って闇雲に選ぶと失敗することがあります

いまはボク以外にもほか経験者などがいろいろオススメを書いている記事も多いので、それらを参考にしてみるといいですね

ボク的に山で使うときにソックスで注意すべきことは、50%以上コットン製品を使わないということです(次に厚手推奨)

ボクが実際50%以上コットンソックスを登山で使ったことがありますが、そのときもそれほど問題はありませんでした

足はそれほど冷えを感じにくいところということが理由の1つだと思います(上半身は注意です)

登山初心者の場合は、なるべくコットン地50%以下のものを使うようにすれば、安全マージンも確保されてオススメの選び方です

登山靴下をユニクロレディースから選ぶ

登山の靴下をユニクロレディースから選ぼうとすると、なかなか良いアイテムがありませんでした

ユニクロのレディースソックスは、おしゃれでファニーな靴下が多いですが、薄手のアイテムが多いので、ボクの選ぶ基準からはちょっと外れてしまうからです

気温が高いときには薄手の靴下もいいのですが、やっぱり山では標準の厚さより厚めのソックスが個人的にはオススメです

個人的に寒さ対策というよりは、ヒザ対策です

メンズアイテムは「パイルソックス」という「中厚手」の靴下があって、サイズは少し大きくなるかもしれませんが、サイズがある程度合えば、個人的にはこちらをおすすめしたいです

レディースで厚手ではないソックスを使用する場合は、「ヒートテックハイソックス」がいいですね

▼ユニクロヒートテックハイソックス レディース
ユニクロ ヒートテックハイソックス ケーブル レディース 履いている感じ
(出典:ユニクロ

ヒートテックという名前ですが、汗をかくと冷たくなりがちなレーヨンやキュプラなどが入っていません

厚さは標準なので、ヒザへの負担はややあるので注意です(気にしない人は問題ありません)

保湿もしてくれるので、よりレディースにはおすすめ

メンズ用アイテムのサイズがどうしても合わないときには、こちらを試してみてください

「ヒートテックハイソックス」の説明をします

高機能ヒートテックがつま先からひざ下まで暖める。脚がすっきり見えるケーブル柄に変更。

¥990 +消費税
商品番号:420752

>特徴
・今季のアップデートポイントは、ケーブルの柄を細くして、脚がすっきり見えるデザインに。
・消臭、発熱、保温、抗菌防臭、保湿など快適機能が満載。
・かかとにしっかりフィットしてズレにくいYヒール設計。

素材77% アクリル,17% ナイロン,4% 毛,1% ポリウレタン,1% ポリエステル取扱い洗濯機

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/420752-68)

登山の靴下をユニクロから選ぶのは安いから

登山の靴下をユニクロから選ぶ理由は、何といっても安さだと思います

ユニクロは通常も安いですが、値引きになるともっと安くなります

値引きは発売終盤になると始まることが多いですが、発売当初に値引きすることもあって、気が抜けません

インターネットからのオンラインストアは動きが思いので、ユニクロアプリを使うことをおすすめします

▼ユニクロアプリはこちら

UNIQLOアプリ-ユニクロアプリ

UNIQLOアプリ-ユニクロアプリ
開発元:UNIQLO CO., LTD.
無料
posted withアプリーチ

こちらもほかのアプリと比べるとやや重いですが、オンラインストアよりは滑らかです

使ってみてください

靴下(厚手)をユニクロから選ぶ|パイルソックスがおすすめ

靴下が厚手のユニクロアイテムを紹介します

選び方は「パイル」という名前が入っている靴下を選べばOKです

一部コットン(綿)が入っていますが、ボク基準はコットン50%以下でOKなので、とても寒い環境でない限りこれ1枚でOKです

ボクが使ったかぎり(安達太良山トレッキングでもOKでした)では、冷たさや乾きにくさをそれほど感じませんでしたので、おすすめします

ヒートテックパイルが暖かくて肌触りがいいので、おすすめです

▼パイルソックス
ユニクロパイルソックス メンズ
ユニクロ

「パイルソックス」の説明をします

厚手でクッション性があり、フィット感も抜群!汗でムレにくいからスポーツにぴったり。

>特徴
・汗をかいても乾きやすいドライ機能をプラス。
・抗菌防臭機能で気になるにおいを抑える。
・スポーツでも日常でも使える、厚手でクッション性のあるパイル生地。
・消臭機能が付いた裏糸をメッシュ編みにしているので、汗をかいてもにおいが気にならずムレにくい。
・サポートを入れることで足裏へのフィット感をアップし、かかと部分は立体構造のワイドヒールなのでズレにくくとてもはき心地が良い。

素材46% アクリル,34% 綿,16% ナイロン,3% ポリエステル,1% ポリウレタン取扱い洗濯機
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/421000-01)

▼ヒートテックパイルソックス
ユニクロ ヒートテックパイルソックス メンズ 履いている感じ
ユニクロ

「ヒートテックパイルソックス」を説明します

さらに暖かく、さらに丈夫に進化した1足。柔らかなパイル素材が気持ち良くフィットする。

>特徴
・今季のアップデートポイントは、耐久性と防寒性がアップ。
・発熱、保温、抗菌、消臭など快適機能をプラス。
・かかとを立体構造にしたワイドヒールで、フィット感が良い。
・足底にボリューム感があってはき心地の良い裏パイル素材。

素材54% アクリル,18% レーヨン,17% 綿,8% ナイロン,2% ポリエステル,1% ポリウレタン取扱い洗濯機

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/421044-68)

パイル系が苦手の人には、このヒートテックハイソックスもいいです

人によっては足の感覚がなるべくあった方がいいという人もいて、そんな人はパイル系の厚手ソックスは苦手のようです

でもボクのまわりでそんな人はクライミング系の人が多いので、初心者には少ないと思いますが、こちらも紹介しておきます

「ヒートテックハイソックス」の説明をします

冷えやすいつま先からひざ下まで、1枚で包み込んでしっかり暖める。

¥590 +消費税
商品番号:421041

>特徴
・発熱、保温、抗菌、消臭など快適機能をプラス。
・肌なじみの良い天竺編み。
・ひざ下まで包み込んでしっかり暖めるハイソックス。
・かかとは立体構造のワイドヒールなのでズレにくくはき心地が良い。

素材46% アクリル,30% ナイロン,20% レーヨン,2% ポリウレタン,2% ポリエステル

取扱い洗濯機

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/421041-08)

トップへ戻る