【PETZL】ペツルヘッドライトおすすめ2019版【10選】登山・キャンプ用

PETZL-headlight 登山ヘッドライト・ランタン
スポンサーリンク

2018【ペツル】ヘッドランプ|登山で定番を紹介

 
 

【2019年2月25日】更新 

ペツル(PETZL)の登山やキャンプで使えるヘッドライトを紹介 【おすすめのポイント】を書きました 

ペツルの製品は登山用品の中でも「高価」で「上級者」向けが多いですが、ヘッドライトに関しては、登山初心者にも使ってもらいたい製品が多いです 

価格も比較的安価で、機能充実していて「安全」につながります 

参考にしてみてください

 

=▼ 目次=
 

    <クラッシックヘッドランプ>
    ベストセラーのシンプルヘッドランプ
     

  1. ティキナ
  2. ティカ
  3. ジプカ
  4. イーライト
  5.  
    <アクティブシリーズ>
    登山・トレッキングの非常用ライトとして、メインで使えるライトです

  6. アクティックコア
  7. アクティック
  8. MYO
  9.  
    <パフォーマンスシリーズ>
    素早く動くアクティビティに最適

  10. NAO+
  11. リアクティック
  12. リアクティックプラス
  13.  

 
 

 
 

スポンサーリンク

クラシックヘッドランプ

 
 

ベストセラーのシンプルヘッドランプ

軽くてコンパクトなので、緊急用に便利

登山やトレッキングで、あまり荷物を持ちたくない日帰り登山などで、緊急用に持って行くと便利です

また登山のスペアライトとして使ってもOK

登山では、ライトが壊れると、夜は大変です

 
 
 

1 ティキナ


PETZL(ペツル) TIKKINA ティキナ E91AB 150ルーメン (ブラック)

(スポンサーリンク)

 
 

チェックポイント
  •  〇 ほどほどの【安さ】 初心者にうれしい価格帯です 
  •  〇 安さの割に、機能は充実 光量は150ルーメンあるので、個人的には「森の中のトレイルラン」くらいに使えます点灯時間は 弱で220時間、強で60時間
  •  〇 完全沈没には対応できませんが、通常の防水はOK 登山に使うにはそれで十分だと思います  沢登りに持って行くときは、ちょっと注意が必要

 
 

レビュー結果
総合評価:★★★★☆

 
 

2,500円(税込2,700円)

製品詳細
特徴
・コンパクトかつ軽量:85 g
・長い照射時間
・1つのボタンで素早く簡単に照射モードを選択できるシンプルな使用方法
・3つの白色光モード:(1)弱(2)中(3)強
・リチャージャブルバッテリー『コア』が使用可能
・カラー:ブルー、ブラック、レッド、ピンク

スペック
照射力:150 ルーメン
重量:85 g
ビームパターン:ワイド
電源:単4アルカリ電池3本(付属)、リチャージャブルバッテリー『コア』(別売)
対応電池:ニッケル水素充電池
防水性能:IP X4 (全天候型)

 
 

 
 
 

2 ティカ


PETZL(ペツル) TIKKA ティカ E93 AAB グリーン [並行輸入品]

(スポンサーリンク)

 
 

チェックポイント
  •  〇 価格はうれしい3,000円台
  •  〇 「ティキナ」よりちょっと強い光量 200ルーメンです 弱で240時間 強で60時間点灯 なので、点灯時間はおなじか、ちょっと長いくらい
  •  〇 コンパクトさは、ほぼ「ティキナ」といっしょ 100gをきるので軽さは問題なしですね

 

レビュー結果
総合評価:★★★★☆

 
 

3,500円(税込3,780円)

製品詳細
特徴
・コンパクトかつ軽量:86 g
・長い照射時間
・1つのボタンで素早く簡単に照射モードを選択できるシンプルな使用方法
・3つの白色光モード:(1)弱(2)中(3)強
・ステルス性が高く、自分や周囲の人の目を眩ませることなく夜間視力を保つ赤色光
・暗闇でもランプを探しやすい蓄光リフレクター付
・ヘッドバンドには救助等の緊急時に使用できるホイッスルが付いています
・リチャージャブルバッテリー『コア』が使用可能
・カラー:レッド、ブルー、グリーン、ブラック

スペック
照射力:200 ルーメン
重量:86 g
ビームパターン:ワイド
電源:単4アルカリ電池3本(付属)、リチャージャブルバッテリー『コア』(別売)
対応電池:ニッケル水素充電池
防水性能:IP X4 (全天候型)
認証:CE

 
 

 
 
 

3 ジプカ


PETZL(ペツル) E93AB ジプカ レッド

(スポンサーリンク)


 
 

チェックポイント
  •  〇 ティカと光の量は同じ 200ルーメン これは思ったより明るいので、ほぼ身の回りのことをするには、十分可能 むしろちょっと恥ずかしいくらいだと思います 
  •  〇 特徴的なのは、そのストラップです  帯のような形状ではなく、完全にヒモ 不安定に見えるかもしれませんが、腕にも頭にも設置OK  設置する場所の大きさに関わらず、カンタンにライトをつけることができるので、意外に汎用性(はんようせい)があります

 

レビュー結果
総合評価:★★★☆☆

 
 

3,700円(税込3,996円)

特徴
・超コンパクトな形状により持ち運び、装着が容易です:
・巻き取り式リール
・頭や手首、テントのポールや自転車のシートポスト等、多様な取り付けが可能です
・長い照射時間
・1つのボタンで素早く簡単に照射モードを選択できるシンプルな使用方法
・3つの白色光モード:(1)弱(2)中(3)強
・ステルス性が高く、自分や周囲の人の目を眩ませることなく夜間視力を保つ赤色光
・暗闇でもランプを探しやすい蓄光リフレクター付
・リチャージャブルバッテリー『コア』が使用可能
・カラー:レッド、ブラック

スペック
照射力:200 ルーメン
重量:66 g
ビームパターン:ワイド
電源:単4アルカリ電池3本(付属)、リチャージ
ャブルバッテリー『コア』(別売)
対応電池:ニッケル水素充電池
防水性能:IP X4 (全天候型)
認証:CE

 
 

 
 
 

4 イーライト


PETZL(ペツル) e+LITE イーライト E02 P4

(スポンサーリンク)

 
 

チェックポイント
  •  〇 超有名な非常用ライト 
    コンパクトで「26g」の超軽量設計 
  •  〇 防水性能はかなりGOOD 1m沈没30分までならOK 優秀です
  •  × あくまで非常用   光の量は50ルーメン 走ることは難しいですが、身の回りのことや、歩くだけなら十分な光です
  •  × 電池も汎用性がない「CR 2032 リチウム」電池です コンビニなどには売っていますが、ほかの機器との融通(ゆうづう)はちょっと難しいですね 

 
 

レビュー結果
総合評価:★★★☆☆

 
 

3,000円(税込3,240円)

特徴
・どんな時でも持ち運べる超軽量な非常用コンパクトヘッドランプ
・電池(CR 2032 リチウム)を入れてすぐ使用できる状態で10年間の保存が可能
・白色光は暗闇の中で行動するのに十分な明るさを備えています
・緊急時には赤色 LED を自分の位置を知らせるシグナルとして使用可能
・オン・オフスイッチは誤操作を防ぐためにロック可能

スペック
照射力:50 ルーメン
重量:26 g
ビームパターン:ワイド
電源:CR2032 リチウム電池 2 個(付属)
使用気温:-30℃ から +60℃
防水性能:IP X7(水深 1 m で 30 分間の防水)
認証:CE

 
 

 
 
 

アクティブシリーズ

登山・トレッキングの非常用ライトとして、メインで使えるライトです

軽いですが、ライトの光量も強力で、歩くスピードくらいのナイトハイクから、夜のトレイルランでも十分に使えます

使う頻度(ひんど)が高い、非常に便利なシリーズです

 
 
 

5 アクティックコア


PETZL(ペツル) ACTIK CORE アクティック コア E99AB 350ルーメン レッド  [並行輸入品]

(スポンサーリンク)

 
 

チェックポイント
  •  アクティックコアは、「ペツルヘッドライト」の代表のようなライト 自分が一番オススメするライトです 
  •  〇 はずかしいくらい明るい最大350ルーメン  でも350ルーメンのままだと、2時間が限界です(コアバッテリーを使った場合) 強度が中だと100ルーメンで7時間 これが主力になると思います 弱は一気にさがって5ルーメン このままなら160時間持ちます   これが、電池を使った場合は、稼働時間は伸びますが、光は弱くなります   テントの中などは、弱で十分ですね
  •  〇 ホイッスル付きで単4アルカリ電池でもOKですが、「コア」バッテリーを使うと、光を強くする時間を長くできます
  •  〇 防水グレードは「IPX4」 沈没するとアウトですが、雨であれば浸水しないです また、軽さも100gを切っているので、とても優秀です
  •  △ 価格は、クラシックタイプと比べると、ちょっとだけ「割高」 それでもこの機能で5,000円台は、かなりがんばっているんじゃないでしょうか 
  •  △ 夜に強い「赤色光」がついていますが、大きく行動するには不安があります   基本的には、みんな寝ている時のテント内での行動や、そとでも、身の回りの行動に使うことがいいと思います 

 

レビュー結果
総合評価:★★★★★

 
 

5,900(税込6,372)

製品詳細
特徴
・高い照射力 (350 ルーメン) を備えた汎用性の高いヘッドランプ
・USB ポート(Micro B)より再充電可能なバッテリー『コア』が付属します
・ハイブリッドヘッドランプ: リチャージャブルバッテリー『コア』、単4アルカリ電池3本の両方を使用できます
・2つのビームパターン (ワイド、スポット) 、複数の照射モードにより、ヘッドランプに高い性能を求めるアウトドアアクティビティのニーズ (近距離、遠距離の照射、素早い動き) に対応します
・夜間視力を維持する赤色光により、自分や周囲の人の目を眩ませることなく、視界を保ちます
・ヘッドバンドには周囲に自分の存在を知らせる反射材、救助等の緊急時に使用できるホイッスルが付いています
・カラー:ブラック (E99ABA)、レッド (E99ABB)

スペック
光束:350 ルーメン
重量:82 g
ビームパターン:ワイド、ミックス
電源:1250 mAh リチャージャブルバッテリー『コア』 (付属)
対応電池:アルカリ電池、リチウム電池、ニッケル水素充電池
保護性能:IPX4(全天候型)

 
 

 
 
 

6 アクティック


PETZL(ペツル) ACTIK (アクティック) ブラック [アクティブシリーズ] E99AA A [並行輸入品]

(スポンサーリンク)

 
 

チェックポイント
  •   「アクティック」は、「アクティックコア」の「コア」がないバージョンと考えるといいです ですが、やや重さや光の量の仕様が違うので、完全に同じではないです
  •  〇 光量は300ルーメンで十分な光量があります 電池を使った場合に300ルーメンで使用すると、60時間稼働と仕様にはかいてあります
  •  △ 60時間の稼働時間は間違いないのですが、60時間ずっと300ルーメンではありません コアバッテリーの場合は、電力がなくなるまでほぼ同じ光の量を保つことが可能 ですが、電池を使用するときには、一気に光の量が下がり、半分以下になります この電池の特性を考えて、行動を考える必要があります

 
 

レビュー結果
総合評価:★★★★☆

 
 

4,600円(税込4,968円)

特徴
・高い照射力(300 ルーメン)を備えた汎用性の高いヘッドランプ
・2つのビームパターン(ワイド、スポット)、複数の照射モードにより、ヘッドランプに高い性能を求めるアウトドアアクティビティのニーズ(近距離、遠距離の照射、素早い動き)に対応します
・長い照射時間
・夜間視力を維持する赤色光により、自分や周囲の人の目を眩ませることなく、視界を保ちます
・ヘッドバンドには周囲に自分の存在を知らせる反射材、救助等の緊急時に使用できるホイッスルが付いています
・リチャージャブルバッテリー『コア』が使用できます
・カラー:ブラック (E99AAA)、グリーン (E99AAB)、ブルー (E99AAC)

スペック
光束:300 ルーメン
重量:92 g
ビームパターン:ワイド、ミックス
電源:単4アルカリ電池3本(付属)、リチャージャブルバッテリー『コア』(別売)
対応電池:ニッケル水素充電池、リチウム電池
保護性能:IPX4(全天候型)

 
 

 
 
 

7 MYO


PETZL(ペツル) MYO E87AHB C-コーラル

(スポンサーリンク)

 
 

チェックポイント
  • 〇 280ルーメンで50時間稼働(かどう)ということです 
    ですが、仕様を見ると、170ルーメンで2時間とかいてあります この数値だけみると、混乱しますが、170ルーメンまでは、ほぼ光の量が変わらず2時間使えるように、電池を調整できることが、このヘッドライトの特徴   そして、280ルーメンでの使用の場合は、通常の電池のパターンと同じで、最初だけ280ルーメンの強さで、すぐ半分以下に光が弱くなり、だんだんと減っていき50時間後に消えると言うパターン 
  •  〇 ワイドに光を広げる仕様と、スポットで光を集中させて遠くに飛ばす切り替えが、レンズの開閉だけでかえられるので、いろいろな使い方が可能
  •  △ 単3電池を使用するので、ほかの同じ電池の機器との互換性が高いのでありがたいです 電池収納は頭の後ろにくるので、バランスが良いようです    ですが、電池が外にでることで、コンパクト性がやや悪くなります   ザックに入れる時には、壊れないような工夫が必要だと思います 
  •  × 価格が一気にあがり、1万円台になります ちょっと高いですね 

 

レビュー結果
総合評価:★★★☆☆

 
 

10,000円(税込10,800円)

高出力パフォーマンスランプ
マルチビーム:開閉式ワイドアングルレンズは、ワイドビーム(近距離)とスポットビーム(遠距離)を素早く切り替えることができます
コンスタントライティングテクノロジー:電池の残量がわずかになると、自動的にリザーブモードに切り替わります
ニッケル水素電池の使用が可能:
軽量で、より長時間の使用が可能です
低温下でもアルカリ電池と比較して高い性能を発揮します
アクティビティ合わせて、照射力と照射時間をプログラムにより設定可能です

信頼性と耐久性:
バッテリーインジケータ:電池の残量が30 % 及び 10 % を下回ったとき、インジケータの色が変わります
誤操作防止設計:角度調節を最上部にすると、スイッチがカバーされます
全天候型
高い安定性とフィット感:トップストラップを取り付ければ、安定性を高めることができます
長時間のアクティビティに最適:
長い照射時間
軽量:175 g

快適な重量バランス
光束:370 lm(ブーストモード時) 重量:175 g
テクノロジー:コンスタント/スタンダードライティング
ビームパターン:ワイド、スポット
電池:単 3 アルカリ電池 3 本使用(付属)
使用可能な電池:アルカリ電池、リチウム電池、ニッケル水素充電池、ニッカド充電池
認証:CE
防水性能:IP X4(全天候型)

 
 

 
 
 

パフォーマンスシリーズ

素早く動くアクティビティに最適

トレイルランであれば、十分な光量を確保できて、事故を減らしてくれます
やや重く、価格が少し高い事が難点ですが、十分なスペックで信頼は厚いです

 
 

8 NAO+


PETZL(ペツル) NAO+ E36AHR 2B

(スポンサーリンク)

 
 

チェックポイント
  • 〇 モバイルアプリで、ビームパターンや照射時間などを操作可能です アプリ操作などが面倒な人には、ちょっとオーバースペックですが、大会などを連戦するようなかたにはうれしい機能 大会ごとに調整できるので便利です 
  • × 価格も厳しい価格帯 この価格と、機能をみると、プロフェッショナルというよりはアスリートタイプの人が使いそうなヘッドライトです 
  • × 大容量のバッテリーで、照射時間が伸びることはうれしいのですが、電池対応でないことは、自分的にはちょっとデメリット 
  •  光量も750ルーメン ライトのロック機能・長時間照射力を一定に保つ機能があり、フィット機能も高いので、185gというちょっと重い本体も、ストレスなく使うことができます

 
 

レビュー結果
総合評価:★★★☆☆

 
 

 
 

20,600円(税込22,248円)

製品詳細
スマートフォンやタブレット端末用アプリ MyPetzl Light により、ビームパターン、照射時間、明るさのカスタマイズが可能 (Apple Store、Google Play で無料ダウンロードできます):
残り照射時間の確認
明るさおよび照射時間の調節
アクティビティに合ったプロファイルの作成および適用
出荷時はマルチアクティビティ プロファイルが適用されています
モバイルアプリ MyPetzl Light よりさらに4つのプロファイルが入手可能: トレイルランニング、マウンテニアリング、トレッキング、ビバーク
Bluetooth によりヘッドランプを接続できます (無効化も可能)
リアクティブライティングテクノロジーにより、照射時間を長く、視界を快適にし、ヘッドランプの操作を最小限に抑えます
光センサーが光量とビームパターンを瞬時に自動で調節し、バッテリーの消費を最適化します
設定した照射時間によって (6時間 30 分もしくは 12 時間)、2つのモードで明るさが自動的に制御されます:MAX POWER, MAX AUTONOMY
長時間照射力を一定に保つコンスタントライティングテクノロジーを使用できます
ミックスビーム: 近距離照射用ワイドビームと遠距離照射用スポットビームを同時に照射
リチャージャブルバッテリーに搭載された赤色シグナル光により周囲に位置を知らせます
保管や持ち運びの際、偶発的にオンにならないようにするロック機能
2600mAh リチウムイオン リチャージャブルバッテリー:
充電に便利な USB ポート付 (Micro B)
バッテリー / Bluetooth インジケータ
運動中でもずれにくいヘッドバンド:
調節可能で快適性の高いデザイン
激しい運動を支えるトップストラップ付き
NAO+ ベルトキットは、リチャージャブルバッテリーをベルトに装着することにより、頭部にかかる重量の軽減や低温からの保護が可能です。

スペック
重量:185 g
テクノロジー:リアクティブライティング、コンスタントライティング
Bluetooth 搭載:MyPetzl Light は iOS 7 以降、もしくは Android 4.3 以降のバージョンに対応します
Bluetooth Low Energy:省電力通信
ビームパターン:ワイド、ミックス、スポット
電源:2600 mAh リチウムイオン リチャージャブルバッテリー (付属)
充電時間:6 時間
防水性能:IP X4

 
 
 

9 リアクティック


PETZL(ペツル) リアクティック E92H MI-ブルー

(スポンサーリンク)

 
 

チェックポイント
  •  〇 贅沢(ぜいたく)な機能群は、初心者にも上級者にも満足してもらえると思います 最大220ルーメン 光の自動調節 IP X4レベルの防水機能 
  •  〇 この機能でこの価格は良品です 
  •  〇 シンプルなつくりで、ザックなどにコンパクトにまとまります スピード重視の登山で有利ですね 
  •  〇 名前の由来にもなっているリアクティブライティングテクノロジーが優秀 光量が自動調整され、無駄な電力をつかわず、ながく使用が可能 これは便利です 

 

レビュー結果
総合評価:★★★★★

 
 

9,500(税込10,260)

製品詳細
特徴
リアクティブライティングテクノロジーにより、照射時間を長く、視界を快適にし、ヘッドランプの操作を最小限に抑えます
光センサーが光量とビームパターンを瞬時に自動で調節し、バッテリーの消費を最適化します
設定した照射時間によって (3 時間 30 分、6 時間、12 時間)、3つのモードで明るさが自動的に制御されます:MAX POWER, STANDARD, MAX AUTONOMY
長時間照射力を一定に保つコンスタントライティングテクノロジーを使用できます
近距離照射用ワイドビームと遠距離照射用スポットビームを同時に照射するミックスビーム
夜間視力を維持するための赤色光モード
保管や持ち運びの際、偶発的にオンにならないようにするロック機能
1800 mAh リチウムイオン リチャージャブルバッテリー:
充電に便利な USB ポート付 (Micro B)
充電が難しいような環境では別売の乾電池アダプターで乾電池の使用も可能
後部のみをストレッチ素材にしたヘッドバンドは、激しい運動に最適で、洗濯、調節が可能です:
運動中でもずれにくい
吸汗性ヘッドバンド
全天候型防水
カラー:ブルー、ブラック

スペック
重量: 115 g
ビームパターン: ミックス
ライティングモード:リアクティブライティング、コンスタントライティング
耐水性: IP X4
1800 mAh リチウムイオン リチャージャブルバッテリー (付属)
充電時間: 4.5 時間
使用可能な電池(別売のアダプターで使用可能): アルカリ電池、リチウム電池、ニッケル水素電池
防水:IP X4
認証:CE
※Bluetooth非対応:モバイルアプリMyPetzlLightを用いて照射機能を設定することは出来ません。

 
 
 

10 リアクティックプラス


PETZL(ペツル) リアクティックプラス E95H NE-ブラック

(スポンサーリンク)

 
 

チェックポイント
  •  〇 これは「NAO+」と「リアクティック」のちょうど中間に位置しているヘッドライト 
  •  〇 アプリでパターンなどの、環境設定が可能なところは、「NAO+」の特性です
  •  〇 シンプルな外観と、乾電池などが使えるのは「リアクティック」に似ています
  •  〇 光量も最大300ルーメンで十分走ることも全く問題ありません 
  •    価格も両方の中間で1万円ちょっとなので、個人的にギリギリてが届く範囲   でも1万円のヘッドライトはもったいなくて、あまり使わないかもしれません あくまで自分レベルの話です 

 

レビュー結果
総合評価:★★★★☆

 
 

11,500円(税込12,420円)

製品詳細
スマートフォンやタブレット端末用アプリ MyPetzl Light により、ビームパターン、照射時間、明るさのカスタマイズが可能 (Apple Store、Google Play で無料ダウンロードできます):
残り照射時間の確認
明るさおよび照射時間の調節
アクティビティに合ったプロファイルの作成および適用
出荷時はマルチアクティビティ プロファイルが適用されています
モバイルアプリ MyPetzl Light よりさらに4つのプロファイルが入手可能: トレイルランニング、マウンテニアリング、トレッキング、ビバーク
Bluetooth によりヘッドランプを接続できます (無効化も可能)
リアクティブライティングテクノロジーにより、照射時間を長く、視界を快適にし、ヘッドランプの操作を最小限に抑えます
光センサーが光量とビームパターンを瞬時に自動で調節し、バッテリーの消費を最適化します
設定した照射時間によって (2時間 30 分、5時間、10 時間)、3つのモードで明るさが自動的に制御されます : MAX POWER, STANDARD, MAX AUTONOMY
長時間照射力を一定に保つコンスタントライティングテクノロジーを使用できます
ミックスビーム: 近距離照射用ワイドビームと遠距離照射用スポットビームを同時に照射
ブーストモードを使うと、一時的に最大光量を照射できます
夜間視力を維持するための赤色光モード
保管や持ち運びの際、偶発的にオンにならないようにするロック機能
1800 mAh リチウムイオン リチャージャブルバッテリー:
充電に便利な USB ポート付 (Micro B)
バッテリー / Bluetooth インジケータ
充電が難しいような環境では別売の乾電池アダプターで乾電池の使用も可能
後部のみをストレッチ素材にしたヘッドバンドは、激しい運動に最適で、洗濯、調節が可能です:
運動中でもずれにくい
吸汗性ヘッドバンド
全天候型防水
カラー:コーラル、ブラック

スペック
重量: 115 g
ビームパターン: ワイド、ミックス、スポット
ライティングモード:リアクティブライティング、コンスタントライティング
Bluetooth が使用できます。モバイルアプリ MyPetzl Light は iOS 7 以降、もしくは Android 4.3 以降のバージョンに対応します。Bluetooth Low Energy: 省電力です
耐水性: IP X4
1800 mAh リチウムイオン リチャージャブルバッテリー
充電時間: 4.5 時間
使用可能な電池(別売のアダプターで使用可能): アルカリ電池、リチウム電池、ニッケル水素電池

照射性能については取扱説明書または こちら をご覧ください。

 
 

 
 

スポンサーリンク
トップへ戻る