モンベル バラクラバ【ジオライン】を使ってみた|2018初心者におすすめ薄手目出し帽

モンベルジオラインバラクラバ 帽子・ヘルメット
スポンサーリンク

【レビュー】ジオラインL.W.バラクラバの「使い方」

 
 

【2019年2月14月日】更新

総合アウトドアメーカーのモンベルのおすすめ「ジオラインバラクラバ」

この記事で、その「おすすめポイント」を書きました

「ジオラインバラクラバ」は、夏でもすずしく、首回り、口元の「紫外線防止に最適」

冬は大汗をかく登山でも凍りません

コンパクトで、ポケットに入るので、持っていっても荷物にならないのがGOOD

静電気も防止するので、「女性にオススメ」 参考にどうぞ

 
(▼ジオラインバラクラバはこちら)


モンベル(mont-bell) ジオラインL.W.バラクラバ #1107500 (ブラック(BK)
スポンサーリンク

 
 

スポンサーリンク

モンベルバラクラバはスノーボード・スキー雑誌から影響を受けた

このバラクラバは、自分が登山をかじるようになる前からのベストセラーの製品

自分は本格的に登山を始めたのは5年くらい前ですが、その前からも年に何回か登山というか、ハイキングのようなものをしていて、その時から使っています

そのころ、山スキーの雑誌「Fall line」(フォールライン)という雑誌を愛読していました

そこで、マウンテンスキーヤーの「佐々木大輔」氏が絶賛していた記事をみて、なんとなく買ってしまったのが、このバラクラバとの馴れ初め(なれそめ)

それからは、
 
 

「絶賛愛用中」

 
 

それからというもの、「冬の雪山」だけでなく、「夏の縦走」にも大活躍

夏でも山の上は、太陽が陰る(かげる)と寒くなるときがあります

休憩しているときにちょっと風が強いと、山の上はきついですね

また、登っている時は暑いですが、下りは寒いことがあります

その時に、熱が逃げやすい首を簡単に保温できる「薄手のバラクラバ」はとても役に立ちます

コンパクトで、邪魔にならないことも優秀な理由です
 

 
 

character「アイリス」132×99 PNG

⇒いろいろなバラクラバの紹介 バラクラバに最適なヘルメットを紹介します


↓↓↓↓
【ガチ登山】バラクラバ(目出し帽)おすすめ【24選】

【バラクラバ】ガチ登山の使える目出し帽!最新25選 2019版服装おすすめ
登山のおすすめのバラクラバを5つ紹介します。内容は自分の使用感とレヴューなどに基づいています。

登山ヘルメット【評価版】おすすめは「ブラックダイヤモンド ハーフドーム」+「2選」

登山ヘルメットおすすめ【比較!ブラックダイヤモンド ハーフドーム+2選】
【2018年7月15日】更新 登山用のヘルメットを紹介します 自分はヘルメットを、夏と冬を「1つ」を兼用しています 現在兼用で使用しているのは、「ブラックダイヤモンド」社の「ハーフドーム」というヘルメット 軽量で丈夫なのに、価格は初心者向けでとても優秀なので、参考にしてみてください

 
 

 

素材の「ジオライン」は特別な化繊

ジオラインとは、モンベル独自の化繊テクノロジーのこと。

その特徴は、

 
 

  1.  驚異の速乾性!!
  2.  半永久的に臭くなりづらい
  3.  圧倒的ストレッチ
  4.  静電気防止

 
 

という、4本立て!

こうみると、かなり優秀ですね。

アンダーウェアなどに必要な機能が、ほとんど装備されています

買った当時はそんなこと考えずに、アルパインスキーヤー「佐々木大輔」氏のネームバリューのみで買ってしまいましたが、ちゃんと機能を見てみると、結果オーライでうれしい限りでした。
 
 

1 ジオラインバラクラバの驚異の速乾性

 
 

「速乾!これが一番の特徴」

 
 

公式ホームページをみると、30分で乾くという(ほんとうですか?)、圧倒的なスピードをアピールしています。

確かに実際使ってみると、濡れ(ぬれ)てもそれほど冷たさを感じません。

それが、速乾のためなのかどうなのか、その原因は定かではありませんが、濡れているという感覚は今まで感じたことはありませんでした。

唯一、「濡れ」、というか「冷たさ」を感じたのは、吹雪の雪山のとき

そのときには、バラクラバの呼気(こき)が当たるところが凍ってしまって、冷たさを感じました。

しかし、しばらく息をしていると、すぐ氷が解けるので、冷たさは一瞬だけ

これが薄手のスゴさですね

 
 

凍ってもすぐ解けるのは薄手の特権

これが、少し厚手になると、呼気の部分の氷はなかなか解けなくて、しばらくの間がまんするしかありません

凍った部分が解けると、ジオラインの効果で、すぐ乾いて快適が戻ります

そしてこの効果は、「日帰り登山」より「泊りの登山」のときにとても効果を発揮

寝るときに乾いたものを着るのは、熟睡に直結するので、とてもありがたいですね

 
 

バラクラバにヘルメットのときありがたい!|ジオラインは半永久的に防臭

最初に買ったときは、あまり意識していなかった機能ですが、若い人と登るときには、ありがたい機能でした

臭くなるのは、直接的に生死につながることありませんが、臭くないと、快適性と社交性は増します

40才過ぎると加齢臭がでてくるので、これはありがたい

いままであまり意識していませんでしたが、このバラクラバを使って、確かに1週間近くつけっぱなしでも、ひどく臭うことははありませんでした

首回りは特に臭いがきついところですが、それでも臭わないというのは優秀

 
 

「抗菌」よりランクが上の「制菌」と言われる銀イオンの機能が防臭を可能にしているようです

 
 
この臭い(におい)を抑える機能は、女性などにはおすすめ

なかなか素晴らしい機能だと思われます

また、ヘルメット着用のときにバラクラバを使用すると、やっぱり少し汗がたまりやすいですが、この「制菌」は役立ってくれます

期待したいですね

 
 

 
 

ジオラインバラクラバの圧倒的ストレッチが「デメリット」

デメリットを上げるとするとコレ

実際はメリットであり、デメリットでもある機能です

ストレッチがある薄手のためか、時間の経過とともに、やや伸びてしまうことがデメリット

実際使っていますが、5年以上使うとヘタり始めるという感じ

5年も使えるなら、デメリットではないと思われますが、一応伸びると使いづらくなるので、デメリット

でもヘタったあとも、2重にバラクラバをつけるときも使えるので、実際は5年以上前に買ったバラクラバも、現役で使われていますね。

そしてストレッチ性はメリットでもあって、吸い付くような感じにもかかわらず、薄手のためか、キツさは感じないので、快適

デメリットではありますが、初心者にはおすすめの機能です

 
 

ジオラインバラクラバの静電気防止機能

これも今回のリサーチで初めて知りました。

わからないで使っていましたね

確かに今まで静電気らしい静電気は感じたことがありません

自分は静電気を貯めづらい体質なので、参考にならないような気がしますが、静電気が苦手な方には素晴らしい機能だと思います。
 
 

ジオラインバラクラバ仕様紹介

自分は好きすぎて、これを3つもっています。
モンベルバラクラバ

その大好きなバラクラバの仕様を紹介します。

メーカーモンベル(mot-bell)
素材ジオライン(ポリエステル)
サイズS/M(54~57㎝) M/L(57~60㎝)
参考価格1,429円+税(税込みだと1543.32円と微妙な価格)
カラーブラック、ライトシルバー

 
 

こんな人にオススメです!

1 寒いのが苦手な方(夏でも通気性がいいのでおすすめ)

2 汗かきの方(すぐ乾きます)

3 冬にアクティブな登山をする方

 
 

モンベルバラクラバを比較してみる

モンベルのバラクラバはこの「ジオライン」製だけではなく、「メリノウール」製や「ネオプレン」製などいくつかに分かれています

 
 

  1. ジオライン製はアクティブな登山や山スキー、夏の紫外線防止に優れています
  2. メリノウール製は、比較的汗のかかない冬季登山や、テント泊や小屋泊、ゲレンデでのスキー・スノーボードの時に最適
  3. ネオプレン製は、厳冬期の登山、山スキーに使うと快適です

 
 

character「アイリス」132×99 PNG

こちらでいろいろなバラクラバを詳しく解説していますので、参考にしてください


▼【ガチ登山】バラクラバ(目出し帽)おすすめ【25選】

【バラクラバ】ガチ登山の使える目出し帽!最新25選 2019版服装おすすめ
登山のおすすめのバラクラバを5つ紹介します。内容は自分の使用感とレヴューなどに基づいています。

 
 

バラクラバレビュー総合評価

 
 

レビュー結果
総合評価:★★★★☆

 
 

このジオラインバラクラバは

★4つ

にさせていただきました。

価格も機能もとても優れていて、大変満足。

これは登山初心者の方に大変おすすめ。

防寒にもいいですが、紫外線予防にもってこいです

 
 
薄手のため「防風」は完璧ではありません
 
 

風を完全に止めるのは難しいので、厳冬期は、アウターのフードを被るか、厚手のバラクラバと併用がオススメ

これで問題ありません

 
 

初心者でバラクラバまでいらないのでは・・・と思うかもしれませんが、登山初心者の方にこそ、安全や保温をしっかりやってほしいので、なるべく使ってほしい、とても便利な装備だと思います

 
 

また、このバラクラバは、「COOL CHOICE」という環境省の運動に参加しています

この「バラクラバ」が「COOL CHOICE」の提案商品ということ

「COOL CHOICE」とは

 
 

2030年度に温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減するという目標達成のための運動

 
 

のようです。

ということは、環境省は「日常の服装にこのバラクラバ」を取り入れることを推進していて、将来は、カジュアルな服装にバラクラバ・・・・ということもアリになるかもしれません

以上、「ジオラインL.W.バラクラバ」のレビューでした

ジオラインバラクラバ+3選

 
 

モンベル(mont-bell) ジオラインL.W.バラクラバ

 

▼モンベル公式サイト ジオラインバラクラバ

【モンベル】ジオラインL.W.バラクラバ
アルパインクライマーなどに愛用されている薄手のバラクラバです。通気性に優れるので口元が凍りつきにくく、快適な装着感を得られます。鼻部分には調節可能な樹脂製の芯を採用。小さく丸めてポケットに収納できます。

 

(モンベル)mont-bell スーパーメリノウール バラクラバ

こちらは、ジオライン製ではないですが、メリノウールで肌触りよく、消臭効果も大きい製品です

ぬれると乾きづらいですが、ぬれても暖かいのであまり気になりません

参考にどうぞ
▼モンベル公式サイト スーパーメリノウールバラクラバ

【モンベル】スーパーメリノウール バラクラバ
抜群の暖かさと速乾性を併せ持つ、バラクラバです。ストレッチ性に優れ、チクチク感のない快適なかぶり心地です。鼻部分には調節可能な樹脂製の芯を入れ、眼鏡やゴーグルを掛けていても曇りにくくしています。

 
 

(モンベル)mont-bell ネオプレン フェイスバラクラバ

(こちらはネオプレン製 厳冬期にはおすすめ 口周りに呼気が抜ける穴があって、凍りません)
▼モンベル公式サイト ネオプレンフェイスバラクラバ

【モンベル】ネオプレン フェイスバラクラバ
極寒地での使用にも耐え得る抜群の防風・保温性を備え、場面や用途に合わせて4通りの使い方ができる高機能バラクラバです。顔を覆う部分には、裏側にパイル地を付けたネオプレンを使用し、冷たい風をシャットアウトするだけでなく、生地自体が保水することが少ないので凍結しにくくなっています。顔以外の部分には抜群のストレッチ性を備える中【続きをよむ】

(スポンサーリンク)

 
 

ファイントラック アクティブスキンバラクラバ

ファイントラックの代表バラクラバ 価格がちょっと高いですが、ジオラインバラクラバに匹敵する乾きの速さと暖かさ

そして、ジオラインより丈夫です

 
 

スポンサーリンク
トップへ戻る