モンベル「ジオラインバラクラバ」を10年使った感想など・・

モンベル「ジオライン」バラクラバを10年使った感想など・・

バラクラバを最初に使ったのがモンベルの「ジオラインバラクラバ」。雑誌「Fall Line」でマウンテンスキーヤー「佐々木大輔」氏が、登りで使える汗抜け推しの「ジオライン バラクラバ」を紹介していた。このときからボクはジオラインバラクラバをヘビーに使っている。メリットは低価格と程よい汗抜け(詳しいメリット>>)。デメリットは薄いので暴風では寒いことだ(詳しいデメリット>>

モンベルのバラクラバ

▼ボクのおすすめバラクラバ一覧

登山で使うバラクラバを考察
登山で使うバラクラバを考えてみました。使ってるやつを中心に考察
  • メリット
  • 一番のメリットは低価格が最もおすすめの理由・・・・だったが当時1,543円(2017年)だった価格が、現在は2,420円(2023年)でおよそ60%近く値上がりしている。コロナやウクライナ戦争、ガザ戦闘で値上がりしたとしても価格が1.5倍はちょっと上がり過ぎだと思っている。それでも機能・価格のバランスを見るとボクはまだ安いと感じる。3,000円を超えるとその限りではないが・・・

    もう一つの大きなメリットは薄さと汗抜け具合。これは登りや夏で使えるおすすめの機能。風もある程度シャットアウトしてくれるので、薄さの割には暖かい。またゴワゴワ感が少ないので、慣れてない初心者にもおすすめ。

    程よい強さのフィット感と静電気防止機能もメリット。

    アウトドアメーカー モンベルのバラクラバ ジオラインとメリノウール

  • デメリット
  • 薄さはメリットだがデメリットでもある。薄い生地はある程度防風してくれるが、強風ではスキ間から風が侵入しやっぱり寒い。寒さが苦手な人にはあまりおすすめできない。

    生地が薄いので伸びやすく耐久性もやや弱い。破れることは滅多にないが(ボクは破れたことはない)、伸びたままで緩くなってしまうことがある。

ジオラインバラクラバの仕様は

価格が1,000円も高くなっているのが悔しい・・・

メーカーモンベル(mot-bell)
素材ジオライン(ポリエステル)
サイズS/M(54~57㎝) M/L(57~60㎝)
参考価格2,420円
(以前は1,429円だったが・・・
カラーブラック、ライトシルバー

▼公式サイト

【モンベル】ジオライン L.W.バラクラバ
滑らかな肌触りが特長のバラクラバです。薄手でインナーとしても利用できるため、アルパインクライマーなどにも愛用されています。通気性に優れるので口元が凍りつきにくく、快適な装着感を得られます。鼻部分には調節可能な樹脂製の芯を採用。制菌加工によりにおいも抑えられるため長時間の使用でもストレスなく着用可能です。小さく丸めてポケ【続きをよむ】

 
 

メリノウールバラクラバ レビュー

モンベルバラクラバのメリノウールアイテムは生地のタッチが優しく女性やキッズにおすすめで、ボクの子供も使っている

子供はこれを一度使い出すと、ほかのが使えないくらいらしい

【モンベル】スーパーメリノウール バラクラバ
抜群の暖かさと速乾性を併せ持つ、バラクラバです。ストレッチ性に優れ、チクチク感のない快適なかぶり心地です。鼻部分には調節可能な樹脂製の芯を入れ、眼鏡やゴーグルを掛けていても曇りにくくしています。

ジオラインと違ってストレッチは弱い。しかし小さな顔にもよくフィットしてくれるのですき間風に強い

フィット感はやや強く大人用でも子供に使えたりする。デメリットは乾きが悪いこと。だが濡れても暖かさは大きくそがれないので、暖かさを求めるならジオラインよりメリノウールの方が優秀だと思う。

▼詳しいレビューはこちら

[レビュー]モンベルスーパーメリノウールバラクラバ|デメリとメリット
モンベルのスーパーメリノウールバラクラバを使った感想。長く使うには良いバラクラバ