登山の体幹を鍛える方法【3選】体力の理解と衰え防止

シニア登山をする男女 トレーニング
スポンサーリンク
スポンサーリンク

高齢者登山の将来を事故や遭難の原因から考えてみる

 
 

毎週休みのたびに、レジャーでの事故を聞くような季節になりました。

日本経済新聞
「1人死亡、7人けが 海や山で事故相次ぐ」

このニュースでは、川で1名、海で2名、湖で1名、山で4名と事故が目立っているようです。

特に山での事故は、死亡事故こそありませんでしたが、その事故の頻度は多いですね。

また、山での事故の頻度もそうですが、年齢が高い方の事故も多いです。

今回ニュースでは海・川・山含めて、20代が2名、50代が2名、60代が2名、70代が1名、80代が1名でもう1名は不明。

これを見ると、「最近の若いものは・・・」など、昔は若い方の無謀ぶりや、身勝手ぶりの愚痴(ぐち)をこぼすような大人の方がいましたが、今は逆で、いろんな意味で若い方の足を引っ張っているような気がします(自分も含めてですが・・・)

 
 

スポンサーリンク

目次

 
 

まずは自分の体力を理解する

先ほどもいいましたが、最近のレジャーでの事故は、年齢が高いかたが多いですね

若いころから登山をしていて、年齢を重ねている方や、40代や50代になると、仕事に余裕が出て来て、老後の趣味を何にしようかと考える人も多いでしょう。

何を隠そう、自分がそうでしたから。

気が早いかもしれませんが、早い人は30代で老後を考える時代になっています。

自分もこういう時代ですので、老後にも通用するような仕事や趣味を探さないといけないと思い、いろいろ考えていました。

若いときにできるような体力や瞬発力が必要な趣味は難しく、体がついていきません。

そうかといって、体を動かすのは好きなので、体をあまり動かさない趣味はちょっと勘弁です。

自分の場合、最初から登山をやる、とは決めていた訳ではありませんでしたが、なんとなく登山が趣味のようになってきて、だんだんと本格的にやるようになったところです

皆さんも、登山を始めたきっかけの理由はいろいろありますが、自分は、若いときも、年齢を重ねたときも、それほど大きくやり方を変えなくて、お金がかからない楽しめる趣味、ということで、登山、という趣味に行きつきました。

すこし後付けの理由のようになってしまいましたが、40代くらいから登山を始めたのはこんな理由です。
 

・・・脱線してしまいました、話を戻します。
 

何を言いたいのかというと、年齢を重ねると、その事故になる原因はとにかく体力であるということです。

事故のニュースを見ていると、そう思います。

 
 

  • 1)若いときから登山をやっていた方が、だんだんと体が衰えて(おとろえて)、それに気づかなくて、事故になるようなケース。
  • 2)自分のように途中から初めて、知識も装備も体力も不足していて、そこから事故が起こるケース。

 
 

など、年齢を重ねてからの体力の衰えが事故になるケースが多いような気がします。

そこから、考察すると、人生経験もあり、物事に対して慎重な方々が事故に遭うのは、単純に体がついていかなくなったからなのではないか、そう思うわけです。
 
 
 

自分は足の小指を、よくカドにぶつけるようになりました

自分もそうです。

最近特になのですが、洗い物をしてから、軽く水を切ろうとすると、シンクに洗い物をぶつけることが良くあります。
 

単純に衰えです。
 

角(かど)にもよくぶつけるようになりました。
 

これも衰えです。
 

近くのものを見てから、すぐ遠くの物を見ると焦点がすぐに合いません。
 

これも身体の衰えです。
 

また脱線しそうになるので、ここまでとしますが、衰えは徐々にやってきます。

この徐々にというのが問題で、自分がいったいどのあたりの体力になっているかは、すぐに体を動かしてわかるものではありません。
 

週間AERA
「経験が災いする? 高齢者登山の落とし穴」

 

こちらの記事で下記のような警察の方からの意見がありました。

&nbsp ;

「経験不足や無計画な登山によって遭難してしまうのは、比較的若い人に多い。
一昨日も、登山経験のほとんどない30歳の女性が軽装で北アルプスに入って滑落・負傷し、ヘリコプターで下山しています。
ところが高齢者の場合、装備や計画に特別問題がなくても遭難し、死亡事故にまで至ってしまうケースが少なくない。年齢からくる衰えが事故につながっている可能性は、否定できません」

 
 

そうなんです。
 

装備、計画になんの問題がなくても遭難したり、ケガをしたりするのが、問題なのです。
 

特に登りは、ゆっくり行けば、ある程度のところまで行けてしまいます。

しかし、上ってしまうと、下らねばなりません。

ヒザが悪い方や、体重がある方にとって、下りは魔の巣窟(そうくつ)です。

体が疲れてきて、早く帰りたい心理が働くと、より危険度は増します。

今回のニュースの事故も下りでケガをしていますね。

また次のようなことも言っています。

 
 

「群馬大学病院の齋藤繁医師」のお話。
「たとえば通常時の酸素摂取量は、20代でも60代でもそれほど大きな違いはない。ところがいざというときの予備力は、20代は通常時の4倍ほどあるのに対し、60代は1.5~2倍程度にしかならない。個人差はありますが、酸素摂取量以外の能力についてもほぼ同じことが言えます。

つまり、道に迷って予定の1.5倍歩かなくてはならない、急な雨で体温が奪われ道も悪くなった、仲間が体調を崩して荷物を持ってあげなくちゃいけない、などの不測の事態に対処するための力が、年齢を重ねるにつれ弱まるのです」

 
 

これもそう。

ピンチのときは、体力のない(ここでは、ピンチの時のちからを予備力といっています)高齢の方は、とっても弱いのです。

若い方の半分しかないのです。

そのため、アクシデントに滅法(めっぽう)弱いということですね。
 
 

また、山ではないですが、冒頭のニュースの中で、川で死亡された方がいましたが、その方は、70代の方だそうです。

川などは特に危険で、若くても通常は川の中に立ったり、昔と違って川で泳いだりするようなことはしないので、普通は経験されている方は少ないと思います。

そして、その怖さは流されてみないと分かりません。

プールや、海水浴場では流れが分からないので、イメージしにくいですが、くるぶしくらいの水位(すいい)でも、流れが早ければ転びます。流されます。

そして、川の近くは、濡れやコケなどで、通常の舗装などの接地感とは全く異なるところもあります。

川の流れに慣れていたとしても、普通のクツでは川の近くには近づかない方が無難です。

沢登りをやっている自分も、普通のクツで行けば、親水公園などで滑ることは良くあります。(自分の運動オンチのせいもあるかもしれませんが・・・)

そして、年齢を重ねている方はなおさらなのです。
 
 
 

体力を向上させるための方法(時短)

ケガや事故をしないためには、何より筋力をつけて体力を維持していくことが最も大切です

忙しい40~50代では、時間がそれほどありません

手軽にできる体力向上グッズを紹介します

チューブトレーニング

チューブトレーニングは手間かからず簡単に体幹を鍛えられます

▼ももの筋肉チューブトレーニングの方法はコチラ

(スポンサーリンク)

食べるトレーニング

「食べて」、それがトレーニングになるというととてもうれしいですね

(スポンサーリンク)
 
 

体幹×呼吸トレーニング 呼吸から体のコアを変える!

どこでもできる体幹と呼吸のトレーニング本

筋力、体力の基本中の基本をちょっとずつ鍛えるには打ってつけです

(スポンサーリンク)
 
 

まとめ

自分も年齢を重ねるにつれて、若い人に付いて行けなくなってしまうのは、とても悲しい事実です。

いくら知識と経験があるからといっても、体力の低下はどうすることもできません。

どんな事柄も「心技体」。

心(やる気)だけではダメですし、技(技術や知識)だけでもだめ、体(体力)だけでもダメです。

高齢登山の事故や遭難の原因は「体力不足を理解していない」ことが一番の原因。

自分の一番低い能力を見極めて、それにあったレジャーをするのが、大人の対応なのでしょう。
 

自分も肝に銘じます。
 
 
 

トレーニング関連記事

【登山筋トレ】40代登山へ「時短トレーニング」

登山の「階段トレーニング方法」40代【時短】筋トレはコレ
時間がない人のための「登山トレーニング」です

【遭難事故】低体温症の症状と対策グッズ

【低体温症と登山】事故の原因・症状・対策グッズ【10選】
【2018年5月20日】更新  登山での【低体温症】について、その【症状】と【対策グッズ】をまとめました 山では、この低体温症から遭難になるケースが多いです この症状は、症状がでてからでは手遅れに近く、ソロのときは、ほぼ復活は難しいかもしれません 初心者のかたでも、【低体温症】については、知っていてほしいです 
スポンサーリンク
トレーニング
ボタンを押すとSNSに投稿できます
スポンサーリンク
登山初心者ブログ 岳や本店

トップへ戻る