[登山持ち物リスト]登山初心者・登山持ち物上級用

登山 初心者 装備 セット 登山持ち物一覧登山 初心者 装備

[登山持ち物リスト]富士山 登山 初心者 装備

富士登山の初心者装備は、女性も男性もこちらの道具は忘れたくないです

[登山 初心者 装備 セット]富士登山の忘れたくない持ち物 解説

日本人にとっては日本一の富士山はやっぱり特別ですよね

ここでは、富士山の登山持ち物で夏に登るときに持っていきたいアイテムを紹介します

必須の道具以外は、富士登山の持ち物のリストは泊まりでなければ>>登山装備 基本リストと同じです

▼PDFリストはこちらからどうぞ
登山持ち物リスト 夏山編

ダウンウェア|登山初心者へ必須の持ち物|登山 初心者 装備 セット

富士山にはダウンウェアは必須です

(マーモット)Marmot W's Douce Down Jacket アウトドアコンパクトダウンジャケット 750Fillパワーダウンはっ水加工 スタッフサック付 女性用 MJD-F7505W VNVY XL

夏の富士登山の場合、下界は30℃を超す暑さで、まったくイメージがわきませんが、標高を重ねるにしたがって温度は下がっていきます

アメダスのデータをみると、8月で最高気温11℃くらいで、最低気温は6℃程度です

登山持ち物の判断に富士山のアメダス情報

気象庁

山頂に行くには冬の防寒が必須ですね

富士登山をする人は、いろいろな人がいます

山をある程度分かっている人ならば、その厳しさは理解していると思いますが、「富士山=観光」と考えている人も少なからずいます

「軽装備の登山のため、疲れて動けない」。こんな救助要請が富士吉田署に電話で入ったのは、2019年5月20日12時(午後0時)40分ごろだ。
(J-CASTニュース:https://www.j-cast.com/2019/05/22358107.html?p=all)

この男性はこの後自力で下山しますが、警察は連絡がとれないために下山が不明なまま、男性がいない富士山を捜索してしまいます

世界遺産登録に沸く一方、「登山者の質が落ちた」と関係者は嘆いている
 「ハイヒールや背広に革靴姿で登る人もいた。観光地に遊びに行くような気分で日本一危険な山に登ってもらっては困る」。遭難者の救助にあたる静岡県警山岳遭難救助隊の真田喜義(きよし)隊長(57)はあきれる。
(産経新聞:https://www.sankei.com/life/news/140623/lif1406230006-n1.html)

この産経新聞のニュースのように、「まさか!」と思いますが、ハイヒールで富士山を登ろうとする人もいます

ボクも、タンクトップとショートパンツだけで、富士山を登ろうとしている外国人の女性がいる・・と聞いたことがあります

防寒はしっかり考えていきましょう

小銭|登山初心者へ必須の持ち物|登山 初心者 装備 セット

富士登山にはトイレ用の小銭も必須です

静岡県側3登山口5合目以上には環境配慮型トイレが28カ所配置されているが、いずれも高所に位置するため、高額な維持管理費を要するのが実情だ。
協力金はトイレ利用1回当たり100円。
(静岡新聞SBS:https://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/522805.html)

あくまで協力金で「使用料」などという強制力のあるものではないため、支払わなくても犯罪になることはないが、マナーとして払っておきたいですね
どうして使用料にならないかというと、条例で決められないからだと思います

簡単に言うと「使用料」として義務として徴収するには住民などの賛同が得られないからではないか・・と推測します

なるべく払っておいて、維持してもらわないと、費用がかかるので「撤去」という状況になる可能性もありますので、1回100円、用意しておきたいです

富士山 登山 持ち物 女性に知ってほしいアイテム|登山 初心者 装備 セット

富士山の登山の持ち物で女性に持参してほしいアイテムがあります

登ってしまうともう後戻りして忘れ物をとってくるのはとても難しいです

忘れずに用意をしておきましょう

帽子

紫外線防止は必須です

[ザノースフェイス] ハット ノベルティホライズンハット NN01708 グリーンペグチェック M

単純に標高を上げると紫外線は強くなります

標高が高いと、大気を通過する際のオゾンによる吸収も少なくなり、紫外線は強まります。
(気象庁:https://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/3-77uvindex_mini.html)

できればUVカットされた帽子がいいですね

携帯トイレ

女性に限らず男性でも必要にあることがある「携帯トイレ」

通常登山で携帯トイレを使う理由は「環境負荷を最小限に抑える」ことですが、富士山の場合は単純に「トイレが混むから」です

ハイマウント(HIGH MOUNT) 簡易トイレ(便袋4袋、高密閉チャック袋2袋)

こちらのトイレはボクも使っている軽くて使い方がとてもシンプルなものです

サッとできてサッとかたずけられるのでうれしいですね

女性は携帯トイレだけでなく、目隠しも必要です

シンプル目隠しはこちら

ベンリーポンチョ 非常時トイレの目隠し 1枚入

これなら大きめの目隠しなので、物陰でも気にするストレスが最小限にすることができます

[登山持ち物リスト]軽量登山の持ち物と買い方を紹介

軽い登山の持ち物は、山やにとっては永遠の課題です

実際は登山をいろいろ経験してみて、そして自分に合ったやり方で軽量化していくことが適当

軽量化として、削りに削った場合、ダウンロードリスト「(重要)」マーク以外の道具は持っていかなくてもなんとかなります

道具を持っていかないと楽しくない場合もあるので、自分にあった軽量化がおすすめ

近年、登山やトレッキングは「年齢に関係なく楽しめるスポーツ」ということで、いろいろな世代で、楽しむ人がとても多くなってきました

しかし、装備や道具がたくさんあるため、なかなか簡単にはそろえられません

登山の装備は種類がたくさんあるので、それらを選ぶのも楽しいですが「高価」なので、サイフが気になります

リストに載っている道具は、まずこれは必要!というものです

ボクも軽量化と言っていろいろ削ったり、高価な装備を買っていた時期もありましたが、あまり軽量化すると、いっしょに行ってくれる友達もいなくなってしまうので、ほどほどがいいかと思います

全て自分の力で「持ち運び」、そして「全て持ち帰る」のが登山というレクリエーションの魅力のひとつです
(例外もありますが)

そのため、登山の装備は全体的に

  1. 「頑丈(がんじょう)」
  2. 「軽く」
  3. 「シンプル」

というのが基本で、コレを考えているとそれだけで軽量化になっていきます

軽量化のために、「快適性」はある程度目をつぶる場合もありますが、長く山の旅を続けることを考えた場合には、快適性や疲れにくさも、重要な選ぶ理由となります

登り方の種類、山の種類によって装備はちがってきます

それも登山の楽しさの一つですが、初心者にとっては、幅が広すぎて、どこから手を付けていいか、わからないと思います

リストはピークハント(登頂)を目指すなら必要な装備ですが、自分にあったようなカスタマイズも楽しみの1つなので、ぜひいろいろ考えてみてください

登山の持ち物 初心者はネットよりお店から|登山 初心者 装備 セット

登山の持ち物は、初心者の場合ネットよりお店から始めると「吉」です

最近はオンラインでの買い物が多く、バラエティの多さや値段の安さ、そして在庫状況を考えると、やっぱりネットショッピングで買ってしまいますね

しかし、トレッキングや登山は「命にかかわることが多い」レクリエーションです

ショップの店員さんと相談しているなかで、生きたアドバイスや小ネタなどを仕入れることによって、道具の目利きやトレッキング中の注意事項、山の新着情報などを知ることができ、そのメリットはかなり高いと思います

 

特に登山初心者は、これ重要

 

そしてそれらはすべて「命」に直結していると思えば、足を運ぶ価値は十分あります

しかし、なかなかショップに行く時間がない人が多いと思います

そんなときはとりあえず1度だけでもショップに顔をだして覚えてもらえば、忙しくて電話やメールのやりとりになった場合でも、全くの他人と話すよりは全然イメージが違うと思います

初心者はまず「靴」をお店で買おう

登山の初心者であればまず靴をお店で買うことをおすすめします

[キャラバン] トレッキングシューズ 0010106 C 1_02S 100(グレー) 26.5 cm 3E
スポンサーリンク

「初登山 持ち物探しはネットよりお店から」でも書いたように、お店で店員さんとのコミュニケーションは「とてもだいじ」

その中でも、まずトレッキング・登山初心者のひとは、靴だけは店員さんと話をしながら選ぶべきだと思います

登山・トレッキングで「一番使用する体の部位は足」です

足が動かないと山へ行くこともできないし、帰ることもできません

そして、山で「トラブルがある第一位は足」です

いまは靴も多機能になって、「透湿防水」、「クッション」、「グリップ」などいろいろな機能があります

ですが、まず靴に求める重要なことは

 

フィッティングです

 

その理由は、足のマメや靴擦れ防止に直結するからです

いろいろな意見があると思いますが、これを間違えると、

 

100mくらい歩いただけで、足が痛くなったりします

 

これは自分の体験で「笑い話」なんですが・・・

 
そんなこともあるので、これは店員さんとよく吟味(ぎんみ)し、時間をかけて選んだほうがいいと思います

次に選ぶときの勉強にもなりますしね
 
 
登山靴も、慣れてくると、ひとによっては「長靴」だったり、「スニーカー」だったり、その登山の形態(けいたい)によって、使うひともいます 

このようなひとは、長い経験の中で、自分に一番いいものを選んでいる「上級者」のかたが多いようです

なかなか真似することは難しいですが、そのような人と積極的に情報を交換すれば、上達の早道になるので、「とてもおすすめ」

登山 初心者 装備 予算は5万円くらい

登山初心者の装備を安くしたい!そんなとき気になるのが、登山道具一式の費用はいくらになるのか?ということだと思います

これも気になります

ある程度本気でやるなら「10万円」くらいかかります

10万円というと、結構いい装備が買えます

上手(じょうず)にやりくりすれば、冬の道具も準備可能です

 

安くするなら「5万円」以下にできます

冬装備を準備するのは難しいですが、富士山でもこの額で十分登れます

その理由・内訳は下記の「登山道具一式の値段」で内訳を書いていますので参考にしてください

 
 

アイリス画像 横向き
登山道具一式の費用はこちら

登山初心者 装備予算[5万円] 費用安くおすすめ!

トップへ戻る