病気・けが

【登山】計画・記録

【登山の持ち物】リスト(エクセル・PDF)で初心者装備を解説・チェック

登山初心者の必携装備リストです
2018.12.09
病気・けが

登山のファーストエイド!必ず帰るために選んだ【19選】

【2018年11月21日】更新 ファーストエイドキットの中身を紹介 登山ではケガをしたときに最初の応急処置がとても大切です 自分は幸いなことに大きなけがをしたことはありませんが、とくにファーストエイドはいろいろ試行錯誤して揃えています その中でおすすめの応急処置のキットを紹介します
2018.11.21
病気・けが

【登山って健康に悪いのか?】登山のストレス・健康効果

登山メリット・デメリット|山登りしてるのに太るかも 【2018年9月21日】更新 本当は登山って健康に悪いのか!デメリットを中心に気をつけるべきことを書きました
2018.09.21
病気・けが

【腰痛と登山】サポーターとその対策|腰の痛みが「山登りで治る」ことがあります

【2018年8月9日】更新 登山のときの腰痛対策を紹介します 山登りをするときには、腰やヒザを痛めないようにサポーターなどをして登ることがあると思いますが、自分は腰に関しては山では痛めたことがありません 慢性的なギックリ腰を持っているはずなのですが、登山のときにはまだ一度も痛めたことがないんです 今回は自分が登山などでやっている腰痛対策を紹介したいと思います
2018.09.05
病気・けが

登山下りで【膝が痛い】サポーター・テーピング・トレーニング【8選】

【2018年8月26日】更新 登山の下りで膝が痛いときの対処法を紹介 サポーター・テーピング・トレーニングは必須 ヒザが痛くなると、帰ることもできなくなるので、要注意です
2018.08.26
病気・けが

足首捻挫のテーピング・靴擦れかかと対策【登山のおすすめケガ予防】

登山で足首の捻挫(ねんざ)の対処は迅速(じんそく)に 自分は登山のねんざをすることはあまりありませんが、ねんざを一度してしまうと、なかなか治らないことが多いです。 自分への戒めも含めて、「ねんざ」について調べたことを備忘してみます。
2018.08.02
病気・けが

傷を早く治す絆創膏「クイックパッド」はがすタイミングや効果を紹介

【2018年7月28日】更新 湿潤療法の簡単なやり方|防水絆創膏【クイックパッド】を使ってみた 絆創膏「クイックパッド」を使った感想を書きました 山でのファーストエイドに使える、優秀な絆創膏(ばんそうこう)を発見 その名前は「クイックパッド」 特に1㎝から2㎝低度の深いキズには、かなり効果的 今回はこれを紹介します
2018.07.28
病気・けが

遭難事故を山で起こさないために|遭難対策の方法を考えてみた

【2018年6月26日】更新 山岳の遭難事故が多くなっています 遭難事故はちょっとした注意をすれば起きる可能性が大きく減ります 登山届け・携帯電話・寒さ対策など ですが、なかなか理解されないためいまだ遭難は増加しています どうやったら減るのでしょうか 自分なりにいろいろ考えてみましたので、参考にしてください
2018.06.26
病気・けが

【登山の心筋梗塞】で遭難事故|山では誰もが【心臓が止まる可能性アリ】

登山開始6時間以内が危険、心臓病死が多発|心臓負担の増大で40才特に注意 読売新聞のオンライン記事で 読売オンライン 「登山開始6時間以内が危険、心臓病死が多発」出典rakutenNEWS  ( 読売オン【続きをよむ】
2018.05.29
病気・けが

【登山日焼け止め】40代が考える【おすすめ服装・グッズ】のポイント

【2018年5月21日】更新 日焼け対策のグッズと服装を紹介 【感想】と【おすすめ理由】を書きました 夏でも冬でも日焼け止め対策は重要です 夏の紫外線は強度が強く、肌を露出していると、ガンなどの病気の原因となってしまいいます 冬は紫外線の強度こそ夏より低いですが、雪からの反射で、肌も、そして目もやられてしまうことがあります 高地は涼しいので、紫外線対策がおろそかになりがち シミやそばかすになってしまうので、特に女性は気を付けないといけません 今回はおすすめの日焼け対策用のグッズをまとめましたので、参考にしてください
2018.05.21
病気・けが

【低体温症と登山】事故の原因・症状・対策グッズ【10選】

【2018年5月20日】更新  登山での【低体温症】について、その【症状】と【対策グッズ】をまとめました 山では、この低体温症から遭難になるケースが多いです この症状は、症状がでてからでは手遅れに近く、ソロのときは、ほぼ復活は難しいかもしれません 初心者のかたでも、【低体温症】については、知っていてほしいです 
2018.05.20
病気・けが

登山で【耳が痛い】対策【6選】|航空性中耳炎でも登山をする方法

山で耳抜き!耳の痛みの6つの解消法 山に登っていて、気圧の差で耳が痛くなってきたら、「耳抜き」で強制的に空気を入れます。 耳が痛くなる人は、動けなくなるほどで、それだけで楽しい気分が台無しになります。 晴れてい【続きをよむ】
2018.05.18
病気・けが

【足がつる】その対策に【芍薬甘草湯68番】がテキメン

こむら返りを治す【ツムラ68番 芍薬甘草湯】 年齢的にも40代を超すと、いろいろな体の不調がでてきます。その中でも足のつり(こむら返り、痙攣(けいれん))には気を付けなくてはなりません。その場合、とりあえずの応急処置には、「芍薬甘草湯」がとても良く効くのです。
2018.04.05
トップへ戻る