登山の服装[ユニクロウェア・パンツ13選]全身ユニクロレディースメンズ編

登山服装ユニクロで登山をしている女性 02登山 服装

登山ユニクロ|ヒートテック[ハイキングの服装にユニクロの暖かさ]

登山の服装でも使えるユニクロの「ヒートテックアンダー製品」をまとめました

ユニクロ定番の商品と言えば、「ヒートテック」は有名でこれがなければ、「冬のユニクロ」は語れないくらい

ヒートテックとは「湿気を吸収し、熱に変えてくれる生地」の機能のことです

程よく汗をかくと、汗の蒸気が水分に変わるときに発する熱をきっかけに、ほのかにアンダーが発熱します

・・・ですが、登山で扱うのは注意が必要です

その理由はヒートテックのコア素材「レーヨン」は化繊の「ポリエステル」と比べると乾きにくい素材だからで、使う場合は「汗冷えの注意」が必要です(人によっては登山では絶対使ってはダメという人もいます)

ボクは肌触りの良さと暖かさが気に入っていて、攻めない登山ではよく使っています

そのときは、「厚めのヒートテックを使う」か「重ね着」で汗冷えを防いでいます

個人的に、薄いヒートテックであまりタイトなものを選ぶと、山では保温が薄れてしまうように感じるので、薄いアイテムの場合は少しルーズなものを選ぶのがいいです

▼こちらでボクなりのヒートテックの考え方を書いていますので、参考にしてみてください
ヒートテック登山ダメ!はちょっといいすぎかも|ユニクロで登山をする方法

ヒートテック登山がかなり悪者に・・速乾性はないけど、すごい悪いわけではないと思う
登山にヒートテックを使ってはいけないのか・・確かに100%ポリエステルよりは乾きが遅いですが、そこまで言わなくても・・ 参考にしてみてください

 

▼HEATTECH ヒートテクノロジーのメカニズム UNIQLO 2019 Fall/Winter

HEATTECH ヒートテクノロジーのメカニズム UNIQLO 2019 Fall/Winter

(出典:YouTube

詳細は下記のとおり

ヒートテックは、ユニクロと世界的繊維メーカー東レが共同開発した革新的な新素材

体から発する水蒸気を繊維が吸着して、素材自体が発熱。着ているだけで自動的に暖かくなる、驚きのジャパンテクノロジーウエアです。
しかも、繊維と繊維の間にある空気の層が、発生した熱を外に逃がさないため、着ている間ずっと心地よい暖かさが続きます。

(出典:ヒートテックラボ)

ヒートテックはこんな感じで人間の汗の蒸気で発熱するインナーです

山に行くときも汗をあまりかかない場合は、この機能を使ったインナーを使うとあたたか

あまり激しく汗をかかないトレッキングやハイキングなどにオススメ

デメリットはあまり汗をかくアクティビティになると、やっぱり冷たく感じます

スピード重視の登山や、沢登りなどの汗を多くかいたり濡れたりするアクティビティにはオススメしません
 
ヒートテックだけでなく、どんな素材でも、乾きが追い付かないほどの汗をかいて、風にあたると同様に冷たくなるのは、乾きやすいポリエステルも同じ

乾きが速いと早く暖かく感じ、乾きが遅いとずっと冷たく感じてしまいます

ヒートテックに使われている「レーヨン」は、パルプやコットンリンターと言われる、綿の一部を溶かしてつくった「再生繊維」です

レーヨンは、コットン(木綿)と比べると乾きが速く、吸湿・放湿の機能があるため、ある程度の濡れには強くできています

ですが、「ポリエステル」のような化学繊維と比べると、やっぱり乾きは遅く、ややしっとり冷たい印象が残りますね
 
やっぱり寒い時期に冷たい感じになるのはイヤですよね・・・
 
放湿性が高いためコットンと比べるとやや乾きは早いですが、化繊と比べると少し遅いということになります

気にならないという意見もあるので、一度試してみて、自分に合うかどうか確認してみることも手のひとつです

濡れて風に当たらないように、保温に気をつかえばレーヨンは「静電気をおさえる機能」もあり、「肌触り(はだざわり)がなめらか」なこともあって、レディースにおすすめ

これから、このスーパーテクノロジー機能があるインナーをご紹介していきますので、「秋・冬」のハイキングに取り入れてみてください

人気のユニクロヒートテックトップス|メンズ・レディース 登山でも

ヒートテックUネックTは女性に人気の8分袖(8ぶそで)の見た目も柔らかい「Uネック」のヒートテックです

ヒートテックレディース用Uネック 02
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400243-09)

普通はヒートテック製品と言えば、インナーで表にはあまり出さないことが多いですが、このUネックはおしゃれで、カラーも3色あるので、重ね着もしやすい良品です

ヒートテックは総じて(そうじて)肌触りがいいですが、人によっては「ブラック」アイテムに少し「ザラザラ」感があると感じるようです(ボクはあまり感じませんでした)

理由は「製造国の差」(ブラックはベトナム製でそのほかはインドネシア製)だと思われますが真贋(しんがん)は定かではありません
 
ユニクロの服だけでなく、ほかのメーカーの工場生産製品についても、確かに製造国で微妙な「ちがい」が出る場合があります

それは温度や湿気、流通経路の長さやその国の気質によって変わることがあります

ですが大抵(たいてい)「品質管理」を徹底していればそれほどの差がでることはありません

差がでるということは、製造国の差というよりは、そのメーカーの「品質管理」が徹底されていなかったので、肌触りのような「差」が出てしまったといえますね

ユニクロも世界展開をしているような大きなメーカーです

品質管理の確認をして、より良いものを提案していってほしいと思います

990円+消費税

「ヒートテックUネックの説明をします」

暖かくてしっとり肌に心地いい!寒い季節を快適にする究極のあったかインナー。

・発熱、保温、ストレッチなど、寒い季節にうれしい機能が満載。
・フィット感のあるシルエットでインナーにぴったり。
・襟元や袖先がアウターからのぞきにくい、Uネックや8分袖に設定。
・あらゆるコーディネートのインナーにおすすめ。

素材
38% ポリエステル,32% アクリル,21% レーヨン,9% ポリウレタン

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400243-09)

ユニクロ ヒートテッククルーネックT(長袖)登山・ハイキングレディースに

ヒートテックスタンダードの「クルーネックT」です

ユニクロ ヒートテッククルーネックT レディース 全身ななめ画像
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/418325)

クルーネックとは昔からある下着の「丸形ネック」のことで、「Uネック」よりコンパクトな襟元(えりもと)になっています

これの製品もとても人気のあるアイテムで、サイズ感も申し分ない良品です

ヒートテックでも「満点」に近いインナーですが「デメリット」の意見もあります

 

ひとつは「丸形ネック」の部分のこと

このネックの部分がまだ「開き過ぎている」と感じる人もいます

ユニクロも、デザインの段階で、首まわりの大きさを市場調査などからピンポイントで決めてきていると思います

そういうバックグラウンドを考えると、なかなかこの意見は手厳しい意見のように思えます

ユニクロのヒートテックのキモは「レーヨン」素材で発熱させていますが、同様に「ポリウレタン」素材でストレッチ性を強くしています

このストレッチ性が強さが影響して「クルーネック」部分が開いてしまうこともあります

個人的にここはなかなか改良できないと思いますが、今後どうなるか期待したいです

もうひとつは「カラー」の種類です

これはユニクロの努力を期待したいですが、「柄物(がらもの ボーダーなど)」やカラーの種類が少ないです

マーケットの動きを見て製品量や種類を調整しているのだと思いますが、なんとかしてほしいところですね

990円+消費税

「ヒートテッククルーネックTの説明をします」

暖かくしっとり心地いい!Tシャツ感覚でも使えるようになった究極のあったかインナー。

・発熱、保温、ストレッチなど、寒い季節にうれしい機能が満載
・ネックラインが狭く、より防寒性の高い1枚
・襟と袖はしっかりとした仕様になってカジュアル感がアップしたので、Tシャツ感覚でも使える
・シンプルでどなたにも使いやすいクルーネックタイプ。

素材
38% ポリエステル,32% アクリル,21% レーヨン,9% ポリウレタン

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/418325)

ユニクロ人気のヒートテックタイツ|登山・ハイキングメンズ・レディース 

登山の服装に、ヒートテックウルトラウォームレギンスを紹介します

寒さは下からやってきます

女性は特にそうですが、下半身の冷えは大敵中の大敵

その冷えの対策のうれしいアイテムがこの「ヒートテックウルトラウォームレギンス」です

ヒートテックレディース用レギンス 02
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400262-69)

ヒートテックは発熱だけではなく、「肌触り(はだざわり」と「ストレッチ性」も特長です

コスパも優れていて、冬はコレ無しでは考えられないという人は多いかも

特に寒い時期の「立ち仕事」をしている人に使ってほしいです
 
ボクの場合は、軽いトレッキングでつかいます

上半身より下半身のほうが汗をかかないためか、ボクの場合よく言われる「冷え」はあまり感じないです

ストレッチ性も考えると、寒い時期だけでなく春や秋でも使える超強力アイテム

でも「極暖」や「超極暖」って冬しか売ってないことが多いんです・・・

お気に入りの人は、なるべく「買いだめ」をしておくことをオススメします
 
このヒートテックも「カラー」は少ないです

どうしてもカラーやデザインの種類を増やすとなると、製造のラインをひとつ多くしなければなりません

生地素材の「入荷」から「チェック体制」、「裁断(さいだん 切ること)」「縫製(ほうせい ぬうこと)」「検査」などがもうひとつ増えてしまって、機械や人も増えます

ほかのライン組み合わせて最適化(さいてきか)もいいですが、それも限界があります

カラーの種類を増やすための工程を整理してみると、これはこれでなかなか難しいですね・・・

要望に応え(こたえ)られるようにがんばってほしいです

▼ユニクロ超極暖を詳しくみるならこちらをどうぞ
ユニクロ 超極暖 口コミと比較レビュー 2019|冬のインナー体験談・極暖との違い

ユニクロ 超極暖 ヒートテックレビュー[メンズ・レディース]比較極暖との違い
ユニクロの超極暖ウェアをレビューしました 超極暖とはヒートテックの厚手のウェアのブランドです ユニクロウェアのなかでも暖かさはトップクラスのインナーで冬におすすめ これをボクは軽い登山にも使っていてとても重宝しています 

▼ユニクロ登山冬用ウェアから選ぶときはこちら≫「[冬山 ユニクロ]登山の防寒・インナー・ダウンおすすめ【5選】

ユニクロの冬登山[ダウン・防寒インナー]おすすめ5選
ユニクロ登山を冬に行う方法とおすすめウェアを書きました ユニクロウェアで専用の登山用品はありませんが、機能から使えるウェアがいくつかあります ボクの体験談から、選び方やオススメアイテムを紹介します

1,990円+消費税

「ヒートテックウルトラウォームレギンスの説明をします」

極暖より1.5倍暖かい!内側の縫製を改良して、やさしい肌触りへと進化。
・素肌に触れるレギンスとして使いやすいように、内側の縫製を見直して、肌当たりを軽減。
・しっかりとした生地とふわふわとした毛足のある裏起毛で抜群の保温性を実現。
・ストレッチ性があるので、厚手でも良く伸びて着心地快適。
・厳しい寒さでも、冷える足腰をしっかり包んで快適に過ごせる暖かさ。

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400262-69)
(http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400262)

ハイキング服装 ユニクロ 登山メンズ ヒートテックVネックT(9分袖)レディースにも

ハイキング服装 ユニクロのおすすめメンズ用のVネックのヒートテックです

男性のワイシャツに使えるようにVネックが深く作られていて人気のアイテムです

ヒートテックVネックT 02
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/408108/)
(https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E408108-000/00)

カラー(色)によっては売り切れ続出の良品で、見つけたら早めに何枚か買いだめしたいアイテム
売り切れていくカラーを観察してみると、「ブラック」や「ホワイト」より「グレイ」や「ネイビー」などのカラーから売り切れていくようです

何度もいいますがトレッキングで使う場合は、汗をあまりかかないよう工夫してください

このシリーズはややレーヨン割合が多いので、汗をたくさんかいてしまうと汗冷えしてしまうかもしれません

その場合は、カラダを汗が出ない程度に動かして、カラダの暖かさで汗を乾かすようにしてみてください

990円+消費税

「ヒートテックVネックTの説明をします」

暖かいだけでなく快適機能が満載!Vネックが深めでシャツのボタンを開けても見えにくい。

・ストレッチ性があって柔らかいベア天竺素材を使用。
・薄くて軽くて暖かいので、着ぶくれせずすっきり着こなせる。
・吸水発熱、保温、吸放湿、吸汗速乾、消臭、抗菌、保湿、静電気防止など快適機能が満載。
・裏糸には肌当たりの良い柔らかな糸を使用。
・シャツのボタンを開けても見えないように、深めのVネックに設定。
・肌触りなめらかでストレッチ性が高いので、インナーとしてとても快適な着心地。

34% レーヨン,33% ポリエステル,28% アクリル,5% ポリウレタン

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/408108/)

ユニクロヒートテッククルーネックT(半袖)登山ハイキングのメンズ・レディースおすすめ 

メンズのヒートテック王道「クルーネック(丸形ネック)」です

ヒートテッククルーネックT(半袖) ユニクロ  02
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400219-02)

首まわりはスタンダードな下着の首回りといっしょで、ほかのVネックなどと比べると、首回りが閉じている分、やや保温力が高いです

ドライで消臭で発熱で死角(しかく)無しがすごいところ

ドライといってもレーヨン割合がちょっとだけ高いのでトレッキングでの汗冷えは注意ですね

そんなことを考えながら「説明」をよく見てみると、「アルガンオイル」が配合されていると書いてあります
 
アルガンオイル?
 
全く知らないオイルなので調べてみたら、かなりめずらしく「シミ」に効くオイルということがわかりました

世界でも、モロッコの南西部にしか育たないアルガンの木。
乾いた土地に深く根を張り、養分を蓄えるアルガンツリーに成る実はいわば木に蓄えられた養分の結晶であり、事実高い栄養分を含んだオイルが採れます。

オイルの抽出は、現地の女性たちが一粒一粒、石で叩き潰すようにして行っていますが、一粒からわずか3%しか採ることができないとても希少で価値のあるオイルです。

メラニンの過剰な生成を先回りしてケアすることが可能に! アルガンオイルで、透明感あふれる明るい肌を保ちましょう。

(出典:ローズドマラケシュ)

衣類の中に入っているだけでシミに効果があるかどうかはわかりませんが、ユニクロ公式サイトの説明では「乾燥には効いてくれる」ようです

どちらかというと、男性よりは女性に喜ばれそうな機能ですね

990円+消費税

「ヒートテッククルーネックTの説明をします」

より肌当たりの軽いステッチに変更!寒い季節を快適にする究極のあったかインナー。

・発熱、保温、ストレッチなど、寒い季節にうれしい機能が満載。
・ドライ機能で汗冷えを防ぎ、消臭機能でにおいも気にならない。
・アルガンオイル配合で乾燥する季節でも、しっとりとした肌触り。
・肌当たりの良いステッチに変更し、さらに肌にやさしい感触に。
・季節の変わり目から使える半袖タイプ。
・ベーシックでどなたにも使いやすいクルーネック。

素材
34% レーヨン,33% ポリエステル,28% アクリル,5% ポリウレタン
出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400219-02)

▼オンラインストアはこちら
UNIQLO ヒートテック【一覧】 ≫

ヒートテックタイツ|登山ウェア ユニクロのメンズ用 

メンズのヒートテックタイツも人気のアイテムで、ボクのまわりでも結構リピーターが多いことがわかります

ヒートテックタイツメンズ用 ユニクロ 02
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/408113)

毎年ちょっとずつ改良されていて、特に肌触り(はだざわり)は毎年レベルがアップしているように感じます

価格は安くて、コスパ良すぎてとても助かりますが、製造の開発費は「半端ない」と思いますね・・・ありがたいです

レーヨンがやや多めなので、発熱効果もほかの製品よりちょっと高いです

レーヨンが多いと発熱効果は上がりますが、汗が多いと「冷たい感覚」が増えるのがデメリット

乾きは悪くないのですが、しっとり感がちょっと強く感じるのがボクの所感です

990円+消費税

「ヒートテックタイツの説明をします」

暖かいだけでなく快適機能が満載!足腰全体を心地よく包んで寒さからの冷えを防ぐ。

・吸水発熱、保温、吸放湿、吸汗速乾、消臭、抗菌、保湿、静電気防止など快適機能が満載。
・ストレッチ性があり、風合いが柔らかで、形状保持にもすぐれた素材。
・裏糸には肌当たりの良い柔らかな糸を使用。
・ウエストはアウトゴムでしっかりフィット。
・便利な前開き仕様。
・薄くて軽くて暖かいので、着ぶくれせずすっきりはける。

本体: 34% レーヨン,33% ポリエステル,28% アクリル,5% ポリウレタン/ ウエスト部分: 90% ナイロン,10% ポリウレタン
出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/408113)

▼オンラインストアはこちら
UNIQLO ヒートテック【一覧】 ≫

登山ユニクロ|【ユニクロ登山 パーカ】

登山の服装で使えるユニクロパーカーは、お出かけにもトレッキングにも使えます

コスパ的にこのオシャレで機能性があるというのが重要で、ワークマンではまだオシャレにスタイリッシュに・・とはいかないですね

ユニクロではUVカットパーカーなど登山で活躍してくれそうなおしゃれなパーカーもそろっています

今回は、コットンが少なく、乾きやすいパーカを中心に紹介します

アスレジャースタイルにおすすめのウェア メンズ・レディースのドライなアイテム

肌寒いときメンズ・レディースにおすすめなのは「ドライストレッチフルジップパーカ」です

(▼ドライストレッチフルジップパーカ)

ドライストレッチフルジップパーカ(青)を若い男性が着ている 02
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400977)

やや厚手でストレッチのある、「春・夏・秋・冬」の4シーズン使い回す欲張りパーカです

立体裁断(りったいさいだん 腕が曲げやすくツッパリが少ないような作り)で、関節の部分がとても動かしやすく、動きの激しいアクティビティにもある程度対応してくれます

トレッキングやキャンプなどで、立ったりしゃがんだりの動作が「ストレスフリー」で比較的快適

100%のポリエステルではなく、コットンが含まれているので汗抜けが心配でしたが、それほど気にするようなストレスはないです

綿の肌触りとポリエステルの暖かさ、そして思ったより汗抜けの良さがあるので、結構いいかもしれません

デメリットを強いて(しいて)言うなら、かぶっていなくてもフードが立ってしまうので、カラダが暑くなってくると、ちょっと首回りの熱がジャマです

でも逆に風があるときは、しっかりとフードが防いでくれるので便利・・・・むむむ、どちらを取るかは個人個人で違うかもしれません

また、動きに対するストレスはそれほど感じませんが、ややゴワゴワ感(生地が固い)があります

部分的に素材を直線的に作ってあるので、それが突っ張って感じるようです

しなやかなイメージではないので注意です

サイズ感はそれほど大きな差はなく、ほぼ身長にマッチしたプロダクトに仕上がっていると思います

タイトな感じはなく、レギュラーフィットで中庸(ちゅうよう)的なサイズ感です

ポケットのファスナーは個人的にとても便利で、今後も無くしてほしくないです(お願いです)

あまりかさばる物を入れて運動することはありませんが、サッと入れてファスナーをあげておけば、激しく動くときに、大事な物を落としたりしません

手袋やカギなどを入れておくには便利な機能ですね

何度もいいますが、個人的にこのポケットファスナーはとてもありがたくて、ボクは物を落としてしまうことが多いので、こういうちょっとした機能がとても重要

逆に入れっぱなしで洗濯してしまうこともあるので、ここは注意が必要ですね・・・

カラーによっては化繊とコットン(綿)の割合が異なる製品もあります

買う場合は、素材をよく確認して購入したほうがいいですね

「Dark Gray(ダークグレイ)」がややコットンの割合が多いようです

ダークグレイも「速乾」ですが、汗を大量にかくようなアクティビティをする場合は、それ以外のカラーを選んだ方が、やや汗抜けはいいと思うので、参考にしてください

(▼ドライストレッチフルジップパーカは白もステキ)

ユニクロ ドライストレッチフルジップパーカ 全体画像

(▼生地の質感はきめ細かくて、サラサラ)
ユニクロ ドライストレッチフルジップパーカ 生地質感画像
 
¥3,990 +消費税

「ドライストレッチフルジップパーカの説明をします」

立体裁断でボディラインに自然にフィット!運動にもタウンにも映える高機能パーカ。

・ハリ感のある中肉素材のスウェットで、スタイリッシュな質感に。
・シンプルなボディにブラックで統一したジップやパイピングがクールなアクセント。
・マットな質感とステッチが目立たない設計なのでタウンにもなじむ。
・フードはかぶっていない時でも立体的で存在感たっぷり。
・ストレッチ素材かつボディラインに自然にフィットする立体裁断なので、動きやすさは抜群。
・汗が乾きやすいドライ機能付き。
出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400977)

▼オンラインストアはこちら
UNIQLO ドライストレッチパーカ【一覧】 ≫

ユニクロ スウェットフルジップパーカ(長袖)登山・ハイキングのメンズ・レディースおすすめの肌触り

(▼スウェットフルジップパーカ(長袖))

UNIQLOスウェットフルジップパーカ(長袖) 02
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/413677)

スウェットフルジップパーカ メンズ ユニクロ

(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/413677)

その名のとおり、「スウェット」の肌触りの良いパーカです

「綿」の部分が多いので、汗を大量にかくようなアクティビティには向いていませんが、さらりと着れるので、ハイキング程度の運動にはおすすめしたいパーカです

生地の「綿(コットン)」がやさしく全体を包んでいるので、肌触りはピカイチです

優しさ満点のリラックスシェイプで、立体裁断にはない余裕と動きやすさが持ち味です

スウェットフルジップパーカは、カラーバリエーションも豊富で、着るのがとても楽しく、またベーシック色が多いのでどんな服にも合わせやすくオシャレが引き立ちます

個人的には、薄手でサラリとしているので、重ね着用に使いたいラインナップですね

ハイキングや、平坦な場所のトレッキング(キャンプにいいですね)に向いているので、登山初心者にはとても使いやすいパーカだと思います(コスパがいいのもポイントです)

汗をたくさんかくような運動では、汗抜けがなかなか難しいので、その点には注意が必要ですね

ハイキングでおすすめをしていますが、余裕のある雰囲気が「部屋着」として使うのが一番最適かもしれません

シンプルのデザインがほかの服と合わせやすいので、そのままタウンユースに使えるのもありがたいです

綿(コットン)の部分が多いことから、洗濯で乾燥機にかけてしまうと「縮む恐れ」があることも注意です

できれば自然乾燥がいいと思います

低温乾燥を使っても、1回では目立つほど縮まなくても、やっぱり何回も乾燥機を使うとそれなりに縮みます

縮んでサイズが変わってしまうと、お気に入りで着ていた服も好んで着ることがなくなってしまいます

乾燥は注意です

¥1,990 +消費税

「スウェットフルジップパーカの説明をします」

ボディラインを拾わないシルエットになり、トレンド感のあるパーカに進化。
・フードのパターンをより綺麗で立体的なフォルムに修正。
・カジュアルなステッチワークを部分的に使用。

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/413677)

▼オンラインストアはこちら
UNIQLO スウェットパーカ【一覧】 ≫

ユニクロ「EXフルジップパーカ」UNIQLOブランド 登山・ハイキングでも使えるドライ

速乾性が高いドライEXフルジップパーカを紹介します

ユニクロ ドライEXフルジップパーカ 02
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/415261)

薄手で、化繊「ポリエステル100%」のパーカです

ユニクロのパーカには「ポリエステル100%」のみという素材が意外に少ないので、個人的にはかなり実用的な商品だと言えます

ほとんどのユニクロパーカは、綿などが混ざって風合いを良くしているアイテムが結構多いんです

綿(コットン)が入っている製品が悪いわけではありません

コットンが入っていると肌触り(はだざわり)がよく、着心地(きごこち)がアップします

そのために、子供のグッズを中心に「コットン」製品の人気は高いです
 
ボクが化繊にこだわった理由は、やはり「乾きが速い」ことが主な理由

そのほかにも「洗濯がラク」という理由も化繊を選ぶポイントです

どうしてもコットン製品は乾燥機などを使うと「縮み」が気になります

化繊の場合は「伸びる」ことはありますが、「縮む」ということはあまりないのでよく選びます
 
今回選んだドライEXフルジップパーカは、速乾性も高いですが、なによりポリエステルとは思えないほど、肌なじみの良い着心地で、コットンに近い仕上がりがうれしいところでした

肌触りもとてもしなやかで、化繊の冷たいイメージとはかけ離れた着心地がGOOD

「ポリエステル100%」と聞いて、サテンのような冷たい感じを思い描いていたので、これはとてもうれしい誤算でした

激しい動きで、一番蒸れる(むれる)「わきの下」はメッシュ素材になっていて、汗抜けも抜群(ばつぐん)です

大汗がでても、簡単に汗が蒸発してくれるので、いつでもサラリとした着心地(きごこち)が、かなりクセになります
 
デメリットは、感覚的な「重さ」でしょうか

実際はそれほど重くないのですが、全体的にしっとりするような重さを感じました

しかしこれも大きなデメリットではなく、軽登山やトレッキング・キャンプなどのアウトドアやタウンユースでは、気にならず着用できると思います

もう一つはポケットに「ファスナーがない」ことは個人的にちょっと残念です

あまり気にならない人にはデメリットにならないのですが、落とし物防止にファスナーは私にはとても必要な機能でした

それ以外は申し分ないのですが・・・・
 
それでもデメリットはいくつかありましたが、一番のメリットは、やはり速乾性

乾くスピードはとても速く、洗濯して、陰干しでも半日で乾くので感動です
 
トータルすると個人的には、普段着にも山にも使えるヘビーユーズドのパーカとして、満足度の高い製品でした

(▼ユニクロ 速乾のEXパーカ)

ハイクで使っているユニクロEXパーカ 全景

(▼左がメッシュ・右が厚みのある生地です)

ユニクロEXパーカ のポケットのアップ

¥2,990 +消費税

「ドライEXフルジップパーカの説明をします」

すばやく汗を乾かすドライEXを使用!ポケット裏地もメッシュにしてさらに涼しく。

  • 素材:100% ポリエステル
  • どんなに汗をかいても驚きの速さで吸って乾かし、すぐサラサラの肌触りに。
  • サラリと軽く、爽やかなのでちょっと羽織りが欲しい時に便利。
  • 機能性だけでなくデザイン性も高いので、走りはもちろんレジャーにも大活躍。

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/415261)

▼オンラインストアはこちら
UNIQLO ドライEXパーカ【一覧】 ≫

ユニクロ ポケッタブル パーカ|登山・ハイキングウェア

ユニクロポケッタブルパーカはちょっとした登山に使えます

ユニクロ ポケッタブルパーカを着たレディース 02
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/190719)

ポケッタブルパーカ メンズ ユニクロ 02

(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/190719)

生地が極限まで薄くなっている「超軽量パーカ」

その「UNIQLOのポケッタブルパーカ」の大きな特徴は、下記のとおり2つあります

  1. 化繊仕様(ポリエステル)
  2. 薄さ(30デニールの軽量素材)

この2つの特長がとても優秀で、いろいろなジャケットやアンダーと一緒に使うと、よりチカラを発揮してくれます

薄いので、ほかの服とも合わせやすく、「春・夏・秋・冬」いつでも使えてとても便利でコスパもいいですね

生地が薄く、防寒性は期待できませんが、、雨や水をはじく機能、「撥水性(はっすいせい)」があるので、急な小雨や強風などの場合もとても助かります

軽さと耐水機能を考えると、登山を少し意識している製品のような気がします

この機能を考えると、トレッキングでウィンドブレーカーとして十分使える仕様です

ほかのメーカーも、ウィンドブレーカーに撥水加工をしたような、軽くて薄いパーカを出してきていますが、ここまで安い製品はないです

加えてポリエステルなのに、肌触りがとてもやさしい仕上がりです(女性にやさしい肌触りです)

これは、山だけでなく「家で寝るとき」に使ってもみたのですが、まったく違和感(いわかん)がありませんでした(カサカサという音はでますが・・)

薄いので乾き具合も、とても速く、洗濯してから、3時間の陰干しで乾いてしまいました
 
デメリット的なところと言わせてもらえれば、「サイズ感がタイトフィットではない」ところが個人的にもう一押しと感じました

機能的には十分なのですが、ややダブつく感じがおしいところで、特に腕回りのダブつきはちょっと気になるところ

せっかくのコンパクト設計なので、シルエットももう少しタイトにしてもらうと、イメージどおりになるのかな・・・と思うのは贅沢(ぜいたく)な悩みかもしれません
 
そんなダブつきも、機能的なメリットをしのぐほどのデメリットではありません

「乾き」と「撥水」は優秀で、トレッキング初心者がウィンドブレーカーとしてリュックの中に「1着入れておく」と安心です

大変便利な最適装備なので、参考にしてみてください

ユニクロポケッタブルパーカ 全景 02

▼関連記事
ユニクロ ポケッタブルパーカは防寒・防水はないけど登山で使いたい人へ

「ユニクロ ポケッタブル パーカの説明をします」

いつでもどこでもすぐに羽織れる!バッグに入れておくと役立つ軽量撥水パーカ。

・多少の雨水ならはじく耐久撥水加工をプラス。
・薄くて軽いのに、強度があって丈夫なリップストップ生地を使用。
・ウエストは少しシェイプさせているので、すっきりとして女性らしく見える。
・腕が動かしやすいように、袖の内側と脇の部分を1枚の生地に。
・折り畳み傘代わりや天候の変わりやすいアウトドアに便利。
・コンパクトなサイズでポケッタブル仕様。

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/190719)
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/404361)

▼オンラインストアはこちら
UNIQLO ポケッタブルパーカ【一覧】 ≫

[ユニクロのUVカットパーカー]レディース エアリズムUVカットメッシュフルジップパーカ|登山ユニクロウェア

レディースのエアリズムUVカットメッシュフルジップパーカは、ポリウレタンが少し入った、ストレッチ性が高い薄手のパーカです

エアリズムUVカットメッシュフルジップパーカ(長袖) ユニクロ 02
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/404086)

「エアリズム」の名前のとおり、空気のような軽さでそしてストレッチがあるので、いろいろなアクティビティに向いています

カラーも「12色」あって、オシャレなレディースに特に人気のあるアイテム

価格もリーズナブルなので、例えば2枚購入して、部屋着、アウトドアと気分によって着こなしを変えてみることも「アリ」ですね

トレッキングでも使用 エアリズムUVカットメッシュパーカ  全体

見た目は、目の細かいメッシュ素材でドライな感じですが、実は寒い時期に着ても暖かです

袖(そで)の部分に親指を通す穴(サムホール)があって、これが「春・秋では保温性」、「夏では紫外線防止」にとても有効です

▽エアリズムUVメッシュフルジップパーカの袖サムホールです

エアリズムUVカットメッシュパーカ  袖のサムホール

また、「キュプラ」と言われる、レーヨンに似た素材を使っているのも特徴です

この素材は「吸湿性」と「放湿性」があり、女性にうれしい「静電気が起きにくい」という機能あります

▽さっぱりした質感が売りです

エアリズムUVカットメッシュパーカ  質感

夏用の日焼け対策としてメインに使われる方が多いと思いますが、静電気を防いでくれる機能を考えると、重ね着などで、寒い時期でも十分活躍してくれます

となると、寒い時期のハイキングでもサラリと着ることでき、コスパもよく、登山初心者にいいかもしれません
 
こんな感じでメリットが大きいので、デメリットは特にないようにみえます

ですが、画像を見てわかるとおり、腕の部分が比較的長くて、丈(胴の部分)が短く、デザイン重視で作られているで、着こなしに苦労すると思います

このアイテムは、機能だけでなく、シルエットをよりスタイリッシュに見せるため、あえてそうしているのですが、あまり過剰(かじょう)になると、アウトドアではあまり使えなくなってしまうので、ほどほどにしてほしいです

またメンズ製品もありますが、内容がやや異なります

素材も、「コットン」が中心のアイテムで肌触りはいいですが、乾きは遅くなります

メンズアイテムは「UVカット」もあって似ているように見えるのですが、素材から考えると、「エアリズムUVカットメッシュフルジップパーカ」と比べると、汗をたくさんにかくような運動には向いていません

¥1,990 +消費税

エアリズムUVカットメッシュフルジップパーカの説明をします

快適機能を満載した、軽くて爽やかなパーカ。細部までこだわり満載で1枚あると便利。

・ドライや接触冷感などの快適機能が満載のエアリズム素材を使用。
・日焼けから肌を守るUVカット機能をプラス。
・ストレッチ性やドレープのある生地特性に合わせた特殊な縫製でシワや縫い縮みを減らし、完成度アップ。
・前脇部分で切り替えを入れることで、縫い目を利用したスラッシュポケットをプラス。
・後脇の分量を調整することで、シンプルながら、女性の体にきれいにフィットする立体的なシルエットを実現。
・切り替えの位置や角度にもこだわり、視覚効果による細見えも演出。
・袖口には親指を通す穴をプラス。
・裾、袖口、フード端に、バインダーテープを採用し、運動時にも生地が遊ばないように、身体や袖口に沿う設計。
・袖くりにはナイロンテープを施し、シルエットをキープさせ、耐久性をアップ。
・特殊なステッチと糸を使うことで、肌当たりを軽減させ、着心地の良さをアップ。

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/404086)
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/411682)

▼オンラインストアはこちら
UNIQLO エアリズムパーカ【一覧】 ≫

こちらで紹介した以外にもユニクロのパーカはバラエティが豊富です

どれもコスパが高く、コットン50%を越えないアイテムならばハイキングにオススメです

アンダー上の着用で肌に直接さわることがない場合は、素材にコットンがあってもトレッキング程度なら全く問題ないです

コットンは肌触りがいいので、乾きは遅いですが、着心地(きごこち)が良くなります

こちらで▼登山で使えるユニクロパーカをまとめていますので、参考にしてください

ユニクロ スポーツ パーカー[13選]ラン&ヨガのジャージースタイルおすすめ
お出かけやアウトドアで使える「ユニクロ パーカ」をレビューしました 日常でもアウトドアでもユニクロ製品をよく使いますが、なかなか「素材」や「向いているシチュエーション」はあまり気にしないことが多いですね 今回はそれをわかりやすく、「クチコミ」を含めて紹介したいと思います

登山 ユニクロ|使える[ユニクロ登山の化繊保温着]

ユニクロ登山の服装 使える化繊保温着の紹介です

登山の服装でユニクロの使える化繊保温着(インサレーション入り)は「ウォームパデッドシリーズ」です

▼ウォームパデットリバーシブルブルゾン
ユニクロ ウォームパデットリバーシブルブルゾン メンズ(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/420430-57)

人気が高いユニクロの化繊保温着です

化繊の保温着はダウンほど保温効果はありませんが、濡れても暖かく乾きやすいことが特長です

ダウンは濡れたら「終了」で、少なくてもトレッキング中に乾くことはほぼありません

ダウンが乾かないと、保温効果は全くなくなります

そのため、ダウンは濡れにはかなり注意が必要になります

冬はダウンがすべて濡れるということは少ないですが(攻める登山をしなければ)、夏は濡れに注意が必要になります

こちらのウォームパデットリバーシブルブルゾン」と、「ストレッチウォームパデットジャケット」は、特に汗をかく動きのあるアクティビティや軽登山向けにオススメです
(参考:https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/420430)
(参考:https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/171427-02)
(参考:https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E420430-000/00?colorCode=COL09)

▼ウォームパデットジャケット
ユニクロ ストレッチウォームパデットジャケット メンズ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/171427-02)

濡れに強い化繊の中綿に、追加で「撥水加工」をしていて乾きやすくなっています。(首の周りはコットンが少しあるのでちょっと冷たくなるかも)

「ウォームパデットリバーシブルブルゾン」の説明をします

ウォームパデットリバーシブルブルゾン
軽くて暖かい機能中綿をプラス。1枚で2つのカラーが楽しめるリバーシブルデザイン。

商品番号:423524

素材
表側: 100% ナイロン/ 中わた: 100% ポリエステル/
裏側: 100% ナイロン/
リブ部分: 67% ポリエステル,32% 綿,1% ポリウレタン

取扱い手洗い

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/420430/)

 
参考までに、トレッキングに使える「化繊保温着」の機能についてご紹介します

化繊保温着のメリットは、「温かくて濡れ(ぬれ)に強い」ことです

沢登りのような、水に関連するアクティビティや、冬の保温に適しています

保温力はやっぱり羽毛の「ダウン」には負けますが、テクノロジーの進化で「ダウン」に近い保温力を持った化繊保温着も出てきました

ボクが使っているパタゴニアの「Nano Puff(ナノパフ)」も優秀なジャケットです

▼ナノパフも優秀です

パタゴニア ナノパフの全景

ユニクロの製品と比べるとちょっと高価ですが、参考にしてください

登山 ユニクロ|ユニクロのウルトラライトダウン 登山編

ウルトラライトダウンを登山で使いたい人へレビュー紹介

人気のダウンは毎年売り切れがとても速く、それを知っているため、焦って買って失敗することもあるようです

特に色は、オンライン画像と実物がちょっと違う(ちがう)の注意が必要です

それを差し引いても価格と機能のパフォーマンスは、やっぱり捨てがたいです

冬だけでなく、軽量のダウンは夏にも使えるので、早めにゲットしたいです

ウルトラライトダウンジャケット|登山ハイキングウェア メンズ・レディースおすすめ 

ダウンジャケットなのに、この値段というのは、かなり優秀

ユニクロでコストパフォーマンスの良さがよくわかるのアイテムが「ダウン素材の製品」です

ユニクロ ウルトラライトダウンジャケット 02
(http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400711)

ウルトラライトダウンジャケット メンズ ユニクロ
(http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400711)

ユニクロのダウンは、軽くて暖かく、低山の軽登山で活躍(かつやく)してくれるアイテム

ファッショナブルなので「山でも街でも使えるジャケット」で、そういう意味でもコストパフォーマンスが優れています

すでに定価自体も安いので、山登りで使うときにも、「高価なダウン」を使うときは、やっぱり気をつかってしまいますが、これならそれほど気をつかわなくてもいいです(ユニクロさんすみません)

気づかいのストレスが軽減される分、ちょっとだけ安全になります

ダウン特有のコンパクトさもあって、トレッキングでは4シーズン使いまわすことが可能です

夏は、肌寒いときのアウターとして使えます

撥水(はっすい)加工もしてあるので、ちょっとした雨ならはじきます

また、冬はインナーとして使えます

コンパクトでカラダのラインにあったデザインで、アウターを着たときのモコモコを防いでくれます

このオールシーズン使える、オールマイティなユニクロのダウンジャケットはオススメですね

いいところばかりに見えますが、デメリットもあります

それはやっぱり暖かさの具合

高価なダウンジャケットと比べると、少し「スースー」する感じが気になります

ジャケットの中に作られている「デッドスペース」の暖かい空気が外に逃げてしまっているようです

使っているダウン自体はそれほどの差はないのですが、構造的に空気が逃げやすいようですね

インナーとしてジャケットの中に着ればこのデメリットも解消するので、参考にしてください

¥5,990 +消費税

「商品の説明をします」

薄くて軽くて暖かく、すっきり決まるウルトラライトダウン!表地マットでスタイリッシュ。

・驚くほど薄くて軽い着心地を実現
・上質ダウンで抜群に保温性が高く暖かい
・後ろウエストに切り替えを入れて、フィット感のある美シルエットに
・表地はマットな質感で落ち着いた印象
・着丈は少しだけ長くし、襟は顔に触れにくい高さに設定
・コンパクトなサイズで付属のポーチ付き

出典:ユニクロ
(http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400711)
(http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400504)

比較としてコスパな「ユニクロダウン」とは相反して、かなり高価なパタゴニアのダウンセーターも紹介します

こちらの価格はユニクロダウンの5倍以上の価格、これを聞いただけで買う気力がなくなってしまうかもしれません

でも機能は価格以上です

ミドルウェアとして作られたダウンセーターは、軽くて使い勝手がいいダウン量で撥水性(はっすいせい 水をはじく)があるので、登山では1年を通して使うことができます(夏でも)

そしてパタゴニア独自のリサイクルナイロンで、環境へのやさしさは、時代の先端のフロンティアを進んでいます

自然相手のアウトドアメーカーならではの発想で、パタゴニアは特に突出していると言っていいです

そのパタゴニアのアイテムの中でも、ダウンセーターは「ロングセラーアイテム」でマイナーチェンジを繰り返して進化してきました

このダウンセーターには価格以上の満足が入っていて個人的にオススメですね

▼関連記事
パタゴニアダウンセーター【レビュー】登山の服装インナーのサイズ感
ユニクロ ウルトラライトダウンで登山をする方法|厳選7アイテム紹介

ユニクロの軽量ダウンベストはかなり快適|登山ハイキング メンズ・レディースにおすすめ

サラッと簡単に着ることができる、ダウンの「ベスト」タイプです

ユニクロ ダウンベスト 02
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400710)

ウルトラライトダウンベスト メンズ ユニクロ 02
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400710)

休憩や下山中にも体を冷やさないため、軽量ダウンを着るのは山登りの常識

「少し寒いな」と感じる前に、ダウンを着ると効果的です

そうすることで、ケガや疲れが少なくなります

そのため、お守り的なダウンベストを、ザックの片隅に入れておいて、登りでは、ザックの中にコンパクトにしまっておくことができるので、とてもありがたい優秀な製品です

袖(そで)がないダウンでも、やり方によっては十分暖かさを得ることができます(上着を着るとか・・もちろん、袖があればなお良いですが)

ジャケットと違い、ベストはより軽量でコンパクトで着るストレス少ないです

個人的に袖があるとないとでは、「着ようかな・・どうしようかな・・」と思ったときは着やすいほうが便利ですね

めんどくさがりの人は、なかなか休憩で保温をしません(やっぱり面倒ですからね)

こまめな体温調整をすることがいいのですが、ボクも含めて先を急いだりしているとき、着ないことが多々あります

そのときは、なるべく着るストレスが少ないベストを持っていくのはアリです

袖(そで)が「ある」「ない」だけですが、着るストレスは、ベストのほうが障害がないです

めんどくさがりの人にはオススメ

加えて、登りでは、ザックの中によりコンパクトにしまっておくことができるので、とてもありがたい優秀な製品です(でも袖が合った方が暖かいですよ)

レディース用 4,990円+税
メンズ用   3,990円+税

「商品の説明をします」

薄くて軽くて暖かく、すっきり決まるウルトラライトダウン!インナーダウンにも使える。

・驚くほど薄くて軽い着心地を実現。
・上質ダウンで抜群に保温性が高く暖かい。
・後ろウエストに切り替えを入れて、フィット感のある美シルエットに。
・着丈は少しだけ長くし、襟は顔に触れにくい高さに設定。
・首もとにフィットする襟ぐりになり、さらにインナーダウンとして使いやすくアップデート。
・コンパクトなサイズで付属のポーチ付き。
出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400710)
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400502)

▼オンラインストアはこちら
UNIQLO ダウンジャケット【一覧】 ≫

登山 ユニクロ|登山のハーフパンツ レディースユニクロ

ユニクロの服装では登山に使えるハーフパンツも各種取り揃えてあります

夏や春・秋の温暖な日には、スタイリッシュなハーフパンツを使いたいですね

おしゃれなタイツと合わせると登山が楽しくなって、どんどん山が楽しくなります

問題はユニクロハーフパンツは、コットン100%仕様の製品が多いことです

ハイキング程度で上半身のアンダーでなければ、綿100%でもある程度はOKなんですが、登山に使うインナーときは、なるべく100%ポリエステル・化繊を選んでください

ユニクロ ドライショートパンツ|登山・ハイキングでタイツの上に履きたい

人気「錦織選手仕様」のレプリカハーフパンツです

ユニクロ NKドライショートパンツ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/417177-66)

これはテニス専用に作られたパンツですが、100%ポリエステル仕様でドライでなので、登山に使えます

テニス仕様で、若干スリムなシルエットなので、スリムが苦手な人は、少し大きめを選んでみてください

商品の説明にはシンプルに「ドライ」としか言っていない潔いシンプルなパンツです

「商品の説明をします」

・すぐれたドライ機能を備えた1枚。
素材100% ポリエステル仕様ウエスト:総ゴム入り(調節不可)・内側ヒモ通しあり
取扱い洗濯機・ネット使用
出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/417177-66)

ウルトラストレッチアクティブショートパンツ

こちらのレディース仕様のショートパンツもおすすめ

ユニクロ ウルトラストレッチアクティブショートパンツ ピンク
(https://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/421359/sub/421359_sub7_popup.jpg)

UNIQLO

ちょと丈が短い感じがしますが、タイツと合わせて夏の定番におすすめ

素材も乾きやすくストレッチタイプ

▼関連記事
登山で使えるスカートもあります
ユニクロ 登山 スカート使える3選とメリットデメリット

ユニクロ 登山 スカート使える3選とメリットデメリット
山ガールのユニクロおすすめ「登山スカート」を紹介 巻きスカートを主に「3選」 メリットやデメリットも書きましたので参考に

登山 ユニクロ|登山の帽子をユニクロで

登山の帽子でユニクロのトレッキング帽子はまだそれほどありません

それでもトレッキングによさそうな帽子がありましたので紹介します

ハット(つばつき帽子)は「アゴヒモ」がないものが多いため、風の強いトレッキングにはあまり向いていません(自分でつければOKです)

今後に期待したいのは、ポリエステル素材が入っている、汗をかいても乾きやすいようなキャップ・ハットをお願いしたいです

ユニクロのコットンツイルキャップ|登山やハイキングで活躍

ユニクロ コットンツイルキャップをかぶった女性
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/420150/)
(https://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/420150/item/69_420150.jpg)

人気のベストセラー「コットンツイルキャップ」を紹介します

人気のアイテムで、コットン素材が特長のつけ心地が抜群(ばつぐん)のキャップです

特に盛夏がおすすめで、日差しを遮って(さえぎって)くれるのはもちろん、化繊のような「こもるような暑さ」を感じることはありません

登山にコットン(綿)はオススメできないですが、アンダーでなければ、小物(帽子やタオル)やパンツなどは、肌触りのいい「コットン」も悪くありません

頭(あたま)は髪の毛があるので、濡れっぱなしの帽子をかぶっていても、それほど冷たさは感じられない部分

自分の場合、秋や春に帽子がずぶぬれになったときは、フードをかぶればあまり気になりません

濡れより風が直接あたるほうが危ないです

大汗をかくような登山でなければ、十分に使えますので、人気のアイテムを積極的に使いたいです

¥1990 +消費税

「商品の説明をします」

ナチュラルな風合いを引き立てるウォッシュ加工をプラス!着こなしが広がる多彩なカラー

・サイズ調節できるように内側にゴムを使っているので、どなたにも心地よくフィット。
・スタイリングの幅が広がる多彩なカラーバリエーション。
出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/404874-16)

▼オンラインストアはこちら
UNIQLO 帽子【一覧】 ≫

登山 ユニクロ|ユニクロ登山のネックウォーマー

登山の服装でユニクロの使える軽量・コスパな最強ネックウォーマーを紹介します

冬のタウンユースもいいですが、夏でもトレッキングにもっていくと、風が強い時にはとても便利

ユニクロではネックウォーマーを冬のシーズンしか発売しないときが多いので、買うときには、一気に買うことをおすすめします

参考にどうぞ

ユニクロヒートテックフリースネックウォーマー|登山ハイキングというよりは、防寒に最適か・・

ユニクロ ヒートテックフリースネックウォーマー UNIQLO
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/409346)

ヒートテックのネックウォーマーで、発熱して暖かく、寒いときにはとても心強いアイテムです

トレッキングの際は、風が強いときや休憩のときにつけておくと、効果を最大限生かせます

あまりにも汗をかくようなときは、発熱効果を処理しきれなくなってしまい、着用しないほうが良い場合がありますので、そのときには脱いでください

登山は臨機応変が大切です

¥990 +消費税

「商品の説明をします」

より柔らかな肌触りにアップデート!風を通しにくい防風フィルムを挟み、暖かさをキープ。

・今季のアップデートポイントはココ!フリースらしい柔らかさを感じられるように改良。
・裏地にヒートテックフリースを使用しているので、ふんわり柔らかくて暖かい。
・寒風を通しにくい防風フィルムをプラス。
出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/409346)

ユニクロ ヒートテックファーリーフリースネックウォーマーは最強!寒い時期のメンズ・レディースにオススメ

ユニクロ ヒートテックファーリーフリースネックウォーマー UNIQLO
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/410781)

裏地がヒートテックで、肌触りがいい「ファー」タイプのネックウォーマーです

防風フィルムで、風が強いときには、山でも街でも有効に使えます

「春・秋・冬」に使える、大変便利な一品です!

▼外側はファーで裏地はフリース

ユニクロ ヒートテックファーリーフリースネックウォーマー   裏生地と表生地

¥1990 +消費税

「商品の説明をします」

表はふわふわフリース、裏はヒートテックフリース、その間に防風フィルムを挟んだ超防寒仕様。

・今季のアップデートポイントはココ!ゴワつきを抑え、柔らかなつけ心地に。
・表地は毛足が長くぬくもりのあるファーリーフリース、裏地は発熱、保温機能のヒートテックフリース。
・寒風を通しにくい防風フィルムを挟み込んでいるので、暖かさをキープできる。
出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/410781)

▼オンラインストアはこちら
UNIQLO マフラー【一覧】 ≫

登山 ユニクロ|ユニクロサングラスを登山で使う

ユニクロのサングラスが登山でも使えます

登山のサングラスは高価なものが多い中で、ユニクロはさすがコスパ高いです

機能的にはやや劣ると思いますが、ユニクロアイテムも負けてはいません

トレランなどにも使えるようなサングラスなので、参考にしてください

[アイウェア]ライトウェイトハーフリムサングラスはコスパなユニクロ登山に最適 

ユニクロ アイプロテクトハーフリム 02
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/406034)

ユニクロで購入できる、便利なサングラスです。

安くていいですし、紫外線透過率も1.0%以下

これは、かなりコスパがいいですよね、さすがユニクロです!

¥1500 +消費税

「商品の説明をします」

軽いかけ心地が魅力のハーフリムタイプ。屋外での運動にもおすすめ。

・今季のアップデートポイントはココ!PC(ポリカーボネート)偏光レンズにアップデート
・PCやスマートフォンなどのデジタルデバイスから発する「ブルーライトを低減」するレンズを採用
・レンズ上の光の反射を抑えクリアな視界にする「反射防止コーティング」をレンズにプラス
・視界の歪みを感じにくくし、レンズ強度もアップ
・フレームには、軽量で弾力性と強度があり、細身でも壊れにくい「TR-90」素材を採用
・テンプル(つる)の終わりにもすべり止めが付いているので軽い運動にも使える

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/406034)

シンプルなハーフリムサングラス|登山ユニクロのおしゃれアイウェア

ハーフリムサングラス ユニクロ 02
(http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/406033)

こちらも、シンプルで丈夫なサングラス

ポリカーボネートを使っていて、衝撃にも耐熱にもとても強いです

▼参考ウィキペディア

透明性・耐衝撃性・耐熱性・難燃性・寸安定性などにおいて、高い物性を示す。耐衝撃性は一般的なガラスの250倍以上といわれる。

(出典:ウィキペディア)

同じく安くておすすめですし、紫外線透過率も1.0%以下ですよ!

¥1,500+消費税
参考:ユニクロ
(http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/406033)

ユニクロ「ブロウサングラス」おしゃれを気にするレディースハイキングに

ユニクロブロウサングラス 02
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/407712)

こちらも、ユニクロの立派なサングラス

かなりファッショナブルですが、ちゃんと紫外線はガードしていますのでご安心ください

これも、お値段がステキですね!

山でおしゃれなハイキングで使うこともできますし、ブルーライトカットもついているので、PC操作でも活躍してくれます(サングラスをつけてやっている人はあまりいないと思いますが・・・・)

¥1,500 +消費税

「商品の説明をします」

艶ありのメタルフレームでトレンド感アップ!紫外線やPCの光を防ぐ機能を搭載。

・どんなスタイリングにも合う、ベーシックで洗練されたデザイン。
・べっ甲のように見えるデミ柄は染めプリントに改良することで、今まで以上に高級感のあるデザインに。
・PCやスマートフォンなどのデジタルデバイスから発する「ブルーライトを低減」するレンズを採用。
・レンズ上の光の反射を抑えクリアな視界にする「反射防止コーティング」をレンズにプラス。
・鼻あたりとフィッティングが良いシリコン製のノーズパッドを採用。
出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/407712)

▼オンラインストアはこちら
UNIQLO サングラス【一覧】 ≫

登山 ユニクロ|ユニクロ登山の子供ズボン・フリース編[キャンプの服装にもキッズおすすめ]

キャンプの服装にも使えるキッズ用ユニクロアイテムは、親子登山でも人気です

ユニクロは、子供服の種類も多くデザインもいいので、街でも着られてコスパは◎!

子供はすぐに大きくなりますから、コスパは重要ですよね

ユニクロ KIDS[ドライストレッチスウェットパンツ]登山にも使える服装

(▼KIDS ドライストレッチスウェットパンツ)

KIDS ドライストレッチスウェットパンツ ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/409245)

激しい運動やトレッキング、ハイキングにぴったりの化学繊維の子供用ズボン

綿(コットン)がちょっと混ざっていて、肌触り(はだざわり)を助けてくれています

ユニクロのラインナップでは子供用のズボンは「綿」素材の製品が多いため、ほぼ化繊の、とても乾きやすいズボンはとてもありがたいですね

化繊は肌(はだ)が「かゆく」なり、肌にトラブルのある子はちょっとダメな場合はあるので注意です

それさえ気をつければ、この動きやすくて乾きやすいズボンは子供に最適で、コスパもいいので、ガンガン洗えます

子供に最適と書きましたが、女性であればスウェットパンツは大人の人にも大きさによってはアリですよ

幅がややゆったり目にできているので、こういうのもアリです

子供に買う場合個人的にうれしいのは、裾(すそ)がしまっているので少しを大きめを買っても、裾が下がらないのでそれなりにはけるということ

子供の服で、これはかなりのアドバンテージです

すぐ大きくなる子供には、ちょっと大きめの服を買いたいところですが、あまりサイズが違いすぎるとブカブカになってしまいます

このズボンはそれをあまり気にしなくてもいいので、とても助かりますね

▼関連記事
登山の服装 ユニクロ子供ウェアを選ぶ注意点と[おすすめ3選]

登山 子供 ユニクロウェアを選ぶ注意点と「登山初心者にもおすすめ3選」
登山の服装ユニクロでは子供のウェアも豊富です それはとてもいいことなのですが、素材の割合が大人と違うことが多いので、登山に使う場合は注意が必要です 

¥1,500 +消費税

【商品説明】

汗がベタつかず動きやすい!ハリ感のある素材ですっきりスタイリッシュに決まる。

・良く伸びるストレッチ素材に汗をかいても乾きやすいドライ機能をプラス。
・ハリがあってしっかりとした素材感なのですっきりスタイリッシュに決まる。
・腰まわりはゆったりとして動きやすく、ひざ下からすっきりとしたテーパードシルエット。
・スタイリッシュなシルエットなので運動だけでなくデイリーにも大活躍。
・ボトムのウエスト裏の左脇にお子様の成長に合わせてサイズ調節できるゴム穴をプラス。
出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/404637)
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/409245)

 

▼オンラインストアはこちら
UNIQLO キッズ ズボン【一覧】 ≫

ユニクロ KIDS[ドライストレッチスウェットパーカ(長袖)]登山・ハイキングでもおすすめ

(▼KIDS ドライストレッチスウェットパーカ(長袖))

ユニクロ KIDS ドライストレッチスウェットパーカ(長袖)
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/404637)

男女兼用の子供用パーカは、汎用性が高くて使いまわしが利き、とても便利です

しかし、最近の学校では、フード付きの服は危険度が高いということで、人気はイマイチのようですね……

昨年フードなしを購入してものがかなり気に入り今年も同じ物が欲しかったのですがフードなしがない為こちらを購入。
結果、学校でフードは危ないので着て行けず、、、フードなしがあれば良かったです。
サイズ感、デザイン、生地は気に入っているので残念です
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/404637)

化繊とコットンの素材が半分ずつなので、汗抜けもよく、肌触りもしっかり考えられている商品です

また、グレイとダークグレイ以外のカラー製品は「化繊75%使用」になっているので、そちらの方がトレッキング向きです

そして、トレッキングの場合は、「フード」があるととても便利!

ちょっと寒いなと感じるときは、フードをかぶるだけでもかなり体感温度が変わります

トレッキングにおいて「フードは鉄板の装備」なので、ユニクロとしては、フード「有り」のものと「無し」のものを選べるようにして販売してくれるといいかもしれませんね

¥1,990 +消費税

【商品説明】
機能性もデザイン性も抜群!アクティビティでも日常でもカッコよく決まるハリのあるスウェット。

・今季のアップデートポイントはココ!生地の重さを増やし、よりしっかりとした素材感に改良。
・ドライ機能とストレッチ機能をプラスしたスウェット素材。
・運動する時の動きにストレスを与えないように、立体的なカットラインのラグランスリーブを採用。
・お客様の声にお応えして、袖を上げられるように袖口をリブ仕様に変更。
・動きやすく程良くしっかりとした素材の羽織りなので、3シーズン活躍。

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/404637)

登山の服装 ユニクロのBOYS 防風フリースジャケット

(▼BOYS 防風フリースジャケット)

ユニクロ BOYS 防風フリースジャケット
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/409216-16)
 
男の子用の、100%化繊素材で汗抜けの良いフリースです

イマドキの高機能フリースと同様の「防風フィルム」が貼ってあるので、暖かさが格段に違います

サイズ感がややタイトに作られているので、ピッチリが苦手な人はワンサイズ上を買うとちょうどいいです

サイズが小さいとどうしても腰のまわりの丈(たけ)が短いので寒くなります

子供は体温が高いので、あまり「寒い」ということはないかもしれませんが、カラダが小さいので、冷えるときは一気に冷えてしまいます

あまり大きめのサイズも、ゴワゴワして動きにくくなるので、子供にはストレスになってしまうので注意ですが、成長のことも考えると、大きめをチョイスした方が長い目で見ても有効ですね

トレッキングにおける「フリースの役割」は、アンダーウェアからの汗を受け取って、それを発散させることです

そうすることで、汗による濡れ(ぬれ)を防止して、カラダの冷えを最小限に抑えます

サイズ感については、山でも使う場合は、脇(わき)の部分のフィッティングは、少しきつめのものを選ぶと良いですね

脇下(わきのした)の汗処理をすばやくできるようにすると、冷え防止にとても効果的です

人気の子供用のフリースなので、発売されたら早めに検討してみてください
¥1,990 +消費税

【商品説明】
風を通しにくいからずっと暖かい!フリースなのでふんわりとして着心地の良さも抜群。
・防風フィルムが寒風を通しにくく暖かさをキープ。
・表地と裏地の間に特殊な極薄シートを挟み込んだ防風仕様。
・ふんわりとした着心地でしっかり暖かいので、寒い季節に大活躍。
・フリース素材にすることで、暖かさだけでなく着心地の良さも両立。
・ポケットはカラーをきかせてキッズらしいアクセントをプラス。
・襟とポケット裏もフリース素材にして、柔らかさも暖かさもアップ。

出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/409216-16)

ユニクロ KIDS ファーリーフリースジャケット(長袖)登山ハイキングウェア

(▼KIDS ファーリーフリースジャケット(長袖))

ユニクロ KIDS ファーリーフリースジャケット(長袖)
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/408638-62)
 
こちらの男女兼用のフリースも「100%化繊素材」でできていて、トレッキングやアウトドアには「使える」フリースです

ユニクロのフリース素材は、このフワフワ感があって、ネコの毛のような肌触り(はだざわり)が一番の特長で、子供に好かれる肌触り(はだざわり)に仕上がっています

うちの子供も、おんぶや抱っこをするときに、肌触りがいいフリースを着ていると喜びます

それだけ、子供は肌が敏感なので、進んで子供に着てもらうためには、肌触りは重要になってきます

どうしても「100%化繊素材」という書き方をしてしまうと、あの固い「ナイロン」をイメージしてしまいますが、全く固いイメージはないのでちょっと驚きます

よごれても丸洗い(洗濯ネット使用)できるので、親も安心ですね

そのほか注意すべきはサイズ感です

あまり大き過ぎるサイズは汗を吸わなくなってしまうので、ちょうど良いサイズを選ぶといいですね
※トレッキングでは、「脇の下の汗処理」が一番重要。脇のフィット感がいいものを、セレクトするのがオススメ

カラーも全9色あって、子供が好きな色が選べると思います

子供は大人以上に好き嫌いがはっきりしているので、好きな色を間違えないで選びたいです(うちはコレでいつも失敗しています)

機能も重要ですが、子供の好き嫌いに合わせることも重要

気に入らないと、ちょっと高価な衣類を買っても着てくれなくて、個人的にガッカリすることは一度や二度ではありません

面倒でも子供とよく相談して選びたいところです

¥1,500 +消費税

【商品説明】

ふわふわフリースが心地よく暖かくかわいい!

・今季のアップデートポイントはココ!よりふわふわなファーリーフリースに進化。
・お客様の声にお応えして、襟を小さめにしたので、すっきり心地よくフィット。
・フリースなので軽くて暖かく、簡単に洗濯できるのがうれしい。
・ふわふわの長い毛足がとても柔らかくて心地よく、お子様が喜んで着てくれる素材感が魅力。
出典:ユニクロ
(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/408638-62)

 

▼オンラインストアはこちら
UNIQLO キッズパーカ【一覧】 ≫

 

登山 ユニクロ|登山でユニクロのコスパと機能性を選ぶ理由

登山の服装をユニクロで選ぶ理由はやっぱり「コスパの良さ」と「機能性」ですね

ユニクロ本社のuniqlo看板

プチプラでバリエーションも豊かな、UNIQLO(ユニクロ)

このメーカーは、総合衣料品の「生産販売大手メーカー」として、あまりにも有名なショップで、皆さんにとっても、きっとお馴染み(おなじみ)なのではないでしょうか

登山の服装をユニクロから選ぶ理由を2つ挙げると

  1. (その1)インナーに化繊や毛のアイテムがあって、アウターも丈夫な登山に使える製品があること
  2. (その2)コスパの高いアイテムが多いこと 予算が限られている「初心者の人にこそおすすめしたいウェア」を幅広くあつかっていて、しかも、実店舗展開を広く行っているので、実物を見て買いたい人にも適している

この2つが最大の理由です

実はこのユニクロ、ハイキングや軽登山を行う服装としても、ぴったりのメーカーなんです

登山 ユニクロ|トレッキング服装ならユニクロでもアリの理由|冒険家「南谷真鈴さん」より

登山の服装はユニクロアイテムも使えると言うことが、こちらの冒険家「南谷真鈴(みなみやまりん)」さんを「アンバサダー(大使)」に迎えるなどからよくわかります

ユニクロの特色を、一言(ひとこと)で表現するなら……
 

品質に対する、その「安さ」が最大のメリット です

オトクなユニクロセール情報はコチラ ≫ 
 
このコスパの良さが、長きにわたりユーザーから絶大な支持を得ている理由のひとつです

「有名登山メーカー」の登山の服装や装備は、「命を預ける道具」としてのこだわりが強く、妥協(だきょう)が少ない分、とても高価なものが多いです

そのため、一般的に上級な装備を見ていると、「登山」は敷居(しきい)が高く、趣味として始めにくいと思われがちです

しかし、今回ご紹介する「ユニクロ」のように、軽登山・トレッキングには十分使えるレベルの、安くて手を伸ばしやすい服装・装備は、実はたくさんあるんです

登山 ユニクロ|トレッキングの服装のまとめ

登山の服装をユニクロから選ぶためにはちょっとした注意が必要ということがわかったと思います

ユニクロも、南谷さんをアンバサダーにしたことで分かる通り、登山系・アウトドア系のアイテムにチカラを入れるようになってきています(今はアンバサダーではありませんが、アウトドアを意識したようなウェアが多くなってきている印象です)

トレッキングや登山に使うウェアは耐久性があって乾きやすい機能が特に重要になります

ユニクロの製品は、「見た目が似ていても素材が違う」ものが多いので注意が必要です

山では重ね着(レイヤリング)といって、1枚だけでなく何枚か着ることによって、湿気や濡れを取り除く考え方が一般的です

こちらの登山の行動着の記事で詳しく書いていますので、参考にしてください

キャラクター アイリスがPCで検索中
▼登山初心者に一度は見てほしい服装の基礎です

登山服装[レイヤリングの例]初心者基本の選び方
登山「服装・行動着の基礎」を書きました アウターは防風 速乾はアンダー・ミドルレイヤー(中間着・フリース)のレイヤリングが重要 夏のハイキングではおしゃれなユニクロ・しまむらなど製品もいいですが、春秋冬は機能重視  モンベルなどもコスパがいいのでおすすめです

これを見ると、ユニクロのどういう素材のアイテムを買って使えばいいか、よくわかると思います

まだまだ本格的な登山に使えるものは少ないのですが、安価で実用性のあるラインナップを充実してもらうと、とてもうれしいですよね

ぜひ、今後もユニクロアイテムには大いに期待したいと思います

皆さんも、それぞれのニーズや目的に合ったユニクロアイテムを、見つけてみてください

トップへ戻る